タグ:オリンパス ( 13 ) タグの人気記事

今日のウイングス 82

d0202319_1142360.jpg

やや風があるものの、穏やかなウイングス飛行場。

NZさんアキュラシーEP、初めて拝見・・・綺麗な機体です。
d0202319_11414065.jpg

KHさんエアウエーブ。
d0202319_11411540.jpg

一方、フライトショットはMTRさんエアウエーブ。
d0202319_11404329.jpg

同上。
d0202319_11401071.jpg

Holidayさんエチュードの脚、超超ジュラルミンからご自分で切り出しの自作品。
ちゃんと角が落とされています。
何本か失敗の末、完成したそうです。

d0202319_1139351.jpg

エチュード、テイクオフ。
d0202319_11383534.jpg

同機フライト。
d0202319_1138883.jpg

やっちまった!

この日4フライト目、ランディングしたオリンパスにキャノピー(バッテリー ハッチ)が付いてない!
どうもスナップロールした時何かが落ちた気はしたけど、フィルムでも剥がれたのかな、
トリムも変わらないし・・・と思い時間が来て降ろしたら、付いてない!

推測するに、リポを固定するプレートが柔らかく、更にマジックテープ止めが片側に寄っていた為、
Gのかかった時浮いたリポによって、ゴム止め補強したにもかかわらずキャノピーを突き上げて
しまったのかな?

クラブメンバーの協力も頂き、河原を長時間探しても見つかりません。
みなさんの帰った後、クルマにキーをかけて再び探しに出かけるも、日没の闇が迫ってくる・・・

諦めて家に帰り、ネット検索したら、中国のネット通販店にパーツとしてあります。
アリババ・・・日本で言う楽天の様な流通。オーダーしました。
これで大丈夫!
by doublerainbow116 | 2017-03-12 12:25 | F3A | Comments(2)

New チャージャー導入

d0202319_21552967.jpg

ホビーネット ブランド チャージャー、300W・20A購入。
6セルでも計算上10Aは流せる・・・25.2V x 10A =252W・・・親電源次第だとは思いますが。
・・・これまで使って来た200Wチャージャー力不足?を予測しての機種変更です。
d0202319_21545544.jpg

1~6 各セルV表示。
各セル 抵抗値測定機能付。
d0202319_2154577.jpg

さて、フィールドで5100mAhリポにて初フライト。
チャージャーも初使用、様子見で8A(約1.6C)流してみます。

更に、親用 鉛バッテリー Panasonic CAOS 追加購入で、フライト数確保。
チャージングタイムが気のせいか速い・・・親電源・チャージャー・リポ、全て新品の為、
どれが寄与しているかは不明。


d0202319_215335100.jpg

電動機先輩から、新しいリポの慣らしとして、フル近くまで使い切らない所から始めると良い、
とのアドバイスを受け、7割方を予測し、タイマーを6分にセットします。

パターンの一部やって見ましたが、天気予報を覆す強風。
翻弄されながらの5~6分間・・・でも、これも気のせいか、3300の時よりロールレートが速くなっている(パワー出ている)ような気がします。
d0202319_2153757.jpg

今回、新規導入品、買い込んだ勢いで、Txバッテリー総リチウム系化計画として、
JR X388SをLi-Feに交換です。
これで、稼働するTx 4台、全てLi-IonかLi-Feになりました。

元がバッテリーケースをバネ接点で受けるタイプなので、裏からコネクター・リード線をハンダ付け。
d0202319_21524185.jpg

バランス チャージ中。
ニッカド用チャージング・ソケットを、間違えないようにテープで塞ぎます。
by doublerainbow116 | 2016-11-06 23:08 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

Li-Po 6セル 5100mAh

d0202319_22322163.jpg

前回の記事で4500か5100?って・・・リポの容量ですが、迷っていたところ、飛行場にて
5セル・6セルのBクラス機でもF3Aをやってる方に相談してみたら、P-17やるんだったら、
5000以上無ければ・・・と言うことで結論です。

これ迄、買って失敗の無かったキポンを選びます。

プラグ付いてない!
(大電流接点)ハンダ付け自信無いですが・・・

大型リポになると、皆さんからあまり推薦されないウルトラプラグ(ディーンズタイプ)、
私はコレに統一してる故、コレで通します。
(接触面積が狭い為大電流に弱いそう、でも今の所それを感じません)
d0202319_22315922.jpg

シュリンクチューブ被せて完成。

購入したリポの、重量・3ディメンション・・・
720g / 155mm x 47mm(ヨコ) x 46mm(タテ)

通販店Aで発表されているデータ・・・
750g / 157 x 49 x 52

通販店Bで発表されているデータ・・・
715g / 155 x 48 x 46

個体差も有るでしょうが、マイナーチェンジによって重量・サイズ共進化している様です。
d0202319_22313979.jpg

オリンパスへ全く加工無しで搭載出来ます。
重心合わせとして、バッテリートレーを後退させただけ。

3300より220gの重量増。
さて、フライト時間延長と飛びの具合、どうなるか楽しみ。
by doublerainbow116 | 2016-10-31 23:02 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

