カテゴリ:ラジコン飛行機( 197 )

マンタ2 タンク内チューブ・オモリ改良でエンスト解消

d0202319_13093460.jpeg
フォト マンタ2 テストフライト

頂点からスピード緩めて進入する逆宙の、機首下向きの底辺前にスロットル吹かそうとすると起こるエンスト。
横8の字・中央交点で45°下向き・機速緩めて背面からのスナップロール後吹けずエンスト。
これら症状対応として、前々回の記事で疑わしいタンクの改良を行ってみましたが、
問題解消した様です。

今日のテストフライトでは、何度も問題の演技行ってみましたが、息ついたり止まる気配はありません。
取り敢えず解決かな?
d0202319_13083591.jpeg
d0202319_13075803.jpeg
d0202319_13070765.jpeg
d0202319_13063892.jpeg
かつてのIMとMKのタンク取説を捜してみました。
タンク内チューブの柔らかさ・液の機首寄り時チューブ・オモリは追従すべきか・・・などの記載は有りません。

また、ネット検索で、タンク内チューブは柔らかくして前後に追従すべきか?に類する記載を捜してみましたが、100%全てが「チューブは硬くて構わない、飛行中燃料は常にタンク後ろに居る」との回答。

確かに、ストールターン・正宙・スピン・スナップロールでは問題起こりませんが、私のケースに於ける仮説を述べてみます。

昔から、電車の中を飛び回るハエは100km出してる電車の中でも平然としていますが、電車外に静止する人から見れば、100km以上で飛び回るハエになります。
これは、電車内空気と共に加速したハエは、加速がなくなればニュートンの慣性の法則によって静止状態と同じ関係を維持する(地球の自転と人の関係と同じように)。

タンク内燃料に加速が加われば、液は後ろへ寄る。(クルマでスロットル吹かすと背もたれに感じるアレ)
加速が止めば、重力のみになり地表方向へ寄る。
減速があれば液は機首方向へ寄る筈だが、飛行機に急減速(クルマで言う急ブレーキ)は無いので重力に従っていると推測。
しかし、減速に加えタンク下向となった場合、地表方向への重力により、液は機首方向に寄る。

・・・仮説ですが、重力に従う為の、柔らかいチューブと重いオモリで液に追従できたと推測していますが如何でしょうか?
誰か飛行中のタンクを動画カメラで収録してくれたら、「長年の謎」解消ですね。








by doublerainbow116 | 2018-01-14 14:17 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

今日のウイングス 97

d0202319_19280307.jpeg
恒例ウイングス 新年初飛行会、執り行われました。
滅多にない快晴微風・見通しクリア、最高のコンディション。

賄い幹事は食事の用意、競技委員は競技セッティング。
今回、指定点へ追い風&向かい風タッチアンドゴー、指定演技上空で1つ・
タイム3分間・指定円内ランディング・・・で競います。

d0202319_19272563.jpeg
先ずはお神酒で飛行場周辺を清め、安全祈願。
d0202319_19263973.jpeg
競技前に、豚汁・おでん・焼き鳥・牡蠣・汁粉!
d0202319_19254910.jpeg
競技開始。
d0202319_19242867.jpeg
d0202319_19234261.jpeg
d0202319_19225061.jpeg

d0202319_19250871.jpeg

d0202319_19213268.jpeg
d0202319_19204445.jpeg

得点掲示。

d0202319_19200323.jpeg
表彰式。
1ラウンド目、私3位に付けていたのですが、2ラウンド目、タッチアンドゴーでペラが接地・エンストで敗退。

美味しいフードに、気温10℃届かない割には穏やかで寒くない気候、シンプルな競技・・・和気あいあいと過ごす新年初飛行会でした。

by doublerainbow116 | 2018-01-07 19:59 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

マンタ2 タンク改良 / デジタル・ノギス

d0202319_17595963.jpg
マンタ2で、逆宙の底からスロットル吹きあげ時、或いは、背面からノーズ下向きスナップ後吹きあがらず・・・などで起こるエンスト。
これまでも、ニードル位置・スローニードル・プラグ・フィルター等あらゆる試みをするも解決せず、
これは、自然吸気エンジンの宿命か・・・?

