<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

NiMH バッテリー

d0202319_13114435.jpg

スカイカンガルー号を主に、小型エンジン機用Rx・サーボ用バッテリーとして
ニッカドが無くなった今、どうすれば良いのか考えていました。

一度は、リポ+レギュレーターと思い、小型リポまで購入したのですが、レギュレーター・スペースの
問題、或いは、コンパクトサイズ(1~3A)・レギュレーターで容量カバー出来るのか?・・・

別の手として、サーボをハイボルテージ用に交換する事も・・・しかし経済的に気が進まず、
結局、Rx・サーボ用としては初体験の、ニッケル水素を使ってみる事にします。

ロビンの850mAh、軽量・経済的な680円。
NiMHは大電流放電に弱いと聞きますが、15エンジン・モーターグライダーには良しとしても、
45エンジンスポーツ機のスナップロール等瞬間的大電流に、小容量NiMHの放電能力は
耐え得るのか?・・・先ずはテストです。

数日前に下ろしたて初の満充電(充電電流0.3A、デルタピーク・オートカット)・・・
1Aロード放電(Futaba BR-2000)・計測開始 /4.8V
20分経過 /4.7V
26分経過 /4.6V
30分経過 /4.5V
この4.5Vでほぼ空と推測します。

続いて、二度目の満充電(0.5A)
オートカット時 /5.2V(機体スイッチ経由充電ジャックから計測 /5.0V)
1Aロード放電・計測開始 /5.1V(充電ジャックから計測 /4.9V)

充電ジャック経由で0.2Vの差有り。(各電圧比例してかどうかは解りませんが)
そこで、機体外から計測し4.6V(ダイレクト計測では4.8Vと推測)にてフライト中止と暫定。
この時点、1A消費として20分以上電気残留のはず、と推測します。

続いて、オートカット放電後、三度目の満充電(0.5A)
97分39秒でオートカット(フォト1)。だいぶ入る様になりました。
バッテリーが活性化されたようです。
1Aロード計測 /5.6V

スカイカンガルー号でフライトテスト。
上記のように前日充電、当日フライト前ジャック経由 /5.3V
1フライト後 /5.1V
2フライト後 /4.9V
ワンフライト7〜8分程、強風で消耗が比較的有ったとしても、思った程減っていません。
3〜4フライトはノーチャージで行けそうです。

その翌日、45クラススポーツ機(コマンダー144)でテスト開始。
しかし、尾翼のフィルムが飛行中剥がれ(エレベータートリムがメチャクチャアップに)、
さらに悪い事に強風、何とか降ろして中止しました。
これは又後日に・・・


d0202319_13112098.jpg

同じくバッテリーの話題、と言ってもこちらは動力用・・・
YKさんニュー、Apollo 70の5セルリポ。
フルサイズ10セルの片割れを使ってるので、効率が良い様で、ナルホドです。

後ろに見えるのは、これまたニューのJR XG14。
とても軽いですね、SALを始めたくなって来ます。
d0202319_1310496.jpg

YAMAHA製の発電機がHolidayさん、メーカー不明の赤い発電機はKHさん。
値段は三倍ほど違うとか・・・

前にも書きましたが、皆電動・電動って言うけど、ガソリン燃やして一時的に電気として溜めて、
結局はガソリン機じゃねーか・・・ってね。
家で充電してくる人は、重油・水力・ソーラー・風力・飛行ですね。
by doublerainbow116 | 2014-04-28 15:22 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

関東RCクラブ対抗競技大会(吹上大会) 2014

d0202319_20565683.jpg

恒例・通称吹上大会、今年もウイングスから3チーム参加しました。

40周年記念だそうで、気がつけば私も30年間ほぼ毎年・・・です。
初めて参加した年の事、よく覚えています。
先輩から借りた、コルセア・スカイライナー20・OS25FSR搭載、でナービスに。
ゲストに松井勲さん。成績はイマイチながら、豪華賞品をいただいて恐縮したような記憶が。
(豪華賞品ってデカイ洗剤だったかも?)