OLYMPUS 調整フライト

d0202319_21242024.jpg

やっとベイシックな癖が取れてきたオリンパス。
(OLYMPUS 再セッティング 参照)
これでパターンフライトの練習に入れます・・・と言っても3300mAh(6セル)バッテリーでは
フライト時間5分やっとなのが、もどかしい!でもパワーは充分。

昇り降りの直線出てきたので、今日は改めて、ループとナイフエッジの様子から見てみる事に
します。

フォトをTMさんにご協力頂きました。
d0202319_21235170.jpg

タキシング。
d0202319_2123065.jpg

テイクオフ。
d0202319_21222724.jpg

お恥ずかしい、よれてしまった。
d0202319_21215065.jpg
d0202319_21211614.jpg
d0202319_21203662.jpg

左下写るは鳥かUFOか?
d0202319_2120558.jpg

d0202319_21193335.jpg

d0202319_2119826.jpg

ランディング アプローチ。

3フライトの結果、設定したスナップロール舵角、丁度良さそう、
上昇右ロール連続で僅か右へ寄れて行く(エルロン デファレンシャル必要?)、
ラダー → エレベータ & エルロン ミキシングで、 左右ナイフエッジ ほぼOKに、
正宙・逆宙、初期設定のまま、ほぼOK (しかし鈍感に感じ、エレベータ舵角はかなり増やしてます)・・・などなど。

次に買うリポバッテリー、4500mAhにしようか、いっそ5100mAhにすべきか、
迷います。
(重量増加とフライト時間とフライト性能の、メリット・デメリットが読めない)

by doublerainbow116 | 2016-10-23 22:06 | F3A | Comments(0)

今日のウイングス 74

d0202319_22392950.jpg

前日とは打って変わった晴天に恵まれた為か、13名出勤。
順番ひと回り1時間半以上!

でも待ち時間中は、新規導入パーツ自慢・性能評価、ラジコン業界うわさ話・・・花が咲きます。
ここから得られる情報・製作調整テクニックって結構有るものです。
d0202319_22382458.jpg

OKNさんミッドレックス。
YS DZ160がオーバーホール後復調、心地良い音で索いてます。
d0202319_2237323.jpg

YKOさんラブリーED。
現行パターン練習で十分役立っていますね。
d0202319_2237491.jpg

KHさんギャラクティック・モーター部。
Futabaの110クラス用がトルクフル。
d0202319_22362930.jpg

TMRさんZen。
固定脚へ改造、YS FZ110搭載。
快調に飛び始めています。
d0202319_2236164.jpg

WDさんスカイリーフ。
本当に基本性能の良い機体です。(ちょっと華奢ですけどねー)
d0202319_22352820.jpg

IGRSさんアシュラーと、追尾する鳥かUFO。
d0202319_2235419.jpg

オリンパス再セッティングの記事にて、計測で割り出したラダー位置。
これでニュートラルが出るのかテスト・・・
上手く行った様・・・
水平・登り・降りとも真っ直ぐ飛んでる感じです。
d0202319_22342223.jpg

6セルリポをワンパックしか持って無い私でも、順番待ちの間の充電で間に合う、
穏やかな1日でした。

by doublerainbow116 | 2016-10-02 23:28 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

OLYMPUS 再セッティング

d0202319_225421.jpg

胴体のねじれが起因と予測はしていたものの、「昇り・降り・水平飛行」直進の辻褄がどうしても合わず、
スロットル→ラダー ミキシングなどを試みるも直らず、ずっと迷っていました。
そこで、原因から直そうと思い立ち、改めて計測の後、修正の為には胴体に切れ目を入れる覚悟で臨むも、主翼・水平尾翼の測定関係・・・
意外にも、ほぼ問題なしレベル。
d0202319_2242427.jpg

ならば、ラダー後端・垂直尾翼上端と主翼の関係、計測。

d0202319_2235920.jpg

上のフォト・左右計測からニュートラル出すと、ラダーはこの位置。
胴体(垂直尾翼)がノーズからテールにかけて、かなり右へ反っているので、
S字状態に。
・・・垂直尾翼とラダー位置で差し引きニュートラルを出せるのかどうか?分かりませんが。

さて、これで如何に
d0202319_2231981.jpg

ついでに、各舵角揃っているか、再チェック。
d0202319_2223291.jpg

これまで掛けていた、クセ修正の為のスロットルHiの方でラダーちょっと右・ミキシング・・・外して、
セッティング最初からやり直してみます。

癖を克服してやろう・・・と言うより意地ですね。
(でもそろそろ諦めないと時間の無駄?)

by doublerainbow116 | 2016-08-01 22:46 | F3A | Comments(0)

インシデンス チェック

d0202319_224112.jpg

オリンパスの癖、特にナイフエッジ・アップ癖がエレベーターニュートラルがかなり
アップ側に収まってる所為か・・・と疑い、主翼・水平尾翼・カナライザーのインシデンスを
チェックしてみます。

頂いたまま使った事のなかったインシデンスメーター、HANGER 9 Angle Pro。
先ず、主翼をゼロにセット。

その前に、バッテリー切れ・交換をした場合キャリブレーションせよ、と取説にあったので、
0° 90° 180° 270°と本体を廻しながら4ポイントをリキャリブレートしました。
d0202319_2234422.jpg

