タグ:ネプチューノ ( 6 ) タグの人気記事

サーボテスター / クラブ内・夏の飛行会エントリー準備

d0202319_1914034.jpg

サーボテスターなるニュートラル出し器を購入、プロポ・レシーバーなどを用意せずとも、
サーボ・ニュートラル出し出来るので、リンケージ時に便利です。
動作確認器でもあるのですが、これでポテンションメーター・ギア・電子回路の不具合が
見つかるのかなぁ・・・
(リンケージ後、動翼などロードの掛った状態なら症状出るのかも、ですね)

セレクトボタンで・・・
1.ボリュームでマニュアル動作
2.ニュートラル出し(1500μsec)
3.左右動作オート繰り返し

ニュートラル出しには役立ちそう。
1500μsecと言うことはJRに合わせてあるようですが、JRのRx、個体差により
Futabaの1520μsec近い製品が有る程、まちまち。「アバウトここら辺」として使う分には実用性あります。
まだやってないが、ESCも動かせるそうです。

Neptunoエルロンサーボ、組み込み中。

d0202319_1911688.jpg

クラブ内夏の飛行大会が噂によると、ダブルリボン潜り。
上空でP-15の選択演技を一つして、至近距離・同じ高さに2本セットされた
リボンを互い違いに潜れば良い点が出る・・・っていうもの。
以前やりましたが、だいぶ参加機大破しています。

その時、私のファンタイガー・エクストラは一度クリアするものの、2ラウンド目がリボンに絡んで
墜落中破。
ゾンビの様に甦って今回も登場かな?

でも今年の必須・上空P-15演技、この機体では無理そう・・・スポーツ機・コマンダー144を選択、となるかも・・・
しかしコマンダーではダブルリボン互い違いくぐりは難しそうだし・・・
迷います。

長い間飛んでないファンタイガー。
ENYA 53-4C搭載。買ってから一度もエンストしたこと無いエンジンです。
登場は減りましたが、大好きなエンヤエンジン・・・補修パーツを取り寄せるのが面倒で、
ヘッドバルブ周りなど、YSのパーツがかなり潜り込んでいます。
クランクシャフト用2つのベアリング交換は、フロントハウジングがビス4本で外れるので、
あっという間に済みます。
by doublerainbow116 | 2014-07-27 19:54 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

Neptuno リンケージ再開

d0202319_1658395.jpg

だいぶ時が経ってしまいました・・・2年越し、ネプチューノ・リンケージ再開です。

言い訳として以前作業中、付属品・尾翼用カーボンパイプが二本とも寸法足らず!
替わりに購入した、合う筈の外径10mmパイプが、尾翼に埋め込まれている内径10mmパイプに
挿入できず、仕方なく延々とサンディング・・・

他にも、胴体のウイングボルト受け部分が、部品組みサイズ誤差、或いは接着不良のため
手でグラグラ動いてしまう、そこで、エポキシレジンをハケとドライヤーで流し込み補強・・・
(一方、外観の仕上がりは光沢と言い、大変綺麗)

こんな事しているうち、嫌になってチョット挫折。Apollo 90が調子良いので放置状態、
でも再開しました。

フォトは、なんとかサンディングで入るようになったカーボンパイプを、現物合わせで切断中。

d0202319_16573881.jpg

パイプにバルサ棒を埋め込んだ後、ニトムスクッションを貼ってから無事接合。
抜けどめビスには、珍しいφ2x20mmキャップを使い、パイプの反対側へも到達させました。
d0202319_16564321.jpg

補強後、ウイングボルト受け周り。
d0202319_16542733.jpg

ギアマウント部に1.5mmカーボン板を追加、補強で接着。
ブラインドナット穴から正確な穴位置写し取りの為、小学生時代以来と思われる
トレーシングペーパーを使用。
d0202319_16535619.jpg

ギアがつくと、らしい形になります。
d0202319_16532571.jpg

エンジンルームが進むと、気分・乗って来ます。
by doublerainbow116 | 2014-07-13 18:18 | F3A | Comments(0)

Neptuno リンケージ開始

d0202319_1931345.jpg

とうとうと言うか、やっと取り掛かります。
購入から、早くも一年以上経ってしまいました。
(台風の接近とリンケージ再開気分は関係ある?)

