今日のウイングス 78

d0202319_2250684.jpg

晴天無風なれど、出勤5人と少な目のウイングス飛行場。
7 フライト済みのメンバーが3時頃には引き揚げて行きます。

Holidayさん、新作・エチュード、飛び始めました。
FJIさん機でも感じた、軽量・大側面積形状胴体の恩恵による?浮かぶように
気持ち良くスムーズなフライトを感じ取れます。
d0202319_22493478.jpg

オリジナル・エアー抜き穴。
d0202319_2248209.jpg

Q80モーターの直径でも装着可。
d0202319_22475390.jpg

同 フライト中。
d0202319_22473126.jpg

YKOさんアシュラー (YS DZ175 cdi)。
エンジン絶好調で、稼働率高いフライト続いてます。
d0202319_2247579.jpg

今日は、5100mAhのバッテリーで4フライト。
d0202319_22462959.jpg

SMZさんパッション。
OSベルトダウン モーターでいつも快調。
# by doublerainbow116 | 2016-12-25 23:30 | F3A | Comments(0)

マンタ2 組立て・リンケージ ②

d0202319_1192338.jpg

主翼取付け補強板を先ず仮止め(瞬間・四隅へポイント)、次に主翼貫通穴開け後、
胴体側・受けのブラインドナットとの角度を探り、決まったら3mm強の穴に
広げます。
d0202319_119355.jpg

ビスを締込み、主翼・胴体が角度良く、隙間 ガタ無しで取り付けられていたら、一旦ビスを外し
穴に瞬間を流し込みこれを穴角度決定とする。
d0202319_1183764.jpg

マークした補強板位置に、今度はエポで接着。(穴に流れ込んだエポを除去しつつ)
d0202319_1181153.jpg

ベリーパンを接着する主翼フィルム部分を1ミリ内側寄りで剥がす。
d0202319_1165630.jpg

胴体・ベリーパンの関係が前後1mmほどずつ空く位置になるよう、当たる箇所を修正後、
エポで接着。
d0202319_1162045.jpg

タンクの組み立て。
K&SやIMのタンク以外は久しぶりなので、慎重になります。
付属のニューム管、曲げようとすると潰れてしまいます。(下手ですね〜)
そこで、買い置きのIM製を使ってみると、柔らかくてスムーズにブリーザー側の曲げが
出来ました。
d0202319_1155039.jpg

念のため、燃料漏れ防止としてゴム部分にシリコンを塗ってからタッピングビスを締め込み、
キャップ部分の取り付け。

どのぐらいの力で締め込むのか、通常は説明書に表記されてませんが、私はペンチを用いて
これぐらい目一杯締めます。
昔初心者の頃、某メーカー製の取説に、あまり強く締めないように、と書かれていたので、
私を含め多くの人が燃料漏れを起こしていました。
「あまり強くなく」「そこそこに」などの表現は人によっての受け止め方が違うので、説明って難しいものです。

# by doublerainbow116 | 2016-12-18 02:12 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

マンタ2 組立て・リンケージ ①

d0202319_12551486.jpg

マンタ2の組み立て・リンケージ開始です。

先ずは、瞬間接着剤(シアノアクリレート)の1番柔らかいタイプ(低粘度)を用意。
ペーパーヒンジの取り付けには色々な流儀が有りますが、一つの方法です。
ヒンジの位置を、主翼・エルロン両側スリットとの関係から決めたら、ヒンジ中央に鉛筆で印した
ラインまで挿入(今回のOKモデル製はピン穴でマーキングされている)。

そして、ヒンジが動かないようポイントで瞬間を左右端に垂らす。
ヒンジ中央・スリットの位置を、油性マーカーにてエルロンへマーク。

d0202319_12545052.jpg

エルロンを主翼に取り付け、先ほど付けたマークの位置から、細ノズルを使って瞬間を十分
流し込む。

10分程経ったら、動きが硬くなってるエルロンをしごいて取り付け完了。
d0202319_12542212.jpg

使用するサーボに合わせて、主翼プランク材とサーボマウントを拡げます。
(切り口が雑な工作で恥ずかしい!)
d0202319_12535341.jpg

主翼接合カンザシを入れて左右を接着。
これも私の長年行ってきた方法ですが、(昔、デジコン・シグマの組み立て説明に記されていた?)エポで接着・
テープで仮止め後、乾くまで重力の力を借りて待ちます。

d0202319_12532118.jpg
d0202319_12525683.jpg

同時にダウエルも取り付け。
d0202319_12523393.jpg

主翼上反角は、ヒンジラインに張った糸がセンターで10mmに、と指示されていたので、
仮組み時にチェックした通り、接着後も10mmに収まっています。
# by doublerainbow116 | 2016-12-04 14:00 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

