ピットの友 EP-V2

d0202319_21523079.jpeg
ピット作業中、これまで使ってきたゴムスタンドでは背面作業の場合、カナライザーの当たる箇所があり、不便極まりなく、
良いスタンドはないかと探していたところ、Rosa製、標題・新型スタンドが目に留まりました。

フルサイズからBクラスまでOK、軽量、折り畳むとコンパクト、丁寧な仕上がり・綺麗な木部クリアウレタン仕上げ・・・

ピンク・クッション・バージョンを選びましたが、洒落た使いやすいグッズ、気に入ってます。
d0202319_21521063.jpeg
安定感も十分。
d0202319_21514215.jpeg
d0202319_21512192.jpeg
折り畳むと、ここまで小さく。
d0202319_21510302.jpeg
ロック&リリース金具、ニシオカスタンドと同じ物が使われている。
d0202319_21503749.jpeg
PS 、飛行場で遭遇したKHさんの姉妹機、アポロ120とアテナ70並べてみました。

似てる・・・
サイズがほんの一回り違うだけ、って感じる。

アポロはフルバルサプランク。
アテナが胴体・主翼・ラダーまでもが窓開け。
剛性、だいぶ違うでしょうね。

今週末は、調整(重心位置移動トライ・横ものチェック・スナップ具合・ランディング モード舵角具合など)する予定が、風強く、
ただ飛ばすだけで終わってしまった。
最後には、ハードランディングでカーボン脚痛めたようで、外側へ広がってしまった。
(表面上判らないが、角のところ内部でカーボン繊維切れた様で、機体ウエイトかかると沈み込む)
嗚呼!

# by doublerainbow116 | 2018-10-21 22:43 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(1)

今日のウイングス 111

d0202319_08330316.jpeg
先週に、アテナ70フライト二日目、行いました。
前日とは打って変わり、フライト順1時間半待ち!13人出勤。
d0202319_08322800.jpeg
d0202319_08313804.jpeg
d0202319_08305121.jpeg
ここから今週のウイングス、クラブ員総出で、年に2回の飛行場整備。
d0202319_08300239.jpeg
整備終了後はあまり飛ばす時間無いだろうと思い、今日はミニ エクセレンス登場。
気持ちよく飛ぶ機体です。
ジャイロをヘッディング ロックに切り替えると、 ホバリング(次第に風下へ流れて行きますが)を楽しめます。

# by doublerainbow116 | 2018-10-15 08:49 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

アテナ70 初飛行

d0202319_22050208.jpeg
初飛行準備として、事前に家でインシデンス測っておきます。
主翼を0°に設定。
d0202319_22043087.jpeg
カナライザー迎角マイナス1.3°。
多過ぎだとは思いますが、飛ばしてから考えます。

d0202319_22040553.jpeg
水平尾翼、ほぼ0°。
d0202319_22033687.jpeg
ドライブシャフトほぼ0°、これも、このままで飛ばして様子見ます。
d0202319_22031471.jpeg
各舵角、取説通りに先ずはセット。
d0202319_22025401.jpeg
さあ、日曜日が来てしまった!
初飛行は何度やっても緊張します
・・・頭の中で、「今日は暴風で出来なかったよ」と言い訳する弱気な自分の姿よぎるも、風は無情にも穏やか・・・。

お陰さまで成功!
エレベーター、かなりアップ側へトリム必要、しかしエルロンはトリムゼロ!
ピッチ軸ダウン傾向、カナライザー・マイナス迎角過多の関与かどうか判りませんが、今日はこのまま様子見とします。

動力系・無線系メカ、いずれも問題なくホッとします。
取説通りだと、エレベーターの効きが弱いので、セカンドフライトで舵角追加。

正宙をエルロン・ラダー修正舵無しで出来るのは、機体の出来、なかなか良い様です。
垂直上昇・降りとも、ほぼ癖無さそう。

d0202319_22022940.jpeg
セカンドフライトでハイボルテージ・リポをテスト。
牽きが良いので飛ばしやすくなる感触。
d0202319_22020514.jpeg
初フライト前、リポ・ESC間にメーター入れてアンペア値測定しています。
80AタイプESC、APC16x10E・・・フルスロットルでも39Aほど、余裕です。

結局、軽量化(70g)のためBEC仕様に。

d0202319_22014308.jpeg
ランディング直後、モーター温度,39.2°上出来。
でもロードのかかる演技未だやってませんが〜。
d0202319_22012433.jpeg
ESCは34.8°。
d0202319_22005799.jpeg

