タグ:YSFZエンジン ( 33 ) タグの人気記事

XG14E でパターン機・初フライト

d0202319_22244510.jpg

今日はJR XG14Eでパターン機・初フライト!
その前に、#2が順調だった為、この9ヶ月ほど放置状態だった、
犬山還りのYS FZ115S #1をApollo 90に積み替え。

手で回すと固いので、中身新品だろうと思った通り、ニードル「2回転強開け」が適切な、
ブレークイン状態からのスタートになりました。
(エンジンテストスペースにて)

1タンク目前半はハーフスロットルのまま。
徐々にフルまで開け、2タンク目でスローの様子も見ます。
フライト出来そうなので、ニードル「2回転開け」にセット。
(2ndフライトー1/4回転絞り、3rdフライトー3コマ絞り、4thフライトー2コマ絞り・・・)

強力なコンプで、パワーかなり出てる!

d0202319_22233140.jpg

Apollo 90用にTxセッティングしたニュープロポでフライトスタート。
無線機がニュー、エンジンは上空ブレークイン状態・・・ちょっと不安な表情。

おっと、この前に電波出力下げて、距離テストしてますよ。
d0202319_22222160.jpg

テイクオフ。
d0202319_22181113.jpg

フライト中

この3ショット、フォトby IGRSさん。
d0202319_22172342.jpg

前回の記事でご紹介したSPS(スティックポジションスイッチ)、いい感じです。
スナップロール・・・やりやすい。
FM切り替え無しで良いぶん、スロットルと3舵のスティックワークに集中出来ます。

プロポを持った感じに違和感はなく、ホッとしてます。
ただ、スイッチの位置感覚に慣れてなく(今までより遠い)、ランディングへ入る前、
スイッチを指で探してますね〜。

新型のDMSSレシーバー、標準仕様としてリモートアンテナが無くなりました。
これはちょっと不安だったけれど、8フライトしただけですが、特に問題無さそうです。

(今日のウィングス は次回へ持ち越し)
by doublerainbow116 | 2015-11-01 23:30 | F3A | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス 51 + ニードルセッティング

d0202319_14344272.jpg

早朝に、当番が草刈りした滑走路。
枯れた草が見えてるという事は、水不足・激暑によるグラスコンディション。

珍しく、出勤者少な目。
覚悟して東京を出ましたが、予想どうりJARTIC渋滞情報で西方向全て真っ赤!
夏休みですね〜。

Apollo 90・YS FZ115S
1フライト目
演技後半でエンスト。
降ろしてヘッド温度、51℃・・・甘い?
ニードルはこれまでの1+1/2回開け。

2フライト目
2コマ絞り。
一回パターン通し後、二度目のゴルフボール抜けでエンスト。
52℃はまだ甘い様。
離陸前8300rpmは、冬場の8600〜700に較べ回転出てません。

3フライト目
さらに2コマ絞り。
8400rpmは殆ど変わらず。
プラグ、念のため新品に。

これで解決、止まりません。ニードル1+1/2開けから4コマ絞りで落ち着いたようです。
着陸後、61℃。

4フライト目
同じセッティングで止まらず。
65.8℃。

このところの高温多湿、亜熱帯的気候でニードル、だいぶ変わりました。
冬場よりパワー出てない気がします。

d0202319_14333316.jpg

Holidayさん、ペガサスにちょっと壊したアクシオメのカナライザー装着。
名付けてペガシオメ。
性能向上したそうです。

d0202319_1432176.jpg

SMZさん、OSモーターのタイミングベルト舐め損傷。
滑走路誘導ラン中、草にペラを取られて・・・
d0202319_14313678.jpg

交換後。
by doublerainbow116 | 2015-08-09 15:17 | F3A | Trackback | Comments(2)

YS FZ115S 正しい取扱い方

d0202319_18292452.jpg


初代を何度も修理に出し、その後二代目でフライト中の115S。
4月の吹上大会にて、HSMジャッジから頂いたアドバイスに従ったエンジン取扱いを始めて以来
2ヶ月経過。
その2ヶ月の間、50フライトほど115S使用・・・明らかに音が良くなり、
順調に「症状」が出ず運用出来そうなので、ブログに記して置きます。

事の始まりは大会本番中、私のApollo 90離陸し演技スタートした頃、
後ろのジャッジ席から「エンジンうるさいよ~ 壊れそうな音してる」
とHSMジャッジの声。

演技終了後、ジャッジ席へ挨拶に行くと、絞り過ぎじゃないの?とHSMジャッジ。
いえいえ1+3/4も開けてますよ・・・私は反論。
でも辛くて壊れそうな音してたよ!・・・

この件、NTSジャッジの見解も加えたアドバイス、HSMジャッジから後日メールで頂きました。

タンク加圧式のFZ、最初はタンク内に空気層が未だ無い為、直接燃料を加圧することになり、
送られる燃料に気泡が起こり(パーコレーション)、結果薄くなる。
その為、エンジン始動からフライトスタートまで、充分なスロー運転からスロットルをゆっくり上げることで
空気層を作る必要があり、更に、タンクへ燃料補給時は、フルタンクから僅かでも燃料を戻すと、
最初から空気層が出来て良い。