当時、ベリーパン一部穴開けのみでストップ。
先ず穴開けを完成させ、切り口をエポキシレジンでコーティング。
d0202319_19315566.jpg

付属品のグラス・カーボンギアとグラススパッツ。そしてIM55mmタイヤを、
サンシャインプロダクト製・緩衝ゴム入り車軸セットにて取り付け。

飛行中のタイヤノイズを防ぐ為の緩衝ゴム機構は初めてですが、なるほど良く出来ています。
緩衝具合も調整できます。
d0202319_19324144.jpg

エンジンマウント、マフラーマウントのカーボン部分・・・一応何か塗ってあるようですが、
念の為、エポキシレジンをハケ塗りでサッとコーティング。
サーボマウント(バルサ+合板)、ウイングボルト受け・ブラインドナット周りへも、補強としてレジンをサッと。

今日はここまで。
by doublerainbow116 | 2012-09-30 20:21 | F3A | Comments(2)

Neptuno リンケージパーツ

d0202319_1414163.jpg

スカイカンガルー号は目出度く飛んだ事だし、ネプチューノのリンケージに取り掛かります。
今時便利なもので、F3A用の多品種、多品目専用パーツであっても、通販で入手できます。
私は、つばさ工房からの取り寄せでほぼ全て揃うので、重宝しています。

以前、F産業の前に車を停め、助手席の妻に「ちょっと待っててね、小物いろいろ買ってくるから」と、
スーパー飛燕一機分のリンケージパーツ、あれやこれやセレクトに迷いながら漁り、
車へ戻ると、「随分かかったわね、一時間半よ!」・・・!!!
(・・・かかってしまったとは言え、30分位だと思ってた)

他の通販ショップに注文したサーボ類が来れば、ほぼ揃います。
エルロン用はFutaba S9154をと思ったのですが、いつ入荷するか判らないというので、
BLS154を奢ります。
ブラシレスは起動電流が多く流れると聞くので、そろそろリチウム系への電源変更が
必要なのかも知れません。
エレベータ用はJR DS3401 x2、ラダーには手持ちのJR DS8401。

気合入れて取り掛からないと、「まあ、飛ぶのは来年でしょう」・・・クラブメートからの揶揄が、
本当になってしまいます!
d0202319_1417339.jpg

by doublerainbow116 | 2011-09-04 15:00 | F3A | Comments(5)

Neptuno リンケージ準備

届いたネプチューノを梱包箱から取り出し、先ずは必要なリンケージパーツのリストアップにかかります。

タンク、レシーバー、バッテリー取り付け用マジックバンドまで、親切なことに!出来上がっています。
更に、ラダーワイヤーガイドパイプ、エレベーターサーボ延長コードガイドパイプ、
エンジンマウントブラインドナット、カウルストッパー・・・までセットされている・・・。

これでリンケージに時間かかったら、空禅師匠から「何やってるの」と怒られてしまいそうです。
d0202319_18221313.jpg

d0202319_161311.jpg

d0202319_1823397.jpg
d0202319_18242528.jpg
d0202319_18251287.jpg
d0202319_18255553.jpg
d0202319_18262661.jpg
d0202319_1827496.jpg
d0202319_18273360.jpg
d0202319_18281883.jpg

by doublerainbow116 | 2011-06-20 19:09 | F3A | Comments(4)

Neptuno

d0202319_23451475.jpg

決算特価166600円に魅せられ、衝動的に注文ボタンをポチッ!!
ネット購入しました!

HobbyNetよりリリースされている、F3Aフルサイズ,チャイナ製完成機ネプチューノ。
決算特価、30%オフに惹かれます。
同じくホビーネットから新たにリリース、110クラス、プロラインエボリューションの
168000円よりも安い事で自分を納得させる、妙な心理も働きます。

これで良く飛んだら儲けモノですね。
と言いながら、完成機としての低価格を享受すると共に、高性能も内心期待しています!

フォトはメーカー提供、日本仕様。
by doublerainbow116 | 2011-06-10 00:19 | F3A | Comments(6)