<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

謹賀新年 2018

d0202319_19084648.jpeg
明けましておめでとうございます、 2018。

どうして年末になると過ぎ去る一年を振り返り、来年の抱負を語るのか?
人間が勝手に決めた暦に従い「新しい年」が始まる事、以前から不思議でした。

その為、クルマを洗い・家を片付け・職人さんには「今年中になんとか仕上げて」って無理な修理修繕をお願いする・・・
でも、リセット・リニューアルするイベントと考えれば、良いものなんだ、って納得できます。

私ごとで申し訳ありませんが、二度目の白内障手術(後発白内障手術・・・レーザー
治療)により視力回復しつつ有ります。
さあ、今年は、フルサイズ(エンジン)復活飛ばすぞ!
アテナ(電動70クラス)も飛ばすぞ!

と年頭に思っております。
皆さまに於いても幸多き、良い年でありますこと切に願います。

フォトは、湘南・七里ヶ浜から眺める、夕暮れのシャドー富士山。
左手にちょっと江の島。
Pacific Drive Inn パーキングにて。



by doublerainbow116 | 2017-12-31 19:46 | 社会 | Trackback | Comments(4)

マンタ2 タンク改良 / デジタル・ノギス

d0202319_17595963.jpg
マンタ2で、逆宙の底からスロットル吹きあげ時、或いは、背面からノーズ下向きスナップ後吹きあがらず・・・などで起こるエンスト。
これまでも、ニードル位置・スローニードル・プラグ・フィルター等あらゆる試みをするも解決せず、
これは、自然吸気エンジンの宿命か・・・?

スポーツマン・アドバンスドやってる限りエンストは無い・・・逆宙の上辺からスピード落とさず勢いで突入すれば、
底辺から昇る時のスロットル吹きに付いてきますが・・・。
まぁこれでも良いのかなと諦めはじめるものの、悔しいので、さらに追求してみます。

残る原因の可能性としてタンク、と思い改良です。
純正品は逆さにしても、フォトのようにオモリは元の位置のまま。
d0202319_18004150.jpg
分解します。
付属品のチューブは硬く、オモリも軽い。
d0202319_18011731.jpg
IMのタンク内蔵用チューブとIMオモリで組み直し。
d0202319_18020538.jpg
燃料がノーズ側へ寄ったとき、オモリも追尾。

さて、飛ばしてどうなるでしょうか。
次回フライトで判ります!
d0202319_18074918.jpg
モノタロウ・デジタルノギス 購入です。
(2000円台・・・安い!)

フォトはカーボンパイプ外径10mmを計測。
実測が10.06mm。
d0202319_18035004.jpg
内径。
d0202319_18044662.jpg
深さも測れます。
尻からの細い棒をあてる。

by doublerainbow116 | 2017-12-22 18:49 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(5)

今日のウイングス 96

d0202319_19475067.jpg

MTRさん新規導入サクセス、テイク・オフ。
d0202319_19472937.jpg

同機フライト。
d0202319_1947647.jpg

同機、初期セッティングに電動機経験の深いHolydayさんや皆が協力惜しまず。
d0202319_19464229.jpg

午後からはちょっと曇り始め風も出てくるも、穏やかで晴れの飛行日和です。
d0202319_19461567.jpg

YKOさん、板ゼクー。
2年毎、シーズン終り一時期だけ登場。
d0202319_19454490.jpg

オリンパス、ヒンジ修理後、問題無くフライト出来てます。
(OKモデルのペーパーヒンジ大をテトラの発泡スチロール用瞬間・硬化剤で接着
・・・テトラ製が、粘度低く浸透し易い)
パワー的には以前と変わらず挽いてますが、降ろしてから6Sバッテリー・バランスチェックすると、
かなりバラツキが。
何故だろう?

by doublerainbow116 | 2017-12-16 20:02 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

オリンパスで P-19

d0202319_20503189.jpeg
久し振りのオリンパス、フル通しでは無く約前半ですがP-19、やってみると、思っていた以上に機体性能として対応できる様です。
例えば、中速で底辺をハーフロールで過ぎた後、プッシュで135度立ち上げパワーかけ・2/4ポイントロール・・・機体が軽く、
そこそこ力は有るので今日の様な強風時でもある程度形になります(相変わらず下手ですが!)。

オリンパスってセバスチャーノ機のコピーですが、元設計が良く出来ているせいか、
イマドキの一連の機体のように、演技に対応できてる事感じます。
(一回りサイズダウンされてる)
ナイフエッジが機速中程度でも良く浮く・パワー掛ければ助走無しで登っていく・パワー抑えたら降りの機速下がる・スナップも入り易い・・・

d0202319_20512868.jpeg
d0202319_20505612.jpeg
片づけ機体を拭いている時発見。
1/3ほどエルロンのヒンジ代わりシートが切れている。
この機体、ヒンジが無く発砲に被る表皮の様なものがその代わりをしている。
危ないところだった、エルロン外れたらフラッター~墜落だったかも。

(昔の嫌な思い出、いただいた機体、私の初飛行でエルロンフラッター・・・ブ~ンからパアーンの爆発音~墜落を経験,
機体回収し、外れたエルロンのヒンジ取り付けを見ると、ナイロン・ヒンジへピンが打ってない組み立て手抜きが原因と判明・・・
私が、ENYA仕様だった機体にYS60を付けてフルスロットル・ダイブしたのもいけなかったのですが)
d0202319_20500696.jpeg
ハイペリオンのEOSチェッカー、新型です。
CELLボタンとMODEボタン位置が入れ替わってますね。
d0202319_20492706.jpeg
バランス機能、ストア放電機能が追加。
一方ニッカド・ニッケル水素インプットはJST小型端子に変更。
また、バランス・ピン端子が、JSTかハイペリオン新タイプのみ対応となっているようです。
(手持ちのハイペリオン旧タイプ・3セルリポのバランス端子は不適合でした、変換アダプター必要)


by doublerainbow116 | 2017-12-10 21:43 | F3A | Trackback | Comments(0)

アテナ 70

d0202319_20365740.jpg

2年近く飛ばしたオリンパスで多少慣れた70クラスパターン機。
思っていた以上実用になることが判り、次は少し本格的な機体へ変更したくなり、
1600mmクラスとしては大き目のアテナ 70、購入。

白内障によりフルサイズお休み状態の替わりに、近場フライトエリアを70クラスで、そしてローコスト・組み立て
簡単・・・という事からオリンパスでしたが、吹上の大会や本格的に70を追求する方々のフライト
をみるにつけ、このクラスへもうちょっと入り込んで見たくなった次第です。

梱包が届き、箱を開けてビックリ。
かなりデカイです。Cクラス機の間違いじゃないの?って思うぐらい。
胴体高さはひところ前のフルサイズ並!
d0202319_20363928.jpg

胴体・主翼とも「OOント」そっくり。
工作のクオリティーは良好です。
d0202319_2036843.jpg

カナライザー、境界層板、カーボンギア、他リンケージパーツだいたい入っています。
おや、エレベーターサーボ・・・左右尾翼に埋め込み式!
d0202319_2035462.jpg

モーターはデュアルスカイ・XM5060EA-8を選択。
KV値355、ピークパワー1506W、推奨ペラが6セルで16X10・・・良さそうな感じです。

ESCはCOBRAの80Aを選択。
BECが6A取れるようなので、レシーバー・サーボ電源はここからの予定。
d0202319_20352489.jpg

メーカー発表の完成フォト。

さてどうなるか、楽しみです。
by doublerainbow116 | 2017-12-03 21:23 | F3A | Trackback | Comments(2)