タグ:録音機材・楽器 ( 15 ) タグの人気記事

Epiphone inspired by "1966" Century

d0202319_1830751.jpg

古っぽくてイイなぁって、前から思っていた、エピフォンのセンチュリー、購入です。

薄いセミ アコースティック、1 ピックアップ。
ギブソンES-335に代表されるスルーネックとは違い、チャンバー キャパシティーを持つ恩恵から、
エピフォン カジノの様に箱鳴りするキャラクター。
アンプ無しで手元に置いておくギターとしても十分使える生音、けっこう音量有ります。

1930年代ジャズ・ブルーズ系ギターの再現として1966に登場したCenturyの復刻モデル。
エピフォンはアメリカの会社ながら、Hand crafted in China の表記。

d0202319_18294726.jpg

ブリッジ・サドルが古風にウッド!
イメージとして、鉄やブラスより柔らかい音かな?判りませんが。

動いてしまうブリッジのギター初めてなので、イケベの店員さん(ギター テクニシャンとして詳しい人でした)に取り扱い詳しく教えて貰いました。
d0202319_18293024.jpg

ギブソン オリジンのP-90 PROなる、本物のP-90 シングル コイル ピックアップ装着
・・・P-90タイプって、よく見かけますが。

スケールはフェンダー スケールの、25.5"。

ネックはマホガニー、フィンガーボードはローズウッド。
d0202319_18291137.jpg

ペグは意外にも、ウィルキンソン製。
この古風な三連スタイルが、古典的な雰囲気を醸し出す。

製品に張ってあった弦が、011~052とジャズ系の方の好む硬めなので、先ずは010セットに張り替え、
弦高・オクターブ微調整から始めてみます。

買う時試奏しましたが、手との馴染みが、お互いの成長を分かち合う友として上手くやって行けそうな気がしました。
他の楽器店含めて、同一モデル数本試奏で好相性の友に巡り会えた・・・!
ネックの握り具合・フレット打ちの出来・箱の鳴り、皆違う様に感じる。
チャイナ製廉価ギターは個体差大きいです。

音は未だよく判りませんが、5~10年経過(演奏)する頃から、音のクオリティー上がる事って、
良く有ります。
今後が楽しみです。

by doublerainbow116 | 2017-01-04 19:16 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)

YAMAHA MSP 3

d0202319_16441911.jpg

相変わらず飛ばしに行ける余裕が無く、フラストレーションの溜まる毎日です。

ヤマハの小型パワード・スタジオモニター、MSP 3を業務上必要に迫られて購入。
これまで長い間、ボーズのスピーカーと自作A級メインアンプをモニターとして使用してきましたが、
さすが現代のフレケンシーのワイドレンジ化された音楽ソースに対応出来てない問題を痛感。

自分のリファレンス用として、レコーディングスタジオから持ち帰ったCD-R等のチェックに使用。
流石モニターと銘打っているだけあって、低域から高域へのウーハー・ツイッターのつながり
がスムーズで、各楽器・歌の音色・エコー量・定位が判りやすい、大変優れたモニターです。
(重低域は聞こえないので、それは割り切るしかありません)
d0202319_1644146.jpg

中にメインアンプ内蔵なので、XLR端子入力(+4dB)を使い、ミキサーのモニター出力とシールド線
でコネクトします。

横に見える丸型の物は、オーディオ テクニカ製・インシュレーター。
スピーカーの台として敷いて使用。
裏にソルボセインのゴムが張ってあり、スピーカーボックスの振動吸収により、
低域のコモリが無くなり、各楽器・ボーカルの定位がハッキリ・・・これも優れもの。
by doublerainbow116 | 2016-02-04 17:27 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)

メーター考

d0202319_11294849.jpg

本業多忙で、飛ばしに行けない日々の続くこの頃です。

昔からの、典型的なコイルとバネと磁石で出来たアナログ・メーターに、
今でも不思議な魅力を感じています。
自分がアナログ人間だから、なのでしょうが、やっぱりこれでなくちゃ・・・
って郷愁なんでしょうかね。
針のレスポンスが遅い等の欠点は有りますが、針が動く事から得られる安心感でしょう。

まず、フェンダーの小型ギターアンプ、グレタ。
昔風にデザインされ、当然の様にメーターはアナログ。

d0202319_11292328.jpg

懐かしい、Futaba 8JN 送信機。
赤いボタンを押してる間、パワーメーターから、バッテリー電圧チェックに切り替わります。
d0202319_11285777.jpg

