BlueArrow サーボギア交換

d0202319_22011488.jpeg
ミニ エクセレンスで使用中のサーボ、BlueArrow D0576HT-HV 用交換ギアが入手出来たので、ギア不良らしき不調で外したサーボ、修理します。

先ずはギア・ベアリング・ギアシャフト・出力軸、全て外します。
d0202319_22002864.jpeg
モーター&シャフトギア、ポテンション。
d0202319_21595000.jpeg
新品のメタルギアを嵌めるのですが、ポテンションに嵌るプラ部品・ギアシャフト・ギア・ギアプレート、
これらがパズルの様に順番 手順が正しくないと嵌らないのです。
あゝ難しかった!
d0202319_21591142.jpeg
グリースを塗ります。
d0202319_21582132.jpeg
通電チェック、動作OK。
このサーボ、ハイボルテージ仕様なのですがBECの5Vで使用。
トルク スピード共使用感として問題なし。

7.4V時、4.20Kg-cm 0.06sec/60deg、重量7.9g
d0202319_21575276.jpeg
超小型ギアをピンセットで、っていう作業は拡大鏡が無いと見えないです。
そこで、ラジコン技術付録(特に欲しいものではないのにね〜)の拡大鏡と、もともと持っているハズキルーペ、使い比べ。
性能は同じ様な感触。
付録のこちら600円、あちら1万円。


# by doublerainbow116 | 2019-02-18 22:37 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

リトル マーティン

d0202319_20435287.jpeg
どうも具合が悪くて寝込んだ後に、そのフラストレーションからか、ギターを買いに行く習性がある様で、
2年前、年末から正月にかけて帯状疱疹で四日間寝込んだ次の日、池袋(渋谷 池袋 吉祥寺 御茶ノ水などは楽器店密集地域)、
に出かけ、エピフォン センチュリーを購入。

この1月、熱の出ないインフルで寝込んだ後、無性にエピフォンからリリースされている、
ジョンレノン使用で有名な、憧れのギブソンJ-160E廉価版(本物の1/8価格)エレアコが欲しくなり、
在庫調べ、いざ吉祥寺へ!

シマムラ楽器で試奏するも、弦が古いのかクオリティー低いかで判断つかない、と店員さんに言ったら
「良い弦に張り替えます、その間何か別のギターいじってて下さい」
じゃあこれ、って弾かせて貰ったのが、結局買ってしまったこのマーティン。

「弦張り替えました」と持ってきてくれた時、そのギターはもうどうでもよくなってしまい、
リトル マーティンの愛称持つこのギター、音色・ネックの感触・ピッチの正確さに魅了されてしまいました。
d0202319_20432079.jpeg
23"ショートスケール、圧縮合板。
エド シーラン モデルと同じリトル マーティンシリーズ。
フィッシュマン ピエゾピックアップ付きエレアコ。
サウンド ホールの内側にボリュームとトーンコントロールがチラッと見えます。
d0202319_20425175.jpeg
付属弦はマーティンSPシリーズ012でしたが、ショートスケールであっても硬すぎるので、
同じSPの011に変更。

心配したチューニング、寧ろこちらの方がより正確になった気がする。
d0202319_20421990.jpeg
弦ごとに弦長オクターブチューニング調整してあるのはさすが!

このギターシリーズ(LX Custom S/E)売り上げ一本につき、一本の植樹をする事になっているそうです。
その思想に賛同。



# by doublerainbow116 | 2019-02-11 22:16 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス 113

d0202319_23183587.jpeg
穏やかな気候に恵まれたウイングス飛行場は賑わっています。
1時間ちょっとの順番待ち。

私のアテナ70、降り・ナイフエッジ癖取り他、調整飛行を始められる段階まで来ました。
本格的電動パターン機・未熟者の私にとって、パワーセッティングがなかなか決まらなかった為、
時間かかってしまいました。
d0202319_23180950.jpeg
d0202319_23172858.jpeg
d0202319_23170128.jpeg
YKさん、フルサイズ・ネオ ステージ テイクオフ。
d0202319_23162865.jpeg
ネオ ステージは、楕円翼に近いスタイルが印象として強く残ります。
美しい機体です。

