タグ:EDGE540 EP ( 11 ) タグの人気記事

困った出来事・三題

d0202319_20029100.jpg

困った事が続く時は続くもので、この週末は・・・

EDGE 540EP、Eagle A3 pro付きフライト中・・・
ヘディングロックモードのホバリングやら、斜めナイフエッジ状態でホバリングするよ!とか
騒いで、水平飛行に移ったとたん、パキッと音がして、キャノピーが飛び散ってしまった!
クラブメンバーが落ちた方角・位置を見ていてくれたので、着陸後、容易に回収出来ましたが、
3ピース分解状態で発見。

事故調査委員会としては、今のところ原因不明。
ノックピン二本とマグネット4カ所で止まる構造ですが、
風圧でプラスティックが割れた・・・ノックピンが最初に外れ、無理な力がキャノピーに
掛かった・・・?

マグネットやらプラの一部、失った部分どうするか・・・考えなくては。
d0202319_20075.jpg

トラブルではありませんが、この所Cクラス機のサーボは、主にタワープロMG-996Rを愛用。
6Vさえかけてやればトルク感、スピード感に不足を感ずることは無く、満足しています。
値段が一個1490円と言うのも大きなファクター!

そして最近、ネット検索で、MG996R 4個で送料込み3900円の通販を見つけ、こりゃシメタ、と
オーダー。
不思議にも、中国からの直送便で届きます。

早速レシーバーに繋ぎテスト。
心なしかスピードが遅い・・・プラケースがテカテカの黒に変わってる・・・内一個はケース止めビスが斜めに入り、裏蓋が浮いている
・・・付属ホーンが硬くてなかなか入らない・・・以前のよりギア音が大きい・・・そういえば、ネット画面にMG996Rと書いてあるものの、タワープロと銘打ってはなかった(写真にはTowerProのシール・写ってるが)・・・。

チャイナ製同士のコピー商品ってあるのかな?
不安になってきました。ちゃんと機能すれば良いんですが・・・
d0202319_19575092.jpg

困った、と言うよりドジな話です。

先日所用があって埼玉某関越方面へ出掛けました。
帰りに、ヤオコーへ寄ろうとステアリングを切ったら、歩道との境、とても高く出来ている縁石へ
左リアタイアを擦ってしまい、駐車場へ停めた時点・すでに空気は完全に抜けた状態。

バーストのようなパンクは初めての経験。
側面・バルブあたりに亀裂が見えると思いますが、こうなったら修理不可能です。
スペアタイアは積んでないし(パンク修理キットだけ)JAFを呼んでも、遠く東京まで
引っ張ってもらって直る訳でもないし・・・

運良く、ヤオコーの隣がイエローハット。
月末増税前駆け込み需要・4時間待ち、キャリアカーで運んで貰い、
リア用に同一ブランド・同一スペックタイヤ2本揃えて装着、
(ヨコハマ ブルーアース)やっと帰宅できました。

YSFZ115S相当の出費(T . T)
by doublerainbow116 | 2014-04-07 21:59 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

3軸ジャイロ 初飛行 ②

d0202319_11265415.jpg

Eagle A3 pro 3軸ジャイロ・フライト、久々にテストしました。
初飛行時にエルロンの鈍感さを感じたので、感度半固定ボリュームを約40%に減らします。
他の2軸は50%のまま。

前回、Txのトリムを多用すると誤動作する、と言われた通り誤動作。
そこで、アジャストし易いリンケージパーツに変更、事前、ほぼノートリムにアジャスター調整しておきます。

各舵角はかなり多めです。
ジャイロ無し時のスナップロール用・エルロン舵角、くらいで丁度良いようです。
エキスポを調整して行けば、これも変わってゆくはずですが・・・

初体験・ヘディングロックモードのホバリング。
Txフラップスイッチを、ジャイロオン・ジャイロ無し・ヘディングロックジャイロの三段切替えに充てています。
フォトの姿勢のまま、風下へ流されて行く・・・面白いですね!

