<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いにしえのA級パワーアンプ   謹賀新年 2011

d0202319_20454111.jpg
d0202319_20465442.jpg

今回は飛行機からちょっと離れ、レッスンルーム兼簡単なデモレコーディングに使用する自宅仕事部屋の機材をご紹介します。
機材といっても、大それた物は一つとして無く、コストパフォーマンスが命。

先ずは、モニター用パワーアンプとモニタースピーカーです。
このトランジスタアンプはキットから自作して、40年近く経ちます。A級回路という、もの凄く電力を喰い暖房機代わりにもなる割には15W+15Wしかない、今のエコ時代に真っ向から対立するアンプです。
二十歳前後の頃、今は「萌え~」のアキバ、パーツ屋、ジャンク屋通いが好きだった私はパワーアンプキットを購入、ダイデン商事という足の踏み場の無い店でした。

キットといっても基盤、基盤パーツ、パワートランジスタ・ペアがチャンネル分セットになっているだけで、シャーシ、電源系、放熱板などは勝手に揃えてね、俺は知らないよ、という大変不親切なキットでして、
友人からの情報・・・めちゃくちゃに安くて、音がいい・・・に動かされました。
確かキット代は片チャンネル三千円台だったと思います。

知ってる方には懐かしい、NECの2SA627と2SD188ペアのパワートランジスタ、自分で買い揃えたタンゴのトランスや原始的なダイオードの整流回路部品、ナショナルのケミコン・・・製作を始めたのは良いのですが、自力ではどうしても無理な事を痛感し、オシロスコープなどの測定器を持っているエキスパートの友人に調整他の助けを借り、完成まで辿り着きました。
よくワイヤリングで音が変わる、と言われる程オーディオ(アナログ)はデリケートなものです。この時起きた可聴域外での発振止めを、私には対策出来ませんでした.(この友人は現在レーザー照明開発の先駆者として活躍中です)

その後数年経ち、私は20代半ば過ぎに某レコード会社制作部へ入社するのですが、会社の編集室、スタジオで当時主流だったモニター用チューブパワーアンプ・マッキントッシュ275(Appleとは別のメーカー)、スピーカー・アルテック604Eを基準に、好き者社員が夜遅く集まり、編集室で「鳴き合わせ試合」を行っていました。、この自作アンプを持ち込み、善戦したように記憶しています。
当時オーディオブームでして、レコード会社内にもマニアが多く、いたる所で「俺のパワーアンプが勝った」だの「俺の作ったフォノアンプはマランツに勝った」だのとやっていました。

今でも自宅レッスンルームのモニター用アンプとして現役、活躍中です。
下の写真は、モニター用に使用しているボーズスピーカーですが、さすがフレッケンシーレンジの狭さは時代遅れの感があり、そろそろ引退かな?と思うこのごろです。
by doublerainbow116 | 2010-12-29 22:31 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(2)

サンセットランディング 

d0202319_22414734.jpg

このフォトはR/Cではなくコマーシャル機が日没前着陸する姿です。(離陸かな?)
以前から大好きなフォトなので、ブログを始めたら皆様に是非ご紹介しようと思っていました。

どうして好きなのか?ですか。
それはもう美しい、の一言に尽きます。
何故ここまでに飛行機というものに魅せられるのでしょう?
実機でもR/C機でも静の魅力(立ち姿)、動の魅力(性能を含めフライト時)これら両フェーズが織りなす魅惑とでも言いましょうか、特に自然と調和した瞬間、人工造形物である飛行機に生命とさえ同等の美、魅せられる気持ちを抱き感情が昂ります。

夕方パターン機を飛ばしていて、上げる時はまだ良かったのですが、降ろす時にはもう結構暗くなってしまった経験はお有りだと思います。
その時、赤い夕陽を背景に自分の愛機がシルエットで、更に、僅かな左右上反角がビタっと水平に決まりアプローチしてきた時、美しさの感動で私は涙ぐみそうになります。(ちょっと変かな?)
by doublerainbow116 | 2010-12-23 00:13 | Trackback | Comments(5)