# by doublerainbow116 | 2019-02-02 23:30 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

アテナ70 電源スイッチ・ボルテージセンサー

d0202319_15513469.jpeg
先々週・今週とも、週末になると体調不良になるペースが続き、2年前には年末から正月休みにかけて帯状疱疹になったり・・・
どうも休みになると気が抜けて症状が出るんですね〜、これはたるんでるって事かも?
先々週のインフルに続き今週末は胃腸炎になり飛行場へ行く事断念。

作業中のアテナ70改良についてご紹介します。
実は未だRx電源スイッチ、取り付けてなかったのですが、さてどちらを何処に設置を、と迷っている状態。

右側は旧JR製・電子スイッチ、プラグを抜くとオンになります。しかし電圧チェック用端子がないのが不便。
左側はGTPower(中国製)電子スイッチ・・・1秒長押しでオン、3秒長押しでオフ。
(電圧モニターのLEDも付いている)しかし性能的に信頼出来るのか不安。
d0202319_15510602.jpeg
これは、テレメトリーで動力バッテリーの電圧(残量)モニターが出来たら便利だろうなと思い、
旧JR製DMSS用を特価品で購入、しかし動力バッテリーを直に通過させる方式の割に使用ケーブルが細く、
60~70A流すには適さないだろうと判断。
d0202319_15501041.jpeg
そう思っていたら、JR/DFAから新発売、DMSS用ボルテージセンサー、
DC 0.0~100v、4g。

動力バッテリー端子にハンダ付けするだけでテレメトリーとして機能する様で、
この方が軽いし、電流値気にする必要ないし、良いですね。ああしまった!
d0202319_15492911.jpeg
そう言えば、テレメトリー機能によるRxボルテージ アラーム、わすれていたのでセット。
Rxのイン電圧(レギュレターアウト)が6.3vとTxに表示されているので、アラームを6.0Vセットするも、
バッテリーが空近くになる時、レギュレターアウトがどの様な電圧表示されるのか見当つかないので、あまりあてにはならないでしょうね。

# by doublerainbow116 | 2019-01-27 16:48 | F3A | Trackback | Comments(0)

アテナ70 Rx・サーボ 別電源へ変更

d0202319_20244368.jpeg
これまで、ESCのBEC機能でレシーバー・サーボ電源を賄ってきましたが、やはり恐怖心が有り、70g重量増にはなりますが、
この6セル機では別電源とします。

と言うのは・・・以前オリンパス(6セル)が、真夏に過熱からESC(FMS)機能ストップした時、同時にBECによるRx電源供給もストップした様に感じ、
ノーコントロールで墜落しています。
ミニ エクセレンスでも真夏に(気温41℃の日)、ESC(E-Max)機能ストップと同時にノーコントロール。
(この時は小破で済み、その後通風を改良、気温40℃近くでもOKに)

その後、各社ESC取説を探し、過熱からの機能ストップ時、BECによるRx電源供給がどうなるのか調べるも、
それに触れた説明は見当たらず、未解決状態が続いています。

そこで、ESC・Rxスロットルチャンネル間、3本線の内プラス線(赤)切断でBEC不機能に、900mAh2セルリポとレギュレター
(UBEC・定格6A,アウト6vをセレクト)を取り付け、気持楽になりました。
d0202319_20242196.jpeg
d0202319_20235361.jpeg
d0202319_20232444.jpeg
1月にしては穏やかな日が続きます。

YKOさんのところ寄ってたかって?
スターターが壊れたらしく、皆がスイッチ周り直し方、アドバイス状態!
それにしても、DZ185cdi、本当に調子良いエンジンですね〜。

