タグ:マンタ2 ( 11 ) タグの人気記事

今日のウイングス 93

d0202319_2195664.jpg

IGRSさんステイタス、ナイフエッジ。
d0202319_2193778.jpg

11名出勤、順番一巡1時間半待ちの盛況。
d0202319_21916100.jpg

KHさんAir Waveタキシング。
マンタ2とTMRさんアルテシア・・・新たに搭載、オーバーホール済みYS FZ115Sのブレークイン、
お手伝いしました。
中身新品なのでワンタンク毎甘くなって行くニードル閉め込み具合は、フライト慣らしへと進展した時に、
被ってエンストのリスクと、擦り合わせが出来上がる前の硬さとオイル不足でエンジンに負担をかけてしまうリスク、
両者狭間での闘いですね。

d0202319_2182048.jpg

マンタ2の、昇りで息つかないニードル開き具合、舵角、エキスポ、エルロン・ディファレンシャル・・・
だいたい決まってきましたが、新たな問題発生。
不思議な事に、正宙は素直に出来ますが、逆宙でエンジンが息つき&止まりそうになる。
倒立エンジン搭載機なので、逆宙の底辺ではむしろ正立となりキャブとしては楽な筈。

タンクかな?調べなきゃ。

尚、基本性能がよく出来ている、飛ばしていて爽快感ある機体です。
2スト・45ノーマルマフラー機もいいものですよ。
by doublerainbow116 | 2017-10-01 22:23 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

マンタ2 初飛行

d0202319_21232679.jpg

いよいよ初飛行の日がやって来ました。(先週に行ったものです)

いつもですが、フルサイズでもBクラス機でもスカイカンガルー号でも、同じ様に緊張します。

費やした金額を尺度として捉えることも出来ますが、飛ぶまでに費やしたエネルギーが墜落によって一瞬にして消えてしまう、何が起こるのか解らない初飛行の恐怖・・・
性能的に面白くない機体が出来上がってしまったのではないか・・・
或いは、満足出来る・期待できる機体を得られたのか・・・。

その様な意味でドキドキです。
ドキドキといえば、小さな子供のころ、ジェットコースターが怖くてダメでした。
上下左右のG変動に恐れをなして、ではなく「装置が壊れたら一巻の終わり」への恐怖でした。
変わった子供でしたが、この初飛行でも「失ったコストは働けば得られるが、飛行までに掛けた時間は取り返せない」・・・
時間とエネルギーに対する畏敬の念からなんでしょうね。

お陰様で初飛行、無事帰還せり。
エンジン(サンダータイガーpro46・・・・2スト)をちょっとリフレッシュ(コンロッド・ベアリング・
パッキング類)した為、甘めニードルからテイクオフしたつもりながら、昇りが苦しそう。
2~3フライトで決まったニードルは1+3/4開け、入れ替えた部品が未だ硬いようです。
あるいは、新調のJRブランド・フェルフィルター、抵抗の大きい構造によって、
「ニードル開け」傾向かも・・・
d0202319_2122874.jpg

嬉しい事に、トリム殆ど無し(ダウンへ2クリックのみ)、大きな癖は無さそうです。
OK模型さん、工作精度高いです。
d0202319_21213929.jpg

この1年半、エンジン機を殆ど飛ばしてなかったので、グローヒーター、ポンプ、レシーバー、
スターター・・・各バッテリー関係総点検と慣らし、新チャージャー購入(先日のISDT)済み。
d0202319_2121214.jpg

つばさのLi-Ion、行きのクルマで2個フル充電し、2つ目を使わなかった為、かえりのクルマで
ストレージ放電中。
d0202319_21201790.jpg

初飛行のために、最初は各舵D/R3段切替え状態で臨むも、ノーマル舵角が決まってきたので、
後日、フライトモード切替にTxセッティング変更です。

ノーマル・スピン・スナップ各舵角へスイッチでモード切替え、自宅テスト中、スナップ舵角で
全舵切るとノーコンになる事発見。
(テスト中に症状が出て良かった!)
レシーバーを監視出来る状態で観察すると、スナップでレシーバー内LEDが一旦点灯切れ~
スティック戻しても舵戻らず~直ぐ各舵フェイルセーフ位置へ~直ぐ点滅に変わる(=バインド始める)
~点灯・正常に戻る。

先ずレシーバーを疑いましたが、Txモニター上・Rx電圧は6Vのまま変動せず。
サーボに大きなロードのかかった時のみ、電圧を保とうと、レギュレターからRxへ流れる
電流値が下がってしまう症状なのか・・・故障?弱点?

