<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

YS FZ115S 正しい取扱い方

d0202319_18292452.jpg


初代を何度も修理に出し、その後二代目でフライト中の115S。
4月の吹上大会にて、HSMジャッジから頂いたアドバイスに従ったエンジン取扱い方、
始めて以来2ヶ月経過。
その2ヶ月の間、50フライトほど115S使用・・・明らかに音が良くなり、
順調に「症状」出ず運用出来そうなので、ブログに記して置きます。

事の始まりは大会本番中、私のApollo 90離陸し演技スタートした頃、
後ろのジャッジ席から「エンジンうるさいよ~ 壊れそうな音してる」
とHSMジャッジの声。

演技終了後、ジャッジ席へ挨拶に行くと、絞り過ぎじゃないの?とHSMジャッジ。
いえいえ1+3/4も開けてますよ・・・私は反論。
でも辛くて壊れそうな音してたよ!・・・

この件、NTSジャッジの見解も加えたアドバイス、HSMジャッジから後日メールで頂きました。

タンク加圧式のFZ、最初はタンク内に空気層が未だ無い為、直接燃料を加圧することになり、
送られる燃料に気泡が起こり(パーコレーション)、結果薄くなる。
その為、エンジン始動からフライトスタートまで、充分なスロー運転からスロットルをゆっくり上げることで
空気層を作る必要があり、更に、タンクへ燃料補給時は、フルタンクから僅かでも燃料を戻すと、
最初から空気層が出来て良い。

これを実行以来、クラブメンバー曰く「音が良くなった」・・・。
私が散々115Sを壊してきたのは、ミクスチャー薄くて金属擦り合わせに負担掛けた為?の様です。
取り扱い未熟が原因。
そう言えば、壊れる時は空へ上げて直ぐのタイミングでした。(シリンダーブロック割れの時以外)

これまで他のFZ(140、110など)では起こらなくても、起こるのは、パワー・軽量化
ギリギリで設計された高性能115Sだからでしょう。
逆に、よりパワーアップされた吸い上げ式ポンプのDZ115では、その問題は起こらない筈。

HSMジャッジとNTSジャッジ、お世話になりました。
by doublerainbow116 | 2015-06-30 18:49 | Comments(2)

テレキャスター・プレイ準備

d0202319_23135981.jpg

来週末・学校のライブで生徒の伴奏をする事になり、テレキャスター・テキサススペシャル
久々の登場です。

準備として先ず、ネックの逆反りから直します。
テレキャスこのモデル、ネックを外さないとトラスロッドをまわせないのが一寸厄介。

ネックを取り外してからロッドをアンチクロックワイズへ回し、完全な一直線の状態には戻りませんが、まずまずの修正。
これに伴い、ブリッジで弦高・オクターブ調整少々、元々のコンディションへ復活しました。
ピッチ、指で感じる弦のテンション感、フレットビビリ・・・何れも大丈夫の様。
d0202319_23131967.jpg

デジテック・12ストリングエフェクター。

12弦ギターの音に変える、デジタルエフェクター。
プロモーション映像を見て、こりゃ本物だ!と惚れ込んで買ってしまった。

従って演奏する曲は、この音色が活かせる曲想へ無理ヤリ持って行き、作りました!

d0202319_23124871.jpg

グラファイト・オール。
ギターテクニシャンとして、サンタナやジョンメイヤーに関わり有名なレニー・マルティネス氏監修、
サドルやナットに塗ることで、弦の滑りが良くなり、明らかにチューニングが安定します。

これはもう手放せません。
(私の妻が、ジョンメイヤーのコンサート開演前、ステージにいたマルちゃん・・・とマルティネス氏を勝手に呼んでます・・・からジョンが使うピック貰ってました!)

d0202319_23121967.jpg

予備弦2セット、チューナー、ピック1箱、ニッパー、+−ドライバー、グラファイト・オール、
譜面。
これで準備OK!
by doublerainbow116 | 2015-06-22 00:10 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(4)

