タグ:Rx電源 ( 16 ) タグの人気記事

今日のウイングス 44

久し振りの土日飛行場出勤。
でもアンラッキーにも天候から嫌われた2日間でした。

初日、着いて暫くすると雨が降り出し、その後雷雨に。
1時間半ほど待っても止む気配無いので片付けると、えぇ〜!止んだ。
そして又車から出し、組むと、またポツリポツリ・・・

雨雲で暗い空をバックに何とか飛ばし、帰途につきました。

そして2日目は12m/s越えの爆風!
d0202319_2133114.jpg

またニャン太郎に椅子を占拠されてる・・・
d0202319_2132317.jpg

新しいLi-Ionは流石元気。1フライト終わったところでもフライト前と同じ8.0V(ロード1A)。
d0202319_21314986.jpg

IGRSさんプロエボ110ランディング。
d0202319_21312388.jpg

プロエボ110・搭載エンジンはDZ 175cdi。
電気系配線、ダンパー取り付け他色々な工夫されています。
パワーに余裕、110の機体に175・・・良いですね。

d0202319_2130662.jpg

ここから2日目。Holidayさん電動スピットファイアー。
ちゃんと引込脚、実機と同じように外側へタイヤが収まり、更にオレオ付き。
美しい飛行機です。

飛ばして見せて、とお願いしてもこの風じゃ小型機、躊躇はもっとも。
マックス風速12m/sはあります。

私もスピットファイアー持ってるんですよ。
でも4スト90クラスのARFキットを買ってから4〜5年経ち、廊下の肥やしになっている!

d0202319_2128375.jpg

iPhone 用アプリ Wind Meterで計測。画面はキャプチャー撮り。

以前、風車型風速計の数値と比較させてもらった事有ります。
ほぼ正確でした。

「難しい・ムツカシイ、こういう風の時はフルサイズに限るね」とか・・・誰に向かってでもなく文句
言いながら、Apollo 90、2フライトで撤収です。
by doublerainbow116 | 2015-04-26 22:26 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

春と言えば・・・


d0202319_2035825.jpg
d0202319_201504.jpg

家の近く・暗渠の川沿い、最近流行りの目黒川のようにごった返す事なく、しかし見事な
桜の名所が有ります。
東京は今日満開。

毎年当たり前のように咲く桜に感謝です。

もう一つ、春と言えば、吹上大会・参加準備の季節。
アドバンスド Bパターン担当に決まり、フライト調整・始めました。
d0202319_2002359.jpg

先ずは、昨年上手く出来なかった、登り45℃スナップ。
フォトのF.M.2(フライトモード2)がスナップロール用に設定したエルロン舵角・・・各舵角少々いじってみます。
エルロン、通常舵角(F.M.0)の2.4倍!

3舵設定とエンジンの牽きのバランスが良ければ、Apollo 90 何とか形になります。
でも、常に成功かというと、なかなか難しいですね。
フィニッシュが同じ軌道に収まらなかったり・・・スナップ入りの、スティックと動作の
オンタイム感、サーボ性能が左右するって~話も聞いた事あるし・・・。
(サーボを変えただけで、スナップ系毎回上手くいくようになった、と言う方います)

今年もウイングス、3チームでお邪魔します。
吹上ラジコンクラブ、競技参加クラブの皆さん、お手柔らかに?

d0202319_19562660.jpg

つばさ工房のLi-Ion。
早いもので、使い始めて3年強。
何のトラブルも無く、高能力は未だ殆ど衰えてません。

でもリード線の劣化に不安を覚え、スポット溶接は私には出来ないので、根元近くで切断。
新しい大容量・コネクター付きリード線をハンダ着け、収縮絶縁チューブを被せ、更に、
お徳用ガードテープで固め、赤い収縮チューブ(ヘリローター用)でカバーしました。
・・・ショートしない様作業する事に、一番エネルギー使います・・・

これは第2号バッテリーとして、新規購入品を第1号バッテリーとして使う事にします。
by doublerainbow116 | 2015-03-30 21:07 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