子供の頃から使っている、サンワのテスター。
スイッチの切り替えで、A V Ω など測定。一時期デジタル表示のを使ってましたが、
こちらの方が好きですね。
d0202319_1128292.jpg

珍品製作所製、ディレイ・プラグヒーター。
表示メーター針の「視覚的位置」で状況が分かるのは、アナログメーターの良いところ。
d0202319_1127537.jpg

Futabaバッテリーチェッカー。
円形棒グラフも表示されますが、結局これは数値を読んでいますね。
d0202319_11272130.jpg

オーディオミキサーのマスター・アウトプット表示、棒グラフ。
レスポンスが速い長所は有りますが、アナログメーターがズラッと並んだ、
ミキサー卓の方が、観ていて楽しいです。
(皆さんが、楽曲プロモーション映像のスタジオシーンで見かける、アレです)
d0202319_11262611.jpg

最近のオーディオ機器は、LEDランプ表示が主流。
コンプレッサーが音を圧縮した量をdB表示。

コスト、メーターの占めるスペースにより、こうなって来ます。
d0202319_11255214.jpg

ハードディスク・マルチレコーダーのレベル表示メーター。

一昔前の物ですが、特にバックライトの無い液晶は、淋しく味気ない!

d0202319_11252437.jpg

最近のプロポはメーターが無くなってしまいましたね。
もう必要ないって事でしょうが、僅かに小さくバッテリー電圧が、棒グラフとデジタルで
表示されます。
色付きインジケーターが、バッテリーの正常、電波のノーマル出力、チャージング状態等を監視する
ので、昔より合理的って事です。
by doublerainbow116 | 2016-01-28 14:40 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)

YAMAHA THR10C

d0202319_20405052.jpg

このところ、スタジオに入ってレコーディング中です。
(新年初飛行会、行けなかった!)
今回、作曲・編曲から演奏までやっているので、前から気になっていたギターアンプ、
ヤマハのTHR10C購入しました。

小型ながら、なかなかの優れもの。
音量はありませんが(5w+5w)、ヤマハならではの綺麗な(悪く言えば個性のない)音です。
iPhoneなどからの外部inputも備えているので鳴らしてみると、
オーディオ・ステレオとしても十分。

横にあるエフェクターっぽいボックスは、ギターアンプ・シュミレーター。
ギターアンプを使わず、ダイレクト・ライン録音の場合使っています。
アウトプットに、ローインピーダンス変換・XLR端子(キャノン端子)が有るので、
S/N(シグナル・ノイズ比)的に有利です。
by doublerainbow116 | 2016-01-11 21:18 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)

GRETSCH Pro Jet

d0202319_1217677.jpg

このところ、年末に向かって仕事が立て込み、思う様に飛ばしに行けない状況が
続くウップンばらしなのか、数年前ニコタマへ食事に行った帰りのエレガットギター
衝動買いと同じパターンが勃発!

あの時と同じ様に、ライズへ妻と食事に行った帰り、島村楽器へ弦を買うため立寄ったところ、
天井近い壁にフックされている、黒のグレッチにふと目が止まる。

ちょっと弾いてみて良いですか?
あぁ、勿論どうぞ、どうぞ、弾いてみてください!

いじって気に入ったら最期です。
ペットショップで、仔猫や仔犬を抱かせてもらうと大抵買う羽目になる、と言われてるのと
同じですね〜。
購入!

グレッチ・エレクトロマチック・ Pro Jet。
エレマチと俗に呼ばれる、近年出来たチャイナメイドの廉価版シリーズ。
(これまでの高級版シリーズは日本で作られてるそうです)

ジョージハリソンがデビュー前からファーストアルバムの頃使っていた、Duo Jetに似ているので
私はそれだけでも満足!
更に、弾いてみたら思いの外、ネックの握り心地良い・Filter Tronピックアップがこれまでの
ペチペチした音の先入観とは違う音・・・

専門家に言わせると、「エレマチはグレッチとは言えない」そうですが、私は弾いてみたら
気に入ってしまった。
チャンバードボディーと呼ばれる、重くなりすぎたソリッドボディーに空洞空けで軽量化
されたタイプ(最近のレスポールもそう)、と言ってもかなり重いです。
・・・良質な木材の入手難から重い材になってきたそうです。

