カテゴリ:録音機材・楽器・音楽( 20 )

テルミン (Tepmeh)

d0202319_2225182.jpg
d0202319_22243026.jpg

長い年月、買ったまま放置状態だった、大人の科学付録、世界最古の電子楽器のミニチュアモデル、
テルミン・キット製作・・・と言っても15分で出来上がり・・・です。
1920年、ロシアのテルミン博士が発明。

二つの高周波発振回路をミックス、ずれから生じるビートを音として取り出し、
アンテナとかざした手の間のコンデンサ作用・・・静電容量変化により
ピッチを変える原理だそうです。

手とアンテナの距離で音程を変化させ、手を振動させるとピッチビブラートをかける事が出来、
名手と謳われた達人にかかれば、高度な演奏が可能。
テレビのドキュメント番組で見たことが有ります。

二つの発振器の周波数変化ボリュームでチューニング・・・かざした手とアンテナ感度距離と、
ピッチの良い所を探りますが、左手で本体を触っているだけで、アース効果により、
感度・ピッチが変化したり・・・音楽演奏レベルまで到達するには、かなりの修練が必要です。

楽器としてのシンセサイザーがMoog博士(後に性転換して女性になってしまいました)によって発明されるずっと以前、
約100年前の電子楽器、オリジナルは勿論オールチューブ式。
SF映画に登場する、UFOではなく空飛ぶ円盤って言われていた頃の効果音、ヒョロヒョロ~
っていう音、聞いた事あると思いますが、その音です。

ビーチボーイズ・グッドバイブレーションで使われ、ポピュラーに。
by doublerainbow116 | 2013-09-02 23:39 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(0)

エレガットギター

d0202319_221297.jpg

夕食で玉川高島屋へ行った帰り、ふとライズショッピングセンターの楽器屋さんへ寄ったのが
いけなかった!

ギター売り場で妻にレクチャーを、「これがマーティンのトリプルオーの28、
エリッククラプトンモデルで、ショートスケールなんだ」
「これはテイラースイフトが使ってるけどジェームステイラーは使ってない、テイラーのギター」・・・
すると女子店員が微笑んで近寄ってくる、「どうぞ手にとって、お好きなのを」
じゃあ、これいいですか?と試し弾きさせてもらったのが、結局買ってしまった
このエレクトリックガットギター。

店内見渡す中では、一番安い19800円でありながら、エレクトリック・ピックアップも付いた、
Lumberというチャイナメイドのエレガット。
弾けば思った以上、響きの良さ。(他にもう一本試した国内最大手楽器メーカー製、
5万円のギター以上)

弦高(ネックから弦の高さ)がチョット開き過ぎて弾きにくい事をのぞけば、コストパフォーマンスの
高さ、ユニークな薄型ボディー、正確なフレット打ちによるピッチの良さ、
そして何よりも掘り出し物を見つけた時の様に惹きつけられる、不思議と倍音成分の多い音色。

衝動買いとも言えますが、私を待っていてくれた・・・とも解釈します。


d0202319_2202812.jpg

通常のガットギターに較べ2/3ほどの厚み。
セミアコエレキギターよりちょっと厚いくらい。

プリアンプにはボリューム、3バンドトーンコントロール、チューナー(440Hz基準)、
フェーズ切り替え(180°位相変化による、ライブ演奏時のフィードバック、ハウリングサプレッサー)
付き。

d0202319_21592187.jpg

弱点の弦高を早速改造です。

先ず、現状12フレットで6弦4.0mm、1弦3.2mmの弦高を計測してから、サドル(ブリッジで弦が
乗るパーツ)を取り出します。
・・・通常、弦高はフレットのかまぼこ状頂上と、弦下部との隙間を計測。

底辺1mmにマークラインを引き、板付きサンドペーパーで正確に削り、サドルの高さを落とします。
ナット(ヘッド側、弦が乗るところ)も僅か、サンドペーパーで溝の底辺と、弦が振幅で触れる角を
落とします。

また、ネックが少々順反りしているので、鉄芯のトラスロッドをクロックワイズ90°ほど、
六角レンチでネック修正。

これで、結果、12フレットで6弦2.8mm、1弦2.0mmに。

だいぶ弾きやすくなりました。

羊の腸で作った弦(Gut)を昔使っていたので、ガットギター或いはクラシックギター
と呼びますが、若しかして、中学生の時親に買ってもらった初めてのギターはガットギター、
それ以来です!