# by doublerainbow116 | 2019-01-20 21:04 | F3A | Trackback | Comments(0)

どうも、インフルかかってしまったようです。

d0202319_18184795.jpg
プライベートで忙しかった事もあったのか、昨日あたりから・・・だるい・節々が痛い・ちょっと熱が有る。
経験上、インフルエンザです。
先程、休日診療で診てくれる病院行ったら、37℃程度ではインフルエンザと断定できない、と薬処方なし。

11月に予防接種してありますが、過去にも、それがハズレだった事あります。

仕方ないので、家の娘達、リュリュ嬢(右)とロッタ嬢(左)に慰めてもらい寝ます。
ブログ更新出来ず、すみません。

# by doublerainbow116 | 2019-01-13 18:31 | 社会 | Trackback | Comments(0)

ウイングス 新年初飛行会

d0202319_08180405.jpeg
d0202319_19423052.jpeg
2019新年初飛行会、競技としてスポーツマン・ハンディー戦で行われました。

賄い係の用意した、おでん・汁粉・そうめんをいただいた後(いつもご苦労様)、
所有する検定級・機体クラス・スケール機加点、などのプラス・マイナスハンディー有りで競います。

私はこのミニ エクセレンス(A・Bクラスマイナスハンディ無し)で挑戦。
d0202319_19411752.jpeg
副会長Mさんよりルール説明。
d0202319_19414605.jpeg
先ずは恒例、お神酒で飛行場を清めます。
d0202319_20133032.jpeg
競技開始。
d0202319_19402327.jpeg
YKOさん演技スタート。
ジャッジをMさんとコジコジさんが担当。
採点後のジャッジペーパーをエクセルにて係数・ハンディ%処理、KHRさん担当。
d0202319_19394608.jpeg
YKさん、スーパー飛燕ランディング。

結果、一位YKさんスーパー飛燕、二位IGRSさんファンタ70、三位私ミニ エクセレンス。
競技委員の設定したハンディが絶妙で、僅差で競い合う白熱した競技会となりました。

それにしても寒かった・・・温度と言うより、そこそこ強い北風により、体感零度!

# by doublerainbow116 | 2019-01-06 20:09 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

明けましておめでとうございます。2019

d0202319_00123288.jpg
明けましておめでとうございます。 2019
今年も宜しくお願い致します。

(七里ヶ浜より臨む富士)

# by doublerainbow116 | 2019-01-01 00:21 | 社会 | Trackback | Comments(4)

ショーンのオレゴン便り ②

d0202319_20072563.jpg
今はオレゴンに住むショーンから、クリスマスカードと共にメインに飛ばしてる機体、
エンジエルス・シャドゥのフォトが届きました。

彼は3年ほど前、F3A・US国内大会予選トップ(決勝F-17はトチッたらしい)ですから、私と同じ年なのに
凄いものです。

相変わらず「早く電動にすれば」って言い続けてらっしゃいます。
70クラスは始めたよ、と伝えるも,

今回も、電動の良さについて・・・
  • ノイズ無し
  • バイブレーション無し
  • ラジオとサーボ永遠にOK
  • メインテナンスフリー、換えるのはタイヤだけ(2000フライトで換えるそう)
  • ふき取り要らず
  • 手と送信機べとつかない

と力説されました!
JR28X、Txバッテリー予備を必要とする以外、順調だそうです。

追記(2019 1/2)

その後使用中の動力周り他、データ送ってきてくれたので追記します。


ハッカーC54-2YLモーター、ハッカーSenstol 120オプト。

このESC、ガバナー機能を持ち、バッテリーフルと電圧下がってからのRPMをコントロールしてくれるそうです。

それは便利ですね。


サーボがJR DFA S8411 F3AEP、これはF3A用としてアールシーデポからリリースされた、ワイドボルテージ・プログラマブル・XBus対応の新型。

この新型サーボ、大変気に入ってるとのコメント。



# by doublerainbow116 | 2018-12-30 20:35 | F3A | Trackback | Comments(0)

P51 ストレガ 引込脚修理

d0202319_14352769.jpeg
尾島ミーティングで飛ばした時、何か右側電動引込脚の動きが変だなと感じていたら、駆動モーター回れど脚動かずへと悪化。

家に帰り分解すると、ギアなめ状態でした。

ところで、尾島でスピード機のフライト見ていると、皆さん160km~190Kmは出てますね。
このP51、推測130Km(メーカー発表)なのでレベルが違いました。

d0202319_14345559.jpeg
問題のギア・ベアリング兼ドライブビスとチップを取り出すと、やはりナット側がスカスカに減って空回り。
そこで、プラリペアでネジ穴再生を試みます。