今日のウイングス 33

d0202319_121836100.jpg

来週のクラブ内、BBQ&2段リボンくぐり大会を控え、機体調整・リハーサルに余念が無い
メンバー・エントリー機、ほぼ出揃いました。

SMZさんアドベンチャー70、滑走路を低高度パス。
エンジンをFZからDZに載せ変えて、本格的にP-15をこなせる、機体・パワーのバランス取れたようです。

d0202319_12182890.jpg

YKOさんミュゼット、離陸直後のフォト。
右手にUFOだ、と私が騒いでも、皆さん「鳥でしょう」・・・
ヘリかUFOでしょうね。
d0202319_12181271.jpg

TMさん、コマクロ。
トルクローラー小野さん設計。
OS15LA搭載。
d0202319_12173361.jpg

Holidayさん、モノログ。
空にこの赤が映えて、とても良く見えます。
4セル仕様、P-15もこなせそう。
d0202319_12161685.jpg

YKOさん、ミュゼット。
軽量電動パターン機というのもイイモノです。
d0202319_12154112.jpg

SMZさんアドベンチャー70。

d0202319_12152996.jpg

KHさん、セミスケール機・フライベイビー。
5セル+90クラス系モーターで、重量級ながら、かなり良く曳いてます。
d0202319_12141884.jpg

OKNさん、サイレント50。
今見ると、とても小ちゃい!
d0202319_1214223.jpg

私のコマンダー144。
前回、水平尾翼のフィルム丸ごと剥がれ、危うい「超アップ癖」で降ろす羽目となりました・・・
復活です。
サンダータイガー46プロ・エンジンはパワーが有って、安定した性能。

この機体、当初エルロンのフラッターに悩み、各エルロン端に5g・オモリを埋め込み解決。
マイナー・モデルチェンジ後、2サーボ方式へ変わったのは解ります。
d0202319_12115013.jpg

ロビンの850mAh・NiMHバッテリー・テスト、前回途中で終わってしまいましたが、今日ワンフライト8分で
3フライト後の測定電圧。(スナップロール連続など、結構ロード掛けてます)

機体外から1Aロードで測り5.0vと言うことは、まだまだ残っている様です。
by doublerainbow116 | 2014-08-18 13:12 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

今日のウイングス 32

d0202319_22131393.jpg

賑いのウイングス飛行場。
この間は、飛ばし始めたら雨、雷・・・
逃げて帰りましたが、今日は終日好天気。

d0202319_22111274.jpg

YKさんサクセス、ランディング・アプローチ。
d0202319_22104315.jpg

Holidayさんスカイリンボー、OS FX32搭載。
もう夏の飛行会競技、ダブルリボンくぐりの準備に入っているとは・・・
d0202319_22101649.jpg

Apollo 90・YS FZ115Sのニードル、相変わらず1+1/4開けから2コマ絞りで、
クロッツレッドスペシャル 25-18、Nasa エコステージ 20-20ともに、APC16x10、
8300〜400rpmと安定したパワー出ています。
まだ気温30°弱ですが、さて40°近くなってどのような変化が現れるか・・・

面白い事に、ニトロ25%で数フライトした後、ニトロ20%に変えても昇りトルク感に、
違いを感じられない事が有ります(垂直上昇中のロールスピードで判る)。
つまり今日など、20%でも25%と同じ様なパワー感。

良く回る気候の日、と言う事なんでしょうか?
それとも、エンジンが私に欺されて、25%のつもりで回ったら、20%だった・・・とか。

d0202319_2294991.jpg

先週4フライト・今週1フライト・今日5フライト、その間充電無し。
トータル10フライトしたところで、7.7V。
まだまだ行けそうです。

このApollo 90のような、フルサイズに比べ小振りな機体・ブラシ有りコア有りモーターのサーボ・
変換効率の良いUBECスイッチングレギュレター(HobbyNet)などに依って、
Rx用リチウムイオンバッテリー(つばさ工房)、持ちが良いんでしょうね。
by doublerainbow116 | 2014-07-21 23:29 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

