タグ:オリンパス ( 16 ) タグの人気記事

今日のウイングス 96

d0202319_19475067.jpg

MTRさん新規導入サクセス、テイク・オフ。
d0202319_19472937.jpg

同機フライト。
d0202319_1947647.jpg

同機、初期セッティングに電動機経験の深いHolydayさんや皆が協力惜しまず。
d0202319_19464229.jpg

午後からはちょっと曇り始め風も出てくるも、穏やかで晴れの飛行日和です。
d0202319_19461567.jpg

YKOさん、板ゼクー。
2年毎、シーズン終り一時期だけ登場。
d0202319_19454490.jpg

オリンパス、ヒンジ修理後、問題無くフライト出来てます。
(OKモデルのペーパーヒンジ大をテトラの発泡スチロール用瞬間・硬化剤で接着
・・・テトラ製が、粘度低く浸透し易い)
パワー的には以前と変わらず挽いてますが、降ろしてから6Sバッテリー・バランスチェックすると、
かなりバラツキが。
何故だろう?

by doublerainbow116 | 2017-12-16 20:02 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

オリンパスで P-19

d0202319_20503189.jpeg
久し振りのオリンパス、フル通しでは無く約前半ですがP-19、やってみると、思っていた以上に機体性能として対応できる様です。
例えば、中速で底辺をハーフロールで過ぎた後、プッシュで135度立ち上げパワーかけ・2/4ポイントロール・・・機体が軽く、
そこそこ力は有るので今日の様な強風時でもある程度形になります(相変わらず下手ですが!)。

オリンパスってセバスチャーノ機のコピーですが、元設計が良く出来ているせいか、
イマドキの一連の機体のように、演技に対応できてる事感じます。
(一回りサイズダウンされてる)
ナイフエッジが機速中程度でも良く浮く・パワー掛ければ助走無しで登っていく・パワー抑えたら降りの機速下がる・スナップも入り易い・・・

d0202319_20512868.jpeg
d0202319_20505612.jpeg
片づけ機体を拭いている時発見。
1/3ほどエルロンのヒンジ代わりシートが切れている。
この機体、ヒンジが無く発砲に被る表皮の様なものがその代わりをしている。
危ないところだった、エルロン外れたらフラッター~墜落だったかも。

(昔の嫌な思い出、いただいた機体、私の初飛行でエルロンフラッター・・・ブ~ンからパアーンの爆発音~墜落を経験,
機体回収し、外れたエルロンのヒンジ取り付けを見ると、ナイロン・ヒンジへピンが打ってない組み立て手抜きが原因と判明・・・
私が、ENYA仕様だった機体にYS60を付けてフルスロットル・ダイブしたのもいけなかったのですが)
d0202319_20500696.jpeg
ハイペリオンのEOSチェッカー、新型です。
CELLボタンとMODEボタン位置が入れ替わってますね。
d0202319_20492706.jpeg
バランス機能、ストア放電機能が追加。
一方ニッカド・ニッケル水素インプットはJST小型端子に変更。
また、バランス・ピン端子が、JSTかハイペリオン新タイプのみ対応となっているようです。
(手持ちのハイペリオン旧タイプ・3セルリポのバランス端子は不適合でした、変換アダプター必要)


by doublerainbow116 | 2017-12-10 21:43 | F3A | Trackback | Comments(0)

OLYMPUS 熱対策

d0202319_23524373.jpg

熱対策の前に、ペラ締めで馬鹿力を掛けてしまったせいか、ナットが斜めに固まってスタック、
どうしようもなくなり隙間から何とかプロペラマウントのシャフトを切断・・・
アルミシャフトだから可能、家で作業してきました。

