アテナ70 組立て・リンケージ ③

d0202319_23191637.jpeg
このところ、学校のライブの準備。
天窓の老朽化による雨漏り。
更に加えて、妻がスカパーでフィギアスケートを観たいと言い出し中継に間に合うよう急遽CSアンテナ工事発注と同時に
ハードディスク・ブルーレイレコーダー購入設置・・・
アテナ70作業、ここ1ヶ月ほど止まっていました。

エルロン用ミニサーボに合わせてベッドを加工、ちょっと縦を広げて入ります。
リンケージパーツは基本的に付属品を使用。
d0202319_23184003.jpeg
ラダーをペーパーヒンジで取り付け。
(付属品ヒンジ、なんとなく頼りない感じがしたので、この機体に全てOKモデル製を使用)
尾輪の取り付け・・・中国製の機体に良く見かける方式、軽量合理的な設計です。

ラダーホーン長さを左右合わせ、仮に嵌めて置きます。

d0202319_23180472.jpeg
先ず、エレベーター・ラダー関係のホーンを弾性エポを塗ってからナット締め付けて固定。
エレベーターサーボとホーンをリンクしてから、水平尾翼を取り付けてみます。
カーボンパイプ2本を用い片側をエポで接着、もう片側はビスで固定。

d0202319_23173529.jpeg
これまでの所で接着剤で2種の失敗に気づき「嗚呼〜」。

先づ、境界層板を瞬間で仮止め後、スーパーXで隙間埋めも含め取り付けましたが、
それから1ヶ月近くたって未だ乾かない!
似たような体験、以前も一度経験しながら又やってしまった。

賞味期限切れで接着不良です。
製造年月日を見ると、開封後3年経過している。
シリコン系は古くなるとダメなようです。

もう1つ、ホーン類の接着に使用した弾性エポ(EP001)、10日間過ぎてやっとベトつかない所まで来ました。
これも賞味期限切れですね。
パッケージを見ると、製造(開封)から10年経過。

所有する接着剤、古いのは捨てる事にします。
フォトのバスコーク・バスボンドは右から、12年・6年・5年(未使用)経過品・・・物持ちが良いのは接着剤については失敗の素。
接着剤は新鮮であるべし・・・ですね。

# by doublerainbow116 | 2018-05-28 00:16 | F3A | Trackback | Comments(2)

ウクレレ

d0202319_21312859.jpeg
もしかしたら、私はウクレレ弾けるんじゃないかな?、或る日突然(こういう曲有りました)想い始め、よし買ってみよう!と渋谷の楽器店集中地域へ向かいました。
ウクレレ在庫の多いイケベ系ショップへ行くと、マーティンのエド シーランモデル(リトル マーティン・アコースティック ギター)にも目が行き、心乱れます。

展示品を数本触らせてもらい感じたのは、テナータイプという430mmスケールの比較的大型モデルが私の手と指には弾きやすく、ピッチも正確で気に入りました。

フォトが購入器、レホ製(日本のメーカー・ 製造中国)。

ここで、にわか仕込みの知識・・・ウクレレの種類。
ソプラノ(スケール345mmくらい) 1番小型
コンサート(スケール380mmくらい) 中型、これを選ぶ人が多い
テナー(スケール430mmくらい)比較的大型、弦テンション強いので音色 チューニング的に有利
(スケール=ナットとサドルの距離、いわゆる弦長)

後日、壁掛けウクレレ用フック購入。
d0202319_21305496.jpeg
内蔵・ピエゾ ピックアップからのラインアウト、2Pフォンプラグで取れます。
チューニング メーターも付いています(結構アバウト、基準A=440Hzのみ)。

d0202319_21300970.jpeg
個性的なブリッジ 方式、ホールが各弦毎2つ用意され巻き付ける様に留めます。
弦高は弾き比べた中では低い方ですが、もっと下げた方が弾きやすいので、サドル(コマ)を削って修正予定。

後日、失敗した時の為、予備のサドル(大きめから削る事になる)購入しました。
d0202319_21293425.jpeg
この機種のペグはクラシック ギターと同じ方式。