どの弦(現代はナイロン製)がピッチ良いのか、テンション的に弾きやすいのか、音色は?
テスト中。

追記(2014/1/20)

御試聴を

うちのネコのインスタグラム投稿BGM、このギターで弾いてます。
文字クリックでウエブスタグラムから見ることができます、
Instagram


by doublerainbow116 | 2013-06-18 00:16 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(6)

Squier(スクワイヤ)5弦ジャズベース

d0202319_1223175.jpg

フェンダー社の廉価版ブランド、スクワイヤ5弦ベースを新規導入。
Vintage Modified JazzBass Ⅴ・・・70'sのフェンダー・ジャズベースを基調に再現。

年末、ライブ演奏の機会があり、これを機に並行輸入屋さんからの取り寄せ、
ギリギリで間に合いました。
しかし、5弦は初めての経験!(演奏間違えるかも)

Duncanのピックアップ付き。
ボディーがソフトメイプル。ネック、指板がメイプル。
フェンダーHPで見ると、ネック形状・U字型となっていますが、実際は薄くて幅広のD型。
昔所有していた、プレシジョン・ベース初期型に近い感触、弾きやすくてgoodです。

ボディー鳴り、ピックアップ特性とも、予想以上!
メイプルの効果かサスティーンが効いて、クリアで重量感あるトーン。
しかし、作りの雑なところも・・・
ピックガード止めビスがやや斜めに入っていたり・・・インドネシア製ということで、
これはご愛嬌。

オクターブ微調整、弦高微調整で、ピッチ・弾きやすさ向上しました。

フェンダー製34インチ・ロングスケールのベースを所有するのは、数十年振り・・・
やはり、このネックの感触、身体に収まる重量感、いいです。

追記
機会あって、EBSベースアンプ(タル・ウィルケンフェルド使用で有名)で鳴らしたら、それはもう、
重低音が最高に気持ち良い音!
by doublerainbow116 | 2012-12-14 13:04 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(2)

Fender Greta

d0202319_16344490.jpg

フェンダー社製、2W真空管ギターアンプ・グレタです。
先ずデザインから一目ぼれ、自宅練習用として導入。
さすが、チューブの音してます。トレブル上げても痛くない・・・という味ですね。
プリに12AX7,アウトプットに12AT7の2球式。
いずれ、ロシア製、チャイナ製、球交換で音の変化試してみます。(千円台で入手可能)

まさに40~50'sですね。
派手な「ラヂオ」的デザインコンセプトは、流石、近年息を吹き返したフェンダーデザイン。

VUメーターはヘッドアンプ段でのオーバーロード具合を表示。
外部AUX入力へiPhone,iPadを繋ぎ、モノラルラヂオ状態はノスタルジック気分で。
プリアウトプット、パワーアンプアウトプットも付いてます。

代理店・山野楽器経由の購入なので、117Vから100V仕様へ変更済みです。
(変圧器を用意しなくちゃ、と思っていました)

ウチのネコ、ロッタとツーショット。
by doublerainbow116 | 2012-08-16 19:24 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(0)

Fender Telecaster ②

先にアップした、新規購入、フェンダー・テレキャスター・テキサス・スペシャル、
・・・音です。

YouTube投稿、初体験ながら上手く出来たようです。

ノーマルのテレキャスとはちょっと違う、これまで、CDやYouTubeから聞き覚えのある、
パキッとした個性を持つトーン・・・感じて下さい。

映像は、2980円!自宅練習用ギターアンプを通した、まあまあのトーンですが、
先日、学校のライブにて、50Wクラスアンプで一曲弾く機会を得た時、
シャキーンと気持ちイイ出音でした。