予備の、新ロットらしきプロペラマウント&ナット・・・ナット外径12mmから13mmへ変更されている・・・装着。

スピンナープレート位置が1mm程前へ出ました。
これまで擦りそうだったのが改良。
d0202319_23522282.jpg

このところ、気温上昇の季節に差し掛かり、何となくパワー落ちを感じ、原因はバッテリー?
モーター加熱?判りませんが試しに通風をいじってみます。

三角のカウル導入口から入った外気がモーターへ更に当たるよう、
発泡材で角度を付けてみます。入射角・反射角 で当たるはず・・・

d0202319_23515673.jpg

胴体中を通った空気の出口は十分あるようにも見えますが・・・
d0202319_23512772.jpg

バッテリーを積むと、空気の通れる道は殆ど有りません。
そこで、バッテリーより前の位置である、キャノピーの発泡スチロール部分に穴を開け、プラ板で排出口として整形します。
d0202319_2351188.jpg

ランディング直後、42.6度は上出来。
フライトのパワー、良くなった感有ります!
(いじった効果かどうか確信有りませんが・・・)
d0202319_23503548.jpg

Mさんからの提言もあって、消火器持ち歩く事にしました。
赤いヤツも買いましたよ。

by doublerainbow116 | 2017-05-28 00:48 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス 82

d0202319_1142360.jpg

やや風があるものの、穏やかなウイングス飛行場。

NZさんアキュラシーEP、初めて拝見・・・綺麗な機体です。
d0202319_11414065.jpg

KHさんエアウエーブ。
d0202319_11411540.jpg

一方、フライトショットはMTRさんエアウエーブ。
d0202319_11404329.jpg

同上。
d0202319_11401071.jpg

Holidayさんエチュードの脚、超超ジュラルミンからご自分で切り出しの自作品。
ちゃんと角が落とされています。
何本か失敗の末、完成したそうです。

d0202319_1139351.jpg

エチュード、テイクオフ。
d0202319_11383534.jpg

同機フライト。
d0202319_1138883.jpg

やっちまった!

この日4フライト目、ランディングしたオリンパスにキャノピー(バッテリー ハッチ)が付いてない!
どうもスナップロールした時何かが落ちた気はしたけど、フィルムでも剥がれたのかな、
トリムも変わらないし・・・と思い時間が来て降ろしたら、付いてない!

推測するに、リポを固定するプレートが柔らかく、更にマジックテープ止めが片側に寄っていた為、
Gのかかった時浮いたリポによって、ゴム止め補強したにもかかわらずキャノピーを突き上げて
しまったのかな?

クラブメンバーの協力も頂き、河原を長時間探しても見つかりません。
みなさんの帰った後、クルマにキーをかけて再び探しに出かけるも、日没の闇が迫ってくる・・・

諦めて家に帰り、ネット検索したら、中国のネット通販店にパーツとしてあります。
アリババ・・・日本で言う楽天の様な流通。オーダーしました。
これで大丈夫!
by doublerainbow116 | 2017-03-12 12:25 | F3A | Trackback | Comments(2)

New チャージャー導入

d0202319_21552967.jpg

ホビーネット ブランド チャージャー、300W・20A購入。
6セルでも計算上10Aは流せる・・・25.2V x 10A =252W・・・親電源次第だとは思いますが。
・・・これまで使って来た200Wチャージャー力不足?を予測しての機種変更です。
d0202319_21545544.jpg

1~6 各セルV表示。
各セル 抵抗値測定機能付。
d0202319_2154577.jpg

さて、フィールドで5100mAhリポにて初フライト。
チャージャーも初使用、様子見で8A(約1.6C)流してみます。

更に、親用 鉛バッテリー Panasonic CAOS 追加購入で、フライト数確保。
チャージングタイムが気のせいか速い・・・親電源・チャージャー・リポ、全て新品の為、
どれが寄与しているかは不明。


d0202319_215335100.jpg

電動機先輩から、新しいリポの慣らしとして、フル近くまで使い切らない所から始めると良い、
とのアドバイスを受け、7割方を予測し、タイマーを6分にセットします。

パターンの一部やって見ましたが、天気予報を覆す強風。
翻弄されながらの5~6分間・・・でも、これも気のせいか、3300の時よりロールレートが速くなっている(パワー出ている)ような気がします。
d0202319_2153757.jpg