某社製5Aレギュレター。
中を眺めても、私には判りませんが・・・
d0202319_21194816.jpg

試しに、ホビーネット製UBEC型6Aに載せ換えたら、正常に動きます。
問題はレギュレターだった様。

by doublerainbow116 | 2017-09-16 23:18 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(4)

マンタ2 組立て・リンケージ 完成

d0202319_2035644.jpg

いや~あと1or2日の作業で飛びますよ〜って皆さんに公言してから、2ヶ月以上経ってしまった。
仕事の多忙や白内障手術も有りましたが、何故いつもこんなに遅いんだろう?

作業中、この手間、フルサイズやCクラス機と大して変わりないのに、Bクラスで何故にこんな
時間かけてるんだろうって考え始めると、自分自身、気勢を削ぐ事になっている様です。
でも、作業再開してみると、楽しい!

舵角調整を残して作業終了です。
なかなかの美しい姿と配色!

d0202319_2033225.jpg

d0202319_2031095.jpg

エレベーター・ラダーサーボを後方に積んだ為、バッテリーは極力前方に。
使用サーボがノーマル電圧系故、レギュレター・アウトプットを6Vにセットで使用。
d0202319_2024725.jpg

25gオモリでほぼ指定重心位置。

by doublerainbow116 | 2017-09-04 20:29 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

マンタ2 組立て・リンケージ ⑥

d0202319_1638588.jpg

気が付けばもう6月。
矢張り私は作業ノロいです。慎重と言うより何かにつまづくと勢い削がれてスピード・
スローダウン。仕事上でもそうですが、勢いのある時は寝ないでも進むのに・・・。

エンジン周りの燃料系配管・グラスカウル加工終了。
カウル外すのに、いちいちマフラー外す必要ある構造が面倒です。
2ストエンジン専用設計なら、エンジン斜め45°搭載・マフラー真下オープンの構造が
成り立つ筈でも、4スト・電動兼用カウルの為、そうは行かないんでしょうね。
d0202319_16383764.jpg

燃料フィルターは内臓出来ました。
内径5mmのゴムブッシュがDIYで見つかったので、シリコンチューブがカウルと触れる箇所で
使用。
d0202319_16381410.jpg

エンコンサーボはコロナのミニ・メタルギア・デジタルサーボ。
タンクは口金(プラですが)にシリコーンをたっぷり付けて防火壁の穴に収めますが、後方・左右胴枠
内側にIMスポンジを挟み、振動吸収します。
d0202319_16374746.jpg

エレベータ・ラダーサーボ後ろ積みを選択。
延長コードをツメで抜け防止した後、スポンジで振動・音対策。
d0202319_16364967.jpg

一度、付属の1.8mmロッドでリンク終わるも、テストでサーボ動かしてみると、ロッドがたわんで、
全く駄目です。
やはりこの長さでは無理なので、手持ちの外径8mmカーボンパイプおよび両端留めバルサ棒にて補強し、
ロッド作り直し。

今度はOK!。

d0202319_16354429.jpg

ラダーリンク。
ヒンジラインにホーン穴位置。
d0202319_16351791.jpg

エルロンリンケージ。
サーボホーン1番外側で90°が出る様にセットしてしまったが、舵角セットで2穴ほど内側になるはず・・・あゝ失敗だ!

(サーボの分解能、効率よく極力使うには、100%強動いたサーボホーン・ストロークをスナップロール舵角に
合わせる事により発揮出来るので、私の設定ではノーマル舵角での分解能がほんの僅かしか
使われない事になる・・・特にニュートラル付近がアバウトになる)

舵角調整により、左右ロッドがハの字形になってカッコ悪くなりますが、
ま、仕方ないでしょう。

残すは、Rx・Batt積み・重心合わせ・舵角設定。
もうちょっとです。

by doublerainbow116 | 2017-06-04 17:43 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

マンタ2 組立て・リンケージ ⑤

d0202319_22233212.jpg

今日飛ばしに行くも、飛行場へ着いた途端、帰り支度メンバーがいる程の爆風。
予報では5m/sだったんですがね〜。
アプリ 風力計で12m/sを振り切ってる・・・強風時フライト練習にはなりますが。

荒れた大海を彷徨う小舟の様なオリンパス、2フライトで帰宅。
d0202319_22231314.jpg

マンタ2、このところの進行状況です。

クリアウレタンでコーティング・・・フィルム剥がれ防止になります。
主翼フィルムにハケの筋が出来てしまうのは、ハケの動かしに問題があるのか、
シンナー比率に問題あるのか、未だに不明!
d0202319_22225089.jpg

