タグ:サーボ ( 5 ) タグの人気記事

ミニ サーボ あれこれ

d0202319_10332100.jpeg
d0202319_10325534.jpeg
現在ミニ サーボで主に使っているのは、フォト一枚目・K-Power DMC 026と、
フォト二枚目・JX 2506MGの2種。
いずれもデジタル・コアレス・2BB・メタルギア仕様と共通、更に値段・サイズ・スピード・トルクともほぼ同じ。
よく見るとサーボケースって全く同じ物に見えます。
どちらかがOEM?
しかし、動きのスムーズさは、謳ってるチタニウムギアの恩恵か、K-Powerに分があるように感じます。
d0202319_10322165.jpeg
K-Powerのデータ。
レギュレター アウト6Vで使用し、70クラス機、各舵充分機能します。
d0202319_10312665.jpeg
JR DS 3401。
長いこと使ってきたJRサーボですが、上記チャイニーズサーボと3401はサイズ的に互換性ありです。
その後DS 3421HV(ハイボルテージ)、NX3421(XBus ワイドボルテージ・RCデポ)とモデルチェンジするも基本的にこのサイズ・この能力・・・
最も使い道多いクラスでしょうね。

しかし、チャイニーズサーボは国産の1/3プライス。
いけない いけないと思いながら、安い方へ引き寄せられる!
d0202319_10302917.jpeg
BlueArrow 7.9gサーボ。
ミニ エクセレンスの記事で初登場、ミニと言うより9g系に近いサイズ。
(高さは一連の9~13g系サーボより一寸ある)
ハイボルテージ仕様ですが5V駆動で問題なく動いてます。

スモールサイズながらトルク充分、動き早い!
ただ華奢な分、気をつけて取り扱わないと壊します。(電源が入ったまま、舵角調整でホーン嵌めたり外したりするうち、ギアをおかしくしてしまった!)

mamuさん情報有り難うございました。


by doublerainbow116 | 2018-03-04 11:25 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

チャイニーズ・サーボ あれこれ(タワープロ他)

d0202319_20515387.jpg

中国製サーボ、Tower Pro MG 996RをApollo90に使って2年間・・・累積約600フライト。
その間、故障知らず・1500円サーボは良く働いてくれます。

動きのスピードも、6V掛けてやればまずまずの満足、と言っても、JR8401、3401など使った
機体を持てば、やっぱり高級サーボはニュートラル付近の精度・反応が違うな、
と思いつつも、コストパフォーマンスと堅牢性は高く評価できます。

以前にも書きましたが或る日、ネット通販で「MG996R・4個送料込み3900円」というのを見つけ、喜んで買ったら
偽物。
中国本土からダイレクトに送られて来たので、何か変だなとは思いました。

フォト左が本物、右が偽物。
Tower Proは登録商標の問題で輸出国によってはTowardProと表記されています。
サーボテスターで動かすと、偽物は極端にスピードが遅く、40年前のサーボの様です。
本物は艶消しのブラック、偽物はテカったブラック。
4つの内1つは、サーボ裏蓋が閉まりきっておらず、きっと、ビス止めの途中で昼食タイムになり、
そのまま忘れてしまったのでしょう。


d0202319_20505530.jpg

これもチャイニーズ・サーボ、XQ Power。
まだ使っていませんが、よく見たらハイボルテージ仕様でした。
試しに1個買ってみたのですが、ハイボルテージを1個混在させる訳にもいかず、
困っています。
訂正・・・ 4.8~7.2Vまで使用可・7.4V以上はNGのノーマルサーボでした。

サーボテスター、4.8vニッケル水素で動かしてみると、動きはなかなか悪くないです。
これは確か2000円弱。

d0202319_20413140.jpg

Tower Proの新製品、MG958。
これも未だ使っていませんが、トルク、スピード共、シリーズ中、1番の高性能スペック。
オールメタルギア、デジタル。

MG996Rはニュートラル付近の立ち上がりに、コア有りモーターの弱点を感じますが、
このMG958、サーボテスターでの動きを見る限り、向上しているようです。
ヒートシンク付。

このサーボも2000円程。

by doublerainbow116 | 2015-06-13 21:58 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

困った出来事・三題

d0202319_20029100.jpg

困った事が続く時は続くもので、この週末は・・・

EDGE 540EP、Eagle A3 pro付きフライト中・・・
ヘディングロックモードのホバリングやら、斜めナイフエッジ状態でホバリングするよ!とか
騒いで、水平飛行に移ったとたん、パキッと音がして、キャノピーが飛び散ってしまった!
クラブメンバーが落ちた方角・位置を見ていてくれたので、着陸後、容易に回収出来ましたが、
3ピース分解状態で発見。

事故調査委員会としては、今のところ原因不明。
ノックピン二本とマグネット4カ所で止まる構造ですが、
風圧でプラスティックが割れた・・・ノックピンが最初に外れ、無理な力がキャノピーに
掛かった・・・?

マグネットやらプラの一部、失った部分どうするか・・・考えなくては。
d0202319_20075.jpg

トラブルではありませんが、この所Cクラス機のサーボは、主にタワープロMG-996Rを愛用。
6Vさえかけてやればトルク感、スピード感に不足を感ずることは無く、満足しています。
値段が一個1490円と言うのも大きなファクター!