朝の機体組み立て、エンジン廻しチェック。
d0202319_2055181.jpg

フライト前、必ず何かが起こる!
前日、出場選手全員、ウイングス飛行場へ集まり最終調整。
エンジン不調のKYさん、調整で復調し事なきを得てホッとしたものの、ここへ来てmowさん
マニホをネジ切ったようです。

そこへ、天使のようなKHさんが、「FZ 70だったら持ってるけど」と何気に予備エンジンを
差し出すのでした。
エンジン交換、無事mowさんフライト。
良い行いを神様は見ているもので、KHさん、その後過去最高の飛びを見せ、
ナービス4位に着ける健闘!(昨年の墜落から大躍進)
d0202319_2051389.jpg

ウイングスピット。
d0202319_20475585.jpg

HSMジャッジのナービス、スポーツマン模範演技。
高翼電動機で、小さなボックス状空間内に見事演技を収めています。
前方距離70〜80mにキープ。

スローフライト・電動という一つの方向性を示すものです。
d0202319_20465125.jpg

ナルテックNジャッジがアドバンスド模範演技、デモフライトしたアキュラシー70。
YS DZ70cdi搭載。
d0202319_20461123.jpg

登り下り等速、正確な軌跡、キレの有るスナップ・・・フルサイズ機は要るのか?
と思わせる流石見事な飛びです。

ナイフエッジループ、ナイフエッジ・スクエアループには驚きました。

アキュラシー70とYS DZ70cdi、欲しくなった・・・

入賞成績は、個人ではSMZさん、アドバンスド2位。
私がアドバンスドを担当したウイングスCチーム、3位でした。

いつものように、五家宝をお土産に。
「また来年・・・」と声を掛け合い、気持のよい疲労感で帰途につきます。


順次、結果と当日の各選手フォト、アップされて行きます。
吹上ラジコンクラブHP大会ページ
by doublerainbow116 | 2014-04-20 22:21 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

アドバンスドB 準備

d0202319_051447.jpg

来週の吹上大会に向けて、私の担当はアドバンスドB。
機体・エンジン・・・調整中です。

どうも上手く行かない登り45度一回スナップロール。
見ているとキマッてるSMZさんに、舵角をコピーさせてもらいました。

エルロン、こんなに切るんですねぇ。

d0202319_043822.jpg

Apollo 90を飛ばし始めてから、一寸気になっていた、垂直上昇中ロール後のヨー軸寄れ。
水平演技時には気にならなかった癖ですが、この際対策を試してみます。

プロポ画面の様に、これまで掛けて無かったエルロン・デファレンシャルを7%。
(電気的に、上下各9mmの動作幅に対し、下0.63mm減の差動)
エルロンD/Rスイッチをデフ・オンオフに使用しテスト。

良くなった感じです。
d0202319_035989.jpg

エンジンが離陸時に愚図つき、浮き上がる寸前にエンスト!
一瞬顔面蒼白・・・
先週から、心なしかパワーが落ちている気も。

先ずはプラグのチェック、この問題ではなさそう、一応新品に交換。
タペット・クリアランスもチェック、問題無し。
d0202319_033411.jpg

そして、SMZさんプロライン搭載、YS FZ115Sのニードル状態を参考に伺い、
絞ってみました。
今までより更に5クリック絞り(1.5回開けから7クリック絞り・・・一回&90°開け)で調子復活。

高温or多湿、夏セッティング季節の始まり・・・
復活したフライト・ランディング後に測定、エンジンヘッド温度・52°はまだまだぬるい位です。

大会を前にヒヤッとしました。
d0202319_03824.jpg

これも大会間際になって、よく起こるような一件。

送信機のニッカドバッテリーがとうとうダメになった様です。
スローでも急速でも、充電が入っていきません。

充電後2フライト程でTxの表示が10Vを切って仕舞い、怖いので、パークフライ用として
飛行場持参の9Xからリフェを取り出し、DSX9へ入れ替えます。
by doublerainbow116 | 2014-04-14 01:47 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

