<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Apollo 90 + YS FZ115S ②

d0202319_14573011.jpg

Apollo 90に新品YSFZ115Sを搭載してから10フライト目を迎え、変化と調整をレポートします。
ニードル、スローバルブ位置はここへきて、やっと定まった様子。

3フライト目・・・1.5回強開けのニードルが甘くなり上空エンスト。2コマ絞ってOK。
5フライト目・・・スローからの立ち上がりでぐずつき、ニードル更に1コマ絞り。丁度1.5回。
7フライト目・・・再び離陸時にスローから立ち上がりでぐずつく。(空へ上がってしまえばOK)
9フライト目・・・スローバルブ更に開けて薄い方向へ(当初の2.5回開け+90°・・・3回開け近く)。
(追記 8/4 スロー薄すぎだった事判明、結果2・5回開けがベストでした)
(追記 9/30 結局、工場出荷状態・2回開けがベストでした)
10フライト目・・・スロー〜ハイまでのスロットル追従、スロー安定・・・良いようです。

フォトは、タペットクリアランス調整。
排気バルブ側タペットが緩んでいました。

コンプいい感じ・・・これで出来上がったかな。
気持良いエンジンパワー、満足です。しかしその分燃料大喰い!

d0202319_14563883.jpg

機体関係は、先ず舵角。
いずれも翼端でエルロン上下12mm、エレベーター上下13mmにて初飛行。
エレベーターは丁度良い感じ。エルロンは物凄かった!
そこでエルロン上下10.5mmに。
これでも凄いので、ホーン穴を変えて上下9mmに・・・良いようです。

スナップ、スピン舵角、癖どりミキシング、作業中。
最近のフライト、殆どが10m/sを越える風の中、癖どりどころじゃありませんでした。

搭載の、Rx用・つばさ工房Li-Ionバッテリー、Cクラス機では驚くほどの長持ち。
2日間8フライト(プラス・・・途中エンスト、離陸出来ず)、事前測定8.2v、終了後7.9v。
全て機体スイッチを経由、1AロードBR-2000で測定。
もう一日くらいノーチャージでいけそうです。

スイッチングレギュレーター使用は高効率で長持ち?
尚、アウトプットは6vを選択。
by doublerainbow116 | 2013-06-28 17:07 | F3A | Trackback | Comments(0)

ベルトダウン・スターター & AC/DCチャージャー

d0202319_12585040.jpg

リポ抱き合わせ一体型・ベルトダウン3.5:1、BlueBirdスターター購入です。
エンジン機だけやる限りは、長年の、重いカー用鉛バッテリー持ち運びから解放されそうです。

収めた4セル3300mAh35Cリポの取り扱い・・・電動系諸先輩に注意事項を伺うと、
フル充電保管は、バッテリーを痛める、環境温度など悪条件が揃うと危ない・・・。
そこで、前日に満充電後87%残まで放電、翌日飛行場で初使用。

d0202319_12581917.jpg

この二日間でYSFZ115Sを10回始動、76%残。
随分もつものですね。
d0202319_12572463.jpg

先日、某女優が馴染みの店で服を沢山買い込んだら、同じものが2〜3日後、
セール価格70%〜50%引きで売られたのを知り激怒した話がネットニュースに出てました。
店員が「もうすぐセールですよ、取り置きしましょうか」と言わなかったところに問題があるようですが、
裕福な女優さんにセールなんて失礼、と思ったのかも?ですね。

とかく人によっては、決算セール、などの言葉に弱いもので・・・前から欲しかったものですが、
HobbyNetのセールで、AC100Vも使えるチャージャーを購入。

主に自宅用、AC/DCアダプター付セット。
50Wですが、3セルで4A、4セルで3Aほどは流せそう。
しかし、ストレージ充放電時、放電Max1Aなので、時間のかかる事が残念。
by doublerainbow116 | 2013-06-24 14:13 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

エレガットギター

d0202319_221297.jpg

夕食で玉川高島屋へ行った帰り、ふとライズショッピングセンターの楽器屋さんへ寄ったのが
いけなかった!