NiMH バッテリー

d0202319_13114435.jpg

スカイカンガルー号を主に、小型エンジン機用Rx・サーボ用バッテリーとして
ニッカドが無くなった今、どうすれば良いのか考えていました。

一度は、リポ+レギュレーターと思い、小型リポまで購入したのですが、レギュレーター・スペースの
問題、或いは、コンパクトサイズ(1~3A)・レギュレーターで容量カバー出来るのか?・・・

別の手として、サーボをハイボルテージ用に交換する事も・・・しかし経済的に気が進まず、
結局、Rx・サーボ用としては初体験の、ニッケル水素を使ってみる事にします。

ロビンの850mAh、軽量・経済的な680円。
NiMHは大電流放電に弱いと聞きますが、15エンジン・モーターグライダーには良しとしても、
45エンジンスポーツ機のスナップロール等瞬間的大電流に、小容量NiMHの放電能力は
耐え得るのか?・・・先ずはテストです。

数日前に下ろしたて初の満充電(充電電流0.3A、デルタピーク・オートカット)・・・
1Aロード放電(Futaba BR-2000)・計測開始 /4.8V
20分経過 /4.7V
26分経過 /4.6V
30分経過 /4.5V
この4.5Vでほぼ空と推測します。

続いて、二度目の満充電(0.5A)
オートカット時 /5.2V(機体スイッチ経由充電ジャックから計測 /5.0V)
1Aロード放電・計測開始 /5.1V(充電ジャックから計測 /4.9V)

充電ジャック経由で0.2Vの差有り。(各電圧比例してかどうかは解りませんが)
そこで、機体外から計測し4.6V(ダイレクト計測では4.8Vと推測)にてフライト中止と暫定。
この時点、1A消費として20分以上電気残留のはず、と推測します。

続いて、オートカット放電後、三度目の満充電(0.5A)
97分39秒でオートカット(フォト1)。だいぶ入る様になりました。
バッテリーが活性化されたようです。
1Aロード計測 /5.6V

スカイカンガルー号でフライトテスト。
上記のように前日充電、当日フライト前ジャック経由 /5.3V
1フライト後 /5.1V
2フライト後 /4.9V
ワンフライト7〜8分程、強風で消耗が比較的有ったとしても、思った程減っていません。
3〜4フライトはノーチャージで行けそうです。

その翌日、45クラススポーツ機(コマンダー144)でテスト開始。
しかし、尾翼のフィルムが飛行中剥がれ(エレベータートリムがメチャクチャアップに)、
さらに悪い事に強風、何とか降ろして中止しました。
これは又後日に・・・


d0202319_13112098.jpg

同じくバッテリーの話題、と言ってもこちらは動力用・・・
YKさんニュー、Apollo 70の5セルリポ。
フルサイズ10セルの片割れを使ってるので、効率が良い様で、ナルホドです。

後ろに見えるのは、これまたニューのJR XG14。
とても軽いですね、SALを始めたくなって来ます。
d0202319_1310496.jpg

YAMAHA製の発電機がHolidayさん、メーカー不明の赤い発電機はKHさん。
値段は三倍ほど違うとか・・・

前にも書きましたが、皆電動・電動って言うけど、ガソリン燃やして一時的に電気として溜めて、
結局はガソリン機じゃねーか・・・ってね。
家で充電してくる人は、重油・水力・ソーラー・風力・飛行ですね。
by doublerainbow116 | 2014-04-28 15:22 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

今日のウイングス 24

2014
明けましておめでとうございます。

d0202319_23392854.jpg

4〜5回パターン機を飛ばし、夕暮れ間近、モグラを準備する人、パークプレーンを持ち出す人、
店仕舞いの人・・・まちまちのウイングス飛行場。
YKOさん、今日はOK模型製モグラ・オレガノⅡ。

夕映えのグライダーは大変美しく見えます。
私もスカイカンガルー号もってくれば良かった!今無風。

d0202319_2339497.jpg

モーターオフ・グライディング 〜 アプローチ 〜 モーターオンで再び上空へ。
d0202319_23384310.jpg

Apollo 90フライト毎、Rx用リチウムイオンバッテリーの状態をチェックしますが、
使い始めて1年近く、つばさ工房製2セル2250mAhは良いコンディションを保っています。

