<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日のウイングス 20

d0202319_15554681.jpg

今日は大盛況。
TKMさん久々の出勤。
カスタムメイド小型電動機(3セル)で早くも吹上大会の練習?
d0202319_15541429.jpg

YKさん、初の電動フルサイズ。ニシオカ製サクセス。
d0202319_15435168.jpg

d0202319_15415634.jpg

KHさん、グランドスラムEP。Futaba製110クラス用モーターは、多少重量オーバーでも
良く牽いてます。
d0202319_16262624.jpg

先日検定会にてPC獲得使用機、プロエボとIGRSさん。
d0202319_15412568.jpg
d0202319_15395388.jpg

新調、遮光レンズメガネとApollo 90。
白内障初期の私にとって、フライト中の機体が霞んで見えているのを、
感で飛ばしていた問題、これで解決。
光の特定周波数(500ナノメートル)以下の短波長光(紫外線+青色光線)をカット、
モヤを取り除き、コントラストを強める効果があるそうです。

これで、上手く飛ばないのを目のせいに出来ないかな?
by doublerainbow116 | 2013-10-28 17:00 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

境界層板テスト飛行

d0202319_20103611.jpg

以前から、空禅師匠の真似をして、やって見たかった境界層板。
スチロールから切り出し、プラ板へスーパーXで接着、それをセロテープでウィングに貼り付け、
テスト飛行です。

Boundary-layer fence・・・アウト・フローと呼ばれる、主翼の内側から外側へ流れる空気を
遮断して、翼端失速を防止する・・・と参考資料で解説されています。

さて、あまり理屈の解ってない私としては、皆さんからの経験談・・・直進性が良くなった、
ブレーキが効く、などに魅力を感じたのは良いものの、どの程度のサイズが適当なのか
皆目見当つかず、先ずは大きめに作り、テストによりカッターで切って行く事にします。

飛ばして先ず感じたのは、ヨー軸の安定です。
ハーフリバースキューバンエイト・・・レールに乗った様に向かってきます。

下り演技で、僅かブレーキが効いているのか、方向安定の良くなった分余裕ができるのか、
いい感じです。

着陸において、接地寸前の失速しかかる機速での、揺れがないように感じます。
失速特性効果?

大きさ・形状、当てずっぽうで作りましたが、これで結果OKかも知れません。
境界層板付きのフライト感、大変気に入ってます。

d0202319_2094260.jpg

今日はジャイロのヘディングロックを試すつもりでしたが、Txトリムゼロ・リンケージ調整と
ノーマルジャイロ・フライトだけで時間切れ。
by doublerainbow116 | 2013-10-14 21:23 | F3A | Comments(0)