タグ:オリンパス ( 16 ) タグの人気記事

今日のウイングス 65

d0202319_2222148.jpg

Kuriさんスカイリーフ。
4セルでストレス無しに良く飛んでいます。
小型・安価でありながら飛ばし易い・・・観ていて分かります!

d0202319_22214438.jpg

背面が綺麗にキマッた瞬間。
ナービス〜スポーツマン演技は充分にこなせそうです。
d0202319_2221888.jpg

スカイリーフ。
d0202319_22204932.jpg

晴天微風、高い出勤率。
手前、mowさんインフィニティー。
DZ160が相変わらず好調、十分牽いています。
d0202319_22203229.jpg

オリンパスに境界層板装着。直進性上がった感、有ります。
失速特性・・・良く判りません。
スチロール板から切り出し製作。

ミキシングによって癖取り、進展してはいますが、次に、各翼インシデンス・チェックから
やり直して見ます。
どうも、カナライザーが怪しい。
by doublerainbow116 | 2016-05-15 22:57 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

OLYMPUS 初飛行

d0202319_23243930.jpg

オリンパス初飛行です!
これまで4セルが最大電圧、電動6セル機は初めてなので様子が分からず、クラブの
電動諸先輩が頼り。
この機体、既に初飛行を済ませたKHRさんからの情報によると、6セルはパワーあり過ぎるので、
スロットル85%に抑えたら飛ばし易くなった・・・同じ様にTxスロットルカーブでセーブします。

いざ発進、空には浮きましたが、殆どコントロール出来ない迷走飛行。
こういう時、皆が集まって来て、色々アドバイスやトリムをいじってくれたり・・・
私はスティックでコントロールを保つので精一杯状態・・・有り難いものです。

なんとか無事に着陸出来ましたが、さて何だろう?
d0202319_23232749.jpg

このピッチ軸の不安定さは後ろ重心が原因だろうと考え、バッテリートレイを少々前に出し、
再び空へ。
ちょっとは良くなったものの、まだ不安定。
方向・高低が定まらずフラフラ彷徨っている・・・
d0202319_23221655.jpg

持参したトリセツ、重心の項目を読み直して愕然!
主翼前縁から185mmと書いてあったので、その通りに重心合わせていたが、185mmって殆ど
翼根の真ん中です。
図の中、それより遥か前に重心位置を示すラインが引いてある。
更に、翼形からざっと重心30〜33%辺りを割り出しても、明らかに185mmは間違い

前縁から165mm近辺が飛ばしてみての正解です。
(追記・・・2017.8.14現在は168mm)



d0202319_23204260.jpg

今度はちゃんと飛びました。
未だ癖取りまでは行ってませんが、シッカリ、スタント機らしく飛ぶ様になりました。
メデタシ・メデタシ。

by doublerainbow116 | 2016-04-03 00:17 | F3A | Trackback | Comments(2)

OLYMPUS 組立て・リンケージ ②

d0202319_0533480.jpg

ブラシレス・モーターは既に取付け済。
取付けビスの締め確認と、ドライブワッシャーとスピンナープレートを兼ねたパーツを
カウル装着後、Hex加工されたシャフトに嵌め込んで、ノーズ部分ほぼ終了。
ここの構造、なかなか良く出来ています。
d0202319_0531354.jpg

下が付属品の15x8ペラ。
上は購入したAPC15x8E。
約同じですね〜。

d0202319_0523543.jpg

積み込んだバッテリーとレシーバー。
重心合わせでバッテリー・トレイをスライド出来るよう、レールが仕込まれている。

d0202319_0521868.jpg

リンケージロッドはボールリンク。

プラ製チップへ1.8mmロッドねじ込みがユルユルなので、シリコンテープを巻き付けながらやり直しました。
d0202319_0515439.jpg

翼端整流板の接着が乾けば、組立てリンケージ終了です。
あとは重心合わせ、舵角設定、左右バランス調整など残すのみ。

ところで、プラ製スピンナー。
近くからでもアルミに見えてしまう・・・切り欠き加工の削られた粉を見れば、或いは
手に持つ軽さでそれと分かりますが、近頃ホント良く出来てる。
実車などで益々構成比率の増えてる、金属に見せかけたプラスティック・パーツのようですね。
(その為、最近のクルマは燃え始めたらよく燃えるって聞きます)
by doublerainbow116 | 2016-03-27 01:30 | F3A | Trackback | Comments(0)

OLYMPUS 組立て・リンケージ ①

d0202319_123305.jpg

オリンパスの組立て・リンケージをやっと始められる様になりました。
殆ど出来上がっているので、作業の遅い私でも3日あればTxセッティング含め出来上がるのではないか
・・・って思いますが如何に?

