カテゴリ:飛行機( 9 )

零戦 脅威の構造と性能

興味深い映像に出会ったので、御紹介します。

ラジコンでも共通の課題・・・翼面荷重、ペラのピッチ、ミクスチャー、いろいろ出てきます。
タイトル通りの内容、詳細にかたられていますが、尻切れが残念。










by doublerainbow116 | 2016-05-02 12:01 | 飛行機 | Comments(0)

ボーイング787-9 組み立て

ボーイング787-9 組み立て

ショーンから面白いよ、とリンク貼られたメールが届きました。
ボーイング787の最新モデル、787-9の組み立て工程が速廻しで紹介されてます。
(10型は未だ飛んでないですよね?)
興味深い映像なので、御紹介します。

70%近くを外注(日本では三菱・川崎・富士重工が受注)。
エンジンはGEかRRを選択可。
259座席。

747改造・専用運搬機がチラッと映ります。
これで世界各国の外注先から主翼や胴体を運び込むのですから、規模デカイです。

ところで、8型の時起こった、バッテリー発火問題解決したのかな?
(リチウム系への切り替えで起こる問題、ラジコン界と同じ?・・・Sanyo/Panasonicに
しておけばよかったのに)


明けましておめでとうございます。 2016 !!
今年も宜しくお願いします。

by doublerainbow116 | 2015-12-31 19:21 | 飛行機 | Comments(0)

三菱MC-20

興味深い映像を見付けたので、ご紹介します。
昭和15年頃撮影された記録映画で、三菱MC-20・・・戦前・戦中、
日本の代表的輸送機・旅客機として活躍・・・開発から運用まで。
軍用としては100式輸送機(連合国コードネーム・Topsy)と呼称。

映像1.開発状況
   2.機体工場
   3.発動機工場
   4.運用












MRJ(三菱リージョナルジェット)の運用を3年後に控えた、三菱製輸送機の歴史を垣間見る事が出来、
そして、エンジン製造工程、主翼断面翼形、組み立て工程・・・、
興味を掻き立てられます。
by doublerainbow116 | 2012-06-08 22:10 | 飛行機 | Comments(2)

私の教科書

d0202319_1872454.jpg

d0202319_19105929.jpg

私にとってバイブルの様な本をご紹介します。

PISTON AERO ENGINES
レシプロ航空機エンジンをライト兄弟の時代から現代まで写真・構造図で解説。
燃料熱量計算他、判らない化学・物理の計算式も出てきますが、構造図・パーツ分解図
を眺め機能を想像するだけで楽しくなります。

例えばフォト1。
58年間、水上機スピード記録をホールドしていた、シュナイダーカップでお馴染み、
Macchi(マッキ) MC 72 のエンジン、Fiat AS6。
V-12を2連ジョイント、各エンジン同軸シャフトからプロペラを二重反転させます。
スーパーチャージャー付き2850Hp、1931年初飛行・・・700Km/h越えしたそうです!
流石イタリア。
一説にはこのエンジン、ムッソリーニが国威高揚への政治目的で後押ししていた、とか。

ジェットに変わった現代、この様なレシプロモンスターエンジンは現れません。
d0202319_1971837.jpg

陸海軍戦闘機写真集。
フォト3・・・隼Ⅲ型甲。アメリカでレストアされた唯一飛行できる隼。

戦争反対思想でありながら、戦闘機大好き・・・矛盾?
d0202319_198128.jpg

ラジコン技術 増刊'69
60年代半ば、私未だ子供・・・親に反対され到底ラジコンを始める事は無理でしたが、たまにこっそりと
ラジ技だけは買いました。(それが30過ぎて叶います・・)

マルチ・ラジコン機のすべて・・・特に巻末特集、「マルチ曲技機の設計」読み応えあります。
RCにおける航空力学をアメリカのRCフライヤーでもあり、物理学者・心理学者・ベンハーマン、
ジャックケープハート両氏による著述。
理論となると、大抵堅い退屈なものになってしまいますが、これは、実際の友人でありフライヤー達・・・
ダグスプレング、フィルクラフトがこう設計修正し失敗した・・・フィルのクイックフライには
こういう欠点が有る(クイックフライ・ダンス・・・尻振り挙動がある条件で出る)などなど、
実践的で大変面白い理論書になっています。