この日5〜6m/sの風。小型電動機ながら安定したランディングでした。
d0202319_11263450.jpg

前日の準備で、試しに3セル(35C)から4セル(65C)へリポを変更して見たところ、
APC13X6.5Eペラで43A流れてしまい、40A・ESC電流値越え&モーターからかなりの熱風を感じ、
ひとまず4セル化は先送り。

しかし、パワー有る方が姿勢が崩れた時の回避など、アクロとして有効な様です。
(パワーがあまり無いので、低い位置でのホバリングはやらなかった・・・言い訳!)

IGRSさんからのアドバイス、ペラのロードを減らす・・・電流値が下がる、或いは
スロットルのリミットをセット、など試してみます。

d0202319_11252290.jpg

下方に月が・・・
d0202319_11242186.jpg

パークプレーン用のレシーバー、電波どこまで届くのでしょうか?
フォトはNZさんにご協力いただきました。
d0202319_11232437.jpg

by doublerainbow116 | 2014-03-16 12:35 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

3軸ジャイロ 初飛行

d0202319_1048073.jpg

3軸ジャイロ・Eagle A3-Pro、EDGE 540EPへ搭載での初飛行です。
セッティングモードで3軸ともリバースへ切り替え、正しい方向にセット出来たのは良いものの、
ヘディングロック状態動作はこれで良いのか否か、よく解らないまま経験ある諸先輩のアドバイスに期待、
ノーマルジャイロ状態だけで、先ずは飛ばして見ることにします。

なるほど、安定しています。
しかし舵角がだいぶ足りない感触。フライトモードで大舵角状態に切り換え、丁度良い感じ。
暫定的に、ジャイロ感度半固定ボリューム、各50%のままなので、舵角との関係など、
今後煮詰める必要があります。

さてヘディングロック(AVCS)にTxで切り換え、地上で機体を動かしてみると、
元の姿勢へ戻しても振り切れたままの舵があったり、反応がやはり変です。
Tx内で、電気的にゼロニュートラルにしておかないと誤動作する、とのアドバイスを皆さんから
頂き、次回、サブトリム、トリムゼロでフライト出来るようリンケージをやり直し、再挑戦です。

d0202319_1046671.jpg

Holidayさんの、Bigaole 3G-A 3軸ジャイロ。
d0202319_1046666.jpg

滅多にない、微風・晴れコンディションながら、珍しく休む間も無く順番が廻ってきます。
d0202319_10442254.jpg

空禅師匠のブログにも登場のネコちゃん。
もう飛行場に住み着いてる。皆の足下を巡って人間を怖がってない所を見ると、元々飼い猫だった
のかな?
by doublerainbow116 | 2013-09-23 11:49 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(8)

35C Li-po フライト

d0202319_10491179.jpg

20Cリポから35Cリポへ交換、二度目のフライト。
初使用時、「こんなものなのかな・・・?」のような感触に、一寸ガッカリでしたが、
リポは慣らしが必要との先輩方のコメントを思い出し、改めて
1Cチャージ〜バランス取り・・・2時間以上かかりました
・・・からやり直し、テストフライトです。
d0202319_1048324.jpg

Kypom 3セル35C,2200mAh。
d0202319_1047436.jpg

上空では、明らかに元気な牽き!

ひとまずホッと胸を。
しかし、地上へ降ろし電流値を測ると、29.3Aしか流れていません?
(太陽光下で表示が目には見えるのですが、フォトにはちゃんと写らない、何故?)
同じAPC12x6Eペラで20Cリポ使用時、32Aでした。

満充電状態の測定ではない、冬で寒いなどの理由でしょうが、
ともかく、良く牽くので先ずはOK。

でも、まだ物足りません。
F3Aが出来る位パワーは欲しいです。

実は、搭載モーターと同じE-Maxブラシレスで、よりパワーのあるタイプを購入済み。
(GT2820/06 985KV)
先ずは3セルのまま進めて、これでもダメなら、4セルです。
by doublerainbow116 | 2013-03-05 11:35 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

