YAMAHA MSP 3

d0202319_16441911.jpg

相変わらず飛ばしに行ける余裕が無く、フラストレーションの溜まる毎日です。

ヤマハの小型パワード・スタジオモニター、MSP 3を業務上必要に迫られて購入。
これまで長い間、ボーズのスピーカーと自作A級メインアンプをモニターとして使用してきましたが、
さすが現代のフレケンシーのワイドレンジ化された音楽ソースに対応出来てない問題を痛感。

自分のリファレンス用として、レコーディングスタジオから持ち帰ったCD-R等のチェックに使用。
流石モニターと銘打っているだけあって、低域から高域へのウーハー・ツイッターのつながり
がスムーズで、各楽器・歌の音色・エコー量・定位が判りやすい、大変優れたモニターです。
(重低域は聞こえないので、それは割り切るしかありません)
d0202319_1644146.jpg

中にメインアンプ内蔵なので、XLR端子入力(+4dB)を使い、ミキサーのモニター出力とシールド線
でコネクトします。

横に見える丸型の物は、オーディオ テクニカ製・インシュレーター。
スピーカーの台として敷いて使用。
裏にソルボセインのゴムが張ってあり、スピーカーボックスの振動吸収により、
低域のコモリが無くなり、各楽器・ボーカルの定位がハッキリ・・・これも優れもの。
# by doublerainbow116 | 2016-02-04 17:27 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)

メーター考

d0202319_11294849.jpg

本業多忙で、飛ばしに行けない日々の続くこの頃です。

昔からの、典型的なコイルとバネと磁石で出来たアナログ・メーターに、
今でも不思議な魅力を感じています。
自分がアナログ人間だから、なのでしょうが、やっぱりこれでなくちゃ・・・
って郷愁なんでしょうかね。
針のレスポンスが遅い等の欠点は有りますが、針が動く事から得られる安心感でしょう。

まず、フェンダーの小型ギターアンプ、グレタ。
昔風にデザインされ、当然の様にメーターはアナログ。

d0202319_11292328.jpg

懐かしい、Futaba 8JN 送信機。
赤いボタンを押してる間、パワーメーターから、バッテリー電圧チェックに切り替わります。
d0202319_11285777.jpg

子供の頃から使っている、サンワのテスター。
スイッチの切り替えで、A V Ω など測定。一時期デジタル表示のを使ってましたが、
こちらの方が好きですね。
d0202319_1128292.jpg

珍品製作所製、ディレイ・プラグヒーター。
表示メーター針の「視覚的位置」で状況が分かるのは、アナログメーターの良いところ。
d0202319_1127537.jpg

Futabaバッテリーチェッカー。
円形棒グラフも表示されますが、結局これは数値を読んでいますね。
d0202319_11272130.jpg

オーディオミキサーのマスター・アウトプット表示、棒グラフ。
レスポンスが速い長所は有りますが、アナログメーターがズラッと並んだ、
ミキサー卓の方が、観ていて楽しいです。
(皆さんが、楽曲プロモーション映像のスタジオシーンで見かける、アレです)
d0202319_11262611.jpg

最近のオーディオ機器は、LEDランプ表示が主流。
コンプレッサーが音を圧縮した量をdB表示。

コスト、メーターの占めるスペースにより、こうなって来ます。
d0202319_11255214.jpg

ハードディスク・マルチレコーダーのレベル表示メーター。

一昔前の物ですが、特にバックライトの無い液晶は、淋しく味気ない!

d0202319_11252437.jpg

最近のプロポはメーターが無くなってしまいましたね。
もう必要ないって事でしょうが、僅かに小さくバッテリー電圧が、棒グラフとデジタルで
表示されます。
色付きインジケーターが、バッテリーの正常、電波のノーマル出力、チャージング状態等を監視する
ので、昔より合理的って事です。
# by doublerainbow116 | 2016-01-28 14:40 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)

YAMAHA THR10C

d0202319_20405052.jpg

このところ、スタジオに入ってレコーディング中です。
(新年初飛行会、行けなかった!)
今回、作曲・編曲から演奏までやっているので、前から気になっていたギターアンプ、
ヤマハのTHR10C購入しました。

小型ながら、なかなかの優れもの。
音量はありませんが(5w+5w)、ヤマハならではの綺麗な(悪く言えば個性のない)音です。
iPhoneなどからの外部inputも備えているので鳴らしてみると、
オーディオ・ステレオとしても十分。

横にあるエフェクターっぽいボックスは、ギターアンプ・シュミレーター。
ギターアンプを使わず、ダイレクト・ライン録音の場合使っています。
アウトプットに、ローインピーダンス変換・XLR端子(キャノン端子)が有るので、
S/N(シグナル・ノイズ比)的に有利です。
# by doublerainbow116 | 2016-01-11 21:18 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)

今日のウイングス 61

d0202319_19414358.jpg

今年初フライトです。
来週のクラブ内新年初飛行会を一週間後迎えるにあたり、指定点及び指定タイムに、
P-17から4つの必須演技を加えた競技の練習・・・
今持っているスタント機はフルサイズだけなので、このスポーツ機・コマンダーで臨みます。