捩じり下げ

d0202319_19244736.jpg
d0202319_19272648.jpg

長年の懸案であった、スカイカンガルー号(ムサシノ)をキットから製作に入りました。

思い起こせば、今から25年ほど前、あるクラブ新加入メンバーの入門機がこのスカイカンガルー号でした。
私が依頼され、初飛行を行いました。
風がやや強かった為、手投げ発進と着陸にはラダー機なりの苦労を感じましたが、上空へ上げてからスロットルを絞りグライダーフライト、
高度が下がればスロットルを吹かし又上空へ、と非常に楽しかった記憶はいまだに途切れませんでした。

ここで一念発起(大袈裟!)製作に取り掛かっています。
電動も良いですが、小型エンジン機も良いものです。

上のフォトで、この機体の特徴である捩じり下げ翼の様子が判ると思います。
製作図面の指示に従い主翼を加工して行くと、翼根部が下面フラットのクラークY的翼型から、テーパーに加工した翼端へ向かい
半対称的翼型(下面最大矢高より後ろは直線)に変化し、更に捩じり下げが付く、という感動的設計です。

捩じり下げ効果については、私などよりも空禅師匠に説明していただいた方が正しく説明できると思いますので省きますが、
翼端失速の起こる迎角を遅らせる効果、・・・ですよね。

未だ主翼ほぼ生地完成までの状態ですが、「鳥になりたい」の思いでフライトが楽しみです。
by doublerainbow116 | 2010-12-17 20:19 | Trackback | Comments(2)

ENYAエンジン贔屓

d0202319_1321421.jpg
d0202319_13203156.jpg

ENYAエンジン贔屓(びいき)

最近生産規模も、実際使っている人も益々減ってきて寂しい限りです。
私はどういう訳か、ENYAの肩を持ってしまうんですね。エンジンはENYA、メカはJRとなると単なる判官贔屓(はんがんびいき)のように思われてしまいそうですね。
パターン機用エンジンを今ENYAは出してないので、主にYSを使っていますが、贔屓には理由が有ります。

時は小学生時代11歳の頃、何とかUコンのセットを手に入れました。
エンジンはFUJI099、後ろに赤いタンクのついたヤツです。暫くしてプロペラシャフトが延長され、ニードル操作が安全になる前のタイプです。
機体キットが確か150円位。ボクサーとかフライチャンプって名前だったような?アルテア号というキットも買いました!
・・・(殆ど記憶が薄れているのでどなたかご存知の方知っていたら教えて下さい)。べニア胴体に湾曲翼形の穴が開いていて、嵌めるとべニア板が主翼になったんです!
エンジンはジャスト1000円、他にワイヤーだのハンドルだのテストベンチだの、神田錦町の科学教材社で一式3000円程だったと記憶してますが、

エンジン始動テクニックを持ってなかったのが最大の訳でしょうが、まあこのエンジンがなかなか掛からなくて、
言う事を聞いてくれずに大変苦労しました。
コロイド式の鉛蓄電池がセットに入っていたのですが、充電器というものを知らず、近所の自動車修理工場へ持って行き、充電してもらっていました。
小学校の校庭で休日Uコンをやっていました。授業のある平日、理科室でエンジンテストランさせてもらったり、結構理解のある学校でした。
ヒートバッテリー切れが原因であることに気付かず、一度も離陸せず夕闇が迫ってきた、なんて事ありましたね。

それから1年程経ち、同級生がもう要らないからENYA09を300円で譲るというので、交渉の結果250円で入手しました。(今手元に無いのでⅡ型かⅢ型か分かりません)
そのENYA09が掛かりは良く、パワーもある、永久の寿命があるのではと思わせる耐久性に感動してしまいました。
ENYA09搭載ベニア板嵌めこみ機(中心部は湾曲しているが、翼端はほぼ板状)が良く飛ぶので次第と仲間共同使用機になってしまい、かなりの回数飛ばすことが出来ました。
その後ENYA15,19,35など入手しましたが、35などは小学生の目から「こんな大きなエンジン怖い」と感じましたが今見ると35って小さいですね。
それ以来のENYA贔屓ですが、30才を過ぎてからエアプレーンホビーに今度はR/Cで復活しても、あの時の感動は強く残っていました。