今回、新規導入品、買い込んだ勢いで、Txバッテリー総リチウム系化計画として、
JR X388SをLi-Feに交換です。
これで、稼働するTx 4台、全てLi-IonかLi-Feになりました。

元がバッテリーケースをバネ接点で受けるタイプなので、裏からコネクター・リード線をハンダ付け。
d0202319_21524185.jpg

バランス チャージ中。
ニッカド用チャージング・ソケットを、間違えないようにテープで塞ぎます。
by doublerainbow116 | 2016-11-06 23:08 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

Li-Po 6セル 5100mAh

d0202319_22322163.jpg

前回の記事で4500か5100?って・・・リポの容量ですが、迷っていたところ、飛行場にて
5セル・6セルのBクラス機でもF3Aをやってる方に相談してみたら、P-17やるんだったら、
5000以上無ければ・・・と言うことで結論です。

これ迄、買って失敗の無かったキポンを選びます。

プラグ付いてない!
(大電流接点)ハンダ付け自信無いですが・・・

大型リポになると、皆さんからあまり推薦されないウルトラプラグ(ディーンズタイプ)、
私はコレに統一してる故、コレで通します。
(接触面積が狭い為大電流に弱いそう、でも今の所それを感じません)
d0202319_22315922.jpg

シュリンクチューブ被せて完成。

購入したリポの、重量・3ディメンション・・・
720g / 155mm x 47mm(ヨコ) x 46mm(タテ)

通販店Aで発表されているデータ・・・
750g / 157 x 49 x 52

通販店Bで発表されているデータ・・・
715g / 155 x 48 x 46

個体差も有るでしょうが、マイナーチェンジによって重量・サイズ共進化している様です。
d0202319_22313979.jpg

オリンパスへ全く加工無しで搭載出来ます。
重心合わせとして、バッテリートレーを後退させただけ。

3300より220gの重量増。
さて、フライト時間延長と飛びの具合、どうなるか楽しみ。
by doublerainbow116 | 2016-10-31 23:02 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

OLYMPUS 調整フライト

d0202319_21242024.jpg

やっとベイシックな癖が取れてきたオリンパス。
(OLYMPUS 再セッティング 参照)
これでパターンフライトの練習に入れます・・・と言っても3300mAh(6セル)バッテリーでは
フライト時間5分やっとなのが、もどかしい!でもパワーは充分。

昇り降りの直線出てきたので、今日は改めて、ループとナイフエッジの様子から見てみる事に
します。

フォトをTMさんにご協力頂きました。
d0202319_21235170.jpg

タキシング。
d0202319_2123065.jpg

テイクオフ。
d0202319_21222724.jpg

お恥ずかしい、よれてしまった。
d0202319_21215065.jpg
d0202319_21211614.jpg
d0202319_21203662.jpg

左下写るは鳥かUFOか?
d0202319_2120558.jpg

d0202319_21193335.jpg

d0202319_2119826.jpg

ランディング アプローチ。

3フライトの結果、設定したスナップロール舵角、丁度良さそう、
上昇右ロール連続で僅か右へ寄れて行く(エルロン デファレンシャル必要?)、
ラダー → エレベータ & エルロン ミキシングで、 左右ナイフエッジ ほぼOKに、
正宙・逆宙、初期設定のまま、ほぼOK (しかし鈍感に感じ、エレベータ舵角はかなり増やしてます)・・・などなど。

次に買うリポバッテリー、4500mAhにしようか、いっそ5100mAhにすべきか、
迷います。
(重量増加とフライト時間とフライト性能の、メリット・デメリットが読めない)

by doublerainbow116 | 2016-10-23 22:06 | F3A | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス 74

d0202319_22392950.jpg

前日とは打って変わった晴天に恵まれた為か、13名出勤。
順番ひと回り1時間半以上!