ウレタン乾いたら、翌日コンパウンド磨き。
光沢が出てきます。
d0202319_22222765.jpg

さてキャノピー接着を、取説では瞬間で、となっていたので、その通りにやって見ます。
これは、後で後悔するのだが、[瞬間多過ぎは白濁するので気をつけるように]と書かれている
通り白濁しました。
いつもやってる、弾性エポかIMキャノピーボンドにすりゃ良かったなあ〜って嘆いても後の祭り。
操縦席内 至る所に白い変なシミが・・・
d0202319_2222554.jpg

シール貼り。
パイロットのロゴ、懐かしいです。
これ、ウレタンコーティングの前にやるべきでした。
d0202319_2221227.jpg

最後に、ピカールの仏壇クリームでワックスコーティング。
もうこの段階は、自己満足の世界です。
光った光った、と自分で喜んでる・・・。

by doublerainbow116 | 2017-04-30 23:01 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

マンタ2 組立て・リンケージ ④

d0202319_1561020.jpg

脚周り、簡単に組み上がりますが、この、2つのナットどうしで脚・スパッツを挟む仕組み・・・
ネジロック使用でも、直ぐ緩むでしょうね。(特に内側)
ナイロンロックナットに替えるとか、考えねば。
d0202319_155539.jpg

エレベーター 2サーボ式と考えてましたが、既にメーカーにて開けられているジョイント穴が、
かなり正確で、LRエレベーター ニュートラルが幸いにも揃いそうなので、ワンサーボで行きます。

ジョイントをエポで接着中。
d0202319_1552968.jpg

ペーパーヒンジを用いて、低粘度シュンカンでエレベーター取り付け
d0202319_1543612.jpg

仮組み。
主翼・水平尾翼・垂直尾翼・胴体、各部位置関係測定へ。
d0202319_154313.jpg

主翼と水平尾翼、左右シンメトリックな位置を割り出します。
d0202319_1534186.jpg

数値としてメモリーしておき、エポを 塗ってから再びこの位置関係に合わせます。
d0202319_1532166.jpg

主翼と水平尾翼の平行関係は、左下に修正の紙(カレンダー4枚)を差し込み、目測で確認。
これでOKかな?
前から後ろから暫く眺めていると、正確に判断できます(測定誤差より正確?)
前から後ろからの見え方誤差が違う場合、厄介です(ねじれ)。

空いた隙間には、後ほどドライヤーでエポ(30分)を流し込みます。
d0202319_1525539.jpg

垂直尾翼の接着。
d0202319_1523364.jpg

尾輪ギア兼メタルヒンジをエポで、ペーパーヒンジはシュンカンで、ラダー取り付け。
by doublerainbow116 | 2017-04-09 15:59 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

マンタ2 組立て・リンケージ ③

d0202319_18232832.jpg

エンジン周りに取り掛かります。

付属 グラスナイロン・マウントが明らかにサイズ違いの物が入っている様で、
45エンジンを載せる為にかなり削らないと収まらない・・・って事は、35クラス用のマウント
が入っていた?(以前の同じパイロット製コマンダーでは、防火壁取り付けサイズが同じで、
何もせずこのエンジン収まってます)
返品交換は面倒なので、削って合わせましたが、マウント ちょっと細くなったなぁ~!
d0202319_1823919.jpg

穴開けは苦手な作業です。KHさんから伺いましたが、ドリル先に付ける刃、
かなり大きな径まで丸穴開けとして存在するとの事、・・・ 知りませんでした。

私は原始的にこの様に開けてます。
d0202319_18224699.jpg

キャブ部穴、ニードル穴、マフラー穴、プラグヒート穴等も、胴体取り付けビス位置割り出しつつ
開けるので厄介ですが、カウルの材質がプラではなくFRPなので、強度は期待できます。
d0202319_18222891.jpg

エンジン周り、スロットルリンケージ以外完成。
by doublerainbow116 | 2017-03-26 18:50 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(3)

マンタ2 組立て・リンケージ ②

d0202319_1192338.jpg

主翼取付け補強板を先ず仮止め(瞬間・四隅へポイント)、次に主翼貫通穴開け後、
胴体側・受けのブラインドナットとの角度を探り、決まったら3mm強の穴に
広げます。
d0202319_119355.jpg

ビスを締込み、主翼・胴体が角度良く、隙間 ガタ無しで取り付けられていたら、一旦ビスを外し
穴に瞬間を流し込みこれを穴角度決定とする。
d0202319_1183764.jpg