それにしても、映像って残酷です。
どうしてもギターより自分の腹に眼が行ってしまう。
ダイエットします!


by doublerainbow116 | 2012-07-18 10:32 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(0)

Fender Telecaster

d0202319_1253478.jpg

フェンダー・テレキャスター・テキサススペシャル(フェンダー・ジャパン製)。
正式名称・TL52-TX(ヴィンテージ1952年型をベースにした、テレキャスター・
テキサス・・・の意味)
探していた音はこの楽器だった!ことが判明、そうなると居ても立っても居られず、
購入です。

このところ、気になるギターサウンドの使用ギター及び使用ピックアップを調べると、
ピックアップがフェンダー・カスタムショップ(US)製・テキサススペシャルである事と
判明。
このピックアップ、ストラトキャスターバージョンも有り、SRV(スティーブ・レイ・ボーン)が使っていた
事で有名。
アルニココアに、コイル巻線数を増やし、出力増とミドルハイレンジのブーストを図った設計。

Brad Paisley,James Burton,Doug Seven・・・彼等の様なカントリー系チキンピッキング奏法
(ピックと中指、薬指同時使用)の練習からスタートです。

初めて入手したテレキャスターは40年程前、友人から譲ってもらったものでした。
それから、かれこれ4本目のテレですが、それぞれの楽器にストーリーがあります。

楽器店へ探しに出かけ、2店目、手にした4本目にして、身体と気持にフィットするテキサススペシャルと
出会えました。
ネックを握った時、音を出した時、「これは違う」「これは合ってる・・・上手くやっていけそうだ」など、
判ります。
新しい楽器を手に入れると、ギターにオーディオ等で音楽を聞かせたり、同じ部屋で生活を共にします。
だんだん馴染んでくると、信頼できる友人・・・努力に応えてくれるようになってきます。

新しい車を買って、座席のビニールカバーを外してないオジサンのように、
店頭用テキサススペシャル・ステッカーとプラ部品ビニールカバーがまだ付いてます!
(イマドキ、カバーは外されて納車されるので、この様な光景は見なくなりましたねぇ〜)

d0202319_13303279.jpg

by doublerainbow116 | 2012-03-21 14:40 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(0)

ギターペグ交換 その後

d0202319_1244048.jpg

ギターを改造、学校のライブで講師として演奏、でどうなったのか、ですが・・・
エレクトリックギター&ボーカルでブルースを、と申告してしまい自宅にて練習するも、
録音してみたら、余りにも『下手」で一時は精神的パニックに。

頭の中、完成イメージは出来上がっているが、指、喉、横隔膜の筋肉が脳の指令どうり動かない現象ですね。
何せ、35年間ほどのブランクですから。
ライブ前、3週間毎日、仕事の合間、朝夜自宅で練習しました。

本番では、生徒達の声援も助けになって、ブルースの神様降りてきてくれたようです!
ギターもチューニング狂わず、良い音で鳴ってくれました。
d0202319_12451264.jpg

改造エレアコギターも、生徒を伴奏する曲にて使用。
アタッチしたピックアップ(フィッシュマン)の音色クオリティーは良いのですが、キャラクターの地味さが欠点でした。
そこでフォトでは、各種エフェクター実験中。
結局エンハンサーという「失った倍音成分を増幅し、各周波数帯域における位相を補正する」エフェクターが
一番効果的で、本番に使用。
倍音増幅効果で派手な音になります。
d0202319_12472430.jpg

そのエンハンス効果に味を占め、自宅録音ライン系統用に2chエンハンサーを購入。
ミキサーマスターアウト→コンプレッサーの後、A/Dコンバーターの間に挟む予定です。
by doublerainbow116 | 2011-12-25 13:43 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(2)

ギターペグ交換

d0202319_13403121.jpg

今回はちょっとラジコンから離れ、ギターの改良です。

講師をしている音楽学校の発表会・ライブで、生徒の伴奏としてギターやベース等弾くことはこれまで
度々ありました。
しかし、12月のライブパーティーでは全講師自身もパフォーマンスせよ!?ということになり、
さあ大変・・・ギター&ボーカルでブルースをやることにします。