フライト前、スイッチ經由・1Aロード測定・・・8.0V。
d0202319_23382024.jpg

2フライト後・・・7.9V。
d0202319_23375857.jpg

4フライト後・・・7.8V
d0202319_23373310.jpg

5フライト後・・・7.8V

Cクラス機である事、UBEC(HobbyNet)レギュレターの変換効率が高い,
TowerProMG-996Rサーボ・トルクの割に消費電力が少ない・・・等の理由も有り、バッテリー持ち
長いようです。

d0202319_21243440.jpg

追記(12/28)

翌週のフライト、充電せずそのままで、トータル8フライト後・・・7.7V
まだまだ行けそうです。
(でもこの次は充電を・・・)
by doublerainbow116 | 2013-12-24 00:33 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

UBECレギュレター

d0202319_11442433.jpg

ニッカドバッテリーが、マーケットから無くなる時代を迎えるにあたり、エンジン小型機用・・・
主にスカイカンガルー号ですが・・・Li-Fe,Li-Po,Li-Ion用、
HobbyNet UBECレギュレターと同時にRx用小型Li-Feも購入、性能チェックです。

6A(Max10A),Input 6V~25V,18g.
許容インプット電圧が広範囲なので、スィッチングレギュレターのようですが、SBEC(スイッチングベック)
ではなく、UBEC(ユニバーサルベック)=Universal Battery Elimination Circuit・・・
ESCに内臓されてない汎用BEC・・・と表記されています。

フォトは、Out Put電圧切り替えジャンパーコネクター・5.5Vモード。
Futaba BR-2000・電流値1Aロードにて測定。
(電源 Li-Fe 無負荷時測定6.7V)
結果5.6V。
d0202319_11444077.jpg

ジャンパーコネクター6.0Vモード。
5.8V。
d0202319_11452891.jpg

ジャンパーコネクター5.0Vモード。
5.1V。
d0202319_1149918.jpg

ジャンパーコネクター外れ状態。
5.1V。

供給電圧変動にどの程度追従できるかは、飛ばしてみないと判断出来ませんが、
ほぼ表記通りの電圧は出ているようです。

同時購入・Li-Fe(2S 850mAh)はチャージAを上げても下げてもあまり入って行かず
(残量20%からチャージ・オートカットまで測定150mAhほど)、不良品のようです。
飛ばす前にテストしておいて良かった!
by doublerainbow116 | 2012-10-31 13:15 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

YSFZ110・不機嫌の原因はこれかな?

d0202319_2339303.jpg

VENUS初飛行は、やや風があるため諦め、久しぶりのパターン機エクリプス・フライトです。

エンジンをかけ、フルハイは問題なく立ち上がるも、スローが安定せず、グツグツ~っと止まってしまう?
暫く廻さなかったYSFZ110ゆえ、季節変化に合ってないのかな?と思い、
レギュレターを薄い方向へ・・・絞ってみます。
ローニードル(Lo~Midスーパーチャージ圧調整)もちょっと開けて、薄くします。
これでエンストせず、パワーも出て飛びますが、次第に吹き上がりがスティックに付いて行かず・・・
何か変です。
ニードル、レギュレター、ローニードル・・・この3つ、いじっている内に泥沼へ・・・

ローニードル一度リセットしようと、廻して気付いたのは、こんなに緩かったかな~?
もし、バルブOリングが堅くなり、押さえが効かず、バルブ位置がエンジン振動で移動していたのなら、
Oリング交換で解決です。

家へ帰り、在庫を探すもありそうで無い、意外にも共通パーツとして他種のYSエンジンでは使われてない
シリコンゴムのようです。
F産業へ問い合わせても、在庫無し~オーダーを。
しかしふと思いつき、OSエンジンパーツストックの箱をかき回してみたら、全く同サイズのOリング発見!
160FXニードル用、新品ストックがありました。