マークした補強板位置に、今度はエポで接着。(穴に流れ込んだエポを除去しつつ)
d0202319_1181153.jpg

ベリーパンを接着する主翼フィルム部分を1ミリ内側寄りで剥がす。
d0202319_1165630.jpg

胴体・ベリーパンの関係が前後1mmほどずつ空く位置になるよう、当たる箇所を修正後、
エポで接着。
d0202319_1162045.jpg

タンクの組み立て。
K&SやIMのタンク以外は久しぶりなので、慎重になります。
付属のニューム管、曲げようとすると潰れてしまいます。(下手ですね〜)
そこで、買い置きのIM製を使ってみると、柔らかくてスムーズにブリーザー側の曲げが
出来ました。
d0202319_1155039.jpg

念のため、燃料漏れ防止としてゴム部分にシリコンを塗ってからタッピングビスを締め込み、
キャップ部分の取り付け。

どのぐらいの力で締め込むのか、通常は説明書に表記されてませんが、私はペンチを用いて
これぐらい目一杯締めます。
昔初心者の頃、某メーカー製の取説に、あまり強く締めないように、と書かれていたので、
私を含め多くの人が燃料漏れを起こしていました。
「あまり強くなく」「そこそこに」などの表現は人によっての受け止め方が違うので、説明って難しいものです。

by doublerainbow116 | 2016-12-18 02:12 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

マンタ2 組立て・リンケージ ①

d0202319_12551486.jpg

マンタ2の組み立て・リンケージ開始です。

先ずは、瞬間接着剤(シアノアクリレート)の1番柔らかいタイプ(低粘度)を用意。
ペーパーヒンジの取り付けには色々な流儀が有りますが、一つの方法です。
ヒンジの位置を、主翼・エルロン両側スリットとの関係から決めたら、ヒンジ中央に鉛筆で印した
ラインまで挿入(今回のOKモデル製はピン穴でマーキングされている)。

そして、ヒンジが動かないようポイントで瞬間を左右端に垂らす。
ヒンジ中央・スリットの位置を、油性マーカーにてエルロンへマーク。

d0202319_12545052.jpg

エルロンを主翼に取り付け、先ほど付けたマークの位置から、細ノズルを使って瞬間を十分
流し込む。

10分程経ったら、動きが硬くなってるエルロンをしごいて取り付け完了。
d0202319_12542212.jpg

使用するサーボに合わせて、主翼プランク材とサーボマウントを拡げます。
(切り口が雑な工作で恥ずかしい!)
d0202319_12535341.jpg

主翼接合カンザシを入れて左右を接着。
これも私の長年行ってきた方法ですが、(昔、デジコン・シグマの組み立て説明に記されていた?)エポで接着・
テープで仮止め後、乾くまで重力の力を借りて待ちます。

d0202319_12532118.jpg
d0202319_12525683.jpg

同時にダウエルも取り付け。
d0202319_12523393.jpg

主翼上反角は、ヒンジラインに張った糸がセンターで10mmに、と指示されていたので、
仮組み時にチェックした通り、接着後も10mmに収まっています。
by doublerainbow116 | 2016-12-04 14:00 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

マンタ2 限定色

d0202319_23152890.jpg

箱入りのまま放置状態だった、OKモデル製マンタ 2 限定色・・・手つかずと言えば、更にデッカイのが、
廊下に2箱積み上げ状態!・・・


丁寧に梱包されたARFキットを箱と袋から取り出します。
バルサ・合板 フィルム貼りで、綺麗にきちんと造られています。

オールマイティー・スポーツ機って何かと出番、多いものです。
クラブ内リボンくぐり・定点着陸競技、ニューメカのテストフライト、パターンもどき、アクロもどき・・・
先任のコマンダー、長年に渡り活躍(でも、リスキーな競技には再登場するかも)。
今後、このマンタがその役割を担います。

全長1380mm、全幅1280mm、翼面積34.7dm。
d0202319_2315015.jpg

接合して一枚翼になります。
d0202319_23144275.jpg

付属品。必要なリンケージ パーツ、 大体は入っている。
d0202319_231420100.jpg

サーボ準備。
エレベーター、ラダー用サーボはもっと小さいので十分でしょう。
エルロン サーボ マウントは、フォトの様な、ミドルサイズ系サーボに合わせた加工されています。
(K-Power デジタル オールメタルを選択)

エレベーターリンケージが、ジョイントロッドにて左右エレベーター連結するタイプなので、
癖取り調整したく、二股ロッド方式に変更予定。
d0202319_23135719.jpg

再びサンダータイガー Pro 46 の登場。

by doublerainbow116 | 2016-11-23 00:09 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(4)