<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ハイペリオン・チャージャー Error表示

d0202319_13385445.jpg

飛行場へ向かう車中用チャージャーとして、コンパクトで重宝していた、
ハイペリオンEOS 0403i DC、度々エラー表示が出てストップするように・・・。

2セルLi-Ion・Rx専用として使ってきましたが、この手のエラーは先ずは接触不良だろうと推測、
自宅でいろいろやってみる事にします。

クラブメンバー所有上位機種のEOSで、Circuit Error の表示・・・見たこと有りますが、
同じような原因でしょう。
d0202319_13381198.jpg

スライド・スイッチ用・接点復活剤をコード類の接点へ吹きかけ、抜き差し繰り返すも
効果無し。

次に、電気楽器プラグとしてフォーンプラグが今でも使われて続けますが、(19世紀に作られた電話交換機規格)
主に楽器プラグ接点用の、コンタクト・レインフォーサー(接点強化刺激剤)を所有するので使ってみます。

フォトはフェルナンデス製999S。
接点の汚れを落とし、導電性を強化・・・と謳われています。

d0202319_13373335.jpg

バランス端子に吹きかけ、抜き差しで効果有り、これで治りました。
d0202319_13365260.jpg

バランスが不揃いなので、ついでにストレージ充放電でバランス取りも兼ねます。
d0202319_13362654.jpg

これもついでに、スターターのリポ4セル・・・ここ3ヶ月ほど充電してないのでバランスチャージ。
チェッカーで測ると、まだ残50%程ですが・・・
by doublerainbow116 | 2014-08-26 14:28 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(7)

今日のウイングス 33

d0202319_121836100.jpg

来週のクラブ内、BBQ&2段リボンくぐり大会を控え、機体調整・リハーサルに余念が無い
メンバー・エントリー機、ほぼ出揃いました。

SMZさんアドベンチャー70、滑走路を低高度パス。
エンジンをFZからDZに載せ変えて、本格的にP-15をこなせる、機体・パワーのバランス取れたようです。

d0202319_12182890.jpg

YKOさんミュゼット、離陸直後のフォト。
右手にUFOだ、と私が騒いでも、皆さん「鳥でしょう」・・・
ヘリかUFOでしょうね。
d0202319_12181271.jpg

TMさん、コマクロ。
トルクローラー小野さん設計。
OS15LA搭載。
d0202319_12173361.jpg

Holidayさん、モノログ。
空にこの赤が映えて、とても良く見えます。
4セル仕様、P-15もこなせそう。
d0202319_12161685.jpg

YKOさん、ミュゼット。
軽量電動パターン機というのもイイモノです。
d0202319_12154112.jpg

SMZさんアドベンチャー70。

d0202319_12152996.jpg

KHさん、セミスケール機・フライベイビー。
5セル+90クラス系モーターで、重量級ながら、かなり良く曳いてます。
d0202319_12141884.jpg

OKNさん、サイレント50。
今見ると、とても小ちゃい!
d0202319_1214223.jpg

私のコマンダー144。
前回、水平尾翼のフィルム丸ごと剥がれ、危うい「超アップ癖」で降ろす羽目となりました・・・
復活です。
サンダータイガー46プロ・エンジンはパワーが有って、安定した性能。

この機体、当初エルロンのフラッターに悩み、各エルロン端に5g・オモリを埋め込み解決。
マイナー・モデルチェンジ後、2サーボ方式へ変わったのは解ります。
d0202319_12115013.jpg

ロビンの850mAh・NiMHバッテリー・テスト、前回途中で終わってしまいましたが、今日ワンフライト8分で
3フライト後の測定電圧。(スナップロール連続など、結構ロード掛けてます)

機体外から1Aロードで測り5.0vと言うことは、まだまだ残っている様です。
by doublerainbow116 | 2014-08-18 13:12 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

ショーンのカリフォルニア便り ⑤

d0202319_12362985.jpg

ショーンからウエブマガジン・NatsNewsが送られてきました。
AMA(Academy of Model Aeronautics)が主催する国内選手権・NATS 2014のF3Aで、
予選1位通過! 決勝8位となったそうです。
(Pは完璧、Fはチョット失敗しちゃったんだねぇ)

フォトは1位となり、表紙を飾った時のもの。
機体はWind S。
イタリア・セバスチャーノ氏デザイン機。彼とは日本で知り合い友達になった、と言ってました。
(お二人共、日本で購入したJR 12X 2.4を、帰国してもDSMJ・出力30mWのまま使っているらしい、
全く問題起こらない・・・と言ってます)

元クラブ仲間の活躍は嬉しいものです。
ショーンは大型機のガソリンエンジンを除き、電動へ転向したけれど、
それと現在の好調と関係あるのかなぁ〜。

律儀な人で、日本でフルサイズ完成機購入時、私が通訳としてコーディネートしましたが、
それをアメリカで売却する時、「売ってしまうけど、いいか?」の連絡が来ました。

予約した28Xが待ち遠しいそうですが、私はどうするんだ?と聞かれて、まだ28XにするかXG14Eか
迷ってる・・・と答えています。
by doublerainbow116 | 2014-08-15 13:24 | F3A | Trackback | Comments(0)

YS FZ115S 犬山から帰還

d0202319_2174327.jpg

早くも今日、山田産業さんから修理完了で戻りました。
行き帰り5日ほど、YSが夏期休暇に入る直前・セーフでした。

d0202319_21724100.jpg

意外にも交換部品、大きいところでは、ピストンリング、ピストンピン、排気側バルブくらいで、
予想していたコンロッド、ベアリング、ピストン等はそのまま。

あの金属片・金属粉は何だったのでしょうか?
交換されたパーツ類には削れた形跡が無い・・・?
普通、バルブを換えたらEリングも新品に換えるはずなのに、交換されたパーツ類に
入ってない・・・?

でも、まぁ良いか。

d0202319_2154245.jpg

送料以外の工賃・部品代で8000円程。
結構費用かかるんでどうしましょうか・・・っていうようなメールが来るのを恐れていた!
しかし、この費用でオーバーホール済みとなったので、助かります。
by doublerainbow116 | 2014-08-09 21:33 | F3A | Trackback | Comments(0)

YS FZ115S 突然のエンスト

d0202319_14515138.jpg

使い始めて一年ちょっと、好調の続いていたYS FZ115S、慣らしフライト時・甘過ぎによるのを
除けば、上空で初のエンストしました。
悪いことに強風。
ドキッっとさせられたが・・・Apollo 90何とか無事着陸セーフ。

約180フライト。
パワー有るし、手の掛からない良いエンジンですが、何が起こったのか?

ペラを手で動かそうとしたら、ガツンと引っかかり、何かが中で挟まっている感じです。
家へ帰り、エンジン降ろし、ヘッドカバー開けて見ても、バルブ周りは問題無さそう。
d0202319_1451899.jpg

スリーブレス・エンジン初体験。

次にシリンダーブロック開けてみました。
コンロッドが数カ所欠け、金属片や鉄粉がクランクケース内に見られます。
ピストン上にも鉄粉が。

どうやら、ベアリング・リテイナーが砕けた時の様子かな?
FZ140で経験あります。

私の手には負えないので、犬山送りに。
コンロッド、ベアリングだけで無く、ピストンやシリンダーブロック迄も交換の重傷・・・
かも!!
by doublerainbow116 | 2014-08-04 15:21 | F3A | Trackback | Comments(0)