これを実行以来、クラブメンバー曰く「音が良くなった」・・・。
私が散々115Sを壊してきたのは、ミクスチャー薄くて金属擦り合わせに負担掛けた為?の様です。
取り扱い未熟が原因。
そう言えば、壊れる時は空へ上げて直ぐのタイミングでした。(シリンダーブロック割れの時以外)

これまで他のFZ(140、110など)では起こらなくても、起こるのは、パワー・軽量化
ギリギリで設計された高性能115Sだからでしょう。
逆に、よりパワーアップされた吸い上げ式ポンプのDZ115では、その問題は起こらない筈。

HSMジャッジとNTSジャッジ、お世話になりました。
by doublerainbow116 | 2015-06-30 18:49 | Trackback | Comments(2)

今日のウイングス 47

今日の天気予報・穏やかな風を覆し、徐々に風力計を振り切る爆風。(12m/s以上)
でも殆どのクラブ員は諦めず、風対応フライトに挑んでいます。
d0202319_17325268.jpg

YKOさんアイオロス、テイクオフ。
d0202319_1731515.jpg

そのエンジンスタート。
d0202319_17272860.jpg

OKNさんディアレスト。
ランディング時、上手く脚がショック吸収しているので、伺ったら、
ニシオカのジュラ脚でした。触らせてもらったら柔らかく、エッジの角が落としてあり、
パフ磨き(?)でピカピカ・・・カッコ良いです。
良いな!これ。
d0202319_17262482.jpg

KHさんランディング・アプローチ。
左手ラフエリアのアプローチコース上は強風時、乱流が起こります。
特にこの日は、下方へ吸い込まれるようなダウンバースト的気流。
皆苦労して降ろします。
d0202319_17254113.jpg

YKさんサクセス、テイクオフ。
d0202319_17245870.jpg

Apollo 90、ワンフライト目、ちょっと甘いかな・・・?季節変わってきた事だし、
次はFZ115Sのニードル、一寸絞ってみました。
2フライト目、ぴったりです。(1+1/2開けから2コマ開け)
by doublerainbow116 | 2015-05-18 18:02 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(3)

今日のウイングス 46

d0202319_881111.jpg

晴れ・風穏やか・・・好天に誘われてか、賑わうウイングス飛行場。
d0202319_87770.jpg
d0202319_861549.jpg

Apollo 90、2フライト目・空へ上げた途端エンジンストール。
えぇ!またエンジントラブル?ドキッ。
でも原因は給油忘れ、という初歩的ミス(ボケかな?)

その後給油し再び空に。
でも最初のゴルフボール後の抜けで再びエンジンストール。
今度は逆風ランディングとなってしまい、ハードヒットで尾輪もげる小破。
(修理パーツ提供、滑走路に散ったパーツ探し、KHさん・Holidayさん・YKOさんお世話になりました)

さて、原因解らず、バルブ・フェルフィルター・逆止弁・タンク取り外し漏れチェック・エンジン本体
各ビス締め直し・・・特に不具合箇所は見当たらず、さて困った!

甘かったのかな?再び空へ上げてみようと、プラグヒートしたら分かりました。
通常より、明らかに多くヒートアンペア流れている。

未だ10フライトにも満たない新しいプラグなので、疑わなかったのですが、
フォトの様に変形・断線しかかり状態。

燃欠・ノッキング時に変形したのか、元々不良品だったのか?
初めての体験。
プラグを新品に交換、その後エンジン快調です。



d0202319_853461.jpg
d0202319_843519.jpg
d0202319_833929.jpg
d0202319_821954.jpg

皆引き上げた夕方、私とニャン太郎タイム。
自由には食べられない分、食い溜めとして物凄く食べます。
全員のフライトが終わり、本日終了で初めて滑走路へ入って行きます。

なかなか賢い!
by doublerainbow116 | 2015-05-11 08:50 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

今日のウイングス 42

d0202319_21435336.jpg

夕方ちょっと雨ながらも、焚火が要らない穏やかな気候となって来ました。

Holidayさん・ニュアンス70(6セル)とIGRSさんYKOさん・アイオロスが二機(DZ 175cdi、FZ 175)。
d0202319_2143353.jpg

ニュアンス、テイクオフ。
d0202319_21423262.jpg

ニャン太郎と、SMZさんパッション。
d0202319_21413873.jpg

APC16x10、クロッツRS20-18、ニードル1+3/4開けから2コマ絞り。
地上8600rpmでFZ 115S、順調にフライト出来ています。
by doublerainbow116 | 2015-03-14 22:11 | Trackback | Comments(0)