ベース、アコースティックギターは何かと弾く機会は多かったのですが、エレクトリックギターをこのところ
いじってません。
曲調イメージから、Gibson ES-335のコリア製コピーモデルをセレクトし、気になっていたチューニング
の欠点を是正すべく、ペグ(弦の糸巻)のクオリティーアップ交換です。

チューニングが狂いにくい、という上下から弦を挟み込むタイプのペグを購入。
(GOTOH 製マグナムロック・タイプ)
ペグ取付け穴サイズに合わせたブッシングも別途調達します。
先ずは現在付いているものの取り外しから。

d0202319_13415354.jpg

10mmの穴に外径10mmのブッシングはピッタリ入る筈が、ゆるゆるです。
そこで、YS純正スーパーマウント用シリコンテープが役に立った!
d0202319_13455843.jpg

完成。
フォトでは判りにくいかもしれませんが、弦が一回巻き以内で固定されます。
今までの様に、何回もグルグル巻きつける必要はありません。

チューニング狂いにくい、と謳われますが、チョーキングまくると狂う・・・?

尚、ネットでの書き込みを見ていると、ペグ取り付け用木ネジが途中でスタックした、
ネジヘッドがバカになった、さらにはネジヘッドが千切れた・・・もっと丈夫なネジにして欲しい、
などを見かけます。
堅い木材へねじ込むには、2mmネジなら1.5mm、3mmネジなら2.5mmの下穴をドリル、
ないしハンドドリルで開けてからねじ込まないと、失敗します。

d0202319_13473813.jpg

ついでに、以前エレクトリックアコースティックへ改造したギターです。

近年、アコギのピックアップはピエゾ型が主流です。
そうです、あのジャイロのピエゾと同じで、アコギボディー振動を電気信号へ変換、ギター内のプリアンプで増幅します。

しかし私のは、昔ながらのマグネティック式・・・
コイルを巻いた磁石近く、鉄弦の振動で微弱電気信号が起きる、という方式。
しかし、ハムバッキング式なる二連ピックアップの逆相直列接続で、ハムノイズ低減効果
を持ちます。
(FISHMAN NEO-D)
大人しくも、バランスの良い上品なトーンキャラクターです。

アウトプット・フォーンジャック取り付けのため、ボディーに12mmの穴をドリルで開ける時、
結構勇気が要りました。
なかなか貫通しないやら、ヒビでも入ったらこのギターはアウトだろうし・・・。

追記(11/22)
ところで、何故フォーンジャック、フォーンプラグって言うのか解りますか?
フォーン、つまり電話交換機でお姉さん達がプラグを抜き差ししている映像、見たことあると
思いますが、あの19世紀に出来た1/4インチ径二極プラグ規格が今でも楽器やプロオーディオ界に
存続しているのです。

後に、ステレオ用、或はローインピーダンス・バランス送り用に、TRS(tip ring sleeve)
と呼ぶ三極規格が加わります。
TRSを通称110(ヒャクトー)って昔呼んでいました・・・宮坂製作所もTRS(利根リバーサイド)ですね。
by doublerainbow116 | 2011-11-19 15:09 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(0)

レッスンルーム機材

d0202319_21143219.jpg

今回もラジコンからちょっと離れ、本職の一端としてボーカルレッスン、プリプロダクション録音(本番レコーディング前に全体像を模索、把握する為の低予算作業)、デモ録音など、自宅で使用している機材をご紹介します。
ローコスト、ハイパフォーマンスがポリシーです。

1段目 グラフィックイコライザー(可視周波数帯域音質調整器)と真空管式マイクヘッドアンプ(コンデンサーマイク用ファンタム電源サプライ付き)
2段目 デジタルマルチエフェクター、主にリバーブ、ディレーフィードバックに使っています。
3段目 コンプレッサー(音を圧縮し録音可能なダイナミックレンジ=音圧感を稼ぎます)。ゲート(ノイズをカットします)、リミッター(決めたレベルにまで抑え込み、クリッピングを防ぎます)付き。
4段目 25年前のデジタルエフェクターYAMAHA SPX、当時10万円以上しましたが、今は同程度能力の機械が3万円位で買えます。(2段目のtc製など・・・アメリカの会社ですが、チャイナメイドです)
5段目 今は使ってないRolandの音源モジュール。
d0202319_21145599.jpg