全備重量3.3Kgでちょっとがっかりしていましたが、飛ばして見ると、重さによるマイナス面をあまり感じません。
落ち着いているし、素直な飛びです。

また、ブレーキのかかるESC+モーターは初体験。
降りやランディング時のブレーキ、結構感じます。
今日はフラッペロン無しで降ろしましたが、穏やかな風にも関わらず、距離足りなくなってスロットルちょっと足すほど。

今後の調整が楽しみです。

# by doublerainbow116 | 2018-10-07 22:59 | F3A | Trackback | Comments(2)

アテナ70 組立て・リンケージ 重心合わせ

d0202319_21082652.jpeg
今週末が仕事(学校の修了発表会)や天候不順で飛ばしに行けず、再びアテナ70進展状況です。
Rx類積み・サーボコード配線。
JR色した廉価汎用サーボ延長コードのオスプラグ(ピンを受けるので本当はメスなのですが・・・)は、
嫌になるほど削らないと、JR Rxへ挿入出来ません。

まあ、OKモデル製とかFutabaを使えば良いのでしょうが、ケチると苦労するいい例ですね〜。
d0202319_21074166.jpeg
ラダーサーボのフロアにリモート・アンテナ(レシーバー)取り付け。
d0202319_21064559.jpeg
取説の指定重心位置は、アバウトな数値ですが空力平均翼弦30%(翼根で38%)辺りです。
バッテリーの移動により、オモリ無しで調整出来ました。

さあ、後は舵角設定・インシデンスチェック・Txセッティングぐらいかな?

# by doublerainbow116 | 2018-09-30 21:34 | F3A | Trackback(1) | Comments(0)

アテナ70 組立て・リンケージ 全備重量

d0202319_19503363.jpeg
プライベートな事情により、このところ飛ばしに行けてないので、最近のアテナ70内装リンケージ・進展状況です。

動力関係配線。
ESCを風当たりと抜けの良い位置(半外装)にセット、これで冷却はOKの筈。
オーバーヒートストップは懲り懲りです。

d0202319_19511486.jpeg
未だモーター・ESC共動かした事無いので、自宅駐車場にてテストラン。

私の知ってる6セルパワーに較べると、恐ろしくなる様な牽きとプロペラ風切り音!
電流値38Aでスロットル6~7割程ですが、音がかなりなので、これで止めておきます。(APC16x10E)
d0202319_19513402.jpeg
さて、全備重量、リポバッテリー(740g)込み、3.35Kgになってしまった!
この翼面積(40.5dm)で3キロ超えは重いですよね。

昔エンジンパターン機40クラス(翼面積39dm)、重量3Kg程に燃料満タンで、
3.4kgほどはあったかな?
これと同じと言えば同じですが。


少しでも削ぎ落としたいので、Rxバッテリー+レギュレター60gを無しにして、
BECにしようか、予定通り別電源にしようか、迷います。

# by doublerainbow116 | 2018-09-24 20:32 | F3A | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス 110

d0202319_09253084.jpeg
大盛況、夕方には熊谷の検定会を終えたNZさんも参加です。
d0202319_09250928.jpeg
FJIさんニュー、エレメント。
オレゴン便り・ショーンのとは、色分け変わりましたね。
d0202319_09244693.jpeg
KHさん、アポロ120。
私が今仕上げてるアテナ70の兄弟機、よく似ています。
d0202319_09241918.jpeg
Rx(RG613BX)メカテストの続き、兼、新たに組み込んだタワープロサーボ(MG996R)のチェック。
リモートアンテナ無し・フルサイズの距離で飛ばしてみましたが、受信能力、問題ないようです。

ラダーとエレベーターに組み込んだ新品・本物の996、水平飛行の「出」がまるで違いますね。

今日のセカンドフライトで、自分の過去数千フライト中、ベスト1or2のランディングが出来、それだけで今日は満足!
アプローチ進入の軌跡・ロール軸姿勢キープ~ややノーズアップで滑走路へ尾輪から接地~0.5秒後メインギアがすうーとバウンド無く接地。
自己満足ですけど。

昔、スーパー飛燕の進入・アプローチ姿勢が美しいので見惚れていたら、失速しそうになった事有りました。
d0202319_09235059.jpeg
TMRさん、エクセレント・DZ175cdi快調。
d0202319_09231204.jpeg
いつも憧れるのが、IGRSさんメカ積みの整然とした美しさ。
こういう方はメカトラブルも少ない筈です。
見習いたいけど出来ない!

d0202319_09223597.jpeg
YKさん、何やら耳にイヤホーンしながら飛ばしてる。
そこで三択クイズ。

1.ラジオで聞き逃したくない番組を聴いている。
2.スマホ・ヘッドセットで会話しながら。
3.テレメトリーで機体側から送られてくる、動力リポの電圧読み上げを聞いている。