今日のウイングス 77

d0202319_21462160.jpg

良い天気です・・・
その割には、出勤者少な目・・・寒さがこたえる?かな。
d0202319_2146110.jpg

YKさん、ディアレスト電動 垂直上昇中。(画面 右上)
d0202319_21453753.jpg

同じくディアレスト。
d0202319_214518100.jpg

HolidayさんペガサスHP、TMさん背後でアドバイス(演技読み上げ?)。
d0202319_21445268.jpg

MTRさんとアウロス70勇姿。
フルサイズ並のクオリティーで造られたBクラス機。
流石、YS FZ70のあり余るパワーと、癖なし性能で伸びやかなパターンを大空に描いてる!
イイですね。
# by doublerainbow116 | 2016-11-26 22:12 | F3A | Comments(0)

マンタ2 限定色

d0202319_23152890.jpg

箱入りのまま放置状態だった、OKモデル製マンタ 2 限定色・・・手つかずと言えば、更にデッカイのが、
廊下に2箱積み上げ状態!・・・


丁寧に梱包されたARFキットを箱と袋から取り出します。
バルサ・合板 フィルム貼りで、綺麗にきちんと造られています。

オールマイティー・スポーツ機って何かと出番、多いものです。
クラブ内リボンくぐり・定点着陸競技、ニューメカのテストフライト、パターンもどき、アクロもどき・・・
先任のコマンダー、長年に渡り活躍(でも、リスキーな競技には再登場するかも)。
今後、このマンタがその役割を担います。

全長1380mm、全幅1280mm、翼面積34.7dm。
d0202319_2315015.jpg

接合して一枚翼になります。
d0202319_23144275.jpg

付属品。必要なリンケージ パーツ、 大体は入っている。
d0202319_231420100.jpg

サーボ準備。
エレベーター、ラダー用サーボはもっと小さいので十分でしょう。
エルロン サーボ マウントは、フォトの様な、ミドルサイズ系サーボに合わせた加工されています。
(K-Power デジタル オールメタルを選択)

エレベーターリンケージが、ジョイントロッドにて左右エレベーター連結するタイプなので、
癖取り調整したく、二股ロッド方式に変更予定。
d0202319_23135719.jpg

再びサンダータイガー Pro 46 の登場。

# by doublerainbow116 | 2016-11-23 00:09 | ラジコン飛行機 | Comments(4)

今日のウイングス 76

d0202319_905552.jpg

最初のフォト2葉は先週のウイングス。
SMZさんエクストラ、元々YS DZ170搭載機でしたが、電動化されて再登場。
d0202319_903678.jpg

FJIさんニュー、エチュード、BJ CRAFT製。
仕上り重量上手く行ってる様で、早速ながらも、良好なパワーウエイトレシオと存在感を
披露されています。
下半角付 水平尾翼。
d0202319_90466.jpg

TMさんYS FZ80cdi。
アキュラシーに搭載、初めてこのエンジン拝見しました、
まだ上空慣らし状態ですが、見ていると、さすがトルク有りそうです。
d0202319_85935100.jpg

IGRSさん、自作ベルトダウンシステム改良型。
プロペラシャフト・軸受け・支柱がケイテック製 超超ジュラルミン(黒いパーツ)へ軽量化として
変更。
d0202319_859688.jpg

NSさん、ミッドレックスBP。
d0202319_8583851.jpg

上空でスロットルスローと連動する、エルロン跳ね上げ/跳ね下げ エアブレーキ。
d0202319_8575962.jpg

KHさんスカイリーフBP。
d0202319_8573536.jpg

TMRさんのアドバイスにより、親・鉛バッテリー2台をパラで接続。
5100mAh6セルで4フライト分チャージ&ストレージチャージOKでした。
もう1回くらいは出来るかな?
d0202319_85774.jpg

MTRさんアウロス70のエンジン調子テスト中。
ハラダモデルホビー製、Bクラス機と言っても造りは本格的・超高級機です。
え、未だ飛ばさないの?早くやろうよ、私含めて外野から声がかかります。
本人は至って慎重、来週へ持ち越しになりました!
# by doublerainbow116 | 2016-11-14 09:40 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

New チャージャー導入

d0202319_21552967.jpg

ホビーネット ブランド チャージャー、300W・20A購入。
6セルでも計算上10Aは流せる・・・25.2V x 10A =252W・・・親電源次第だとは思いますが。
・・・これまで使って来た200Wチャージャー力不足?を予測しての機種変更です。
d0202319_21545544.jpg