ウクレレって調弦特殊だし、これまであまり興味抱かなかったのですが、ある日、
「ギターの1弦から4弦をそのまま4度上げ、4弦はそのオクターブ上」という事に気付き、
つまりギターの上4弦と同じ押さえ方でコード弾き出来る、更に、4弦にはオクターブ下のG線を張る方式もある事を知り、これだったら行けるかな?
と思った次第です。

ウクレレって、軽くて小さくて、音も穏やか・・・持ち運びも簡単。
いいものですよ。





# by doublerainbow116 | 2018-05-20 22:40 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(0)

ミニ エクセレンス 3枚ペラ・テストフライト

d0202319_20253037.jpeg
今日は3枚ペラのフライト・テスト、マスター エアスクリュー11x7です。

d0202319_20245366.jpeg
事前に電流値測ると、これまでより上がってるのでどう出るのか興味あるところです。
第一印象として、飛びが落ち着く・・・そこそこ強風(6~7m/s)の中、この小型機がジャイロにも助けられ、ちょっとどっしりした様な感はあります。
しかし、牽きの力は落ちた感じ・・・もしかしたらペラの翼形(ナローブレード)により、より高回転域でトルク発揮出来る特性かも知れません。(エンジン用?)
d0202319_20241002.jpeg
撮影の為近くに寄せ、ホバリングに入れてみます。
d0202319_20223142.jpeg
d0202319_20230435.jpeg
d0202319_20205844.jpeg
d0202319_20202215.jpeg
ここでジャイロをヘディング ロックへ切り替え、ホバリングに入れます。
このまま待っていると、45°ほど風上へ傾きそのままゆっくりと横へ移動します。
d0202319_20194127.jpeg
ランディング。

フォトby KHRさん、協力頂きました。

# by doublerainbow116 | 2018-05-13 20:54 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

ミニ エクセレンス 3枚ペラ装着

d0202319_21484552.jpeg
ミニ エクセレンス用ペラ、ダイアサイズ上げたくても12インチ以上は擦るので、3枚ペラを試してみたくてマスター エアスクリューの11x7購入。

ドライブシャフトが8mm径なので、ペラ裏側穴約9.4mmと合うアダプター埋め込み~修正。

d0202319_21482254.jpeg
45mmスピンナー必要ですが、ネットマーケットに見当たりません。
取り敢えず、無しでいいか!
念のためペラ裏側に両面サンドペーパの滑り止め(OKモデル製)を仕込みます。
d0202319_21475752.jpeg
電流値を測ってみます。
フルスロットルをピークホールドで見ると、28.6A。
この機体、これまでのAPC11x7Eで25.0A、11x8Eで26.8A(いずれも地上)でした。
さて、フライトでどう出るのか、楽しみです。

d0202319_21472316.jpeg
今日は主に、3枚ペラのテストを目的に飛行場へ出掛けたものの、15m/sは有ろうかと思う爆風。
以前、強風時、地上に置いたミニエクセレンスが突風で勝手にバック転!
その時より更に強風なので、今日は止めるが賢明。
その代わり、オリンパスをワンフライトだけして退散。

フォト撮る余裕無かったので、連休中に撮って戴いたショットを代わりに。
d0202319_21465680.jpeg

# by doublerainbow116 | 2018-05-06 22:30 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス 105


d0202319_11422545.jpeg
前回の記事に続き連休中、Holidayさんガソリン・エンジンボート、ゼットペラ仕様航行を拝見出来ました。
天気の良い日に船、良いですね。
d0202319_11415976.jpeg
未だ直進ニュートラル定まらない様ですが、今後、重心位置移動、船底キールの追加、
更にジャイロの追加?など・・・Holidayさん追求して行く事でしょう。
d0202319_11412618.jpeg
川に持ち込んだもう一艇、プロペラボート、グローエンジン(OS LA25)仕様。
d0202319_11410438.jpeg
以前、ウイングス滑走路でも走行出来ています。
d0202319_11402767.jpeg
壊したプロペラアダプター、スピンナープレート、ペラ(これまでオリンパス付属品の15x8Eを初フライト以来500フライトほど使用)
を新たにAPC15x8E、換装。
牽きも電流値も変わりませんね~。


d0202319_11393227.jpeg
d0202319_12101650.jpeg

# by doublerainbow116 | 2018-05-03 12:13 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス 104

d0202319_17314402.jpeg
何と言っても、今日のトピックスはウイングス・ボート部長(?)Holidayさん新作、
ニュー、オリジナル・ガソリンエンジン・ボート進水成功!