ドライブワッシャ抜き

d0202319_1234478.jpg

d0202319_125011.jpg

当初、EDGE540 EPのテーパーコレット式ドライブシャフトを、スピンナーが収まる長さに
無理矢理切断してしまった為、ナットとの具合が悪く、いずれ交換と思っていた所、
モーターシャフト径5mm用,ドライブシャフト径8mmで長さの丁度良いのが見つかり、
交換することにします。

ところが、テーパーコレットは一度ペラできつく締め付けたら、そう簡単には外れません。
一旦は、フォト2左端、OS製いにしえの道具で何とか抜けたものの、
ラジコン用ツールに有る筈、と探してもOSモーター専用ドライブワッシャ抜きしか、市場に見当たりません。

この様な、小型モーターで、更にマウント壁裏付けモーター(薄い爪しか入れる隙間が無い)となると、
条件は狭くなりますが、DIYに有りました。
Supertool社製、アマチュア・ベアリングプーラ AB0N という製品。
(型番読みは、エービーゼロエヌ)

ドライブワッシャ径10mmから25mm、ドライブワッシャ背からシャフト先端までの長さ40mm以内に適用、
シリーズ最小タイプ。

やって見ると、呆気なく抜けた!
やはり「道具」です。

蛇足ながら、Armature・・・回転子・・・なら、アーマチュア。
puller・・・引くもの・・・なら、プラー、のはず。
表記製品名では、素人の・・・になっちゃうんですけど?

フォト2は左から、そのいにしえのOS製、今回導入品、YSエンジン等に使ってきたプラー。

追記
まーぴーさんからコメントを頂き、Hyperionから2種ほど、コレットアダプタープラーが
発売されているそうです。
http://aircraft-japan.com/shopdisplayproducts.asp?id=59&cat=Tools
by doublerainbow116 | 2012-11-25 13:30 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(14)

高放電能力型Li-po、 3軸ジャイロ

d0202319_21174627.jpg

高放電型リポなるものが、今時安価に入手できることを知り、先ずは試してみなきゃ・・・
という事で、Kypom 3セル 2200mA 35C(瞬間最大70C)入手。

EDGE540 EPへ積み込むにあたり、この際リポのコネクターに合わせ、ディーンズ型へ統一・変更しました。
d0202319_21183224.jpg

同一条件(APC12X8E改・地上)、電流値の測定比較。
以前の20Cリポで34A。この35Cリポでは36.9A。
確かにアンペア上がっていますね。
(手が足りないので、ピークホールドで表示)

ペラをもっとロードの軽い、APC12X6E等へ替えると、上空での曳きはどう変化するのか・・・
テストが楽しみです。
d0202319_2119091.jpg

購入しただけで、未だ何も手を付けていませんが、この小型電動機に積む予定の、
飛行機用3軸ジャイロ、Eagle A3-PRO。

国産品に較べ、とても安価なチャイナメイド。

AVCSモード、ノーマルジャイロモード、ジャイロオフ、の3種を、
フライト中Txから切り替えられます。
ジャンパーピンの差し替えで、ノーマル、全翼機、Vテールの3種切り替え可能。
エルロン、エレベータ、ラダー、各ジャイロゲイン調整が可能。
スティックセンタリング調整、ジャイロリバースなどのセッティングモードを持ちます。
ウエイト・8g

「3D飛行動作に最適化されてる」とのこと。
これもフライトが楽しみです。
by doublerainbow116 | 2012-11-18 22:34 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス ⑮

d0202319_21202225.jpg

IGRSさんのプロエボ、エンジンをYSFZ115SからOS FSα-155Pへ換装。
Cクラス規定でエンジン容量無制限となり、155が可能に。
とても良く曳いています。音も飛ぶ姿もフルサイズと殆ど変らない!
付属マフラーを、エルボーマニホ追加で上手に収められています。

d0202319_21212745.jpg

私の小型電動Edge540、久しぶりに。
ペラをAPC12X8E改からAPC13X6.5Eへ換装してみましたが、ロードがきつすぎる様で曳きません。

この機体もうちょっとパワーが有れば楽しいのに、と嘆く所へ通り掛かったIGRSさん・・・
先ずは、3セル仕様のまま、リポの放電35Cを試してみたら・・・のアドバイス頂きました。
4セル化の為、ブラシレス,ESCまで替える前に、20C→35C・・・トライします。
d0202319_21223620.jpg

