ありがとう マンタ2

d0202319_20451833.jpeg
前回のオリンパスに続き、ありがとうシリーズ第2弾となってしまいました!
マンタ2落としてしまった。

離陸後1mほど浮いた所で、ロール軸がちょっと左へ傾いたので、右へエルロン修正。
すると更に傾き背面状態に。続いて半ロールして4~5mの高度で更に回転して正面。
しかしその後ロール軸をコントロール出来ず墜落。

d0202319_20454136.jpeg
d0202319_20460602.jpeg
クラブの皆さんにも機体回収手伝っていただき、調べると原因はエルロン・サーボ コード接続ミスと判明。
LとR、逆に繋げていました。

その日の初フライト前、各舵チェックは習慣としてやってきましたが、方向は見落としていました。
エルロンが逆に動いていたのを気づかなかった、これは慣れからの凡ミス。

気温36~7°Cで頭が・・・は理由になりません。事故に気をつけろよ・・・の警告と受け止めています。

追記・・・
後日、ふきあげ大会にてHSMジャッジから、このブログ記事に対し、
「エルロンサーボLR繋ぎ間違いでは落ちないよ」、のご指摘が・・・
その通りですが、私の説明不足です。

悪い事に、エルロンサーボのLとR、別メーカー製を使ってました(ひどい事やってますね)。
片方はFutabaと同じ極性、もう片方はJRと同じ極性だったので、繋ぎ間違えると舵のダイレクションは反対になってしまいます。

サーボ片方がポテンション不良でハンチング起こした時の交換用に、手持ちでサイズの合うサーボから間に合わせた事で起こったミスでした。
嗚呼〜。

by doublerainbow116 | 2018-07-22 21:19 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sunsetldg.exblog.jp/tb/27002690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tamk at 2018-07-23 07:18 x
暑い中、ありがとうございました。

マンタ残念でした。
アテナ早くできると良いですね。
また、よろしくお願いします。

追伸
あの後、ラストフライトで、またエンジン止まりました。
下の回転が不安定なのかも?
次回、ポンプ圧を少し下げてみます。
あと、冷却方法を少し見直します。
Commented by doublerainbow116 at 2018-07-23 17:03
はい、軽率なミス。
深く反省しています。

エンストはスローからハイへ立ち上げる時?、或いはスローのまま止まってしまう、感じでしたか?

DZ70はスロー調整バルブありでしたっけ?
DZの吸い込みポンプ圧・ニードル開け具合に合ったスロー
バルブ位置、有る筈です。
自分の経験では、濃いと止まり、薄いと追従しない・・・という印象です。
ポンプ圧を今いじると分らなくなるので、ハイの感じが良いのであれば、スローバルブからいじってみることお薦めします。

この先、中身ほぼ新品のエンジンが仕上がって行き、ポンプ圧の丁度良い位置が決まり、ニードルも決まっていけば、それに合ったスローバルブ位置も変化する可能性は有ります。
Commented by tamk at 2018-07-23 21:11 x
こんばんは!

暑い中、連日の練習お疲れ様です。

エンジン停止は、ストールターン直後です。
どうも低速で濃い気がします。
DZはスローニードル有りませんので、低速を薄くするにはポンプ圧を下げて、
その分をメインニードルで調整するのが一般的と伺っています。
まずは、ここから試します。

他に冷却強化のため排気側を改造してみます。
Commented by doublerainbow116 at 2018-07-23 21:24
そうですね。
スローバルブ無しなら、ポンプ圧下げ(ネジ開き)ですね。

今日GRCCへ行って、気持ちよくスポーツマン練習できましたが、最後に原因不明のモーターストップと失速・不時着でした。
暑さでESCオーバーヒートかな?と思っています。
<< GRCCにお邪魔して来ました アテナ70 組立て・リンケージ ⑤ >>