想い出すと読み返します。
機体設計するわけでもなく、楽しみとして。
尚、表紙はMKブルエンの基になったと言われる、セミスケールスタント機。
by doublerainbow116 | 2011-12-20 20:29 | 飛行機 | Comments(0)

世界で最も怖い空港グランプリ Ⅱ



怖い空港グランプリ Ⅱ

先ず、Hondurasu(ホンジュラスーーー中央アメリカ)Toncontin Airport
山に囲まれた盆地のため、アプローチ最後に急バンク後、侵入します。

悪いことに、滑走路の手前まで僅か標高が高いので、ブッシュをかすめて
ランディング。(ウィングス飛行場上流側とまさに同じ!!)

更に悪いことに、この日は横風、風見鶏で接地・・・
立地条件により横風用滑走路は無いようですね。

機体はB-757



France Courchevel(クールシュベルーーーアルプス)International Airport

スキーヤーを運ぶ目的の空港です。まさに山の中腹、ピットに落としたビスを探すような
労力で滑走路を見定めることを、パイロットは要求されます。
500m長、上下波打つ滑走路・・・大変そうです。

"007 Tomorrow Never Dies" ピアース・ブロスナン007・フライトシーンはここで撮影
された、との事。
by doublerainbow116 | 2011-06-04 15:15 | 飛行機 | Comments(2)

コンベア B-36 、10発エンジン機

d0202319_1448519.jpg

変わり種大型機として、一つ取り上げるなら迷わずこれですね。
レシプロからジェットへ過渡期の象徴といえる、エンジン構成です。
戦略爆撃機、初飛行1946年,USA
6発レシプロエンジン、プッシャー式プロペラに追加し、当時開発されたばかりのジェットエンジン2基組みを左右ウイング配置。計10発エンジン!!

原子炉を積み、原潜ならぬ原子力プレーンとし、飛び続ける空の司令部として核戦争に備える構想もあったそうです。

ジェームス・スチュアート主演映画、B-36登場シーンをご覧ください。

by doublerainbow116 | 2011-04-16 15:05 | 飛行機 | Comments(2)

ショーンのカリフォルニア便り ②

d0202319_2349192.jpg

ショーンからメールが届き、AMAの雑誌表紙にMitsubishi・carrier(艦上機)がFACピーナッツスケール大会で優勝と紹介されているので、とフォトを送ってくれました。
33cmスパン、ゴム動力、フリーフライト、精密且つ可愛らしいモデルです。

記念すべき日本海軍初の艦上戦闘機で1921年初飛行、128機作られました。
コードネームは1MF1、三菱10式艦上戦闘機。エンジン・イスパノスイザ 8シリンダー300HP、設計はイギリス人です。

彼は最近更にガソリンエンジン機へ走っているようで、DA 150を積んだエクストラ260を入手したとの事、近々フォトを送ってくれるようです。
by doublerainbow116 | 2011-02-18 00:29 | 飛行機 | Comments(2)

BAe146   DC-10

d0202319_9363328.jpg
d0202319_938121.jpg

①BAe146のLondon City Air Port上空。
このコマーシャル機のブリティッシュエアロスペース社は、起源を遡るとホーカー・シドレー更にデ・ハビラントへ辿り着きます。
4発、高翼という珍しい形態の短距離、STOLです。

②DC-10が海水浴の頭をかすめてランディング直前。

いずれも綺麗なフォトなのでご紹介しました。
by doublerainbow116 | 2011-02-06 23:43 | 飛行機 | Comments(0)

世界で最も怖い空港グランプリ



①世界で最も怖い空港、第4位に輝いたのは、香港KaiTak空港。
マレーシアエアライン、Boeing747のランディング。
山との関係で、アプローチ中の急バンクが凄い!

②見事第1位は、ネパールのLukla Airport 。
着陸、離陸に成功すると拍手が沸き起こります。
by doublerainbow116 | 2011-01-28 13:35 | 飛行機 | Comments(0)