R/C入門時、模型店でエンジンはENYA19Xで入門したいと相談したら、「OSにしなさい。ENYAのようなヤクザなエンジンを初心者が使うもんじゃありませんよ」と怒られてしまいました。
粘ったんだけどどうしてもENYAを売ってくれませんでしたね!(模型屋のオヤジ気質)
(その方の書いた雑誌製作記事では・・・ENYA、OS、2大メーカーのエンジンを使っていればまず安心です・・・とおっしゃってましたが???)
更に幾つかの好きな理由が有ります。

他社のエンジンは焼いてしまうと(オーバーヒート)歪んでしまい、一、二度のミスで性能的なピークが過ぎ去ってしまうように当時感じていました。
その点ENYAは丈夫な材質のお陰でそう簡単に挫けません。
ENYAはブレークインが難しいと言う方がいますが、上手く仕上げると固い噛み合わせと材質のおかげか、明らかに太いトルクを発揮します。
ノーマルマフラーを付けたENYA45Xアルクロームのスロットルを落とし、機体下りでブレーキ抵抗を受けた時の「コトコトコト」という独特なサウンドが懐かしいです。
このエンジンでブルエンJrをR/C初心者の頃よく飛ばしました。
確かにエンジンによってはあのG型キャブの気まぐれに泣かされます。(一切問題の起こらない、例えば53-4C初期型のようなG型キャブの例はあります)
もしかしたら、ENYAは長年に亘るエアブリード式へのこだわりを止め、近年リリースされるようになるTN式に早く切り替えていれば、展開は変わっていたのかもしれません。

間もなく発売のグローガソリンエンジン、期待しています。

写真は現在所有する2台のENYA、53-4CとSS25アルクロームです。
53-4Cは20年ほど前に購入したものですが、今でもファンタイガーに載せてリボンくぐり、風船落とし競技などで活躍中です。この20年一度もエンストしたことはありません。

by doublerainbow116 | 2010-12-13 19:48 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

続続 EDGE540 EP

d0202319_10452043.jpg

EP入門奮闘記、更に続きです。
話が前後してしまいましたが、アドバイスで用意していただいたブラシレス、ESC,リポ、コネクターが揃ったまでは良いのですが、
取り扱い、セッティング等については雑誌記事などに頼るしかなく、特にESCのセッティングにつては記述が見当たりません。
更に日本語の取説が付属されてなかったので、英文のインストラクションを辞書片手に理解しつつ進めました。

訳したインストラクションの一部をご紹介します。
●通常のスタート手順
step1 スロットルスティックを一番下のポジションに
step2 送信機のスィッチを入れる
step3 ESCのスイッチを入れる(通常はバッテリーと繋ぐ)
step4 システムが最小スロットルシグナルを感知すると、長いピーが1回鳴る
step5 システムがバッテリー電圧を感知すると、何回かの短いピッが鳴りその数はバッテリーセル数を意味する
step6 システムがセルフチェックを始め、もし正常であれば、♪123のメロデイーが聞こえるのでスロットルスティックを上げフライトスタートへ
(ESCのLEDはメロディーの間点滅している)

●スロットルレンジ(範囲)セッティング手順
step1 スロットルスティックをフルスロットル(トップ)位置へ
step2 送信機スィッチを入れる
step3 ESCのスィッチを入れる(通常はバッテリーを繋ぐ)
step4 システムが最大スロットルシグナルを感知し、2回のピッが鳴り、最大スロットルを
確認、記憶した事を意味する
step5 スロットルスティックを一番下へ5秒以内に下げる
step6 システムが最小スロットルシグナルを感知すると、長いピーが1回鳴る
step7 システムがバッテリー電圧を感知すると、何回かの短いピッが鳴り、その数はバッテリー セル数を意味する
step8 システムがセルフチェックを始め、もし正常であれば♪123のメロディーが聞こえるのでフライトスタートへ
もしシステムがスロットルシグナルを感知出来てなかったら、短いピッがずっと鳴り続け、もしセルフチェックで何かの間違いが発見されたら、20回の短いピッが鳴る