二代目 YS FZ115S その後②

d0202319_16335755.jpg
d0202319_16322117.jpg

11フライトでストップしていたニュー115S。
問題なく慣れてきた様です。
先ずは様子見、これまでと同じ15x11ペラ、ニードル1+3/4、クロッツRS20-18、地上9000rpm、
ランディング後40℃。

でも、今日はちょっと甘いかな?
被ってる様子は有りませんが、地上回転数出ている割にはパワー感今ひとつ。

次のフライトから16x10ペラに変更。
8600rpm、これでも地上回転数かなり出ていても、曳きは今ひとつ。

その次のフライトで2コマ絞り・・・良いみたい。
同じセッティングで更に2フライトしましたが、良く曳いてます。
8600rpm、43℃。

尚、スロー調整バルブは、一代目で散々行ったり来たりのトライから結論・・・工場出荷状態、
2回開けがベスト、それ故いじってません。

帰宅後、ちょっと排気漏れ・・・マニホ締め直し、
チャンバー止めキャップビス4本の緩み・・・締め、
そして、バルブ・タペット調整ネジで吸排とも初期馴染みによる開きを調整しました。
by doublerainbow116 | 2015-03-01 17:08 | F3A | Trackback | Comments(0)

二代目 YS FZ115S その後

d0202319_18372450.jpg

機体に搭載した二代目 FZ115Sと、入院から戻った初代 FZ115S。
d0202319_18365470.jpg

ニュー115S、11フライト経過。

APC15X11、クロッツRS20-18、地上9000rpm、ランディング後40℃前後、
ニードル1+3/4開け。

良く牽いてます。
なるべく、フルスロットルは登り最後だけで使うようにして、丁寧に丁寧に・・・
廻してますよ。

そろそろエンジン内部擦り合わせ、慣れてきたはずの割には、ニードル位置開いてます。
1+3/4開けでトルクは出ているし、被って止まる気配もありません。
初代でこの位置だったら、グズってエンストです。

さて、ニードルバルブのテーパーが変わったのか、何かが変わったのか?
by doublerainbow116 | 2015-02-08 19:01 | F3A | Trackback | Comments(0)

二代目 YS FZ115S

d0202319_23263461.jpg

二代目と言っても襲名披露ではありません、私にとっての二代目。
初代FZ115S・・・300フライトを越え、
入院中(と言ってたら退院・到着)、ここで二基体制整えるべく、新たに購入です。

初代、200フライト越える時期を境として、徐々にトラブルが。
でも、FZ115Sのパワーを知ってしまうと、もう後には戻れない・・・。
このエンジンで、初めてF3Aパターンの楽しさを体感できるように成った
・・・と言っても過言ではありません。

これで、一基不調となっても、フィールドでもう一基へ交換出来るようになります。

Newエンジン機体装着中。

d0202319_2326416.jpg

面白い事にYKOさん、圧力計を持ち歩かれてます。

飛行場でお借りして、ニューエンジン慣らしフライト・ランディング後、
Apollo 90・タンクプレッシャーを測ると、0.05MPa(メガパスカル)強。
大気圧0.1MPa約半分のプレッシャーです。
(自然吸気1に対し、1.5倍吸気・・・って考えれば良いんですよね?)

YKOさんの話、FZ110Sでは約0.04MPaだった、とのこと。
その増加分は、燃料送り込み圧増加になる訳ですが、スーパーチャージ圧との関係・・・
こうなると私には解りません!

ニューエンジン、現在、上空慣らし8フライト目。
(6フライト目から、そーっとパターンを始める、しかしなるべくフルスロットルにはしない)
APC15x11、クロッツレッドスペシャル20-18、ニードル1+3/4開けから1クリック締め、
地上8800rpm~9000rpm、ランディング後39℃~41℃


d0202319_23254316.jpg

余談ですが・・・

エンヤ・ダイレクトショップから、エンヤエンジンやパーツ買える事を知り、
先ず小物買ってみました。

53-4C用プロペラ・ダブルナットと新製品の4サイクル用プラグ(ロングリーチ)。
このプラグ、小売店でも通販でも見かけず、やっとです。
一度使ってみます。
by doublerainbow116 | 2015-01-26 00:37 | F3A | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス 40

d0202319_22414862.jpg

YKさんApollo 70、テイクオフ。
5セルから6セルへ変更後、この強風の中(10m/sほど)難なくF3Aこなしています。
d0202319_22332968.jpg

OKNさんアシュラー120。
アシュラーのCクラス機だけあって、安定・直進性はフルサイズ譲り。
d0202319_22325450.jpg

FJIさん、スカイリーフ。
Futaba・S.BUSで4サーボ接続。

d0202319_22322119.jpg

ニャン太郎、私の椅子を占拠。
d0202319_22311113.jpg

YS FZ115S、修理・復帰後15フライト経過。
甘めセッティングに於いて、パワー順調に発揮されています。
・・・NASA エコステージ25、15x11、ニードル1+1/2、8800rpm、着陸後43℃。
by doublerainbow116 | 2014-12-14 23:15 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)