進水式は私の到着前に行われたので、見ることは出来なかった。
特異な方式を持つボートです。
d0202319_17310165.jpeg
エンジンは草刈機用20cc、合板船体はウレタンコーティング。
d0202319_17300660.jpeg
これが、実艇では新潟鉄工所が生産しているというゼットペラ機構。
模型はグラウプナー製。
動力と舵が一体として機能。
d0202319_17292863.jpeg
このダクトファンのような羽が推進力と向きをコントロールします。
従って急旋回が可能。
ジェット戦闘機の方式でも有りますね。
d0202319_17282965.jpeg
YKOさんアイオロス、以前のYS FZ175からの換装、最近はDZ185cdi。
いつも調子良いです。
d0202319_17275863.jpeg
YKさんロゼッタ シャーク。
主翼のコウモリ型と背びれが特徴。
d0202319_17273308.jpeg
ロゼッタ テイクオフ。
d0202319_17270318.jpeg
d0202319_17263483.jpeg
オリンパス、タキシングで脚を深い草に絡めたようで、その前のめりでペラ先端一部欠損。
上空へ上げて音が変なので気づき、直ぐ降ろしたら欠けてます。(何故?片側だけ)
アルミ プロペラマウントも変形、諦めて今日はこの3フライト目で終わりにします。

# by doublerainbow116 | 2018-04-29 18:03 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス 103

d0202319_20472105.jpeg
今日は定例・飛行場整備と総会。
皆でランチタイムのあと、早速飛ばし始めます。

私のミニ エクセレンス、ジャイロ感度設定が決まって来たので、そこそこの強い風でも、上空飛行・ランディング共、不安なくこなせています。
エルロンのみジャイロ感度40%、他の2舵は50%にセットでしたが、強風の中ロール軸の揺れが多いので、50%に上げてみるも違いは殆ど分からなかった。

へディグロック モードで垂直上向きホバリング、面白い!
斜めに傾いた姿勢のままでも、ホバリングしている!

d0202319_20463864.jpeg
風導入の為、スピンナーの先端カットしている方をよく見かけるので真似してみました。
フライト終盤のパワーダレ、減ったような気がします。
しかし、直進性が落ちるって言う説もあります。
でも、この手の小型機では関係ないでしょう。

APC 11x7Eから11x8Eに変更。
良く牽いてるのは良しとしても、スピードも上がってしまう。
12インチは試しましたが、擦ってしまう。
3枚ペラでちょうど良いのが有れば・・・ですね〜。

d0202319_20461034.jpeg
d0202319_20454554.jpeg
d0202319_20452069.jpeg
d0202319_20445167.jpeg
Mさん、ハイ バード、コントラ、テイクオフ。
真っ直ぐ綺麗に昇って行くのに加え、降りのブレーキも魅力です。

# by doublerainbow116 | 2018-04-22 21:19 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(5)

アテナ70 組立て・リンケージ ②

d0202319_21381577.jpeg
水平尾翼関係の作業に入ります。先ずはヒンジでエレベーターの取り付け。
カーボンパイプ2本で胴体に仮付け、嵌り具合いを見ます。
迎角調整機能は無いのですが、サーボ内蔵方式なので、片側はカーボンパイプビス止め、もう片側はエポでFRP製受けパイプに接着との取説指示。
d0202319_21374946.jpeg
尾翼下半角、主翼・胴体との平行度を見ます。
上手い具合に修正の必要は無さそうです。
直さなくて良い廉価・準完成機って今まで殆ど経験有りません、上出来!
この前に組立てた、マンタ2が垂直尾翼だけ惜しい造りでしたが、水平尾翼と主翼の平行度ちょっと修正するだけで、
癖の出るようなタチの悪い狂いがなかったのも優秀。