Jeff Beck Live in Tokyo



ジェフ・ベック東京公演、最前列で観てきました。

このところ、各アーティスト共、プロ機材を除き、撮影OKになってきているので、
(先日のテデスキー・トラックス・バンドでもOKでした)
私から2~3mの距離でジェフベックがギターを弾いてる!iPhone激写動画!です。

彼は間もなく70歳になります。
はっきりと言えますが、20代・30代の頃・・・既に名声を得ていた・・・より今の方が
上手いです。

年齢の割に頑張っている、という意味ではなく、今の方が熟成し、「神技」に達し、
テクニックとフィーリング両輪が高まり、そう簡単には成し得ない領域です。

最近観た、マレナ・ショウ、ナタリー・コールもそれぞれ70歳・60歳を越え、益々上達。
彼女たちも、遥かに若い頃より音楽的に熟成しています。

Tokyo Dome City Hallからの帰り道、嗚呼自分はなんて未熟なんだろう、と嘆きます。
彼より若いのに、あらゆることを年齢のせいにする自分が恥ずかしいな・・・って。
by doublerainbow116 | 2014-04-10 21:17 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(0)

困った出来事・三題

d0202319_20029100.jpg

困った事が続く時は続くもので、この週末は・・・

EDGE 540EP、Eagle A3 pro付きフライト中・・・
ヘディングロックモードのホバリングやら、斜めナイフエッジ状態でホバリングするよ!とか
騒いで、水平飛行に移ったとたん、パキッと音がして、キャノピーが飛び散ってしまった!
クラブメンバーが落ちた方角・位置を見ていてくれたので、着陸後、容易に回収出来ましたが、
3ピース分解状態で発見。

事故調査委員会としては、今のところ原因不明。
ノックピン二本とマグネット4カ所で止まる構造ですが、
風圧でプラスティックが割れた・・・ノックピンが最初に外れ、無理な力がキャノピーに
掛かった・・・?

マグネットやらプラの一部、失った部分どうするか・・・考えなくては。
d0202319_20075.jpg

トラブルではありませんが、この所Cクラス機のサーボは、主にタワープロMG-996Rを愛用。
6Vさえかけてやればトルク感、スピード感に不足を感ずることは無く、満足しています。
値段が一個1490円と言うのも大きなファクター!

そして最近、ネット検索で、MG996R 4個で送料込み3900円の通販を見つけ、こりゃシメタ、と
オーダー。
不思議にも、中国からの直送便で届きます。

早速レシーバーに繋ぎテスト。
心なしかスピードが遅い・・・プラケースがテカテカの黒に変わってる・・・内一個はケース止めビスが斜めに入り、裏蓋が浮いている
・・・付属ホーンが硬くてなかなか入らない・・・以前のよりギア音が大きい・・・そういえば、ネット画面にMG996Rと書いてあるものの、タワープロと銘打ってはなかった(写真にはTowerProのシール・写ってるが)・・・。

チャイナ製同士のコピー商品ってあるのかな?
不安になってきました。ちゃんと機能すれば良いんですが・・・
d0202319_19575092.jpg

困った、と言うよりドジな話です。

先日所用があって埼玉某関越方面へ出掛けました。
帰りに、ヤオコーへ寄ろうとステアリングを切ったら、歩道との境、とても高く出来ている縁石へ
左リアタイアを擦ってしまい、駐車場へ停めた時点・すでに空気は完全に抜けた状態。

バーストのようなパンクは初めての経験。
側面・バルブあたりに亀裂が見えると思いますが、こうなったら修理不可能です。
スペアタイアは積んでないし(パンク修理キットだけ)JAFを呼んでも、遠く東京まで
引っ張ってもらって直る訳でもないし・・・

運良く、ヤオコーの隣がイエローハット。
月末増税前駆け込み需要・4時間待ち、キャリアカーで運んで貰い、
リア用に同一ブランド・同一スペックタイヤ2本揃えて装着、
(ヨコハマ ブルーアース)やっと帰宅できました。

YSFZ115S相当の出費(T . T)
by doublerainbow116 | 2014-04-07 21:59 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)