<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スカイカンガルー号初飛行

d0202319_229413.jpg

今日、早速初飛行です。・・・やはり緊張しますね。
お陰さまで成功!ホッとしました。
長い製作期間が報われます。

頂いたまま回したことの無い、OSFP15のニードル調整、エアブリードスロー調整。
一旦エンジンを止めタンク周りの洩れチェック、エンジン取り付けビス増し締め、メカの取り付け点検。
そして、初フライトです。
d0202319_22103579.jpg
d0202319_22115177.jpg
d0202319_22281177.jpg
d0202319_2229897.jpg
d0202319_22303230.jpg

穏やかな速度・・・ラダーと強い上反角による旋回・・・久しぶりで嬉しくなります。
アプローチでランディングコースへ導くと、スゥーとレールに乗った様に向かってきます。
正宙返りは出来たけど、ストールターンは無理でした。

赤とんぼ、赤ウィングに仲間意識かな、秋の気配・・・

フォトを空禅師匠、普サラさんに御協力いただきました。
by doublerainbow116 | 2011-08-28 22:58 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(4)

スカイカンガルー号リンケージ終了・完成

キットの箱を開けてから優に8カ月。リンケージ終了、完成です。
キットからの製作は楽しいものですが、不慣れと製作能力不足による幾多の壁を乗り越えて辿り着きました。
フルサイズパターン機を生地半完からフィルム、一部塗り、リンケージへと完成させた経験はありますが、
小型モーターグライダーであっても、費やしたエネルギー量って、それと同じ程度だった・・・かな?

経験だけは長くラジコンをやっていると、色々と心配症になってきます。
構造強度、リンケージの確実性と軽量化の両立。 対オイル耐性(エポキシレジンorクリアウレタンコーティング)・・・
あれこれ考える時間、試してみるパーツの調達・・・試行錯誤です。
d0202319_16502412.jpg

72MHzレシーバー使用のため、アンテナ処理が「伝統的」です。
タンクルームハッチも木ネジと輪ゴム止めの伝統的・・・。

重心位置の図面指定、前縁55mm《テーパー翼計算上29%》へ調整のため20gおもり使用。全備重量920g。
メカの重かった時代、設計図に示された重量は1000g。
サーボ、レシーバーの更なる軽量化、メンテナンス性を犠牲にした搭載位置を施せば、880gで仕上がるでしょう。
d0202319_1651888.jpg

エレベータホーンはキット付属の軽量金属パーツ。それにφ1mmロッドアジャスト・ストッパーを取り付け使用。
d0202319_16515096.jpg

ラダーホーンも付属の金属パーツ。付属ナイロンワイヤーからIMコントロールケーブルセットS(φ0.5)へ変更。
d0202319_16524221.jpg

エレベータリンケージを、IM SUSロッドφ1mm⇒IM ノイズレスパイプ内径1.2mm外径1.8mm⇒IM ノイズレスパイプ内径1.8mm外径3mm・・・ダブルチュービングで作成。
ニュートラル、スムーズ性共に問題なさそうです。
スロットルをφ1mmピアノ線→IM ノイズレスパイプ黒(内径2mm外径3mm))でリンク。
JR3021サーボをエレベータとラダーに、Futaba143サーボはスロットルに。
d0202319_16532279.jpg

OS FP15エンジン。取り付けスラスト、ダウンー3°、サイド2°。
フェルフィルター(アストロホビー)、以前吹上の大会で頂いた参加賞です!
by doublerainbow116 | 2011-08-19 18:40 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

ショーンのカリフォルニア便り ④

続いてこれもF3A、オールドレギュレーションF3A。
ショーンから送られてきたフォト説明には、60エンジン、ターンアラウンド以前の旧演技ルールで、
競技会が開かれました、とあります。

流石、アメリカ人は面白い事をやりますね!
そして、昔の機体を引っ張り出してきたのではなく、いずれも新作の様です!

彼への返事には、『私はこの考え方のラジコンの方が好きだよ』と書きました。

機体とエンジンのコスト。
素人でも、ハケ塗りやフィルム貼りでも、キットからそれなりの機体に仕上がる達成感。 
そして凝り過ぎてない演技ルール。
これ等の要因に反する事で、近年F3A離れが一般的に進んでいる様に思います。
昔はMK、Yoshiokaやテトラのキットからパターン機を作り、検定会などへ行ったものですが、
私のような一般素人の作った機体では、完成機に太刀打ちできない事が判ると、
次第に冷めてきます。
旧ルールの方が、その性能較差は少ないのでしょう。

フェニックス、キュラーレベースのデイブブラウン機・・・見覚えのある機体です。
アトランタって、日本のジグソー製じゃなかったですか?

私のオーロラ45(エンジンYS45FR),サーボ積めば飛ぶと思いますが・・・
騒音の問題あるかな?
d0202319_1311382.jpg
d0202319_13134586.jpg
d0202319_131555.jpg
d0202319_1316961.jpg
d0202319_13164433.jpg
d0202319_13171374.jpg

by doublerainbow116 | 2011-08-06 13:22 | F3A | Trackback | Comments(0)

ショーンのカリフォルニア便り ③

d0202319_16344292.jpg

音田選手F3A世界選手権2位、日本チーム団体2位、のニュースが聞こえてくる中、ショーンからこれも
F3A関連、懐かしのフォトが届きました。

彼の生まれた国はヨーロッパのルクセンブルク、今はアメリカに国籍を移していますが、
ルクセンブルク時代の1973年、国代表選手としてイタリアへ出向き戦った時のショット。
先日両親の実家へ戻った際、この新聞スクラップを発見したそうです。

大会優勝、世界チャンピオン、吉岡 嗣貴選手。
ブルーエンジェルを手に、当時ルクセンブルクの新聞に載ったもの。

下は3人のルクセンブルク代表選手団とチームマネージャー。
右から2人目、Jean Mershと紹介されています。(アメリカ人になる時、
ジーンからショーンへファーストネームを変えたとか・・・)
by doublerainbow116 | 2011-08-04 17:05 | F3A | Trackback | Comments(2)