酷い時は、主翼と水平尾翼が立体的(3次元的)に捻れているので、計測しながら水平尾翼の前後左右にカイモノ入れたり、丸2日間ほど格闘したものでした。

又ある時は、主翼のサイズが胴体に合わず、修正と言うより、削って削って・・・合わせたって事も有りましたね。

ウチのロッタ嬢が手伝いにきています。
d0202319_21371340.jpeg
角度関係を後方から計測。
d0202319_21362710.jpeg
さて困った、水平尾翼内蔵サーボ。
28g系ミニサーボ(K-Power)ではかなり削らないとサーボベッドに収まらないし、
18g系サーボ(BlueArrow)では、スカスカ。
d0202319_21355483.jpeg
結局ベッドを加工して、BlueArrowを。

# by doublerainbow116 | 2018-04-15 22:24 | Trackback | Comments(3)

今日のウイングス 102

d0202319_20095015.jpeg
飛行場へ着いた途端風が強くなり始め、終いには10m/s以上の強風に。
更に向きが東に変わり真横に・・・仕方なく横風練習です。

オリンパス、前回終了後ストレージ充放電するも、リポバランス測るとかなりの狂い発見、
ハイペリオン新型チェッカー内蔵のバランサーでバランスとったせいか、
今日の1発目やたら元気良い。
もし、その効果であるなら、バランスでパワー感だいぶ違う事になります。
d0202319_20092271.jpeg
d0202319_20085309.jpeg
d0202319_20082783.jpeg
SMZさん、アセント フライト。
d0202319_20075776.jpeg
d0202319_20073278.jpeg
Holidayさんエンジンボート。
頂きものだそうです。
観たかったな~。
d0202319_20070617.jpeg
エンヤ19、Ⅴ型かな?(でもキャブだけは比較的新しいG型)
水冷です。

# by doublerainbow116 | 2018-04-08 20:26 | F3A | Trackback | Comments(2)

アテナ70 組立て・リンケージ ①

d0202319_18140043.jpeg
アテナ 70組立てスタートです。
先ずは取説通り、主翼から。
ペーパーヒンジでエルロンを取り付け、次にカーボンパイプを嵌めて左右の具合いを観察します。
嬉しいことに、主翼が正確に出来上がっている様で、後縁・後退角も揃っている。
d0202319_18131878.jpeg
この段階で、境界層板を取り付けます。
ガイド刻みの入ったフィルムコート済み合板から境界層板を切り出し、接着面を整形します。
接着してしまうので、取り外し・修正不可。
角度(ちょっと内股)・主翼に対し垂直などに気をつけて進めます。

丁度、主翼後退角が変わるポイントに取り付けるよう、取説に指示されてますが、理屈は解りません。
d0202319_18123966.jpeg
ノックピンを接着、カーボンパイプを嵌めて胴体と主翼の様子を観ます。
キットの箱を開けた時から感じていましたが、「これがBクラス!」ってほど大きい。
昔、私がラジコン入門した頃の60(ロクマル)クラスより体積的に大きい感じがします。

胴体と主翼のはめ合わせ、良好です。
さあ〜、MBPの大会はこれが間に合うかな!




# by doublerainbow116 | 2018-04-02 18:49 | F3A | Trackback | Comments(4)

今日のウイングス 101

d0202319_13100091.jpeg
今日のウイングス、2週分からピックアップして掲載します。

YKさん、ネオ ステージ フルサイズ、飛び始めました。
地上から拝見した印象として、安定・穏やか・且つ優雅です。
d0202319_13092358.jpeg
ほぼ楕円翼、スタイリッシュなデザイン、美しい姿の機体。
d0202319_13084525.jpeg
ベルウッド・ベルトダウン。
d0202319_13080247.jpeg
Holydayさん、新設計オリジナル・エンジンボート。
フライト順番なのに居ないな~と思えば、飛行場近くの支流でやっているようです。
d0202319_13071851.jpeg
船外エンジンって水冷ではなく空冷でしたっけ?
昔は、フライホイルの溝にロープ掛けてエンジンスタートしていましたっけ。
d0202319_13062938.jpeg
TMさん、スーパー アキュラシー70 テイクオフ。
d0202319_13055630.jpeg