1~6 各セルV表示。
各セル 抵抗値測定機能付。
d0202319_2154577.jpg

さて、フィールドで5100mAhリポにて初フライト。
チャージャーも初使用、様子見で8A(約1.6C)流してみます。

更に、親用 鉛バッテリー Panasonic CAOS 追加購入で、フライト数確保。
チャージングタイムが気のせいか速い・・・親電源・チャージャー・リポ、全て新品の為、
どれが寄与しているかは不明。


d0202319_215335100.jpg

電動機先輩から、新しいリポの慣らしとして、フル近くまで使い切らない所から始めると良い、
とのアドバイスを受け、7割方を予測し、タイマーを6分にセットします。

パターンの一部やって見ましたが、天気予報を覆す強風。
翻弄されながらの5~6分間・・・でも、これも気のせいか、3300の時よりロールレートが速くなっている(パワー出ている)ような気がします。
d0202319_2153757.jpg

今回、新規導入品、買い込んだ勢いで、Txバッテリー総リチウム系化計画として、
JR X388SをLi-Feに交換です。
これで、稼働するTx 4台、全てLi-IonかLi-Feになりました。

元がバッテリーケースをバネ接点で受けるタイプなので、裏からコネクター・リード線をハンダ付け。
d0202319_21524185.jpg

バランス チャージ中。
ニッカド用チャージング・ソケットを、間違えないようにテープで塞ぎます。
# by doublerainbow116 | 2016-11-06 23:08 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

Li-Po 6セル 5100mAh

d0202319_22322163.jpg

前回の記事で4500か5100?って・・・リポの容量ですが、迷っていたところ、飛行場にて
5セル・6セルのBクラス機でもF3Aをやってる方に相談してみたら、P-17やるんだったら、
5000以上無ければ・・・と言うことで結論です。

これ迄、買って失敗の無かったキポンを選びます。

プラグ付いてない!
(大電流接点)ハンダ付け自信無いですが・・・

大型リポになると、皆さんからあまり推薦されないウルトラプラグ(ディーンズタイプ)、
私はコレに統一してる故、コレで通します。
(接触面積が狭い為大電流に弱いそう、でも今の所それを感じません)
d0202319_22315922.jpg

シュリンクチューブ被せて完成。

購入したリポの、重量・3ディメンション・・・
720g / 155mm x 47mm(ヨコ) x 46mm(タテ)

通販店Aで発表されているデータ・・・
750g / 157 x 49 x 52

通販店Bで発表されているデータ・・・
715g / 155 x 48 x 46

個体差も有るでしょうが、マイナーチェンジによって重量・サイズ共進化している様です。
d0202319_22313979.jpg

オリンパスへ全く加工無しで搭載出来ます。
重心合わせとして、バッテリートレーを後退させただけ。

3300より220gの重量増。
さて、フライト時間延長と飛びの具合、どうなるか楽しみ。
# by doublerainbow116 | 2016-10-31 23:02 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

OLYMPUS 調整フライト

d0202319_21242024.jpg

やっとベイシックな癖が取れてきたオリンパス。
(OLYMPUS 再セッティング 参照)
これでパターンフライトの練習に入れます・・・と言っても3300mAh(6セル)バッテリーでは
フライト時間5分やっとなのが、もどかしい!でもパワーは充分。

昇り降りの直線出てきたので、今日は改めて、ループとナイフエッジの様子から見てみる事に
します。

フォトをTMさんにご協力頂きました。
d0202319_21235170.jpg

タキシング。
d0202319_2123065.jpg

テイクオフ。
d0202319_21222724.jpg

お恥ずかしい、よれてしまった。
d0202319_21215065.jpg
d0202319_21211614.jpg
d0202319_21203662.jpg

左下写るは鳥かUFOか?
d0202319_2120558.jpg

d0202319_21193335.jpg

d0202319_2119826.jpg

ランディング アプローチ。

3フライトの結果、設定したスナップロール舵角、丁度良さそう、
上昇右ロール連続で僅か右へ寄れて行く(エルロン デファレンシャル必要?)、
ラダー → エレベータ & エルロン ミキシングで、 左右ナイフエッジ ほぼOKに、
正宙・逆宙、初期設定のまま、ほぼOK (しかし鈍感に感じ、エレベータ舵角はかなり増やしてます)・・・などなど。

