タグ:マンタ2 ( 5 ) タグの人気記事

マンタ2 組立て・リンケージ ③

d0202319_18232832.jpg

エンジン周りに取り掛かります。

付属 グラスナイロン・マウントが明らかにサイズ違いの物が入っている様で、
45エンジンを載せる為にかなり削らないと収まらない・・・って事は、35クラス用のマウント
が入っていた?(以前の同じパイロット製コマンダーでは、防火壁取り付けサイズが同じで、
何もせずこのエンジン収まってます)
返品交換は面倒なので、削って合わせましたが、マウント ちょっと細くなったなぁ~!
d0202319_1823919.jpg

穴開けは苦手な作業です。KHさんから伺いましたが、ドリル先に付ける刃、
かなり大きな径まで丸穴開けとして存在するとの事、・・・ 知りませんでした。

私は原始的にこの様に開けてます。
d0202319_18224699.jpg

キャブ部穴、ニードル穴、マフラー穴、プラグヒート穴等も、胴体取り付けビス位置割り出しつつ
開けるので厄介ですが、カウルの材質がプラではなくFRPなので、強度は期待できます。
d0202319_18222891.jpg

エンジン周り、スロットルリンケージ以外完成。
by doublerainbow116 | 2017-03-26 18:50 | ラジコン飛行機 | Comments(3)

マンタ2 組立て・リンケージ ②

d0202319_1192338.jpg

主翼取付け補強板を先ず仮止め(瞬間・四隅へポイント)、次に主翼貫通穴開け後、
胴体側・受けのブラインドナットとの角度を探り、決まったら3mm強の穴に
広げます。
d0202319_119355.jpg

ビスを締込み、主翼・胴体が角度良く、隙間 ガタ無しで取り付けられていたら、一旦ビスを外し
穴に瞬間を流し込みこれを穴角度決定とする。
d0202319_1183764.jpg

マークした補強板位置に、今度はエポで接着。(穴に流れ込んだエポを除去しつつ)
d0202319_1181153.jpg

ベリーパンを接着する主翼フィルム部分を1ミリ内側寄りで剥がす。
d0202319_1165630.jpg

胴体・ベリーパンの関係が前後1mmほどずつ空く位置になるよう、当たる箇所を修正後、
エポで接着。
d0202319_1162045.jpg

タンクの組み立て。
K&SやIMのタンク以外は久しぶりなので、慎重になります。
付属のニューム管、曲げようとすると潰れてしまいます。(下手ですね〜)
そこで、買い置きのIM製を使ってみると、柔らかくてスムーズにブリーザー側の曲げが
出来ました。
d0202319_1155039.jpg

念のため、燃料漏れ防止としてゴム部分にシリコンを塗ってからタッピングビスを締め込み、
キャップ部分の取り付け。

どのぐらいの力で締め込むのか、通常は説明書に表記されてませんが、私はペンチを用いて
これぐらい目一杯締めます。
昔初心者の頃、某メーカー製の取説に、あまり強く締めないように、と書かれていたので、
私を含め多くの人が燃料漏れを起こしていました。
「あまり強くなく」「そこそこに」などの表現は人によっての受け止め方が違うので、説明って難しいものです。

by doublerainbow116 | 2016-12-18 02:12 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

マンタ2 組立て・リンケージ ①

d0202319_12551486.jpg

マンタ2の組み立て・リンケージ開始です。

先ずは、瞬間接着剤(シアノアクリレート)の1番柔らかいタイプ(低粘度)を用意。
ペーパーヒンジの取り付けには色々な流儀が有りますが、一つの方法です。
ヒンジの位置を、主翼・エルロン両側スリットとの関係から決めたら、ヒンジ中央に鉛筆で印した
ラインまで挿入(今回のOKモデル製はピン穴でマーキングされている)。