これまた久しぶり、私のスカイカンガルー号。
やや強風コンディションでも、自律安定よく上空フライト、離着陸。
d0202319_21231427.jpg

夕映えのグライダー・マジョラムとYKOさん。
d0202319_22331788.jpg

フォトby空禅師匠、電動Edge540。
流石、望遠レンズ・一眼レフ画像は「寄り」に違いが出ます!
後ろで、師匠の・・・背中が見えないんだよ、位置が悪いな・・・つぶやきが聞こえたので、
てっきり、飛ばしてる私の姿勢を注意しているのかと思い、フライトエリアと自分の平行度を確かめていたら、
速くて収まらないよ・・・の一言で、写真撮っていただいてる事理解しましたっ!
by doublerainbow116 | 2012-11-10 22:04 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(1)

今日のウイングス ③

d0202319_115246.jpg

何かと忙しく、久しぶりとなったフライトへ出勤の連休初日。
意外にも、東名を使わなければ渋滞に巻き込まれること無くウイングス飛行場へ一番乗りです。
先ずは風の穏やかな朝の内に、電動Edgeを。

追記・・・5/2 このところ引きの良いペラはどれだ!比較テストをしています。(3セル20Cリポ、40アンペアESC)

APC12x6E・・・フルスロットル地上電流値32A、まずまずですがイマイチ元気が・・・。
APC11x7E・・・31A、意外にも回転引き共、より大人しい。
APC11x7E 5mm両端カット・・・29A、回転上昇を期待するも引きは更に下がります。私の加工に問題あり?
APC12x8E・・・30A、ロードがきつい様です。
APC12x8E 5mm両端カット・・・34A、これまでのベスト。エルロンの効きが3割増えたようなパワー感を上空で感じます。

当然、ブラシレスとリポの特性、機体の形状、飛行目的によって適合は変わる筈です。
しかし、電流値と引きは正比例している事、実感しました!(当たり前か?)
d0202319_11303082.jpg

OKNさん、エクセレントーディアレストが純正つばさ工房製カナライザー付きで再登場。
さすが綺麗な出来です。
d0202319_1171112.jpg

空禅師匠またいろいろテストを始めています。
効果はどうですか?と尋ねたところ「全然違う」そうです。
詳しくは師匠のブログを。
by doublerainbow116 | 2011-04-30 11:35 | F3A | Trackback | Comments(0)

続続 EDGE540 EP

d0202319_10452043.jpg

EP入門奮闘記、更に続きです。
話が前後してしまいましたが、アドバイスで用意していただいたブラシレス、ESC,リポ、コネクターが揃ったまでは良いのですが、
取り扱い、セッティング等については雑誌記事などに頼るしかなく、特にESCのセッティングにつては記述が見当たりません。
更に日本語の取説が付属されてなかったので、英文のインストラクションを辞書片手に理解しつつ進めました。

訳したインストラクションの一部をご紹介します。
●通常のスタート手順
step1 スロットルスティックを一番下のポジションに
step2 送信機のスィッチを入れる
step3 ESCのスイッチを入れる(通常はバッテリーと繋ぐ)
step4 システムが最小スロットルシグナルを感知すると、長いピーが1回鳴る
step5 システムがバッテリー電圧を感知すると、何回かの短いピッが鳴りその数はバッテリーセル数を意味する
step6 システムがセルフチェックを始め、もし正常であれば、♪123のメロデイーが聞こえるのでスロットルスティックを上げフライトスタートへ
(ESCのLEDはメロディーの間点滅している)