でも待ち時間中は、新規導入パーツ自慢・性能評価、ラジコン業界うわさ話・・・花が咲きます。
ここから得られる情報・製作調整テクニックって結構有るものです。
d0202319_22382458.jpg

OKNさんミッドレックス。
YS DZ160がオーバーホール後復調、心地良い音で索いてます。
d0202319_2237323.jpg

YKOさんラブリーED。
現行パターン練習で十分役立っていますね。
d0202319_2237491.jpg

KHさんギャラクティック・モーター部。
Futabaの110クラス用がトルクフル。
d0202319_22362930.jpg

TMRさんZen。
固定脚へ改造、YS FZ110搭載。
快調に飛び始めています。
d0202319_2236164.jpg

WDさんスカイリーフ。
本当に基本性能の良い機体です。(ちょっと華奢ですけどねー)
d0202319_22352820.jpg

IGRSさんアシュラーと、追尾する鳥かUFO。
d0202319_2235419.jpg

オリンパス再セッティングの記事にて、計測で割り出したラダー位置。
これでニュートラルが出るのかテスト・・・
上手く行った様・・・
水平・登り・降りとも真っ直ぐ飛んでる感じです。
d0202319_22342223.jpg

6セルリポをワンパックしか持って無い私でも、順番待ちの間の充電で間に合う、
穏やかな1日でした。

by doublerainbow116 | 2016-10-02 23:28 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

OLYMPUS 再セッティング

d0202319_225421.jpg

胴体のねじれが起因と予測はしていたものの、「昇り・降り・水平飛行」直進の辻褄がどうしても合わず、
スロットル→ラダー ミキシングなどを試みるも直らず、ずっと迷っていました。
そこで、原因から直そうと思い立ち、改めて計測の後、修正の為には胴体に切れ目を入れる覚悟で臨むも、主翼・水平尾翼の測定関係・・・
意外にも、ほぼ問題なしレベル。
d0202319_2242427.jpg

ならば、ラダー後端・垂直尾翼上端と主翼の関係、計測。

d0202319_2235920.jpg

上のフォト・左右計測からニュートラル出すと、ラダーはこの位置。
胴体(垂直尾翼)がノーズからテールにかけて、かなり右へ反っているので、
S字状態に。
・・・垂直尾翼とラダー位置で差し引きニュートラルを出せるのかどうか?分かりませんが。

さて、これで如何に
d0202319_2231981.jpg

ついでに、各舵角揃っているか、再チェック。
d0202319_2223291.jpg

これまで掛けていた、クセ修正の為のスロットルHiの方でラダーちょっと右・ミキシング・・・外して、
セッティング最初からやり直してみます。

癖を克服してやろう・・・と言うより意地ですね。
(でもそろそろ諦めないと時間の無駄?)

by doublerainbow116 | 2016-08-01 22:46 | F3A | Trackback | Comments(0)

インシデンス チェック

d0202319_224112.jpg

オリンパスの癖、特にナイフエッジ・アップ癖がエレベーターニュートラルがかなり
アップ側に収まってる所為か・・・と疑い、主翼・水平尾翼・カナライザーのインシデンスを
チェックしてみます。

頂いたまま使った事のなかったインシデンスメーター、HANGER 9 Angle Pro。
先ず、主翼をゼロにセット。

その前に、バッテリー切れ・交換をした場合キャリブレーションせよ、と取説にあったので、
0° 90° 180° 270°と本体を廻しながら4ポイントをリキャリブレートしました。
d0202319_2234422.jpg

次に、水平尾翼。
−00.9°・・・主翼に対して −0.9°の迎角。
d0202319_2232464.jpg

次にカナライザー。
−01.0°・・・主翼に対して −1.0°の迎角。

構造上、主翼・水平尾翼はいじれないので、カナライザーを0°にする所から
始めて見ます。
d0202319_223133.jpg

使用電池が厄介で、11Aという規格の6Vアルカリバッテリー、そこらでは売ってません。
通販で香港から取り寄せ、やっと届いたら今度はサイズ的誤差でバッテリー受けに入らない!
受けを削って何とか収まった!
by doublerainbow116 | 2016-06-05 22:47 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)