さて、どれかな?
賞品は有りませんよ〜。

# by doublerainbow116 | 2018-09-17 10:14 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(4)

Saber920

d0202319_11524711.jpeg
やりかけの機体が沢山溜まっているのに、又これだ。
衝動的に、手頃な値段・見た目カッコ良さそう・モーターやサーボ等組み込み済で手間かからず・・・ポチッとクリック。

ボランテックスという中国のメーカーの様ですが、機体名、サーブルと読むのならフェンシング用剣、サーベルと読むのなら軍刀の意味。
ウイング スパン920mm、発泡材製。
d0202319_11521828.jpeg
30A ESC組み込み済。

バッテリー3セル2200mAhと、当初、販売店の仕様発表だったので、
これなら複数所有。
しかし到着した現物を見たら、どう考えても収まりません。
そこで仕様を再び見ると、3セル1300mAhに変更されています。

d0202319_11515847.jpeg
ウイング上面。
d0202319_11513925.jpeg
裏面、9g系サーボ組み込み済。
ウイング、スタビにカーボン補強材埋め込み済。
d0202319_11511728.jpeg
d0202319_11505651.jpeg
メーカー発表の全体フォト。
d0202319_11503404.jpeg
カナライザーや翼端板付き。

さて、アクロ機と銘打つも、どの様な飛びになるのか・・・YouTube で探すと、田舎道で乱暴に飛ばす海外映像しか見当たらず、
見当つきませんが・・・楽しみです。

# by doublerainbow116 | 2018-09-10 12:41 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(4)

アテナ70 組立て・リンケージ 完成

d0202319_22521088.jpeg
アテナ70「外見上」完成です。

残すは、Rx ESC Rx用バッテリー等積込み、
重心位置を探ってリポバッテリー・トレイ取り付け、
カウル内整流板、
そして、舵角セッティング、インシデンス・チェック等。
d0202319_22513992.jpeg
垂直尾翼がちょっと残念ですが、さほど癖にはならないかと思います。
d0202319_22511372.jpeg
キャノピー・ハッチ留めを、ツマミ付きビスに変更。
d0202319_22504361.jpeg
残り作業、急がねば!
作業鈍いのと、取り掛かれる日数限られてるので、随分時間経ってしまいました。

# by doublerainbow116 | 2018-09-02 23:05 | F3A | Trackback | Comments(2)

ブルーライト カット レンズ

d0202319_21432971.jpeg
昔ブルー・ライト・ヨコハマっていうヒット曲有りましたが、今回採り上げるのは、
ブルーライト カット レンズ。

たまたま、Jinsで日常用メガネの予備が欲しくて、レンズ選択を店員さんと相談中に、
ブルーライトをカットするレンズがちょっと高くなるけど選べる事を知り、
機能を聞くと「なんだ、遮光レンズじゃないか」と納得。
400nm(ナノメートル)~500nm辺りの青色短波長(ブルーライト)をカットし、その効き具合によって3種から選べるので、
真ん中具合を選び、それがフォトのレンズ。

分かりづらいですが、実際は僅かに黄色掛かり、視界印象としても経験ある遮光レンズ(東海光学製)の弱いヤツって感じです。
日常のスマホ・PC・液晶テレビなどから発せられるブルーライトをカットする事により、網膜へのダメージを防ぐというのが謳い文句。

クルマの運転で、視野コントラストの上がる印象に喜んでいます。
(ブルーライトの帯域が原因で、モヤっとしたベールに包まれた様に見える、という事らしい)
個人的感触ではありますが・・・

d0202319_21430555.jpeg
フライトに使用、遮光レンズ・度付きサングラス。

白内障手術でプラ製人工水晶体を眼内に入れ、その後、後発白内障を発症
(水晶体を支える膜に新たに白濁が出来る)のレーザー手術。
視力1.0~1.2に回復はしましたが、白内障患者用・遮光レンズの見え方が忘れられず、裸眼の度が全く変わってしまったので、
作り直したのがこれです。

400nm~500nmを鋭いカーブでスパッとカットの特性。
晴れ用。
d0202319_21424064.jpeg
400nm~500nmを緩やかなカーブでカット。
これも手術後作り直した、曇り用。

尚、可視光線帯域の上は赤外線、ブルーライト帯域の下が紫外線。

# by doublerainbow116 | 2018-08-26 22:42 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

アテナ70 組立て・リンケージ ⑥

d0202319_20412009.jpeg
今日はクラブ内大会参加の予定だったのですが、事情により行けなくなったので、
このところのアテナ70進展状況アップです。