フォトはローニードルバルブ、ニューOリング嵌め直し後。

追記 3/15
不機嫌になったYSFZ110・・・
予想した通り、ローニードル・ゴムパッキン交換だけで絶好調に。
ゴムが緩くローニードルが動いて調子を狂わせたのか、圧の洩れなのか、
解りませんが、この小さなゴムパッキン一個で調子が変わります。
だからエンジンって深いです。
副産物として、この際、試しにレギュレターを今までより開け、それに適応するスローを
ローニードルで再調整したところ、地上最高回転数は今までと変わらないものの
(APC15x10:9000rpm)、上空・昇りでより太いトルクを得たような気がします。

昔、YSの2ストローク、45,60でパターン機の頃、原因不明で調子悪くなると、金属以外のパーツ・・・
ゴム・紙パッキン、ダイアフラム・・・全取り換えで、半分は直っていました。
今の4ストは、ゴム・紙共換える箇所が多いので大変!


d0202319_23404679.jpg

この様なトラブルが有ると、飛行場で機体をひっくり返したり、元に戻したり・・・繰り返す内、持ち方が雑になり、
バリッ・・・何か嫌な音。
木が割れる音です。家でチェックしたら、ウイングボルト受けブラインドナットマウント(左翼側)周りの
バルサと合板にヒビが。
瞬間とエポで修理。結構危なかったかも。
特にこの手の、ローコスト機は木材の質、耐久性に問題が有り、着陸のショックでバルサ(?)が
割れる事も有ります。

そう言えば、MK・加藤無線飛行機廃業の情報を各ブログで目にします。
初心者のころ、機体を落とし、次の週末飛ばす機体が無くなり、1週間でMKハッピーやYoshiokaサンデー
を組み立て、間に合わせた頃を懐かしく思います。
大会でも、塗りが間に合わず、一部生地完のまま初飛行・参戦するコスモス40など、ツワモノ達の
良き時代と共に、MKは消え去ってしまうのでしょうか。
そういう私も、近年バルサキットから作ったのは、スカイカンガルー号だけですが・・・。
d0202319_2342572.jpg

バッテリーチェッカーとバランスチェッカーを上手く収められるボックスが見つかりました。
セリアという100均ショップに、ハガキケースA6サイズ、として置いてあります。
by doublerainbow116 | 2012-02-22 02:01 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

スーパー飛燕 Li-Ion積み

d0202319_17482633.jpg

YSDZ170のコンディション、異常無かったので、一年以上振りのスーパー飛燕、
飛ばしてみようかなと思っています。
そこで電源は最近入手した、つばさ工房Li-Ionバッテリー+K&S・Sタイプレギュレターへ換装。

Txで新たに、スピンとスナップの舵角、最近の経験から暫定セッティングします。
各舵の動き・・・特に問題なし。
しかし6V供給すると、サーボ速いですね。あとは飛ばしてみて。

暫く飛ばしてなかった機体、チョット緊張します。
天気が良ければ、今日にでも・・・と思っていたのですが、生憎の雨。
来週かな?
d0202319_2130546.jpg

by doublerainbow116 | 2012-01-22 18:18 | F3A | Comments(0)

今日のウイングス ⑥

d0202319_200821.jpg

本日ウイングス飛行場出勤のコジコジさん。
アシュラ+YSDZ175cdi・・・板についてます! P-13も見せて貰いました。
プラグヒート無しで、何食わぬ顔のエンジンスタート・・かっこいいです。

師匠のタイヤキ号でも、cdiは見ていてトルク感が違うように感じます。
機体特性、ペラの選定にも因りますが、昇りで大径ペラを廻し切って、待っていると
スーっと曳いてゆく・・・って言う感じですね。

cdiユーザー達の会話は、OOのプラグが実は一番高性能とか、プラグのギャップはOOmmがいいとか、
OOだと失火する、とか・・・私には判りませんねえ~。
d0202319_2011655.jpg

Li-Ionバッテリーテストの続き。機体搭載前と後のバッテリー電圧比較です。
満充電直後、ダイレクトに電圧チェック。8.5Vを示しています。
d0202319_202621.jpg

機体搭載直後、8.3V。
つまり、機体スイッチ付属コネクター、コード類の抵抗で0.2V低下。
この値を知ることは、バッテリーやコネクター、コード等、コンディションの把握に役立ちます。
by doublerainbow116 | 2011-11-12 21:05 | F3A | Comments(0)