舵角増やしても、安定し過ぎと舵面不足でスナップロール入りにくい機体ですが、
背面からなら入るので、これで良しとします。
ナイフエッジ、こんなにダウン癖あったっけ?
という感じで、まだまだ上空演技できるところまで行ってませんね〜。
d0202319_19405864.jpg

YKさん、ディアレストにエンジンから換装・新装着、50プロダクト製モーターユニット。
ハッカーC50モーター使用。
YSマウント互換。
d0202319_19393976.jpg

MTRさんニュー、アリエス セブン(フルサイズ)。
d0202319_1939461.jpg

同機に装着、ベルウッドモーターユニット。
ケイテック製マウント、YSマウント互換。
d0202319_19383381.jpg

ゲストHSMさんとKHさんアルテア、YS FZ115S搭載。
# by doublerainbow116 | 2016-01-04 20:22 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

ボーイング787-9 組み立て

ボーイング787-9 組み立て

ショーンから面白いよ、とリンク貼られたメールが届きました。
ボーイング787の最新モデル、787-9の組み立て工程が速廻しで紹介されてます。
(10型は未だ飛んでないですよね?)
興味深い映像なので、御紹介します。

70%近くを外注(日本では三菱・川崎・富士重工が受注)。
エンジンはGEかRRを選択可。
259座席。

747改造・専用運搬機がチラッと映ります。
これで世界各国の外注先から主翼や胴体を運び込むのですから、規模デカイです。

ところで、8型の時起こった、バッテリー発火問題解決したのかな?
(リチウム系への切り替えで起こる問題、ラジコン界と同じ?・・・Sanyo/Panasonicに
しておけばよかったのに)


明けましておめでとうございます。 2016 !!
今年も宜しくお願いします。

# by doublerainbow116 | 2015-12-31 19:21 | 飛行機 | Comments(0)

GRETSCH Pro Jet

d0202319_1217677.jpg

このところ、年末に向かって仕事が立て込み、思う様に飛ばしに行けない状況が
続くウップンばらしなのか、数年前ニコタマへ食事に行った帰りのエレガットギター
衝動買いと同じパターンが勃発!

あの時と同じ様に、ライズへ妻と食事に行った帰り、島村楽器へ弦を買うため立寄ったところ、
天井近い壁にフックされている、黒のグレッチにふと目が止まる。

ちょっと弾いてみて良いですか?
あぁ、勿論どうぞ、どうぞ、弾いてみてください!

いじって気に入ったら最期です。
ペットショップで、仔猫や仔犬を抱かせてもらうと大抵買う羽目になる、と言われてるのと
同じですね〜。
購入!

グレッチ・エレクトロマチック・ Pro Jet。
エレマチと俗に呼ばれる、近年出来たチャイナメイドの廉価版シリーズ。
(これまでの高級版シリーズは日本で作られてるそうです)

ジョージハリソンがデビュー前からファーストアルバムの頃使っていた、Duo Jetに似ているので
私はそれだけでも満足!
更に、弾いてみたら思いの外、ネックの握り心地良い・Filter Tronピックアップがこれまでの
ペチペチした音の先入観とは違う音・・・

専門家に言わせると、「エレマチはグレッチとは言えない」そうですが、私は弾いてみたら
気に入ってしまった。
チャンバードボディーと呼ばれる、重くなりすぎたソリッドボディーに空洞空けで軽量化
されたタイプ(最近のレスポールもそう)、と言ってもかなり重いです。
・・・良質な木材の入手難から重い材になってきたそうです。

ネック材/メイプル、フィンガーボード/ローズウッド。
スケール/ギブソンスケール(24 3/4インチ)。
# by doublerainbow116 | 2015-12-19 13:26 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(4)

ショーンのカリフォルニア便り K-Factor

d0202319_1024196.jpg

ショーンが編集スタッフを勤める、USのF3A特化ウエブマガジン、K-Factorの12月号表紙。
ニシオカ製ステイタスがカバーフォトです。

「Nishioka-sanに宜しく伝えておいて」って言ってますから、知ってるんだ!
昔、ナルケホビーからスーパーアリエス購入の時は私が間に入って、細かい特注事項
(水平尾翼・翼形変更)など、図面付きで渡したりでした。

この人の緻密・律儀さは、平均的アメリカ人っぽくないですね。
ルクセンブルクからの移民ですから、人種的にはドイツ系に近いんでしょうね。
(ドイツの大学出身)

d0202319_10225853.jpg

彼の書いた製作記事。
3Dプリンター購入し、2.4Gアンテナホルダー作った、とあります。
ビギナーとして先ずこういうのからやってみた様です。
やや!JRのロゴ入れてある。
# by doublerainbow116 | 2015-12-15 10:57 | F3A | Comments(0)

P-17・リボン図

IGRSさん作図、P-17 リボン図がモーリスホビーさんのブログに掲載されています。

斜め深い角度から立体的に構図取りしているところなんざぁ、お見事!
見易いです。
了解いただいて、リンク貼らせていただきました。

モーリスホビー・ブログ

右風pdf

左風pdf
# by doublerainbow116 | 2015-12-08 00:32 | F3A | Comments(0)

