<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ギターペグ交換 その後

d0202319_1244048.jpg

ギターを改造、学校のライブで講師として演奏、でどうなったのか、ですが・・・
エレクトリックギター&ボーカルでブルースを、と申告してしまい自宅にて練習するも、
録音してみたら、余りにも『下手」で一時は精神的パニックに。

頭の中、完成イメージは出来上がっているが、指、喉、横隔膜の筋肉が脳の指令どうり動かない現象ですね。
何せ、35年間ほどのブランクですから。
ライブ前、3週間毎日、仕事の合間、朝夜自宅で練習しました。

本番では、生徒達の声援も助けになって、ブルースの神様降りてきてくれたようです!
ギターもチューニング狂わず、良い音で鳴ってくれました。
d0202319_12451264.jpg

改造エレアコギターも、生徒を伴奏する曲にて使用。
アタッチしたピックアップ(フィッシュマン)の音色クオリティーは良いのですが、キャラクターの地味さが欠点でした。
そこでフォトでは、各種エフェクター実験中。
結局エンハンサーという「失った倍音成分を増幅し、各周波数帯域における位相を補正する」エフェクターが
一番効果的で、本番に使用。
倍音増幅効果で派手な音になります。
d0202319_12472430.jpg

そのエンハンス効果に味を占め、自宅録音ライン系統用に2chエンハンサーを購入。
ミキサーマスターアウト→コンプレッサーの後、A/Dコンバーターの間に挟む予定です。
by doublerainbow116 | 2011-12-25 13:43 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(2)

私の教科書

d0202319_1872454.jpg

d0202319_19105929.jpg

私にとってバイブルの様な本をご紹介します。

PISTON AERO ENGINES
レシプロ航空機エンジンをライト兄弟の時代から現代まで写真・構造図で解説。
燃料熱量計算他、判らない化学・物理の計算式も出てきますが、構造図・パーツ分解図
を眺め機能を想像するだけで楽しくなります。

例えばフォト1。
58年間、水上機スピード記録をホールドしていた、シュナイダーカップでお馴染み、
Macchi(マッキ) MC 72 のエンジン、Fiat AS6。
V-12を2連ジョイント、各エンジン同軸シャフトからプロペラを二重反転させます。
スーパーチャージャー付き2850Hp、1931年初飛行・・・700Km/h越えしたそうです!
流石イタリア。
一説にはこのエンジン、ムッソリーニが国威高揚への政治目的で後押ししていた、とか。

ジェットに変わった現代、この様なレシプロモンスターエンジンは現れません。
d0202319_1971837.jpg

陸海軍戦闘機写真集。
フォト3・・・隼Ⅲ型甲。アメリカでレストアされた唯一飛行できる隼。

戦争反対思想でありながら、戦闘機大好き・・・矛盾?
d0202319_198128.jpg

ラジコン技術 増刊'69
60年代半ば、私未だ子供・・・親に反対され到底ラジコンを始める事は無理でしたが、たまにこっそりと
ラジ技だけは買いました。(それが30過ぎて叶います・・)

マルチ・ラジコン機のすべて・・・特に巻末特集、「マルチ曲技機の設計」読み応えあります。
RCにおける航空力学をアメリカのRCフライヤーでもあり、物理学者・心理学者・ベンハーマン、
ジャックケープハート両氏による著述。
理論となると、大抵堅い退屈なものになってしまいますが、これは、実際の友人でありフライヤー達・・・
ダグスプレング、フィルクラフトがこう設計修正し失敗した・・・フィルのクイックフライには
こういう欠点が有る(クイックフライ・ダンス・・・尻振り挙動がある条件で出る)などなど、
実践的で大変面白い理論書になっています。

想い出すと読み返します。
機体設計するわけでもなく、楽しみとして。
尚、表紙はMKブルエンの基になったと言われる、セミスケールスタント機。
by doublerainbow116 | 2011-12-20 20:29 | 飛行機 | Comments(0)

蔦屋書店 代官山

d0202319_1445258.png
d0202319_14461699.png
d0202319_14475646.png

代官山の更地から古代遺跡が発掘され、長らく工事延期されていたTSUTAYA代官山。
蔦屋書店 代官山とネーミングされオープン、興味津津覗いてきました。

本のセル、CD・DVDのセル&レンタル、スタバ、オシャレなカフェ、ファミマが広い敷地ゆったりと
OTONAの空間がコンセプトだそうで、ビートルズ関連マニアックな本(オープニングデイに、
小野洋子さんいらしたそう)から私達の世代が喜びそうな、マリリンモンロー、ヒッチコック、
フレンチヌーベルバーグ、マニアックな邦画(成瀬巳喜男とか)・・・
そして50's~60's~70'sロックR&BジャズのCDが充実。

国内物もYMO関連から加藤和彦さん遺品展示・・・
加藤さんの使っていたストラトキャスターや衣類が展示されていましたが、これにはビックリ。
実は、ミカバンドUKライブツアー時、私はマネージャーとして渡英、一緒に時を過ごしたギターと
展示品としての再会でした。
感慨深いです。

カフェでは食事、飲み物メニューを全て、用意されたiPad2の操作で見る様になっています。
iPad2で店内書籍、CD・DVDの検索もできます。
iPadがいじれなければ、お茶も飲めない時代ですねぇ!(なんちゃって)
そういえば、ANAの客室乗務員全員にiPad2が渡され、紙のマニュアル類が無くなったそうですね、
師匠!

店舗の造りとして面白いのは、歩いていると、本屋さんから何となくスタバになり、何となく
ファミマになったり・・・仕切りが無いんですね。
CD試聴はプライベートな机と椅子が用意され、寒くない日だったので、
Wi-Fiはフリーで繋がるし中庭でスタバのコーヒー飲んだり、幾らいても飽きない空間でした。
by doublerainbow116 | 2011-12-12 15:46 | 社会 | Comments(0)

YSFZ110 復活

d0202319_21541256.jpg

修理で送ったエンジンは、火曜日に犬山到着の予定でしたから、まあ戻りは来週かと思いきや、
早々と本日金曜日、私の所(東京)へ帰還しました。

クランクケース、工賃でそれなりに(1万円近く)かかるものと思っていたのですが、
有り難い事に、無償修理!

劣化交換のパッキン代と送料のみの請求・・・ということはクレーム処理として扱ってくれた
訳です。(某社では考えられない事)
こういう所が、まさに企業の良心、世界のYamada Engine!


昔、YS120ACのバルブを止めるCリングが運転中外れ、バルブが下に落ちピストンまでも痛めた
ことが・・・。
正常な使用中に起きた旨、詳細なレポートを添えて送ったら、エンジン内側ほぼ全交換で
無償修理でした。

一方、JRへ今まで修理代を払った記憶が有りません。
交換パーツ代、オーバーホール工賃等は有償ですが、故障については保障期間の6か月過ぎても
無償でやってくれている様。
さらに、最近パーツ代金(ポテンションメータ、サーボギア他)を送金する為の現金書留封筒が
同梱され、更に、既に500円切手まで貼ってある事があり、「申し訳ない」気になります。

優れた技術、企業理念、企業モチベーション・・・全てが互いに関連する、秀でた企業のファクター、かな?

ところで、クランクケースは形状変更されています。
補強でしょうね、リアベアリングの辺りが太くなり、筋を前後に渡り追加。
だけど、私のは110最終ロット、直ぐあと110Sへモデルチェンジされました。
110と110Sでは、レギュレター構造上共通パーツではないはず・・・このニュークランクケースは
何でしょうね?
by doublerainbow116 | 2011-12-02 23:12 | F3A | Comments(0)