次に買うリポバッテリー、4500mAhにしようか、いっそ5100mAhにすべきか、
迷います。
(重量増加とフライト時間とフライト性能の、メリット・デメリットが読めない)

# by doublerainbow116 | 2016-10-23 22:06 | F3A | Comments(0)

今日のウイングス 75

d0202319_2259385.jpg

今日は秋の飛行場整備・周辺清掃でクラブメンバーほぼ全員集合。
終了後、ピット前でランチタイム。

ウイングス飛行場が開設された1979年(私は未だいなかった)以来、水はけ・整地コンディション
・滑走路長・・・全て向上して来ました。
d0202319_2259167.jpg

食事後、早速フライト準備。
d0202319_2258419.jpg

TMさんアルテシアは、一度電動へ改造した後、再びエンジン仕様(FZ110S)に戻しています。
どちらにも行ける改造・・・器用ですね。
d0202319_22572455.jpg

WDさん、スカイリーフ。
d0202319_225715.jpg

終電に乗り遅れて地べたでゴロ寝の酔っ払いに見えますが、フライトを眺めるkuriさん。
d0202319_22563164.jpg

d0202319_2256266.jpg

d0202319_2255353.jpg

YKさん、NZさんLeo2機が揃いました。
d0202319_225574.jpg

KHさんフライト中。
d0202319_22542784.jpg

MTRさんエア ウエーブ、テイクオフ。
# by doublerainbow116 | 2016-10-16 23:34 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

今日のウイングス 74

d0202319_22392950.jpg

前日とは打って変わった晴天に恵まれた為か、13名出勤。
順番ひと回り1時間半以上!

でも待ち時間中は、新規導入パーツ自慢・性能評価、ラジコン業界うわさ話・・・花が咲きます。
ここから得られる情報・製作調整テクニックって結構有るものです。
d0202319_22382458.jpg

OKNさんミッドレックス。
YS DZ160がオーバーホール後復調、心地良い音で索いてます。
d0202319_2237323.jpg

YKOさんラブリーED。
現行パターン練習で十分役立っていますね。
d0202319_2237491.jpg

KHさんギャラクティック・モーター部。
Futabaの110クラス用がトルクフル。
d0202319_22362930.jpg

TMRさんZen。
固定脚へ改造、YS FZ110搭載。
快調に飛び始めています。
d0202319_2236164.jpg

WDさんスカイリーフ。
本当に基本性能の良い機体です。(ちょっと華奢ですけどねー)
d0202319_22352820.jpg

IGRSさんアシュラーと、追尾する鳥かUFO。
d0202319_2235419.jpg

オリンパス再セッティングの記事にて、計測で割り出したラダー位置。
これでニュートラルが出るのかテスト・・・
上手く行った様・・・
水平・登り・降りとも真っ直ぐ飛んでる感じです。
d0202319_22342223.jpg

6セルリポをワンパックしか持って無い私でも、順番待ちの間の充電で間に合う、
穏やかな1日でした。

# by doublerainbow116 | 2016-10-02 23:28 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

今日のウイングス 73

d0202319_14185124.jpg

久々の晴天、予想通り大盛況のウイングス飛行場・・・

前回の飛行で、ENYA53-4C自慢の「二十数年間エンスト無し」が崩れ去ったため、
原因を探るべく、プラグを比較的新しいのに替え、上空スローをさほど欲張らずテスト。
ランディング後、止めたくても止まらないほど・・・大丈夫です。
d0202319_1418624.jpg

MTRさんニュー、エア ウエーブ。
とても大きく見えますが、1800x1800に収まるCクラス機。
8セル、Futabaの110クラスモーター。
大きい機体は飛んでる姿、良いですね~。

奥にFJIさん同型機がみえます。
d0202319_14164964.jpg

久々のP51 ストレガ。
飛ばしてヒヤッとしたのは、トリムがエルロン エレベーター共大分狂っている。
(いずれもステップ2で、5~6クリック)

機体の捻れ、サーボ やレシーバー(Spektrum パークフライ用)ニュートラルの変化
・・・考えられるが解りません。
以前、JRのレシーバーで同型で別のに換えたらトリムが大分変わり、個体差のある事経験したが、
さて、これ如何に?

しかし、約130km以上のフライトは爽快感あります・・・しかも4枚ペラでの拘り。
d0202319_14161357.jpg

IGRSさんアシュラー、自作ベルトダウンシステムのモーターが換わってますね〜。
d0202319_14154651.jpg

ターネギーだそうです。
# by doublerainbow116 | 2016-09-26 15:05 | ラジコン飛行機 | Comments(7)