今日のウィングス 60

d0202319_20454632.jpg

YKOさんのニュー、スーパー・アキュラシー70、YS DZ70cdi搭載。
先ずは慣らしから。
d0202319_20434098.jpg

こんな小さなアルテシア、有ったんだ。
TMさん、3セル。
d0202319_20413960.jpg

ニュアンス、Holidayさん。
d0202319_20384917.jpg

ミス ウインドS 50E、IGRSさん。
皆さんP-17練習しています。
d0202319_20355280.jpg

まさかこれがApollo 90最期の勇姿になるとは、思ってもいませんでした。
d0202319_20335164.jpg

やっちまった!
シックスサイデッドループ、下の背面からのワンロールで打ち間違い。
エレベータ・プルであっという間に地面へ。

機体捜索・回収、クラブの皆さんありがとうございました。

Apollo 90、700フライトありがとう。
安くてよく飛ぶ機体でした。
# by doublerainbow116 | 2015-11-29 21:17 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

今日のウイングス 59

d0202319_20543325.jpg

皆P-17の練習を始めたので、中には弱気に(私がそうですが)、この時期Bクラス機、
Cクラス機、増えます。
夕方ともなると、10人を越えていたメンバーは徐々に引き上げ、ピットに積もる落ち葉の絨毯が
冬の到来を告げる・・・今日この頃。

d0202319_20485918.jpg

遠くから見たら、いつものアイオロスかと思いきや、YKOさんのニュー、アシュラー。
赤いエンジンヘッド・カバー(YS DZ175cdi)がフェラーリの様な雰囲気を醸し出す・・・

初フライトでノートリムだったそうで、セカンドハンドとは言え、正確な造りと
コンディションの良い機体、ゲットですね。
d0202319_2047218.jpg

とうとう、マフラーのアウターパイプ、千切れる!
1500フライトしたハットリ90クラス用。
ぶつけて・曲げて・グイグイ戻した割に、よく持った・・・とも言えます。

そこで、マフラー工房90クラス用購入。
フォトのように全く互換性が有ります。
後ろのチャンバー・キャパ大きい、従って容量ちょっと大きい、このお陰か、
これまでと音色が少々違う印象です。
ピッチ(音程)少し下がって、穏やかになったかな?

d0202319_2046346.jpg

付属品のアルミ・マウント、ジュラコンダンパー。
# by doublerainbow116 | 2015-11-22 21:40 | F3A | Comments(0)

メビウス

d0202319_08498.jpg

デュプレックスに続き、TKMさんから嫁入り、メビウス。

TRS設計・製作のこれまた逸品、私にとっては恐れ多い機体。
側面積・胴体太さが過去最大級、「とても大きい」が第一印象。
以前、触らせてもらった事有ります・・・スロットル上げても水平飛行がスピードに乗らない、
降りはブレーキが効いてる、つまり形状による等速感がキャラクターの印象でした。

価値ある飛行機、大事に飛ばさせていただきます。
d0202319_075272.jpg

YS DZ170。
d0202319_064895.jpg

つばさ工房のヒート君が付いてますね。

エンジンスタートは、ボタンを押すととディレーでプラグヒート。
更にスロットル・スローの好みの位置(フライト中調整可能)でヒート。
電源はRx用バッテリーと共用。

Txの機体データ、同じJR DSX9 同士・・・
コード繋いで、コピーさせて貰いました。
# by doublerainbow116 | 2015-11-17 00:53 | F3A | Comments(2)

今日のウイングス 58

d0202319_11532412.jpg

明日の検定会7人受検を控え、最後の仕上げ・・・皆、気合入ってます。
YKOさんアイオロス・ナイフエッジ。
最近搭載された、二代目YS FZ175Sは初代に比べパワーある様に感じる・・・
個体差か内部改良マイナーチェンジ?

d0202319_11524553.jpg

OKNさんミッドレックス・ナイフエッジ。
仲間が演技の様子、エンジンの調子を見守ります。
d0202319_11515483.jpg

ここから先週のウイングス。

Rx搭載は、アンテナ2本なので、xyz3軸ある内、どの2軸を選ぶか選択に迷いました。
取り敢えず、これで問題無さそう。(RG712BX)
d0202319_11512100.jpg

パターン機の合間、エンジンテスト場で3セルヘリのTMさん。
d0202319_1150931.jpg

左が本物、MRさんのローザ製機体スタンド。
右がそれをパクったHolidayさん、自ら名付けてドーダ。

たたむとコンパクト、いずれも優れもの。
電動機のフライヤーはこういうスタンドが便利ですね。
d0202319_11461078.jpg

余談ですが、帰り道、我が愛車ボルボV70、走行ジャスト10万キロ。
それでどうだって事は無いのですが、何故か嬉しくなってショット。

若い頃は年間2.5万キロ走ってました。4年で達する走行距離でしたね〜、今は7年。
# by doublerainbow116 | 2015-11-08 12:26 | ラジコン飛行機 | Comments(2)