カテゴリ:社会( 8 )

白内障手術 2

d0202319_18385025.jpg

おかげさまで、手術上手くいった様です。
最初の右眼手術から約1ヶ月経ち、先生の意見伺ったところ、左右とも視力安定している、
そろそろ本番の眼鏡用検眼を、と言う話になり、眼科で処方箋作って頂きました。

Jinsは2度のレンズ交換6ヶ月以内なら保証ですから、早速、決定の処方箋で2度目のレンズ入れ直しを
お願いして来ました。
決まった矯正度に加え、これまでとちょっと違うのは、乱視矯正入り。

d0202319_1838719.jpg

これは、2度目のオペ(左眼)から3日目にJinsで、取りあえずのメガネとして作った時の検眼データ。
見え方に於いても感じていましたが、オペ直後の左がよく見えていたので、矯正度が弱くなっている。

d0202319_18382971.jpg


それが、数日後その左が徐々に見えなくなって来たので、保証期間中につき、
左だけレンズ交換してもらった時のデータ。

d0202319_18365838.jpg

余談ですが・・・

或る写真集を眺めていたら、昔の東京・秋葉原1963年に、フタバ産業の前身、双葉電子万世営業所
の看板発見!
d0202319_18363477.jpg

拡大ですが、看板見えますか?
万世橋ビルへ入り、1F奥へクネクネと入った所にゴチャっと在りました。

80年代になり、初心者の私は、何度か買い物で行くようになります。
初めて行った時、年輩のオジサンがFutabaプロポの8JNを買っている姿、どういう訳かよく憶えている、店員がしきりにAMとFMの違い・メリットを説明していた・・・
羨ましかったんでしょうね〜そういう私も今はオジサンだ !・・・そうそう、青年(私)はその頃、サンワのスタックMk2だった。

更に余談ですが・・・
オルトフォン(レコードプレーヤー・カートリッジのメーカー)代理店(取り扱い店)らしき看板が後ろに見える。
70’s、オーディオに凝りアキバ通いでした。
楽器ライン録音用としてインピーダンス変換トランスなど、自作パーツ買いに、このあたり良く来ていました。
今はPC周辺機器、当時はプロポキットや電子パーツ販売(三共へも供給)のロジテック(東京電子科学機材)で、テレビゲーム機キット買ったこと
ありましたね~、ファミコン登場以前の話。

既に「各種ラジコン模型」と看板に描いてありますが、最初は、双葉の真空管直売所だったそうです。

by doublerainbow116 | 2017-07-04 19:38 | 社会 | Comments(2)

白内障手術

ついに念願の白内障手術実施中です。

と言うのは、以前から白内障専門医に視力回復を目的として手術の相談するも、
矯正視力0.7~8あるのだから急ぐ必要はない、と断られてきました。
私は、150m先を飛ぶ動体の姿勢がちゃんと見える必要がある(ここでラジコン機の説明をして)、
いずれ手術することになるのなら、どうせだったら今やって欲しい・・・とお願い。

曇りより晴れの日の方が視界悪い、コントラストが落ちた映像のように輪郭が
見えなくなって来ている、ベールを被ったような視界だ・・・などと日常の自覚症状も訴え、
分かりました、やりましょう、と言うことに。

どうも術後、大して変わらないじゃないか、のクレームが私レベル(医学的には軽度の白内障)の患者から有るようです。

右眼の手術終わり、来週左眼ですが、右だけでも全く見え方が違います。
ブライトネス(輝度)が上がりました・・・色で言うと、ブラッディレッドに見えてたものが、右眼では
朱赤に見えます。
眼から40cmに焦点を合わせたレンズが入ったので、読書はメガネ無し、遠方はメガネで矯正
(これまでは20cm位で合っていた)。

両眼とも矯正視力1.2になる予定!

ご参考までに資料、抜粋。
d0202319_0451821.jpg


d0202319_0445679.jpg

by doublerainbow116 | 2017-06-11 00:51 | 社会 | Comments(0)

明けましておめでとうございます 2017

d0202319_15461.jpg


ウチの猫、Ryuryu嬢とLotta嬢から新年のご挨拶させていただきます。

特に昨年は、ラジコン界周辺に変化の訪れを感じます。
JRは経営上の人的問題も大きかったとは思いますが、ヘリをはじめセールスの世界的な低下、
11X以降の、ガンダム的プロポ デザインでおもちゃっぽくなった事も痛手・・・性能は良いのにね~、
(9X,12X等デザイン・性能・価格の完成度、非常に高かったと思います)
JRファンの私としては、今の現状、残念に思って止みません。