ネック材/メイプル、フィンガーボード/ローズウッド。
スケール/ギブソンスケール(24 3/4インチ)。
by doublerainbow116 | 2015-12-19 13:26 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(4)

テレキャスター・プレイ準備

d0202319_23135981.jpg

来週末・学校のライブで生徒の伴奏をする事になり、テレキャスター・テキサススペシャル
久々の登場です。

準備として先ず、ネックの逆反りから直します。
テレキャスこのモデル、ネックを外さないとトラスロッドをまわせないのが一寸厄介。

ネックを取り外してからロッドをアンチクロックワイズへ回し、完全な一直線の状態には戻りませんが、まずまずの修正。
これに伴い、ブリッジで弦高・オクターブ調整少々、元々のコンディションへ復活しました。
ピッチ、指で感じる弦のテンション感、フレットビビリ・・・何れも大丈夫の様。
d0202319_23131967.jpg

デジテック・12ストリングエフェクター。

12弦ギターの音に変える、デジタルエフェクター。
プロモーション映像を見て、こりゃ本物だ!と惚れ込んで買ってしまった。

従って演奏する曲は、この音色が活かせる曲想へ無理ヤリ持って行き、作りました!

d0202319_23124871.jpg

グラファイト・オール。
ギターテクニシャンとして、サンタナやジョンメイヤーに関わり有名なレニー・マルティネス氏監修、
サドルやナットに塗ることで、弦の滑りが良くなり、明らかにチューニングが安定します。

これはもう手放せません。
(私の妻が、ジョンメイヤーのコンサート開演前、ステージにいたマルちゃん・・・とマルティネス氏を勝手に呼んでます・・・からジョンが使うピック貰ってました!)

d0202319_23121967.jpg

予備弦2セット、チューナー、ピック1箱、ニッパー、+−ドライバー、グラファイト・オール、
譜面。
これで準備OK!
by doublerainbow116 | 2015-06-22 00:10 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(4)

エレガットギター

d0202319_221297.jpg

夕食で玉川高島屋へ行った帰り、ふとライズショッピングセンターの楽器屋さんへ寄ったのが
いけなかった!

ギター売り場で妻にレクチャーを、「これがマーティンのトリプルオーの28、
エリッククラプトンモデルで、ショートスケールなんだ」
「これはテイラースイフトが使ってるけどジェームステイラーは使ってない、テイラーのギター」・・・
すると女子店員が微笑んで近寄ってくる、「どうぞ手にとって、お好きなのを」
じゃあ、これいいですか?と試し弾きさせてもらったのが、結局買ってしまった
このエレクトリックガットギター。

店内見渡す中では、一番安い19800円でありながら、エレクトリック・ピックアップも付いた、
Lumberというチャイナメイドのエレガット。
弾けば思った以上、響きの良さ。(他にもう一本試した国内最大手楽器メーカー製、
5万円のギター以上)

弦高(ネックから弦の高さ)がチョット開き過ぎて弾きにくい事をのぞけば、コストパフォーマンスの
高さ、ユニークな薄型ボディー、正確なフレット打ちによるピッチの良さ、
そして何よりも掘り出し物を見つけた時の様に惹きつけられる、不思議と倍音成分の多い音色。

衝動買いとも言えますが、私を待っていてくれた・・・とも解釈します。


d0202319_2202812.jpg

通常のガットギターに較べ2/3ほどの厚み。
セミアコエレキギターよりちょっと厚いくらい。

プリアンプにはボリューム、3バンドトーンコントロール、チューナー(440Hz基準)、
フェーズ切り替え(180°位相変化による、ライブ演奏時のフィードバック、ハウリングサプレッサー)
付き。

d0202319_21592187.jpg

弱点の弦高を早速改造です。

先ず、現状12フレットで6弦4.0mm、1弦3.2mmの弦高を計測してから、サドル(ブリッジで弦が
乗るパーツ)を取り出します。
・・・通常、弦高はフレットのかまぼこ状頂上と、弦下部との隙間を計測。

底辺1mmにマークラインを引き、板付きサンドペーパーで正確に削り、サドルの高さを落とします。
ナット(ヘッド側、弦が乗るところ)も僅か、サンドペーパーで溝の底辺と、弦が振幅で触れる角を
落とします。

また、ネックが少々順反りしているので、鉄芯のトラスロッドをクロックワイズ90°ほど、
六角レンチでネック修正。

これで、結果、12フレットで6弦2.8mm、1弦2.0mmに。

だいぶ弾きやすくなりました。

羊の腸で作った弦(Gut)を昔使っていたので、ガットギター或いはクラシックギター
と呼びますが、若しかして、中学生の時親に買ってもらった初めてのギターはガットギター、
それ以来です!

