<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Mobius GP110

d0202319_2022388.jpg

久しぶりにラジコンの話題です。
今日ウィングス飛行場で最も注目を浴びていたのが、メビウスGP110。
KHRさんが皆の為に人柱となり、早速の購入。
良さそうなら買うので早く飛ばせと、これまた皆のリクエストに応じ初フライトに成功!

サイズがデカイです。
フルサイズ機と見間違う程の存在感は、カラーリングからだけではなく、実際一昔前のDクラス機
(サイレント等)より実寸で遥かにビッグです。
コンポジット胴体は叩くと「コンコン」の反応、フイルム張りとは違う質感が剛性を期待させます。(主翼、水平尾翼はバルサ、フイルム)
更に、水平尾翼取り付け角可変機構にてシビアなセッティングが可能となっています。

YSFZ115Sのパワーに適したペラセッティング等決まってくると、最強のウェポンになって行くのは間違いないでしょう。
(宣伝文みたいになってしまいました)

d0202319_203326.jpg

TMIさんのメビウス70GP。
YSFZ70Sを装着し初フライトに成功。
エンジンのハイパワーもあって、これまでのBクラス機とは異なるフィーリングを醸し出していました。
by doublerainbow116 | 2011-03-27 20:47 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

放射線

今回も社会情勢により、ラジコン以外の内様でアップします。

東大病院@team_nakagawa のツイートにて、放射線被ばくが手際よく解説されています。
3月17日までのツイートはpdfにまとめられ、現在もTwitterで刻々と更新されています。
福島原発における放射線被ばくの解説
@team_nakagawa


大前研一氏のネット番組、3月19日付け修正版(コメントがスーパーで補足されています)に入れ替えます。(3月26日)

by doublerainbow116 | 2011-03-19 20:58 | 社会 | Trackback | Comments(0)

大震災 原発事故



現在社会の特殊事態を鑑み、今回は特別にラジコン、飛行機関係ではなく、大震災、原発事故についてアップします。
BT757Ch(ネット番組)にて、大前研一氏(経営コンサルタント、カリフォルニア大学教授、元日立原発開発員)が大震災、原発事故について大変解りやすく解説されています。
これを聞くことで、現状を正確に把握出来た気がしてちょっとホッとしました。

ニューヨークタイムスの取材した被災地フォトを追加します。
The New York Times
(規制された)日本の報道には無いリアルなフォトです。
日々更新されています。
by doublerainbow116 | 2011-03-15 20:08 | 社会 | Trackback | Comments(2)

レギュレターのキャパシティー

IRSさんから、「少し心配しています。」というコメントを頂きました。

『購入されたサーボがハイトルク、ハイスピードタイプの様であり、大型アクロ機使用のため、大電流消費が予想されます。
その為5Aレギュレターでは能力が追い付くかどうか不安に思います。
感覚だけでは説得力がないので実験してみました。
手持ちの標準型サーボ(DS589)のトルク軸へ負荷を掛け、電流値を見たところ、0.7A流れていました。それが4個同時動作では2.8Aになります。
更にハイトルクサーボとなると、かなりの増加が予想され、サーボの動きが弱くなるだけならまだ良いのですが、ノーコンになったら大変です。』

有り難いことに、先のブログ記事を読み、このような内容で心配していただいてます。
このようなサジェスチョンを受けられるのは、ブログをやっている事ならではの恩恵ですね。
本当に有り難いと思います。

さて、K&SのHPでレギュレター能力についての記述を探したところ、
HP中のブログに、この5A型レギュレターについて記載されています。

・・・言わばレギュレター耐久テストである。
結果・・・勿論公表値5Aでは何も問題も起こらない・・・
わかった事は、8Aまで規定の6Vが維持できる事である。
10Ax5秒間かけたところ(ニクロム線により負荷10Aにする)・・・
その時点の電圧は3.7Vまで低下した。
私はテスト結果に大満足である。なぜなら実際に10Ax5秒も受信機にかかることはないし、
その場合リード線が燃えてしまうからだ。・・・

一方別の日の記述では、
ロック時1個あたり1500mA超えのサーボも多くなってきた・・・
飛行機にて、平均3000mA超えの合計サーボ電流も確認している・・・

平均3000mAというのは、パターン機までのサイズを指すのか、大型ガソリン機まで含むのか判りませんが、
サーボの合計消費電流8A以内であることが判れば、この5A型レギュレターでOKの様ですが、
私の購入したタワープロサーボが、6サーボ計最大で何アンペア消費すろのか判るまでは、10A型などの余裕を持ったレギュレターキャパシティーを選んだ方が良さそうです。

実際、空へ上り、動翼にロードのかかる強風下の場合もあり、同時に5個のサーボが所定位置にホールドされるスナップ系・・・何アンペア流れるんでしょうね?
by doublerainbow116 | 2011-03-11 12:45 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

Extra 300S-160 用サーボ、レギュレター

d0202319_16504924.jpg
d0202319_165222.jpg

先のページでもお知らせした、ウィングスパン2040mm、全備6380g(予定)という私にとって初の大型アクロ機の準備に取りかかっています。
キット取り説に指定されているハイトルク金属ギア系サーボで揃えると、サーボ代がかなりの金額に達してしまう事は悩んでいました。

ふとヤフオクを眺めていると、タワープロの金属ギア・デジタル新型サーボ、MG996Rが目に停まりました。

動作スピード: 0.17sec/60°(4.8V時)、0.14sec/60°(6.0V時),0.12sec/60°(7.2V時)
トルク: 約13.0 kg/cm(4.8V時) 
     約16.0 kg/cm(6.0V時) 
     約19.5 kg/cm(7.2V時)
(数値は実験による最適環境下の最大値です。)
使用可能温度: -20°~ 60°C
動作電圧:4.8V ~ 7.2V
・・・と謳われています。

スペック通りの性能であり、壊れないのであれば、1個1600円!は滅茶苦茶に安いです。
今回6個買って、送料込み1万円以下!
以前、同社の995というサーボを購入し、OKモデル製コマンダー148(サンダータイガーPRO46エンジン搭載)に使用、表示スペックより動きの遅い印象はあったものの、問題なく使えた実績はあります。
しかしトルクの要る大型機で、どう結果が出るか未知数なのでイチかバチか!!初フライトしたら使用感含め、皆さんにレポートします。
尚、このメーカーのサーボ、面白いことにコネクターがJR規格、サーボホーンはFutaba規格です。

昨日、神田方面へ行く用事があったので、F産業へ寄りK&Sのレシーバー用レギュレター(5.2/6V,5A)を購入、この機体にてリチウムイオン、6V仕様を試す予定です。
by doublerainbow116 | 2011-03-06 18:26 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)