タグ:社会 ( 5 ) タグの人気記事

模型人(もけいびと)

d0202319_1445582.jpg


昔々、遠い昔・・・70's。
仕事多忙と余裕の無さから入門者にもなれなかった私が、憧れのラジコン飛行機と接する事ができたのは、不定期購読・
ラジコン技術誌上だけでした。

ラジコン機を飛ばした経験が無いにも関わらず・・・パターン機・癖の修正法、
Uコン・スピードマニアに依るエンジンチューンアップ術、
時代をもっと遡れば、燃料とペラとプラグ選択による内外各エンジン性能テスト、
などの記事、食い入るように読み返したものでした。

やがて、余裕が一寸出来始めた30代になり、等々力に在った模型店、中央ホビーへ「ラジコン飛行機始めたいんですけど・・・」、門を叩きました。
あの頃は、ラジコン技術誌で得た知識と現実のギャップを埋めるのが刺激的で楽しくて仕方ない毎日でした。

言わば、かつてのラジコン技術誌は技術の教科書・バイブルのようなものであって、30年以上経った今あの頃の記事を読み返してみても実に面白い、
・・・自分にとっての指針であるが故に。

近年、専門誌の魅力の根幹であるマニアック度が薄れてきた原因の一つに・・・

私が専門とする音楽界でも、放送の分野でも言える事ですが「広く浅くがお客様のニーズ」と、
とかく経営者(資本主)の思い違い。
マスに展開するにはそれが必要だ、って・・・。
職人系・現場たたき上げ社長が減り、他業種からの参入で本質を理解出来てない経営者、増えたが故 ?

私がレコード会社社員だった頃、大手電気系・親会社からやってきた役員で、
ポピュラー音楽は嫌いだって~人いましたよ!
自分の会社で売り上げの9割占めるジャンルなのにねぇ。
その方はよく「分かりやすいのをやれ」って仰ってましたが、その、分かりやすければ売れると言う
発想には、魂を揺さぶるスリル・感性のインテリジェントへの刺激などの価値観は感じられず、
真のポピュラリティーが見えてない様でした。

ジャズの偉人は言いました。
半分は期待を裏切り(理解として追いつけない)、半分は予想通りで安心するアドリブが良いアドリブだ、と。

けだし名言と言うべきでしょう。
知識欲を刺激するマニアックさと分かりやすい大衆性のバランス・・・このフレーズへ置き換える事ができます。
音楽業界で、大衆を追い越している、大衆に迎合している・・・このような表現をします。
プロデューサーは、大抵この加減に最も気を使います。
(先進性・音楽性を見せないとアテンションを引けない一方、行き過ぎると遊離する)

さて前置きが長くなりましたが、新しく創刊された「模型人」(もけいびと)。
電波実験社を退社されたSさんとYさんが興したと聞きました。
上に述べたような私の心境を満たしてくれる雑誌がやっと出来た!


音楽、メディア、フライト・ホビー・・・いずれの分野とも共通でいえるのは、「追求こそ趣きなり」です。
オタクが次の時代の当たり前を開拓してきた・・・とも言えます。
お二人が、そのような志で創刊されたのだと、創刊号を読んでの勝手な想像です。

期待しています、そして応援しています。
by doublerainbow116 | 2014-09-26 00:53 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(5)

TOKYU PLAZA omohara

d0202319_19574978.jpg
d0202319_1959166.jpg
d0202319_2035537.jpg

東京で暮らす割には、都心の流行りスポットに疎い私ですが、
オノボリさんよろしく、TOKYU PLAZA omotesandou harajyuku・・・覗いてきました。

この地、表参道・明治通り交差点角といえば、何といっても原宿セントラルアパート。
15年ほど前まであった、古いアパートメントです。
通りに面し一階にあったレオン珈琲店、中庭にちょっとパリの裏町っぽくあったカフェ・・・
住人・オフィスの殆どがデザイナー、カメラマン、服飾関係だったような。
70年代になると、地下ブティック街はサイケデリックファッションの店が目立っていました。