ギター売り場で妻にレクチャーを、「これがマーティンのトリプルオーの28、
エリッククラプトンモデルで、ショートスケールなんだ」
「これはテイラースイフトが使ってるけどジェームステイラーは使ってない、テイラーのギター」・・・
すると女子店員が微笑んで近寄ってくる、「どうぞ手にとって、お好きなのを」
じゃあ、これいいですか?と試し弾きさせてもらったのが、結局買ってしまった
このエレクトリックガットギター。

店内見渡す中では、一番安い19800円でありながら、エレクトリック・ピックアップも付いた、
Lumberというチャイナメイドのエレガット。
弾けば思った以上、響きの良さ。(他にもう一本試した国内最大手楽器メーカー製、
5万円のギター以上)

弦高(ネックから弦の高さ)がチョット開き過ぎて弾きにくい事をのぞけば、コストパフォーマンスの
高さ、ユニークな薄型ボディー、正確なフレット打ちによるピッチの良さ、
そして何よりも掘り出し物を見つけた時の様に惹きつけられる、不思議と倍音成分の多い音色。

衝動買いとも言えますが、私を待っていてくれた・・・とも解釈します。


d0202319_2202812.jpg

通常のガットギターに較べ2/3ほどの厚み。
セミアコエレキギターよりちょっと厚いくらい。

プリアンプにはボリューム、3バンドトーンコントロール、チューナー(440Hz基準)、
フェーズ切り替え(180°位相変化による、ライブ演奏時のフィードバック、ハウリングサプレッサー)
付き。

d0202319_21592187.jpg

弱点の弦高を早速改造です。

先ず、現状12フレットで6弦4.0mm、1弦3.2mmの弦高を計測してから、サドル(ブリッジで弦が
乗るパーツ)を取り出します。
・・・通常、弦高はフレットのかまぼこ状頂上と、弦下部との隙間を計測。

底辺1mmにマークラインを引き、板付きサンドペーパーで正確に削り、サドルの高さを落とします。
ナット(ヘッド側、弦が乗るところ)も僅か、サンドペーパーで溝の底辺と、弦が振幅で触れる角を
落とします。

また、ネックが少々順反りしているので、鉄芯のトラスロッドをクロックワイズ90°ほど、
六角レンチでネック修正。

これで、結果、12フレットで6弦2.8mm、1弦2.0mmに。

だいぶ弾きやすくなりました。

羊の腸で作った弦(Gut)を昔使っていたので、ガットギター或いはクラシックギター
と呼びますが、若しかして、中学生の時親に買ってもらった初めてのギターはガットギター、
それ以来です!

どの弦(現代はナイロン製)がピッチ良いのか、テンション的に弾きやすいのか、音色は?
テスト中。

追記(2014/1/20)

御試聴を

うちのネコのインスタグラム投稿BGM、このギターで弾いてます。
文字クリックでウエブスタグラムから見ることができます、
Instagram


by doublerainbow116 | 2013-06-18 00:16 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(6)

初めてのTx用 Li-Fe

d0202319_20422622.jpg

長く使ってきた、JR 9X・送信機用ニッカドバッテリーがだいぶ弱ってきたので、
この際初体験、Li-Feを使って見ることにします。
9X用純正部品としては、ニッケル水素バッテリーしか発売されてないので、Kypom製2100mA、
3セル四角型・JR,Futabaコネクター付きを購入。

ニッカド装着時に使用した隙間埋めスポンジは外し、薄いIMスポンジシート3mmを片側に貼れば、
ピッタリ、ガタなしで収まります。

フォトでは、Txと接続したまま、Futaba用コネクターとバランスコネクターで充電器と繋いでいます。

セルあたり3.3V、トータル9.9V。
満充電時セルあたり3.6V、トータル10.8Vだそうで、使用時の電圧降下カーブを解ってないので、
使いながら、電圧表示からの残量推測を覚えて行く必要があります。

使い始めとして、どの程度の電流がバッテリーにとって負担にならないのかも判らないので、
フォトでは様子見・1C以下で充電中。
説明書には「5A以下で」と書いてありますが・・・

また、「一度満充電になったバッテリーには追い充電しないで下さい」
「満充電のまま保管するとバッテリー劣化の原因となりますので・・・」
など注意を受けるも、保管って、半日とか丸1日満充電状態は・・・保管の範囲?

真夏、場合によっては車中温度がかなりの高温にまで達する環境下、
プロポのリチウム系バッテリーの安全性って大丈夫?

まだまだ、分からない事だらけです。
by doublerainbow116 | 2013-06-03 21:56 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)