スポーツマン・アドバンスドやってる限りエンストは無い・・・逆宙の上辺からスピード落とさず勢いで突入すれば、
底辺から昇る時のスロットル吹きに付いてきますが・・・。
まぁこれでも良いのかなと諦めはじめるものの、悔しいので、さらに追求してみます。

残る原因の可能性としてタンク、と思い改良です。
純正品は逆さにしても、フォトのようにオモリは元の位置のまま。
d0202319_18004150.jpg
分解します。
付属品のチューブは硬く、オモリも軽い。
d0202319_18011731.jpg
IMのタンク内蔵用チューブとIMオモリで組み直し。
d0202319_18020538.jpg
燃料がノーズ側へ寄ったとき、オモリも追尾。

さて、飛ばしてどうなるでしょうか。
次回フライトで判ります!
d0202319_18074918.jpg
モノタロウ・デジタルノギス 購入です。
(2000円台・・・安い!)

フォトはカーボンパイプ外径10mmを計測。
実測が10.06mm。
d0202319_18035004.jpg
内径。
d0202319_18044662.jpg
深さも測れます。
尻からの細い棒をあてる。

by doublerainbow116 | 2017-12-22 18:49 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(5)

今日のウイングス 96

d0202319_19475067.jpg

MTRさん新規導入サクセス、テイク・オフ。
d0202319_19472937.jpg

同機フライト。
d0202319_1947647.jpg

同機、初期セッティングに電動機経験の深いHolydayさんや皆が協力惜しまず。
d0202319_19464229.jpg

午後からはちょっと曇り始め風も出てくるも、穏やかで晴れの飛行日和です。
d0202319_19461567.jpg

YKOさん、板ゼクー。
2年毎、シーズン終り一時期だけ登場。
d0202319_19454490.jpg

オリンパス、ヒンジ修理後、問題無くフライト出来てます。
(OKモデルのペーパーヒンジ大をテトラの発泡スチロール用瞬間・硬化剤で接着
・・・テトラ製が、粘度低く浸透し易い)
パワー的には以前と変わらず挽いてますが、降ろしてから6Sバッテリー・バランスチェックすると、
かなりバラツキが。
何故だろう?

by doublerainbow116 | 2017-12-16 20:02 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

今日のウイングス 95

d0202319_0363190.jpg

快晴微風、空がクリアで見通し良い1日です。
手前から2機目、MTRさんアリエス・セブン久し振りにお見かけします。
d0202319_0353274.jpg

YKOさん、OK模型製 キャバリエが完成・初飛行。
グラス胴です。
d0202319_0323767.jpg

エンジンはニューのOS AX55。
地上ブレークインからスタート。
d0202319_0313112.jpg

初飛行成功、御本人はスポーツ機ですよっておっしゃいますが、いやいや良く飛んでいます。
昔の60パターン機の音色・・・
でも回転数落としているので音は静かです。
ノーマル・マフラー2ストはいいな!って又言ってしまう。
d0202319_0304130.jpg

アリエス・セブンのベルトダウン、ベルウッド製。
エンジン機として塗り完したものから、電動仕様へ改造されたそうです。

d0202319_0281310.jpg

同機フライト。
d0202319_024079.jpg

FJIさん、エチュード。
d0202319_0233588.jpg

キャバリエとマンタ2、2ショット。
今日は珍しく2ストエンジン機、2機並びました。
それもOK模型製ARF機、お揃いで。

by doublerainbow116 | 2017-11-27 01:11 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス 94


検定会駆け込み秋の陣も終わる今日この頃、ほとんどのメンバー、P-19練習始めています。
(私はマンタ2のエンスト症状解消策でそれどころではない)
秋と言うより冬突入の空気感、色づき・陽の影・・・ウイングス飛行場。

d0202319_054946.jpg

d0202319_052258.jpg
d0202319_045949.jpg
d0202319_19085072.jpeg
d0202319_043172.jpg

MTRさん、ターネギー製リポ ウオーマー。
電源もリポ。
d0202319_04763.jpg

TMさん、Tx用・ゴム製プロポカバー。
触らせてもらったら、ホールドの感触良いです。
ちょっとTxの高級感増しますね・・・誰かは覆面レスラーみたいだと言ってた。
Futaba 18SZ用
d0202319_033723.jpg