そして最近、ネット検索で、MG996R 4個で送料込み3900円の通販を見つけ、こりゃシメタ、と
オーダー。
不思議にも、中国からの直送便で届きます。

早速レシーバーに繋ぎテスト。
心なしかスピードが遅い・・・プラケースがテカテカの黒に変わってる・・・内一個はケース止めビスが斜めに入り、裏蓋が浮いている
・・・付属ホーンが硬くてなかなか入らない・・・以前のよりギア音が大きい・・・そういえば、ネット画面にMG996Rと書いてあるものの、タワープロと銘打ってはなかった(写真にはTowerProのシール・写ってるが)・・・。

チャイナ製同士のコピー商品ってあるのかな?
不安になってきました。ちゃんと機能すれば良いんですが・・・
d0202319_19575092.jpg

困った、と言うよりドジな話です。

先日所用があって埼玉某関越方面へ出掛けました。
帰りに、ヤオコーへ寄ろうとステアリングを切ったら、歩道との境、とても高く出来ている縁石へ
左リアタイアを擦ってしまい、駐車場へ停めた時点・すでに空気は完全に抜けた状態。

バーストのようなパンクは初めての経験。
側面・バルブあたりに亀裂が見えると思いますが、こうなったら修理不可能です。
スペアタイアは積んでないし(パンク修理キットだけ)JAFを呼んでも、遠く東京まで
引っ張ってもらって直る訳でもないし・・・

運良く、ヤオコーの隣がイエローハット。
月末増税前駆け込み需要・4時間待ち、キャリアカーで運んで貰い、
リア用に同一ブランド・同一スペックタイヤ2本揃えて装着、
(ヨコハマ ブルーアース)やっと帰宅できました。

YSFZ115S相当の出費(T . T)
by doublerainbow116 | 2014-04-07 21:59 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

パワーグラス  /  ローバジェット・サーボ 

d0202319_2040366.jpg

この三連休、初日は仕事でしたが、久しぶりの土日連チャンフライトに通いました。

このところ、どうも飛ばしてる飛行機が見えてない・・・不安・・・舵を打って姿勢を確認する・・・
悪循環に陥っている自分を感じます(元々見えていても、ちゃんと打ててないか無駄打ちしてますが・・・)
こうなったら、メガネのコイケに相談です。

東日暮里へ駆け込んだら、親切に対応していただきました。
そして出来上がった、ハイテク パワーグラスライト。
クッキリ、クリアな視野を享受出来ました。
d0202319_20412917.jpg

以前、ネットショップ・パーツ購入の項で触れた、TowerPro MG996Rサーボ。
1490円のサーボがパターン機の使用に耐えるかどうか実験中、
壊れたとしても生還できそうな、ラダーに装着、機体はエクリプス110。

それまで取り付けていたJR NES 2000(懐かしのスーパーサーボ)に較べ、
トルク感は上がったものの、ニュートラル付近の初動スピードが落ちた印象です。
現在は4.8Vニッカド仕様・・・
このサーボの性能定格にある、6Vあるいは7.2Vまで電圧を上げる事でより発揮出来る可能性も・・・。

現在、8フライト・・・トラブル、故障は起きてません。
d0202319_20424957.jpg

一見、電動フライヤーですが、スカイカンガルー号用RxニッカドとTxニッカドの充電中。
今日もオンボードトレーで操縦。ちょっとロングスティックに慣れてきたみたいです。
by doublerainbow116 | 2011-09-25 22:19 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

Extra 300S-160 用サーボ、レギュレター

d0202319_16504924.jpg
d0202319_165222.jpg

先のページでもお知らせした、ウィングスパン2040mm、全備6380g(予定)という私にとって初の大型アクロ機の準備に取りかかっています。
キット取り説に指定されているハイトルク金属ギア系サーボで揃えると、サーボ代がかなりの金額に達してしまう事は悩んでいました。

ふとヤフオクを眺めていると、タワープロの金属ギア・デジタル新型サーボ、MG996Rが目に停まりました。

動作スピード: 0.17sec/60°(4.8V時)、0.14sec/60°(6.0V時),0.12sec/60°(7.2V時)
トルク: 約13.0 kg/cm(4.8V時) 
     約16.0 kg/cm(6.0V時) 
     約19.5 kg/cm(7.2V時)
(数値は実験による最適環境下の最大値です。)
使用可能温度: -20°~ 60°C
動作電圧:4.8V ~ 7.2V
・・・と謳われています。

スペック通りの性能であり、壊れないのであれば、1個1600円!は滅茶苦茶に安いです。
今回6個買って、送料込み1万円以下!
以前、同社の995というサーボを購入し、OKモデル製コマンダー148(サンダータイガーPRO46エンジン搭載)に使用、表示スペックより動きの遅い印象はあったものの、問題なく使えた実績はあります。
しかしトルクの要る大型機で、どう結果が出るか未知数なのでイチかバチか!!初フライトしたら使用感含め、皆さんにレポートします。
尚、このメーカーのサーボ、面白いことにコネクターがJR規格、サーボホーンはFutaba規格です。

昨日、神田方面へ行く用事があったので、F産業へ寄りK&Sのレシーバー用レギュレター(5.2/6V,5A)を購入、この機体にてリチウムイオン、6V仕様を試す予定です。
by doublerainbow116 | 2011-03-06 18:26 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)