昔と比べれば、遥かに高性能・安全なメカが低価格で享受出来る反面、
ラジコン人口の減少に、マスプロダクト製品という宿命が対応できなくなるパラドクス。
フライトエリアが益々制約される今の時代、世界のプロポシェアーをFutabaとJRで6割以上
占める日本製の一角であるJRが、ホビー分野から基本的撤退するという方針(正式発表ではない)、
はラジコン界の現状を象徴する事件とも言えましょう。

JRは修理の対応・修理代、社是(謙虚な姿勢とでもいいましょうか)・・・
いずれも素晴らしいものでした。
それは創業社長から受け継がれた姿勢かと思いますが、結果的に報われなかった
となると、悲しいものです。

私ごとですが、白内障が治るまで、フルサイズは飛ばさないと決めています。
緑内障は進行ストップ出来てますが、この一年ほど前から、機体の姿勢がよく分りません。
でも、ラジコンは好きでたまりません。
目が治るまで、70クラス・近場でフライトです。
・・・発砲スチロール機のオリンパスでも、それなりの満足感ありますよ!

皆様、本年もまた宜しくお願いいたします。

by doublerainbow116 | 2017-01-01 02:38 | 社会 | Comments(0)

昭和の時代展

d0202319_2222174.jpg

立川にある昭和記念公園へ、紅葉といちょうの黄葉目当てに行ったら、
イベント・昭和の時代展として、懐かしの国産車が展示されていました。

これほど広い公園とは知らず、良く整備された敷地内を3時間、気持ちよく歩いていたら、
知らぬ間に1万5000歩到達(iPhoneの新しいアプリ・ヘルスケアによる)。
あとで調べたら、元々日本軍の立川飛行場、戦後アメリカに接収され米軍飛行場、返還後
昭和天皇を記念して公園に・・・。
散策中、展示に遭遇。

学生時代、憧れたプリンス自動車のスカG(スカイラインGT-A)・・・通称青バッチ。
直6エンジンを収める目的で、見た目のバランス無視で拡張したエンジンルームと
基が箱型乗用車のアンバランスが野蛮でカッコいい。

一度友人のレース仕様・スカG-B(赤バッチ)を借りたことありましたが、クラッチが重くて、渋滞で何度も
エンストです。
大藪春彦のハードボイルド小説に「羊の皮を被った狼」として登場します。
確か初代・狼はブルーバード410系SS(スポーツセダン)をチューンした、一見大人しい乗用車が登場、
いざという時スポーツカー顔負けの性能・・・こういうのが粋です。
(小説の中、チューンアップの詳細・・・キャブをミクニ・ソレックスに変更、など・・・解説が暫く続きます)

話は更に逸れますが、「羊の皮を被った狼」の極みはベンツE500でしょうね。
Eのコンパクトなボディに、5ℓ・V8エンジン。
足廻りをポルシェが担当(経営不振だったポルシェ救済策と言われていた)。
そもそも、ポルシェ928に使われていた水冷5ℓエンジンはベンツ製がベースと言う両社の関係。

一度、E500の窓にレース・カーテンが付き、ショーファーの運転する姿を見かけました。
外見普通の乗用車なので勘違いしたのか、一番値段の高い小型ベンツって注文したんでしょうね。
かなり奇妙でした。


d0202319_22205463.jpg

プリンス自動車・グロリア。
子供の頃、こんな優れたデザインの国産車は見たことない、と驚嘆。
d0202319_22202630.jpg

ニッサン・セドリック1900。
この頃までのセドリックは趣あるデザインです。
d0202319_22194596.jpg

ダットサン210系。
塗色に赤ってあったんですかね?
今見ても可愛らしい。欲しい!

d0202319_22191317.jpg

ブルーバード410系。
ピニンファリーナ・デザイン。
日本人には不評だったとか。

d0202319_22183911.jpg

ブルーバード510系・SSS(スリーエス)。
スーパースポーツセダンの略です。
当時「ヤングに人気」は、このSSSかベレG(いすゞベレットGT)。

d0202319_22172824.jpg

いすゞ117クーペ。
あのジウジアーロがデザイン。

私の妻が、免許取って初めてのクルマとして選んだのはこの117。
ラジコンフライトの帰り道、街道沿いの中古車店に展示されていた117・・・28万円の値札。
値切って22万円で妻用に買いました。
パワステではないのでステアリング重く、サスがリーフスプリングで硬く、流石中身はフローリアン
と嘆きつつも、デザインは素晴らしいです。

私も借りて、117でウイングス飛行場へ行ったものです。


d0202319_22165556.jpg

移築された古民家前に停まっていた、ダイハツ・ミゼット。
これはMPというタイプでステアリングやドアがあります。
それ以前のモデルは、オートバイのようなハンドルでしたね。