OKNさん、アストラルXX 120。
使用のYS FZ110(Sではない)のトルク感、素晴らしいコンディションです。
d0202319_031348.jpg

マンタ2、前回最後のフライトにて、垂直降下から背面に入り、スローから立ち上げでエンスト。
家でチェックすると、スローニードル3回転以上も開いていたのは再組み立て時、位置合わせ忘れた?
1.5回開けを基準に調整するも、これでもまだスロー甘いようです。

結局、正面(エンジン倒立)と背面(エンジン正立)ではニードルの共通ポイントを出せるが、自然吸気のスロー濃度は両立しにくい?

今日最後には、スローニードル1回転+1/3開けでエンストせず飛ぶようになりましたが、未だ把握しきれてない点が有るようです。

by doublerainbow116 | 2017-11-20 00:51 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

コネクター ハンダ付け治具 / グローヒーター改造

d0202319_21433140.jpg

コネクターハンダ付け固定治具に追加、フレキシブル・ワイヤー固定アームを作りました。

余ってるワニグチ中小、真鍮線、スパイラルチューブを用意。
0.9mm真鍮線では柔らか過ぎたので2本撚り線にして、ワニグチへ絡めてハンダ付け。
位置決め時、振動が止まりにくいのでダンパーとしてスパイラルチューブを被せます。
ワイヤーが傷付かないよう、ワニグチの歯に収縮チューブを被せて完成。

d0202319_2143672.jpg

これまで長年使ってきた珍品製作所製グロー・ディレーヒーター。
ニッケル水素バッテリー仕様ですが残量など疑わしく、ケアー・メンテナンスが面倒、
リチウム化する事に。

外付けに余ってる3セルリポ使用。
Henge製UBEC 6A イン2~6セル、アウト5~6V(5Vをセレクト)のレギュレターを内蔵。

更に、もともと内臓ニッケル水素へ充電する為のインプット・コネクターを流用、
ポンプ電源供給コネクターとしてレギュレターのアウトを取り出せます。

バッテリーを繋げている間(飛行場にいる間)レギュレターへ微電流は流れっぱなしになる訳ですが、
今日時々、チェッカーで測ると気になる消耗では無いようです。

使い勝手が良くなった!
d0202319_21422363.jpg
話は変わりまして・・・

先週、マンタ2、フライト後ウィングボルトを外してオヤッ。
受けのブラインドナット周りの片側合板が剥がれ・反り・浮き上がっています。

家に帰り、合板へグイグイと力を加えると動くので、更に動かすと
一気にボルト受け合板全体が外れた!
これは危ないところだった、ヒヤッとします。この日スナップロールを10回以上やっていたので、
あと1~2回でダメだったかもしれません。
接着不良です。

フォトは、受けを外した後、合板に高粘度瞬間を流し込みプレス・整形した状態。

d0202319_2141522.jpg

エポを表裏、胴体内側周り、随所塗りまくり・・・これで大丈夫でしょう。

しかし、ハーフリバースキューバンの下りを修正舵無しでコースに乗ってくる(無風時)久しぶりの機体、
・・・フラッシュRS以来かも?
ナイフエッジの癖も殆ど有りません。
by doublerainbow116 | 2017-11-12 23:01 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)

マンタ2 ニードル調整

d0202319_21304114.jpg

今日のウィングス、10人ほどが検定会出征の為、珍しく3人だけ。
晴天微風、機体調整日和です・・・6フライトなんて飛ばしたの数年振りです。
(ワンフライト10分近く、合計1時間空にあげていると気持ち良い疲労感有りますね〜)

これまで10フライト程、飛ばしてきたマンタ2。
以前述べた様に、逆宙で息をつく・昇りがなんとなく伸びない・・・などの症状。
フェルフィルターの特質をも疑ってるので、各種用意して調整フライトです。
d0202319_2130716.jpg

IMフィルター、懐かしいカルトフィルターもテスト。
d0202319_21293820.jpg


フォトはJRのバブレスフィルター。
取っ替え引っ替えテストの為、仮に外装。
網だけのノーマル構造に比べ抵抗が多い分、ニードルを開ける事になるものの、
問題はここから来てる訳では無い様です。
(ノーマルより半回転ほどニードル開け・・・自然吸気キャブの場合)