どの弦(現代はナイロン製)がピッチ良いのか、テンション的に弾きやすいのか、音色は?
テスト中。

追記(2014/1/20)

御試聴を

うちのネコのインスタグラム投稿BGM、このギターで弾いてます。
文字クリックでウエブスタグラムから見ることができます、
Instagram


by doublerainbow116 | 2013-06-18 00:16 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(6)

Squier(スクワイヤ)5弦ジャズベース

d0202319_1223175.jpg

フェンダー社の廉価版ブランド、スクワイヤ5弦ベースを新規導入。
Vintage Modified JazzBass Ⅴ・・・70'sのフェンダー・ジャズベースを基調に再現。

年末、ライブ演奏の機会があり、これを機に並行輸入屋さんからの取り寄せ、
ギリギリで間に合いました。
しかし、5弦は初めての経験!(演奏間違えるかも)

Duncanのピックアップ付き。
ボディーがソフトメイプル。ネック、指板がメイプル。
フェンダーHPで見ると、ネック形状・U字型となっていますが、実際は薄くて幅広のD型。
昔所有していた、プレシジョン・ベース初期型に近い感触、弾きやすくてgoodです。

ボディー鳴り、ピックアップ特性とも、予想以上!
メイプルの効果かサスティーンが効いて、クリアで重量感あるトーン。
しかし、作りの雑なところも・・・
ピックガード止めビスがやや斜めに入っていたり・・・インドネシア製ということで、
これはご愛嬌。

オクターブ微調整、弦高微調整で、ピッチ・弾きやすさ向上しました。

フェンダー製34インチ・ロングスケールのベースを所有するのは、数十年振り・・・
やはり、このネックの感触、身体に収まる重量感、いいです。

追記
機会あって、EBSベースアンプ(タル・ウィルケンフェルド使用で有名)で鳴らしたら、それはもう、
重低音が最高に気持ち良い音!
by doublerainbow116 | 2012-12-14 13:04 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(2)

Fender Greta

d0202319_16344490.jpg

フェンダー社製、2W真空管ギターアンプ・グレタです。
先ずデザインから一目ぼれ、自宅練習用として導入。
さすが、チューブの音してます。トレブル上げても痛くない・・・という味ですね。
プリに12AX7,アウトプットに12AT7の2球式。
いずれ、ロシア製、チャイナ製、球交換で音の変化試してみます。(千円台で入手可能)

まさに40~50'sですね。
派手な「ラヂオ」的デザインコンセプトは、流石、近年息を吹き返したフェンダーデザイン。

VUメーターはヘッドアンプ段でのオーバーロード具合を表示。
外部AUX入力へiPhone,iPadを繋ぎ、モノラルラヂオ状態はノスタルジック気分で。
プリアウトプット、パワーアンプアウトプットも付いてます。

代理店・山野楽器経由の購入なので、117Vから100V仕様へ変更済みです。
(変圧器を用意しなくちゃ、と思っていました)

ウチのネコ、ロッタとツーショット。
by doublerainbow116 | 2012-08-16 19:24 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)

Fender Telecaster ②

先にアップした、新規購入、フェンダー・テレキャスター・テキサス・スペシャル、
・・・音です。

YouTube投稿、初体験ながら上手く出来たようです。

ノーマルのテレキャスとはちょっと違う、これまで、CDやYouTubeから聞き覚えのある、
パキッとした個性を持つトーン・・・感じて下さい。

映像は、2980円!自宅練習用ギターアンプを通した、まあまあのトーンですが、
先日、学校のライブにて、50Wクラスアンプで一曲弾く機会を得た時、
シャキーンと気持ちイイ出音でした。

それにしても、映像って残酷です。
どうしてもギターより自分の腹に眼が行ってしまう。
ダイエットします!


by doublerainbow116 | 2012-07-18 10:32 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)