先ずプラ製エルロンホーンの取り付け。
ホーンとビス受けプラパーツで挟むのが発泡スチロールメイドのエルロン、という事もあり、
マニュアルではビス止めとしか指示されてない事を不安に思い、スーパーXも使い取り付けます。

同メーカーの「P51 ストレガ」を飛行中プラ製エレベーターホーンが折れるトラブル(運良くハードランディングにて
なんとか回収・・・よく戻ってきた!)と違い、エレベーターホーンが金属製となり信頼出来そうです。

次に、主翼・水平尾翼・カナライザーの平行角度を見ます。
そのままだと、各翼は違った角度で胴体に取り付いてしまう。

カナライザーにはニトムス・スポンジを使い角度調整。
主翼はいじれない構造なので、水平尾翼にスペーサー(今回接着剤の箱の厚紙使用)で主翼との平行度あわせ。(フォト)
カーボンパイプを仕込む構造ながら、水平尾翼を支える胴体が柔らかい為グラグラと心許ない・・・
そこでビス止めに加え、この際スーパーXで固定してしまいます。
d0202319_123181.jpg

3ウイング平行、ほぼ出せた様です。
そうなると、垂直尾翼は90°にならないのが残念。
こちらを犠牲にした方が癖は出ないでしょう。
d0202319_122336.jpg

前方から確認。
d0202319_122934.jpg

やっちまった!
付属ラダーホーン取り付けを、ビスでネジ切ってしまい失敗。
仕方なく、接着しかかっていたホーンを剥がし、手持ちのMKコピー的なホーンでやり直し。

発泡スチロールという強度性質上、2mm合板からベース板を切り出し、両側へサンドイッチ状にエポで接着、そしてホーンで挟む様に取り付けます。
昔、この様に補強してない発泡・バルサプランク動翼でエライ目に遭ってます。
(私の作ったパターン機じゃありませんが、エレベーターホーンが飛行中千切れて墜落。ビス・ナット
・ワッシャー型で接触面積の少ないホーン・・・)
d0202319_1214067.jpg

脚は簡単です。
出来上がってる脚部をプラ製の受けに差し込み、押さえのプラ部品をビス止めするだけです。
この辺りのプラパーツがランディングで割れるかどうか・・・ですね。
by doublerainbow116 | 2016-03-20 02:26 | F3A | Trackback | Comments(0)

JR RG612BX / 6セル3300mAh リポ

d0202319_8282213.jpg

オリンパスに搭載するレシーバーとバッテリー購入です。

RxはJRの新型DMSS長距離用6chで9g・長さ約4cm、テレメトリー・XBus対応のRG612BXです。
同軸ダイバシティアンテナタイプで、オプションでリモートアンテナが追加出来ます。
以前RG712BXをリモートアンテナ無しでApollo90に使用していましたが、特に問題は起こらなかったので、
多分大丈夫でしょう。

ケースはソフトケースです。

また、電動機用とは謳ってないので、エンジン機にもOK?(いずれテストします)
これのハードケースバージョンの様なのが出たので、どうでしょうか?
少なくとも、大型電動機でも大丈夫でしょう。

それが7000円弱で買えるようになったのですから、DSMJの頃よりだいぶ安くなりました。
d0202319_828462.jpg

キポンの6セル3300mAh。
6セルなんて初めてで、親電源(カー用品店で購入した3000円位の鉛)の能力が心配です。
by doublerainbow116 | 2016-03-13 08:55 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

F3A OLYMPUS(オリンパス)

d0202319_11492214.jpg

吹上大会(関東RCクラブ対抗戦)に間に合わせるべく、一旦はミニ エクセレンスで、と準備
始めるも、何か心許なく・・・。

そこで、ハッと気が付いたのが、70クラス電動機で殆ど完成のオリンパス購入という手が有ると。
発砲スチロール製、6セル仕様、ブラシレス・ESC・サーボ組み込み済み、これならさすがの私でも
素早く完成出来るでしょう。

スパン1400mm、全長1548mm。
大きめのカナライザーが付いて、何処となくセバスチャーノデザイン機に似ています。
後はバッテリーとレシーバーのみ用意でOK、ペラ・スピナー・完成している脚などの
付属品、充実しています。

FMS(China)製。
クラブ内お遊びパイロン大会で優勝した、私のP51 ストレガと同じメーカー(こちらはROC Hobby名義)。
ストレガは掛け値なしの高性能です。例えば、発泡翼でありながら、翼・動翼内にカーボンロッドで
強度が確保されており、実際の高速フライトで必要な強度と軽量化の度合いを理解している設計
するメーカーだなー、って感心していました。
d0202319_11485794.jpg

ブラシレスもこの様にセット済み。
d0202319_11483194.jpg

ウイングは左右からプラグインして、4ヶ所のビスで止める仕組み。
d0202319_11481196.jpg

サーボが既に組み込まれている。嬉しい!
d0202319_11474613.jpg

カナライザー、スタビライザー、ラダーなど。
d0202319_11472435.jpg

完成している脚部分、カーボンカンザシ(翼内受けはグラスファイバーチューブ)、
アルミ色したプラスピナー、翼端整流板、15x8ペラ、ほか。

これで吹上、私はナービスに挑戦です。(多分25年振りくらい)
飛行場フライトエリアの制約、スタント機はフルサイズしか現在所有していない・・・従いこの機体
を選択しました。
我々ウイングス、今年は参戦希望者が例年以上に多く、4チームで伺います。
補欠も一人スタンバッています。

FRCの皆さん、関東各クラブの皆さん、ジャッジの皆さん、お手柔らかに!
by doublerainbow116 | 2016-03-05 12:53 | F3A | Trackback(1) | Comments(2)