d0202319_14343197.jpeg
ビス・チップとも金属ながら、上手く再生出来たようです。
d0202319_14341521.jpeg
元通りに組み込みテストすると、モーター近くのギアもなめていた!
ああどうしようと思っていたら、輸入元に補修パーツとしてFMS製電動引込脚が入荷。
結局、買うことに。
d0202319_14335348.jpeg
曲がったピアノ線を直しておきます。
d0202319_14333380.jpeg
サーボ延長コードの処理を除き、修理完了。

# by doublerainbow116 | 2018-12-23 15:02 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

アテナ70 スロットル範囲設定 ②

d0202319_21300297.jpeg
前回の続きで、スロットル範囲設定と電流値と牽きの関係を探っています。

飛行場に着いたら雨が降り出した!
40分ほどの雨宿りで薄日が。

リポ消費開始時、スロットル65%に抑えたセッティングで電流値65A。
ワンフライト目はこれで行ってみます。
d0202319_21292443.jpeg
安倍晴明を祀る晴明神社ステッカー。
羽生フリークの妻が通販で色々買い込んでいる時、ついでに私用のステッカー便乗購入。
ご利益如何に!
d0202319_21283032.jpeg
ハイエンドを70%に広げても、6分半飛ばして・・・あまりロードの掛かるフライトではありませんが、
残40%強・・・スロットル(電流)もうちょっと使えそう。

次に、スロットル カーブをいじってみます。
前回設定したカーブよりパワー感リニアな印象。
スロー・ミッド・ハイ近く・・・エンジン機とはだいぶ違ってきています。

でも、もっと指と機速がフィットするカーブ、有りそうです。

# by doublerainbow116 | 2018-12-16 22:03 | F3A | Trackback | Comments(2)

アテナ70 スロットル範囲設定

d0202319_19371143.jpeg
使用中のCobra ESCは電源投入毎・スロットル範囲が初期設定へ戻ってしまうタイプ故、
トラベルアジャストでハイ側を抑えても、次の電源投入時、そのポイントを100%と読み替えられてしまう事、
不便極まりない。

そこで、JRXG14Eでは、フライトモードにてトラベルアジャスト切り替え操作出来ないので、
ハイを抑えたスロットルカーブのオンオフで行うことにします。

ハイ側70%ほどに抑えたカーブを作ります。
抑えないとバッテリー消費スタート時,測定値75~80A(16x10E)。これは流れ過ぎ。
d0202319_19360659.jpeg
スロットルカーブ操作のフライトモード・スイッチを右ロング(白カバー)に設定。
オフ状態で電源投入、ESCに範囲を覚えさせます。
d0202319_19354038.jpeg
スロットル範囲メモリー後、ハイを抑えたスロットルカーブ・オンにして
フライトへ。
d0202319_19345108.jpeg
ハイエンド75%設定時、68A。
d0202319_19342468.jpeg
ハイエンド70%設定時、65A。
d0202319_19334113.jpeg
現在、Kv値405のモーター使用中。
フォトは、特性的にこの機体には使いにくかった、同型・別Kv値の
デュアルスカイモーター、355と470。

Kv値・電流値・ペラの選定と回転数・・・
mamuさんにアドバイスいただき試行錯誤中です。

本格的な電動パターン機としてアテナ70、初体験ですが、パワープラント奥深いですね!

# by doublerainbow116 | 2018-12-08 20:15 | F3A | Trackback | Comments(0)