ハードディスクマルチレコーダー。デジタルアウトプットを光ファイバーケーブルを用いてCDライターのデジタルインプットに繋いでいます。
入力アナログ信号は、初段に内臓されるA/D変換器でデジタルコンバートされるので、ここから先CDライターでCDが焼かれるまでデジタルデータのまま進みます。
d0202319_21152519.jpg

上からMDレコーダー、CDライター(CD録音器、使用するディスクはCD-R audio,CD-RW audio・・・RW audioは製造終了してしまいました!)、殆ど使うことの無くなったDAT レコーダー。
それに、永年リファレンス用として愛用してきたSONYのモニターヘッドフォーン。
d0202319_21154361.jpg

KORGのM3シンセサイザー。上に乗っているのがドラムマシーン(リズムパターンと曲構成をプログラムします)、右奥はアナログミキサー。
by doublerainbow116 | 2011-04-04 23:05 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(0)

いにしえのA級パワーアンプ   謹賀新年 2011

d0202319_20454111.jpg
d0202319_20465442.jpg

今回は飛行機からちょっと離れ、レッスンルーム兼簡単なデモレコーディングに使用する自宅仕事部屋の機材をご紹介します。
機材といっても、大それた物は一つとして無く、コストパフォーマンスが命。

先ずは、モニター用パワーアンプとモニタースピーカーです。
このトランジスタアンプはキットから自作して、40年近く経ちます。A級回路という、もの凄く電力を喰い暖房機代わりにもなる割には15W+15Wしかない、今のエコ時代に真っ向から対立するアンプです。
二十歳前後の頃、今は「萌え~」のアキバ、パーツ屋、ジャンク屋通いが好きだった私はパワーアンプキットを購入、ダイデン商事という足の踏み場の無い店でした。

キットといっても基盤、基盤パーツ、パワートランジスタ・ペアがチャンネル分セットになっているだけで、シャーシ、電源系、放熱板などは勝手に揃えてね、俺は知らないよ、という大変不親切なキットでして、
友人からの情報・・・めちゃくちゃに安くて、音がいい・・・に動かされました。
確かキット代は片チャンネル三千円台だったと思います。

知ってる方には懐かしい、NECの2SA627と2SD188ペアのパワートランジスタ、自分で買い揃えたタンゴのトランスや原始的なダイオードの整流回路部品、ナショナルのケミコン・・・製作を始めたのは良いのですが、自力ではどうしても無理な事を痛感し、オシロスコープなどの測定器を持っているエキスパートの友人に調整他の助けを借り、完成まで辿り着きました。
よくワイヤリングで音が変わる、と言われる程オーディオ(アナログ)はデリケートなものです。この時起きた可聴域外での発振止めを、私には対策出来ませんでした.(この友人は現在レーザー照明開発の先駆者として活躍中です)

その後数年経ち、私は20代半ば過ぎに某レコード会社制作部へ入社するのですが、会社の編集室、スタジオで当時主流だったモニター用チューブパワーアンプ・マッキントッシュ275(Appleとは別のメーカー)、スピーカー・アルテック604Eを基準に、好き者社員が夜遅く集まり、編集室で「鳴き合わせ試合」を行っていました。、この自作アンプを持ち込み、善戦したように記憶しています。
当時オーディオブームでして、レコード会社内にもマニアが多く、いたる所で「俺のパワーアンプが勝った」だの「俺の作ったフォノアンプはマランツに勝った」だのとやっていました。

今でも自宅レッスンルームのモニター用アンプとして現役、活躍中です。
下の写真は、モニター用に使用しているボーズスピーカーですが、さすがフレッケンシーレンジの狭さは時代遅れの感があり、そろそろ引退かな?と思うこのごろです。
by doublerainbow116 | 2010-12-29 22:31 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(2)