垂直上昇などテストの結果、JRフィルターでニードル位置・2回転+1/3開けがベスト。
こんなに開けるんだとビックリ。
逆宙でもOK。
(サンダータイガー Pro46、クロッツRS20-18、APC 12x6)

エンジンパワーセッティング、この先はペラの選択です。
d0202319_2129695.jpg

YKさんプロシオン110、ランディング。
珍しくエンジン機をご持参。
d0202319_21284060.jpg

番外編ですが、前日、紅葉行楽で相模湖へ。
その時湖畔の店先で見かけたプリンス自動車製・クリッパー!

凄いです、40年振りぐらいに見た。
まだ使っている様ですね。
社名PRINCE上に見える栓は、ラジエター水注入口です。

当時私はプリンス・スカイライン1500(ハコスカ)を何度か運転する機会があり、そのトルクフルなエンジン特性に
魅了されていました。
当時乗っていたサニー1000に比べ、低音色のエンジン音や背もたれに感じるトルクの違いに驚き、
それ以来いつかはプリンスのクルマ、って憧れでした。

by doublerainbow116 | 2017-11-05 22:24 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

ミニ エクセレンス 組立て・リンケージ ②

d0202319_23561041.jpg
このところ、週末は仕事か雨・・・。

一方、ミニ エクセレンスの作業は少しづつ進んでいます。

主翼と胴体をカーボンパイプ・ノックピン・固定ビスで合わせてみます。
左右1mm弱の隙間ができてしまう、ノックピン主翼側固定バルサ穴が緩い・・・などの
問題が。
d0202319_23553376.jpg

隙間にニトムススポンジでクッション持たせ、ノックピンはガードテープとシュンカンで
取り付け補強。
d0202319_2355313.jpg

再び取り付けてみる・・・シッカリできた様です。
(しかし、カーボンパイプを削って短くする手もあったこと、後で気付く!)

なんとハッチ固定用磁石、片側が極性逆で反発し合ってる。
えぐり取ってひっくり返し、再接着。
d0202319_23542589.jpg

主翼と水平尾翼の位置関係決め、接着。

いつも、時間のかかる作業です。
上から見た左右対象度・水平尾翼の左右長さ、そして前後から見た主翼・尾翼の平行度(カイモノで修正・・・厚紙3枚)。
d0202319_23535631.jpg

エレベーター左右連結用コの字型ピアノ線と、ペーパーヒンジ取り付けを同一工程時に接着する必要
あり、左右エレベーターを捻らない様気を使います。
d0202319_23532628.jpg

そして、垂直尾翼接着でだいぶカタチに。

by doublerainbow116 | 2017-10-30 00:29 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(2)

ミニ エクセレンス 組立て・リンケージ ①

d0202319_12174937.jpeg
購入から1年以上放置状態だったミニ エクセレンス、やっと組立てに入りました。
その間にマイナーチェンジで、フイルムカラーリング変わった様ですが、機体自体に変化はないようです。

手持ちのモーターE Max GT2820/06、十字マウントに穴開けでサイズ合わせ。
d0202319_12170677.jpeg
防火壁からドライブワッシャーまで指定の90mm、上手いことピッタリ。
d0202319_12153041.jpeg
付属品のタイヤ、中でプラスティック・ワッシャー等で踊らないように隙間を埋めないと、スパッツと擦ってしまいます。
ナットを3mmナイロンナットに変更、更にスーパーXでギアとスパッツを接着。
車軸に付属品3X25mmビスとなっていますが、どう考えても届きません。
手持ちの30mmを使用。

d0202319_12145221.jpeg
取説では3個所ペーパーヒンジとなっていますが、スロットが4箇所開いていたのでその通りに。
d0202319_12142107.jpeg
クラブメンバーが以前飛ばすのを見ましたが、良い感じのフライトでした。
期待できます。

出来上がるとこの様に。(メーカー・カタログフォト)
3セル、スパン1020mm、ジャイロも積む予定。

by doublerainbow116 | 2017-10-22 12:50 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(9)