チャイニーズ・サーボ あれこれ

d0202319_20515387.jpg

中国製サーボ、Tower Pro MG 996RをApollo90に使って2年間・・・累積約600フライト。
その間、故障知らず・1500円サーボは良く働いてくれます。

動きのスピードも、6V掛けてやればまずまずの満足、と言っても、JR8401、3401など使った
機体を持てば、やっぱり高級サーボはニュートラル付近の精度・反応が違うな、
と思いつつも、コストパフォーマンスと堅牢性は高く評価できます。

以前にも書きましたが或る日、ネット通販で「MG996R・4個送料込み3900円」というのを見つけ、喜んで買ったら
偽物。
中国本土からダイレクトに送られて来たので、何か変だなとは思いました。

フォト左が本物、右が偽物。
Tower Proは登録商標の問題で輸出国によってはTowardProと表記されています。
サーボテスターで動かすと、偽物は極端にスピードが遅く、40年前のサーボの様です。
本物は艶消しのブラック、偽物はテカったブラック。
4つの内1つは、サーボ裏蓋が閉まりきっておらず、きっと、ビス止めの途中で昼食タイムになり、
そのまま忘れてしまったのでしょう。


d0202319_20505530.jpg

これもチャイニーズ・サーボ、XQ Power。
まだ使っていませんが、よく見たらハイボルテージ仕様でした。

試しに1個買ってみたのですが、ハイボルテージを1個混在させる訳にもいかず、
困っています。
サーボテスター、4.8vニッケル水素で動かしてみると、動きはなかなか悪くないです。
これは確か2000円弱。

d0202319_20413140.jpg

Tower Proの新製品、MG958。
これも未だ使っていませんが、トルク、スピード共、シリーズ中、1番の高性能スペック。
オールメタルギア、デジタル。

MG996Rはニュートラル付近の立ち上がりに、コア有りモーターの弱点を感じますが、
このMG958、サーボテスターでの動きを見る限り、向上しているようです。
ヒートシンク付。

このサーボも2000円程。
by doublerainbow116 | 2015-06-13 21:58 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

今日のウイングス 50

d0202319_2246574.jpg

今日はワンフライト45分待ちの大盛況。

ダブル・アキュラシー70。
飛びを見ていると、Cクラス機の存在意義危うし・・・ですね。

d0202319_22434179.jpg

TMさんアキュラシー70(YS DZ70cdi)、強風10m/s・ランディング。
d0202319_22402098.jpg

TMRさんアキュラシー70(YS FZ70)、乱流を避け高めのアプローチ〜ランディング。
d0202319_2239084.jpg

TMさんJRエアースキッパー50。
飛ばすところ見たかったなぁ。
d0202319_2237399.jpg

SMZさんパッション、テイクオフ。
徐々にいつもの爆風になって来ます、12m/s!
d0202319_22361640.jpg

スパッツ、塗装しニューに取り替えたそうです。
by doublerainbow116 | 2015-06-07 23:25 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

今日のウイングス 49

d0202319_18435299.jpg

今週末も2連チャン・フライトです。
順番逆ですが、この2日目、打って変わり穏やか。
しかし、北風から南風に変わり、夕方また北に戻る珍しいパターン。

Holidayさんスピットファイアー、高速・滑走路上低空飛行やって貰いました。
d0202319_88724.jpg

離陸時、フラップが格好良いです。
d0202319_8115375.jpg

初日は次第に強風(9〜10m/s)。
KHさんめげずにパターン練習中、垂直降下。
d0202319_87813.jpg
d0202319_862186.jpg

フォトby IGRSさん。
何をやっているタイミングでしょうか?

自分の姿勢、何かみっともないです。
肩を後ろへ、腹を引っ込ませ、O門締めて・・・そうすればきっとよく飛びます?
by doublerainbow116 | 2015-06-01 08:36 | ラジコン飛行機 | Comments(2)