レオンや中庭のカフェへ、デザイナー・スタイリスト・カメラマン達との打ち合わせで、
昔、度々出向きました。

GAPなどを経て、新築オープン。
意外にも平凡なネーミング・・・トウキュウ・プラザですが、沢山のショップ、屋上にある「天空」のスタバや、
「世界一の朝食」のbills。女子が発狂する安くてセンスの良いAmericanEagleは一階に。
見晴らしの良い屋上スペース・おもはらの森・・・なかなかくつろげる造りです。
by doublerainbow116 | 2012-05-11 21:11 | 社会 | Trackback | Comments(0)

蔦屋書店 代官山

d0202319_1445258.png
d0202319_14461699.png
d0202319_14475646.png

代官山の更地から古代遺跡が発掘され、長らく工事延期されていたTSUTAYA代官山。
蔦屋書店 代官山とネーミングされオープン、興味津津覗いてきました。

本のセル、CD・DVDのセル&レンタル、スタバ、オシャレなカフェ、ファミマが広い敷地ゆったりと
OTONAの空間がコンセプトだそうで、ビートルズ関連マニアックな本(オープニングデイに、
小野洋子さんいらしたそう)から私達の世代が喜びそうな、マリリンモンロー、ヒッチコック、
フレンチヌーベルバーグ、マニアックな邦画(成瀬巳喜男とか)・・・
そして50's~60's~70'sロックR&BジャズのCDが充実。

国内物もYMO関連から加藤和彦さん遺品展示・・・
加藤さんの使っていたストラトキャスターや衣類が展示されていましたが、これにはビックリ。
実は、ミカバンドUKライブツアー時、私はマネージャーとして渡英、一緒に時を過ごしたギターと
展示品としての再会でした。
感慨深いです。

カフェでは食事、飲み物メニューを全て、用意されたiPad2の操作で見る様になっています。
iPad2で店内書籍、CD・DVDの検索もできます。
iPadがいじれなければ、お茶も飲めない時代ですねぇ!(なんちゃって)
そういえば、ANAの客室乗務員全員にiPad2が渡され、紙のマニュアル類が無くなったそうですね、
師匠!

店舗の造りとして面白いのは、歩いていると、本屋さんから何となくスタバになり、何となく
ファミマになったり・・・仕切りが無いんですね。
CD試聴はプライベートな机と椅子が用意され、寒くない日だったので、
Wi-Fiはフリーで繋がるし中庭でスタバのコーヒー飲んだり、幾らいても飽きない空間でした。
by doublerainbow116 | 2011-12-12 15:46 | 社会 | Trackback | Comments(0)

放射線

今回も社会情勢により、ラジコン以外の内様でアップします。

東大病院@team_nakagawa のツイートにて、放射線被ばくが手際よく解説されています。
3月17日までのツイートはpdfにまとめられ、現在もTwitterで刻々と更新されています。
福島原発における放射線被ばくの解説
@team_nakagawa


大前研一氏のネット番組、3月19日付け修正版(コメントがスーパーで補足されています)に入れ替えます。(3月26日)

by doublerainbow116 | 2011-03-19 20:58 | 社会 | Trackback | Comments(0)

大震災 原発事故



現在社会の特殊事態を鑑み、今回は特別にラジコン、飛行機関係ではなく、大震災、原発事故についてアップします。
BT757Ch(ネット番組)にて、大前研一氏(経営コンサルタント、カリフォルニア大学教授、元日立原発開発員)が大震災、原発事故について大変解りやすく解説されています。
これを聞くことで、現状を正確に把握出来た気がしてちょっとホッとしました。

ニューヨークタイムスの取材した被災地フォトを追加します。
The New York Times
(規制された)日本の報道には無いリアルなフォトです。
日々更新されています。
by doublerainbow116 | 2011-03-15 20:08 | 社会 | Trackback | Comments(2)