<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日のウイングス ⑧

d0202319_1455747.jpg
d0202319_1474365.jpg

何といっても、目立っていたニューウエポン!二機。

先ず、HobbyNetからリリースされている、Proline Evolution、通称・プロエボ。IRSさんの愛機。
YSFZ115S、APC16x10,JR 12X。

デカイです。翼面積57.2d㎡はホンの一昔前のフルサイズ。
それでも重量4kg前後ですから、この点だけでも低翼面荷重による高性能を窺えます。
115Sのエンジンパワーは、既に120ACあたりより勝っているでしょうね。

飛んでいる時、ボコボコと低いエンジン共鳴音が聞こえるのは、アルテアと同じようなコンポジット翼、
コンポジットボディーのキャラクターですが、心地よいサウンドです。
飛ばしこんで、調整後が楽しみです。

そして、もう一機。
KHRさんの、カシオペア製スタリオン。
えっ!これがBクラス機って言う程、これもデカイです。
ウィングスパン1500mmは昔のCクラス機・・・コルセアアクロナイツ45、オーロラ45と同じ。

胴体の形状他、レイノルズ数(懐かしい!最近この様な会話無いです
・・・あまり解ってなくて、でしたけどね・・・?)によるフライト安定性向上。
翼形・動翼設計による、挙動性能。
YSFZ70S,JR 11X。

ありふれた言い方ですが、二機とも「ひとクラス上の性能と存在感」・・・ですね。
by doublerainbow116 | 2012-03-26 14:55 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

Fender Telecaster

d0202319_1253478.jpg

フェンダー・テレキャスター・テキサススペシャル(フェンダー・ジャパン製)。
正式名称・TL52-TX(ヴィンテージ1952年型をベースにした、テレキャスター・
テキサス・・・の意味)
探していた音はこの楽器だった!ことが判明、そうなると居ても立っても居られず、
購入です。

このところ、気になるギターサウンドの使用ギター及び使用ピックアップを調べると、
ピックアップがフェンダー・カスタムショップ(US)製・テキサススペシャルである事と
判明。
このピックアップ、ストラトキャスターバージョンも有り、SRV(スティーブ・レイ・ボーン)が使っていた
事で有名。
アルニココアに、コイル巻線数を増やし、出力増とミドルハイレンジのブーストを図った設計。

Brad Paisley,James Burton,Doug Seven・・・彼等の様なカントリー系チキンピッキング奏法
(ピックと中指、薬指同時使用)の練習からスタートです。

初めて入手したテレキャスターは40年程前、友人から譲ってもらったものでした。
それから、かれこれ4本目のテレですが、それぞれの楽器にストーリーがあります。

楽器店へ探しに出かけ、2店目、手にした4本目にして、身体と気持にフィットするテキサススペシャルと
出会えました。
ネックを握った時、音を出した時、「これは違う」「これは合ってる・・・上手くやっていけそうだ」など、
判ります。
新しい楽器を手に入れると、ギターにオーディオ等で音楽を聞かせたり、同じ部屋で生活を共にします。
だんだん馴染んでくると、信頼できる友人・・・努力に応えてくれるようになってきます。

新しい車を買って、座席のビニールカバーを外してないオジサンのように、
店頭用テキサススペシャル・ステッカーとプラ部品ビニールカバーがまだ付いてます!
(イマドキ、カバーは外されて納車されるので、この様な光景は見なくなりましたねぇ〜)

d0202319_13303279.jpg

by doublerainbow116 | 2012-03-21 14:40 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)

Phoenix フライトシュミレーター ②

d0202319_2323575.jpg

このシュミレーター、「トルクロール・段階式上達練習マシン」のようなモードが付いてます。
ワンステップ目はスロットルのみの操作~次にエルロンも・・・とステップを踏み、
最後には全て自力で・・・となりますが、どうも上手く出来ない!
実際のアクロ機での成功実績率1~2%じゃ、シュミレーターでもまだまだ・・・

フォトはスロットルのみ操作状態・・・これでは楽勝!
d0202319_23255732.jpg

大型複葉アクロ機は楽しめます。

話変わって、「その後」諸々。


VENUS初飛行・成功!
まだワンフライトだけですが、ユックリと、機敏に飛びます。

ローコストサーボ・TowerPro MG996R
約50フライト過ぎ、何も問題は起きてません。
4.8vではなく、6vを送り込むと、ニュートラル付近の初速不足が解消されます。
これは、モーターの特性(コアレスではない)から来る弱点の様です。
でも十分、私にとっては使えてます!
とは言っても、ラダー以外には恐いですが・・・
by doublerainbow116 | 2012-03-15 00:21 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

Phoenix フライトシュミレーター

d0202319_2017152.jpg
d0202319_2017434.jpg
d0202319_2018699.jpg

Phoenix フライトシュミレーターVer3.0が稼働開始です。

以前より、パターンフライト練習が出来るシュミレーターを欲しいと思いつつ、
どのソフトに手を出せば自宅PC・動作環境を満たし、且つ練習に役立つのか、
迷って数年が経ちました。

RealFlightも一度は考えたものの、PCのグラフィック能力が強力でないと・・・などの使用感
を聞くに怖気づき・・・
だからと言っても、Phoenixの必要動作環境を読めど、グラフィックチップxxx以上など良く分からず、
値段がRealFlightの約1/3である、JRプロポを標準に作られている、などを根拠に
エィヤーっと注文してしまいました。

無料デモをHPからインストールしてみると、画面は動くが音は出ません。
ここで既に、サウンドカードがDirectX 9以降のニューヴァージョンでないと・・・なんて事に直面!
Windows HPからのダウンロード・ヴァージョンアップで音はでましたが、
果たしてちゃんと動くのだろうか?の不安を胸にDVDソフトとプロポインターフェースの到着を待ちます。

さて到着し、早速DVDからインストールします。
不安的中。画面に「 ドライブが正しくありません、エラー1327」!!!
どうやっても、エラーになってしまうので、輸入元に問い合わせたら、
丁寧に教えてくれました。

ディスクドライブしたデータのC領域へ行くべき設定が、何故かF領域(外付けHD)へ行くように
変わってしまっていた為で、教わった通りにコンピューターの設定変更で、インストールに成功。
送信機キャリブレーションなどのセットアップも完了、動き始めました。

かなりリアルな画面・・・
これでP-13の練習、出来そうです!
by doublerainbow116 | 2012-03-03 21:38 | ラジコン飛行機 | Comments(9)