<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日のウイングス 80

d0202319_22382027.jpeg
飛行場へ到着時、既に順番13人待ち・・・飛行日和、にぎやかです。
d0202319_22473654.jpeg
IGRSさん、ニシオカ製ステイタス・・・
飛び始めています。OSベルトダウン モーター。
d0202319_22483852.jpeg
塗色・スタイルともに美しい機体。
d0202319_22492421.jpeg
TMさん、XTREME OTOP・・・フルサイズ。
初めて拝見。
d0202319_22495243.jpeg
同機、デュアルスカイ モーター装着。
コストパフォーマンス最高のモーター。
d0202319_22501589.jpeg
動翼・ヒンジ隙間が有りません。
動く時、主翼へ動翼が入りこむ仕組み。
d0202319_22505060.jpeg
KHさん、プロライン ファンタジスタ Cクラス機。
ともかくこの犬歯翼ですね。

d0202319_22511529.jpeg
TMRさんもTMさんと共にフルサイズへ突入。
固定脚へご自身で改造のエクセレント。
YS DZ160装着。
d0202319_22513865.jpeg
YKOさんアシュラー、YS DZ175cdi。
d0202319_22520848.jpeg
重心位置・舵角・癖取りミキシング・・・試行錯誤、だいぶ飛ばし易くなって来ました。

by doublerainbow116 | 2017-01-29 00:24 | F3A | Comments(2)

今日のウイングス 79

d0202319_21462163.jpeg
ウィングス新年初飛行会は、悪天候だった先週から順延、気温零度近くながらも、
快晴微風・寒さが苦にならない、絶好のフライト日和の中行われました。

今回の競技は、タイム&指定点着陸をパターン本命機持参で、という競技委員長の意向により、
皆一番大事な機体を持ってきています。
上空でP-17から4つほどパターンを行い、指定タイム以内、指定サークルへ降ろします。

私は本命フルサイズ機を当分飛ばさないので、不参加です。
d0202319_20522376.jpg

飛行順決め。
d0202319_20515093.jpg

OKNさん、今日初めて拝見しました。
フリーダム、テイクオフ。
d0202319_2051752.jpg

フリーダム。
快調なYS DZ170が心地よい音(高めの周波数がカットされた)で挽いてます。
浮きの良い胴体・翼と適度なブレーキで、非常に落ち着いた飛びです。
d0202319_20502592.jpg

以下、競技開始。
d0202319_2050018.jpg
d0202319_20493886.jpg


d0202319_20482758.jpg
d0202319_20481193.jpg
d0202319_20473934.jpg

OKNさんの優勝で競技終了。
食材調達班の用意した、しるこ・おでん等戴きながら、穏やかな陽射しの初飛行会でした。
by doublerainbow116 | 2017-01-15 21:30 | ラジコン飛行機 | Comments(1)

Epiphone inspired by "1966" Century

d0202319_1830751.jpg

古っぽくてイイなぁって、前から思っていた、エピフォンのセンチュリー、購入です。

薄いセミ アコースティック、1 ピックアップ。
ギブソンES-335に代表されるスルーネックとは違い、チャンバー キャパシティーを持つ恩恵から、
エピフォン カジノの様に箱鳴りするキャラクター。
アンプ無しで手元に置いておくギターとしても十分使える生音、けっこう音量有ります。

1930年代ジャズ・ブルーズ系ギターの再現として1966に登場したCenturyの復刻モデル。
エピフォンはアメリカの会社ながら、Hand crafted in China の表記。

d0202319_18294726.jpg

ブリッジ・サドルが古風にウッド!
イメージとして、鉄やブラスより柔らかい音かな?判りませんが。

動いてしまうブリッジのギター初めてなので、イケベの店員さん(ギター テクニシャンとして詳しい人でした)に取り扱い詳しく教えて貰いました。
d0202319_18293024.jpg

ギブソン オリジンのP-90 PROなる、本物のP-90 シングル コイル ピックアップ装着
・・・P-90タイプって、よく見かけますが。

スケールはフェンダー スケールの、25.5"。

ネックはマホガニー、フィンガーボードはローズウッド。
d0202319_18291137.jpg

ペグは意外にも、ウィルキンソン製。
この古風な三連スタイルが、古典的な雰囲気を醸し出す。

製品に張ってあった弦が、011~052とジャズ系の方の好む硬めなので、先ずは010セットに張り替え、
弦高・オクターブ微調整から始めてみます。

買う時試奏しましたが、手との馴染みが、お互いの成長を分かち合う友として上手くやって行けそうな気がしました。
他の楽器店含めて、同一モデル数本試奏で好相性の友に巡り会えた・・・!
ネックの握り具合・フレット打ちの出来・箱の鳴り、皆違う様に感じる。
チャイナ製廉価ギターは個体差大きいです。

音は未だよく判りませんが、5~10年経過(演奏)する頃から、音のクオリティー上がる事って、
良く有ります。
今後が楽しみです。

by doublerainbow116 | 2017-01-04 19:16 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)

明けましておめでとうございます 2017

d0202319_15461.jpg


ウチの猫、Ryuryu嬢とLotta嬢から新年のご挨拶させていただきます。

特に昨年は、ラジコン界周辺に変化の訪れを感じます。
JRは経営上の人的問題も大きかったとは思いますが、ヘリをはじめセールスの世界的な低下、
11X以降の、ガンダム的プロポ デザインでおもちゃっぽくなった事も痛手・・・性能は良いのにね~、
(9X,12X等デザイン・性能・価格の完成度、非常に高かったと思います)
JRファンの私としては、今の現状、残念に思って止みません。

昔と比べれば、遥かに高性能・安全なメカが低価格で享受出来る反面、
ラジコン人口の減少に、マスプロダクト製品という宿命が対応できなくなるパラドクス。
フライトエリアが益々制約される今の時代、世界のプロポシェアーをFutabaとJRで6割以上
占める日本製の一角であるJRが、ホビー分野から基本的撤退するという方針(正式発表ではない)、
はラジコン界の現状を象徴する事件とも言えましょう。

JRは修理の対応・修理代、社是(謙虚な姿勢とでもいいましょうか)・・・
いずれも素晴らしいものでした。
それは創業社長から受け継がれた姿勢かと思いますが、結果的に報われなかった
となると、悲しいものです。

私ごとですが、白内障が治るまで、フルサイズは飛ばさないと決めています。
緑内障は進行ストップ出来てますが、この一年ほど前から、機体の姿勢がよく分りません。
でも、ラジコンは好きでたまりません。
目が治るまで、70クラス・近場でフライトです。
・・・発砲スチロール機のオリンパスでも、それなりの満足感ありますよ!

皆様、本年もまた宜しくお願いいたします。

by doublerainbow116 | 2017-01-01 02:38 | 社会 | Comments(0)