これはE-MAX 40についての説明なので、他のESCに適合しているかどうかは分かりません。

この先にパラメーターセッティング「ブレーキタイプ、タイミングモード(KV値による進角設定)、カットオフモード、スタートモード、
スロットルカーブモード、リポセル数、カットオフボルテージ、モーターローテーション(ノーマルorリバース)」と続くのですが、私はスロットルスティックによる設定を行いました。
しかし、どう考えてもプログラムカードで行ったほうが簡単に出来ると思いますので、そちらをお薦めして、省略します。
by doublerainbow116 | 2010-12-10 12:35 | Trackback | Comments(0)

続 EDGE540 EP

d0202319_11533170.jpg
d0202319_11542457.jpg


EP入門話の続きです。
右も左も分からないで、親切なネットショップさんと巡り会ったことをきっかけに、出費の少なそうなクラスから電動を始めましたが、(エンジン機の場合、通販で、周りに指導者なしで、というのは不可能に近いでしょうね)まだまだ分からない事だらけでした。
リポの取り扱いにしても、「燃える」「火事になる」等の雑誌記事や噂を恐れ、秋葉原へ行った時、F産業で「リポの耐火袋有りますか?」と尋ねたところ、2Fのカー用品フロアから何種類か持ってきてくれました。

我がクラブでは、電動の先駆者と称えられ、今やフルサイズPegasusフライヤーHolidayさん、クラブ新加入の電動先輩、I嵐さんのアドバイスを受けられるまでにノウハウが、この半年で急激に普及して来たように感じます。
先ず、この両先輩からアドバイスされたのが、”決めたペラのロードを掛けてフルスロットルにした時、ESCに電流がどれほど流れているか掴んで置かないと、オーバーした時ESCが燃えます”とのこと。
実際Holidayさんは「電動機のはずなのに排気の煙が出ているよ」と皆から指摘され、降ろしたら一万数千円のESCが燃えていた経験があるそうです。
この経験から、ペラ、リポを変えた時は必ずアンペア測定をすべき、とのこと。(彼は自動車修理関係のエンジニアなので、クランプ式のアンメーターを持っています)
私の初飛行時、そのアンメーターで測ってもらったら、E-Max 40(定格40A,peak 10sec 50A)
は37~8Aの辺りに収まっていました。

そこで、自分用に安いメーターは無いかな、と探していたところ、コスモテックからリリースされたばかりのワットメーターが2千数百円で売られているのを見つけて、購入しました。
ワット、アンペア、ボルト、ピークアンペア、が切り替えられロープライスながら優れ物です。(高いボルト~6セルとか10セルは測ったことが無いのでその場合の性能は知りませんが)
上のフォトがそれです。
尚コネクターは自分で用意、はんだ付けするようになっています。

次に、ブラシレスの温度管理です。
機体を降ろした時、ブラシレスの温度を測定し、チンチンに熱くなっていたらそのうち、ブラシレスかどこかが壊れる、とのことです。
私のは、毎回ランディング後測定すると、47~8℃だったので、上出来だそうです。
80℃辺りを越えるようだったら、危険領域というのが彼等の経験値です。
測定の時はI嵐さんのサーモメーターでブラシレスを測ってもらいました。
この離れたところから温度が測れるメーターはデジタル表示で、接触しなくても温度が分かるので重宝します。
ネットショップを探し購入しました。なんと、これはキッチン用品にあったものです。
下のフォトです。
by doublerainbow116 | 2010-12-03 13:36 | Trackback | Comments(0)