そして、ヒンジが動かないようポイントで瞬間を左右端に垂らす。
ヒンジ中央・スリットの位置を、油性マーカーにてエルロンへマーク。

d0202319_12545052.jpg

エルロンを主翼に取り付け、先ほど付けたマークの位置から、細ノズルを使って瞬間を十分
流し込む。

10分程経ったら、動きが硬くなってるエルロンをしごいて取り付け完了。
d0202319_12542212.jpg

使用するサーボに合わせて、主翼プランク材とサーボマウントを拡げます。
(切り口が雑な工作で恥ずかしい!)
d0202319_12535341.jpg

主翼接合カンザシを入れて左右を接着。
これも私の長年行ってきた方法ですが、(昔、デジコン・シグマの組み立て説明に記されていた?)エポで接着・
テープで仮止め後、乾くまで重力の力を借りて待ちます。

d0202319_12532118.jpg
d0202319_12525683.jpg

同時にダウエルも取り付け。
d0202319_12523393.jpg

主翼上反角は、ヒンジラインに張った糸がセンターで10mmに、と指示されていたので、
仮組み時にチェックした通り、接着後も10mmに収まっています。
by doublerainbow116 | 2016-12-04 14:00 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

マンタ2 限定色

d0202319_23152890.jpg

箱入りのまま放置状態だった、OKモデル製マンタ 2 限定色・・・手つかずと言えば、更にデッカイのが、
廊下に2箱積み上げ状態!・・・


丁寧に梱包されたARFキットを箱と袋から取り出します。
バルサ・合板 フィルム貼りで、綺麗にきちんと造られています。

オールマイティー・スポーツ機って何かと出番、多いものです。
クラブ内リボンくぐり・定点着陸競技、ニューメカのテストフライト、パターンもどき、アクロもどき・・・
先任のコマンダー、長年に渡り活躍(でも、リスキーな競技には再登場するかも)。
今後、このマンタがその役割を担います。

全長1380mm、全幅1280mm、翼面積34.7dm。
d0202319_2315015.jpg

接合して一枚翼になります。
d0202319_23144275.jpg

付属品。必要なリンケージ パーツ、 大体は入っている。
d0202319_231420100.jpg

サーボ準備。
エレベーター、ラダー用サーボはもっと小さいので十分でしょう。
エルロン サーボ マウントは、フォトの様な、ミドルサイズ系サーボに合わせた加工されています。
(K-Power デジタル オールメタルを選択)

エレベーターリンケージが、ジョイントロッドにて左右エレベーター連結するタイプなので、
癖取り調整したく、二股ロッド方式に変更予定。
d0202319_23135719.jpg

再びサンダータイガー Pro 46 の登場。

by doublerainbow116 | 2016-11-23 00:09 | ラジコン飛行機 | Comments(4)

JR RG613BX

d0202319_17575381.jpg

JRのレシーバー、RG612BXに続きRG613BX購入です。

前者は9g・ソフトなプラケース、後者は12g・ハードなプラケースの違いだけで、
長距離フルレンジ・DMSS・XBus・6ch・ダイバシティー2本アンテナ仕様・テレメトリー
・オプションでリモートアンテナ追加可能・EZ Bind(バインドプラグ不要)・Aux1/XBusポート
(プラグによって切り替え)・・・などなど、性能・仕様は全く一緒。

カタログや取説に、いずれも電動用/エンジン機用の表記は無いので、エンジン機の場合、
なるべくこの613で・・・という事でしょうか?
そこで、エンジン機用として導入です。
d0202319_17573635.jpg

リモートアンテナ端子の下、左にAux1/XBus端子。
右にBatt/Sens端子(左端子の切り替えプラグ端子も兼ねる)
d0202319_17571730.jpg

実は、功労者コマンダーには隠居していただき、新たな2スト45クラス機導入すべく、OKモデルの
マンタ2・限定色 購入しました。
・・・功労者と言っても、リンボーくぐりの様な危ない競技には登場すると思いますよ!

フォトはメーカーカタログより。

サンダータイガーPro46エンジン、そしてこのRG613BXを搭載予定。

しかし限定色・限定生産って謳われると弱いです。
急いで買ってしまう!
by doublerainbow116 | 2016-06-27 19:04 | ラジコン飛行機 | Comments(0)