胴体とFRPカウルの関係、正確に位置決めするのは本当に難しい。
カウル先端とスピンナープレートとの間隔(ダウンスラスト調整のクリアランスも見る)、
ドライブシャフトがカウルホール・センターに来ているか、防火壁RとカウルRの一致、
既に塗色されてるカラーリングの連続性・・・。

この段階になって、モーターマウントの位置は防火壁に向かってもう1ミリ右であった、と嘆きます。

d0202319_20405773.jpeg

カナライザー マウントの取り付け。
胴体のフィルムを剥がし、グラス製マウント底辺をサンドペーパーで荒らし、
胴体先端・後縁と辻褄の合う位置を探ります。

決めた位置がズレないように、胴体内まで貫通するロングビスを使用、エポが乾くまでブラインド ナットを経由、締め付け。
d0202319_20403502.jpeg
水平尾翼・主翼との平行度、なかなか合わない!
前から見ると平行に修正できても、後ろから見ると狂ってる・・・マウントの上面が捻れ状態のようです。
立体的に修正して、ナントカ。
d0202319_20401413.jpeg

搭載する、ESC・コブラの80Aに加え、アンチスパーク・コネクター、12Gのシリコンコードを準備。

この所連続してESCオーバーヒート プロテクト・モーター停止を経験。
BECを6AとれるのでこのESC選びましたが、6セル機でもあるし、この機体では別電源とする事に変更します。

# by doublerainbow116 | 2018-08-19 21:33 | F3A | Trackback | Comments(2)

今日のウイングス 109

d0202319_22111917.jpeg
来週行われる予定のクラブ内競技会・・・どうも、翼端に取り付けた紙テープをストールターンするペラで切り、
更に規定タイムで競うらしいので、その手の競技用機体として、コマンダー久々の登場です。

使用エンジンENYA 53-4Cの調子チェックでテストフライト。
いつも一発始動、上空も問題ない様です。
d0202319_22105989.jpeg
マンタ2に搭載していたRx(RG613BX)とUBECレギュレター、見た感じ損傷無かったので、そのフライトテストも兼ねて仮搭載。
・・・距離・耐振動ともOK。

しかし、ラダー用として使用中のタワープロ・偽物サーボが突然死!
本物ではそのような事、起こらなかったのですが、教訓・・・怪しげなサーボは機体の命取り(ラダーなので助かった)。


d0202319_22103767.jpeg
OKNさんの28X、IGRSさんと私のXG14E。
JR・稀少Tx、3台揃ったので、記念撮影。
d0202319_22095579.jpeg
初めて28X触らせて頂きました。スティックの感触、良いです。
d0202319_22093083.jpeg
奥がTMRさんダビンチ70、DZ70。
手前OKNさんダビンチ70、FZ80。
d0202319_22090736.jpeg

# by doublerainbow116 | 2018-08-12 22:48 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

今日のウイングス 108

d0202319_12575455.jpeg
今日は草刈り当番。
東名下り・土曜日朝のいつもの渋滞始まる前に通り抜けるべく、早朝、家を出ます。

綺麗に刈った後のフライトは気持ちいい。
3人1組でローテーション、年1回か2回当番が回ってきます。

40°C近い酷暑続きの中、熱中症予防として、大量の水・氷・スポーツドリンクを準備、帰路に着くまでに2リットルの水分を摂取。
d0202319_12531059.jpeg
ミニ エクセレンスは主翼をつけたままクルマに積めるので、充電だけで準備完了。
d0202319_12510569.jpeg
暑さのせいか、出勤少なめ。
d0202319_12503067.jpeg
ストレージ充電中。

リポをハイボルテージに替えて、パワーに余裕が出たお陰か、明らかに飛ばしやすく、
「スロットルワーク に追従した機速」とでもいいますか、ペラAPC11x8Eでいい感じ。
追従性は翼面荷重が小さい事も寄与してる様です。

しかし、ESCオーバーヒートでモーター停止~失速~不時着が、HVに替えて一度発生。
そこで風導入孔を拡大、導風・反射板をESCへもっと行くよう加工したものの、
それが起こった先日の気温40°C環境と似ている為、ちょっと心配。

そこで、ランディング直後、モーターとESCの温度測ると、いずれも47~8°C・・・OK。

d0202319_12494727.jpeg
IGRSさんスーパー ファンタジスタ。
奥がランディングした、Holidayさんエチュード。
d0202319_12491534.jpeg
テイクオフ。
d0202319_12484063.jpeg
同 テイクオフ。

# by doublerainbow116 | 2018-08-05 18:10 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)