今日はミニ エクセレンス、ジャイロオン~ヘディングロックモード オン等テストですが、風がやや強くて(頭に被ったキャップが風で飛ぶくらい・・・
7~8m/s)ホバリング静止などが出来ず、良く分からなかった。
また、木ペラ(11x6)のテストするも、今のところAPC11x7Eの方が良く挽いてる印象です。

# by doublerainbow116 | 2018-03-25 13:44 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

春の80大会in鴻巣2018

主催 ナルテックサービス、後援 ブルーノートフライヤーズによる標記大会に参加してきました。

70クラス・1600mmスパンの制約で、スポーツマン演技をプラスマイナスハンディ有りで行う競技。
噂には聞いていた選手権クラスの方々多数参加の中、私なんぞやどうなる事やら・・・心配の胸の内で向かうも、
久し振りのRC仲間と旧交を温められたり、上級者の見事なスポーツマン演技を多数見ることができたり、
NTSジャッジ、Yuheiくんのビックリするようなデモフライトなどなど・・・
大変有意義な大会参加となりました。

35名参加、2ラウンド。
d0202319_13450154.jpeg
7:30 、どうやら2ストエンジン機は私だけのようです。
d0202319_13440885.jpeg
d0202319_13431505.jpeg
カシオペアのブース。
デモでKatoさんの飛ばしたグライダー、パイロン機なみのスピード!
d0202319_13424154.jpeg
d0202319_13415594.jpeg
NTSジャッジ、アセント80によるデモフライト。
スポーツマンの後P-19、「スロットル半分位だよ」っておっしゃいながらフライト。
でも物凄いパワーで豪快に飛んでる!
どうやらエンジンは試作、DZ80cdiのようです(未確認)。

後にデモでP-19 F-19を立て続けに演技したアセント フルサイズでも、
NTSジャッジならではの豪快かつ丁寧な演技。
Fってローリングサークル切り返しが有るんですね!
d0202319_13410096.jpeg
同機ランディング。
d0202319_13394301.jpeg
d0202319_13385944.jpeg
私と共にウィングスから参加のTMRさんダビンチ、出番間近。
助手はmamuさんが担当。
d0202319_13382193.jpeg
d0202319_13374356.jpeg
朝、隣に駐めたフライヤーの顔を見たらナント25年振りにお会いする長野のTさん。
それから暫くは、尽きることの無い昔話です。
d0202319_13370853.jpeg
d0202319_13360811.jpeg
ジャッジ、デモフライト、そして選手としても出場のKatoさん、エクリプス。
小さくてよく飛びます。
d0202319_13354560.jpeg
d0202319_13350837.jpeg
この画面の中に、アセント・アキュラシー・アシュラーが6機!
d0202319_13342293.jpeg
上位3選手、メダル授与。
d0202319_13335071.jpeg
ジャンケン大会を制したのは、ナントyuhei くん、アセントをゲット!
参加賞として、ISDTチャージャー(500Wと300W)、カシオペアのTxガード、他豪華でした。
d0202319_13330982.jpeg
d0202319_13323439.jpeg
Yuhei くんアクロデモ。
初めて観ました、ちょっとビックリです。怖いくらいの迫力。
d0202319_13320663.jpeg
何度か地面に擦っていても、平然と続けてる。
d0202319_13302206.jpeg
ハンディの付け方が、ジャッジペーパーに載っています。
私は60歳以上で、+5%ハンディを貰うも、513.45点では上位にはお呼びで無いレベルです。

でも、上手いフライト・見事なフライト・凄いデモを沢山観ることができ、有意義な、そして楽しくて和気あいあいとした、大会でした。

主催のNTSさん、運営のMMさん、お疲れ様でした。
情報連絡いただいたGRCCのHさんに感謝致します。

# by doublerainbow116 | 2018-03-19 15:00 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(8)