当時TVで、大村崑や芦屋雁之助が出ていた関西局制作コント番組の中、
生CMで出演者がミゼットの宣伝していました。
by doublerainbow116 | 2014-11-17 00:04 | 社会 | Comments(0)

TOKYU PLAZA omohara

d0202319_19574978.jpg
d0202319_1959166.jpg
d0202319_2035537.jpg

東京で暮らす割には、都心の流行りスポットに疎い私ですが、
オノボリさんよろしく、TOKYU PLAZA omotesandou harajyuku・・・覗いてきました。

この地、表参道・明治通り交差点角といえば、何といっても原宿セントラルアパート。
15年ほど前まであった、古いアパートメントです。
通りに面し一階にあったレオン珈琲店、中庭にちょっとパリの裏町っぽくあったカフェ・・・
住人・オフィスの殆どがデザイナー、カメラマン、服飾関係だったような。
70年代になると、地下ブティック街はサイケデリックファッションの店が目立っていました。

レオンや中庭のカフェへ、デザイナー・スタイリスト・カメラマン達との打ち合わせで、
昔、度々出向きました。

GAPなどを経て、新築オープン。
意外にも平凡なネーミング・・・トウキュウ・プラザですが、沢山のショップ、屋上にある「天空」のスタバや、
「世界一の朝食」のbills。女子が発狂する安くてセンスの良いAmericanEagleは一階に。
見晴らしの良い屋上スペース・おもはらの森・・・なかなかくつろげる造りです。
by doublerainbow116 | 2012-05-11 21:11 | 社会 | Comments(0)

蔦屋書店 代官山

d0202319_1445258.png
d0202319_14461699.png
d0202319_14475646.png

代官山の更地から古代遺跡が発掘され、長らく工事延期されていたTSUTAYA代官山。
蔦屋書店 代官山とネーミングされオープン、興味津津覗いてきました。

本のセル、CD・DVDのセル&レンタル、スタバ、オシャレなカフェ、ファミマが広い敷地ゆったりと
OTONAの空間がコンセプトだそうで、ビートルズ関連マニアックな本(オープニングデイに、
小野洋子さんいらしたそう)から私達の世代が喜びそうな、マリリンモンロー、ヒッチコック、
フレンチヌーベルバーグ、マニアックな邦画(成瀬巳喜男とか)・・・
そして50's~60's~70'sロックR&BジャズのCDが充実。

国内物もYMO関連から加藤和彦さん遺品展示・・・
加藤さんの使っていたストラトキャスターや衣類が展示されていましたが、これにはビックリ。
実は、ミカバンドUKライブツアー時、私はマネージャーとして渡英、一緒に時を過ごしたギターと
展示品としての再会でした。
感慨深いです。

カフェでは食事、飲み物メニューを全て、用意されたiPad2の操作で見る様になっています。
iPad2で店内書籍、CD・DVDの検索もできます。
iPadがいじれなければ、お茶も飲めない時代ですねぇ!(なんちゃって)
そういえば、ANAの客室乗務員全員にiPad2が渡され、紙のマニュアル類が無くなったそうですね、
師匠!

店舗の造りとして面白いのは、歩いていると、本屋さんから何となくスタバになり、何となく
ファミマになったり・・・仕切りが無いんですね。
CD試聴はプライベートな机と椅子が用意され、寒くない日だったので、
Wi-Fiはフリーで繋がるし中庭でスタバのコーヒー飲んだり、幾らいても飽きない空間でした。
by doublerainbow116 | 2011-12-12 15:46 | 社会 | Comments(0)

放射線

今回も社会情勢により、ラジコン以外の内様でアップします。

東大病院@team_nakagawa のツイートにて、放射線被ばくが手際よく解説されています。
3月17日までのツイートはpdfにまとめられ、現在もTwitterで刻々と更新されています。
福島原発における放射線被ばくの解説
@team_nakagawa


大前研一氏のネット番組、3月19日付け修正版(コメントがスーパーで補足されています)に入れ替えます。(3月26日)

by doublerainbow116 | 2011-03-19 20:58 | 社会 | Comments(0)

大震災 原発事故



現在社会の特殊事態を鑑み、今回は特別にラジコン、飛行機関係ではなく、大震災、原発事故についてアップします。
BT757Ch(ネット番組)にて、大前研一氏(経営コンサルタント、カリフォルニア大学教授、元日立原発開発員)が大震災、原発事故について大変解りやすく解説されています。
これを聞くことで、現状を正確に把握出来た気がしてちょっとホッとしました。

ニューヨークタイムスの取材した被災地フォトを追加します。
The New York Times
(規制された)日本の報道には無いリアルなフォトです。
日々更新されています。
by doublerainbow116 | 2011-03-15 20:08 | 社会 | Comments(2)