次に、水平尾翼。
−00.9°・・・主翼に対して −0.9°の迎角。
d0202319_2232464.jpg

次にカナライザー。
−01.0°・・・主翼に対して −1.0°の迎角。

構造上、主翼・水平尾翼はいじれないので、カナライザーを0°にする所から
始めて見ます。
d0202319_223133.jpg

使用電池が厄介で、11Aという規格の6Vアルカリバッテリー、そこらでは売ってません。
通販で香港から取り寄せ、やっと届いたら今度はサイズ的誤差でバッテリー受けに入らない!
受けを削って何とか収まった!
by doublerainbow116 | 2016-06-05 22:47 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

今日のウイングス 65

d0202319_2222148.jpg

Kuriさんスカイリーフ。
4セルでストレス無しに良く飛んでいます。
小型・安価でありながら飛ばし易い・・・観ていて分かります!

d0202319_22214438.jpg

背面が綺麗にキマッた瞬間。
ナービス〜スポーツマン演技は充分にこなせそうです。
d0202319_2221888.jpg

スカイリーフ。
d0202319_22204932.jpg

晴天微風、高い出勤率。
手前、mowさんインフィニティー。
DZ160が相変わらず好調、十分牽いています。
d0202319_22203229.jpg

オリンパスに境界層板装着。直進性上がった感、有ります。
失速特性・・・良く判りません。
スチロール板から切り出し製作。

ミキシングによって癖取り、進展してはいますが、次に、各翼インシデンス・チェックから
やり直して見ます。
どうも、カナライザーが怪しい。
by doublerainbow116 | 2016-05-15 22:57 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

OLYMPUS 初飛行

d0202319_23243930.jpg

オリンパス初飛行です!
これまで4セルが最大電圧、電動6セル機は初めてなので様子が分からず、クラブの
電動諸先輩が頼り。
この機体、既に初飛行を済ませたKHRさんからの情報によると、6セルはパワーあり過ぎるので、
スロットル85%に抑えたら飛ばし易くなった・・・同じ様にTxスロットルカーブでセーブします。

いざ発進、空には浮きましたが、殆どコントロール出来ない迷走飛行。
こういう時、皆が集まって来て、色々アドバイスやトリムをいじってくれたり・・・
私はスティックでコントロールを保つので精一杯状態・・・有り難いものです。

なんとか無事に着陸出来ましたが、さて何だろう?
d0202319_23232749.jpg

このピッチ軸の不安定さは後ろ重心が原因だろうと考え、バッテリートレイを少々前に出し、
再び空へ。
ちょっとは良くなったものの、まだ不安定。
方向・高低が定まらずフラフラ彷徨っている・・・
d0202319_23221655.jpg

持参したトリセツ、重心の項目を読み直して愕然!
主翼前縁から185mmと書いてあったので、その通りに重心合わせていたが、185mmって殆ど
翼根の真ん中です。
図の中、それより遥か前に重心位置を示すラインが引いてある。
更に、翼形からざっと重心30〜33%辺りを割り出しても、明らかに185mmは間違い

前縁から165mmあたりが飛ばしてみての正解です。

そこで、バッテリートレイを可能な限り前に出します(初飛行時から約13cm前進)。

d0202319_23204260.jpg

今度はちゃんと飛びました。
未だ癖取りまでは行ってませんが、シッカリ、スタント機らしく飛ぶ様になりました。
メデタシ・メデタシ。

by doublerainbow116 | 2016-04-03 00:17 | F3A | Comments(2)

OLYMPUS 組立て・リンケージ ②

d0202319_0533480.jpg

ブラシレス・モーターは既に取付け済。
取付けビスの締め確認と、ドライブワッシャーとスピンナープレートを兼ねたパーツを
カウル装着後、Hex加工されたシャフトに嵌め込んで、ノーズ部分ほぼ終了。
ここの構造、なかなか良く出来ています。
d0202319_0531354.jpg

下が付属品の15x8ペラ。
上は購入したAPC15x8E。
約同じですね〜。

d0202319_0523543.jpg

積み込んだバッテリーとレシーバー。
重心合わせでバッテリー・トレイをスライド出来るよう、レールが仕込まれている。

d0202319_0521868.jpg

リンケージロッドはボールリンク。

プラ製チップへ1.8mmロッドねじ込みがユルユルなので、シリコンテープを巻き付けながらやり直しました。
d0202319_0515439.jpg

翼端整流板の接着が乾けば、組立てリンケージ終了です。
あとは重心合わせ、舵角設定、左右バランス調整など残すのみ。

ところで、プラ製スピンナー。
近くからでもアルミに見えてしまう・・・切り欠き加工の削られた粉を見れば、或いは
手に持つ軽さでそれと分かりますが、近頃ホント良く出来てる。
実車などで益々構成比率の増えてる、金属に見せかけたプラスティック・パーツのようですね。
(その為、最近のクルマは燃え始めたらよく燃えるって聞きます)
by doublerainbow116 | 2016-03-27 01:30 | F3A | Comments(0)