●スロットルレンジ(範囲)セッティング手順
step1 スロットルスティックをフルスロットル(トップ)位置へ
step2 送信機スィッチを入れる
step3 ESCのスィッチを入れる(通常はバッテリーを繋ぐ)
step4 システムが最大スロットルシグナルを感知し、2回のピッが鳴り、最大スロットルを
確認、記憶した事を意味する
step5 スロットルスティックを一番下へ5秒以内に下げる
step6 システムが最小スロットルシグナルを感知すると、長いピーが1回鳴る
step7 システムがバッテリー電圧を感知すると、何回かの短いピッが鳴り、その数はバッテリー セル数を意味する
step8 システムがセルフチェックを始め、もし正常であれば♪123のメロディーが聞こえるのでフライトスタートへ
もしシステムがスロットルシグナルを感知出来てなかったら、短いピッがずっと鳴り続け、もしセルフチェックで何かの間違いが発見されたら、20回の短いピッが鳴る

これはE-MAX 40についての説明なので、他のESCに適合しているかどうかは分かりません。

この先にパラメーターセッティング「ブレーキタイプ、タイミングモード(KV値による進角設定)、カットオフモード、スタートモード、
スロットルカーブモード、リポセル数、カットオフボルテージ、モーターローテーション(ノーマルorリバース)」と続くのですが、私はスロットルスティックによる設定を行いました。
しかし、どう考えてもプログラムカードで行ったほうが簡単に出来ると思いますので、そちらをお薦めして、省略します。
by doublerainbow116 | 2010-12-10 12:35 | Trackback | Comments(0)

続 EDGE540 EP

d0202319_11533170.jpg
d0202319_11542457.jpg


EP入門話の続きです。
右も左も分からないで、親切なネットショップさんと巡り会ったことをきっかけに、出費の少なそうなクラスから電動を始めましたが、(エンジン機の場合、通販で、周りに指導者なしで、というのは不可能に近いでしょうね)まだまだ分からない事だらけでした。
リポの取り扱いにしても、「燃える」「火事になる」等の雑誌記事や噂を恐れ、秋葉原へ行った時、F産業で「リポの耐火袋有りますか?」と尋ねたところ、2Fのカー用品フロアから何種類か持ってきてくれました。

我がクラブでは、電動の先駆者と称えられ、今やフルサイズPegasusフライヤーHolidayさん、クラブ新加入の電動先輩、I嵐さんのアドバイスを受けられるまでにノウハウが、この半年で急激に普及して来たように感じます。
先ず、この両先輩からアドバイスされたのが、”決めたペラのロードを掛けてフルスロットルにした時、ESCに電流がどれほど流れているか掴んで置かないと、オーバーした時ESCが燃えます”とのこと。
実際Holidayさんは「電動機のはずなのに排気の煙が出ているよ」と皆から指摘され、降ろしたら一万数千円のESCが燃えていた経験があるそうです。
この経験から、ペラ、リポを変えた時は必ずアンペア測定をすべき、とのこと。(彼は自動車修理関係のエンジニアなので、クランプ式のアンメーターを持っています)
私の初飛行時、そのアンメーターで測ってもらったら、E-Max 40(定格40A,peak 10sec 50A)
は37~8Aの辺りに収まっていました。

そこで、自分用に安いメーターは無いかな、と探していたところ、コスモテックからリリースされたばかりのワットメーターが2千数百円で売られているのを見つけて、購入しました。
ワット、アンペア、ボルト、ピークアンペア、が切り替えられロープライスながら優れ物です。(高いボルト~6セルとか10セルは測ったことが無いのでその場合の性能は知りませんが)
上のフォトがそれです。
尚コネクターは自分で用意、はんだ付けするようになっています。

次に、ブラシレスの温度管理です。
機体を降ろした時、ブラシレスの温度を測定し、チンチンに熱くなっていたらそのうち、ブラシレスかどこかが壊れる、とのことです。
私のは、毎回ランディング後測定すると、47~8℃だったので、上出来だそうです。
80℃辺りを越えるようだったら、危険領域というのが彼等の経験値です。
測定の時はI嵐さんのサーモメーターでブラシレスを測ってもらいました。
この離れたところから温度が測れるメーターはデジタル表示で、接触しなくても温度が分かるので重宝します。
ネットショップを探し購入しました。なんと、これはキッチン用品にあったものです。
下のフォトです。
by doublerainbow116 | 2010-12-03 13:36 | Trackback | Comments(0)