カテゴリ:ラジコン飛行機( 170 )

今日のウイングス 85

d0202319_21572965.jpg

好天の下、大賑わいのウイングス飛行場。
d0202319_2157383.jpg

順番待ちは、5100mAhリポを2パック充電しても間に合う時間です。
d0202319_21563443.jpg

YKOさんニュー、YS DZ185cdi Red限定バージョン、ヘッドとレギュレターが赤い!
クランクケースがバレル研磨で強度アップされてるとの事。
ブレークインニードルも付いてます。
オヤ?インジェクターの燃料インのところ、変わりましたね。

非常に穏やかなトーン、トルクフルな挽きで、これは良いです。
d0202319_2155512.jpg

同エンジン、アイオロス搭載で慣らし中。
d0202319_2155437.jpg

FJIさんエチュード。
d0202319_21543620.jpg

内側から、剛性を目的にご自分でカーボン補強されてます。
d0202319_21541360.jpg

モーター周りもおなじく。
d0202319_21535282.jpg

フライト毎、感じるパワー感が違うのは、何故でしょうか?
(うおー凄い、という時と、マアこんなもんだよねー、がある)
同じバッテリーをチャージしながら使ってますが、バッテリー コンディションの変化・・・?
by doublerainbow116 | 2017-04-23 22:31 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

S.BUS XBus マルチ・シグナル コンバーター

d0202319_10132035.jpg

シリアル バスでRx・サーボを組んで行こうと思っていた矢先、JR製XBusサーボ・接続ハブ
・ケーブルが市場から消えつつある状況から、Futaba規格のS.BUSへ変換できるコンバーターが
有るとの話を伺い、見つかったのがこの、このアキュテック製コンバーター。

当分ラジオはJRを使って行くつもりなので、Rxも買い足しました。
DMSS 5個体制・・・これで当分大丈夫。

F・Jどちら向きにも変換出来、シリアル バス出力の無いRx(PWM出力)からもシリアル バスへ
変換できる(これは使わないでしょう)、Fのニュートラル1520μとJの1500μ自動変換、
などの機能を持つようです。

FのS.BUSサーボを持ってないので、未だテスト出来ませんが、実用になるのか、やって見ます。

d0202319_1013391.jpg

6種の変換が可能。
d0202319_10124311.jpg

図解と説明にて、バッテリーをハブに接続となっているのは、このコンバーター経由では
サーボ2〜3個ほどであっても、電流値が取れないという意味でしょうか?
シリアル接続の先輩に聞いてみなきゃ・・・!

by doublerainbow116 | 2017-04-18 11:09 | ラジコン飛行機 | Comments(5)

マンタ2 組立て・リンケージ ④

d0202319_1561020.jpg

脚周り、簡単に組み上がりますが、この、2つのナットどうしで脚・スパッツを挟む仕組み・・・
ネジロック使用でも、直ぐ緩むでしょうね。(特に内側)
ナイロンロックナットに替えるとか、考えねば。
d0202319_155539.jpg

エレベーター 2サーボ式と考えてましたが、既にメーカーにて開けられているジョイント穴が、
かなり正確で、LRエレベーター ニュートラルが幸いにも揃いそうなので、ワンサーボで行きます。

ジョイントをエポで接着中。
d0202319_1552968.jpg

ペーパーヒンジを用いて、低粘度シュンカンでエレベーター取り付け
d0202319_1543612.jpg

仮組み。
主翼・水平尾翼・垂直尾翼・胴体、各部位置関係測定へ。
d0202319_154313.jpg

主翼と水平尾翼、左右シンメトリックな位置を割り出します。
d0202319_1534186.jpg

数値としてメモリーしておき、エポを 塗ってから再びこの位置関係に合わせます。
d0202319_1532166.jpg

主翼と水平尾翼の平行関係は、左下に修正の紙(カレンダー4枚)を差し込み、目測で確認。
これでOKかな?
前から後ろから暫く眺めていると、正確に判断できます(測定誤差より正確?)
前から後ろからの見え方誤差が違う場合、厄介です(ねじれ)。

空いた隙間には、後ほどドライヤーでエポ(30分)を流し込みます。
d0202319_1525539.jpg

垂直尾翼の接着。
d0202319_1523364.jpg

尾輪ギア兼メタルヒンジをエポで、ペーパーヒンジはシュンカンで、ラダー取り付け。
by doublerainbow116 | 2017-04-09 15:59 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

マンタ2 組立て・リンケージ ③

d0202319_18232832.jpg

エンジン周りに取り掛かります。

付属 グラスナイロン・マウントが明らかにサイズ違いの物が入っている様で、
45エンジンを載せる為にかなり削らないと収まらない・・・って事は、35クラス用のマウント
が入っていた?(以前の同じパイロット製コマンダーでは、防火壁取り付けサイズが同じで、
何もせずこのエンジン収まってます)
返品交換は面倒なので、削って合わせましたが、マウント ちょっと細くなったなぁ~!
d0202319_1823919.jpg

穴開けは苦手な作業です。KHさんから伺いましたが、ドリル先に付ける刃、
かなり大きな径まで丸穴開けとして存在するとの事、・・・ 知りませんでした。

私は原始的にこの様に開けてます。
d0202319_18224699.jpg

キャブ部穴、ニードル穴、マフラー穴、プラグヒート穴等も、胴体取り付けビス位置割り出しつつ
開けるので厄介ですが、カウルの材質がプラではなくFRPなので、強度は期待できます。
d0202319_18222891.jpg

エンジン周り、スロットルリンケージ以外完成。
by doublerainbow116 | 2017-03-26 18:50 | ラジコン飛行機 | Comments(3)

今日のウイングス 83

d0202319_922101.jpg

丁度、飛行場へ出掛けようとした時、中国からオリンパスのキャノピー届きました。
EMS(Worldwide express mail service)便を選択したので、オーダーから一週間程。
パーツ代が約US$25、送料US$15。
(梱包箱は見事に潰れてる、しかし中身はセーフ!)

日本では扱ってないパーツが、このコストで速く入手出来たので上出来でしょう。

早速取り付けて・・・と行きたい所ですが、リポ無しでの取り付けはピッタシながら、
リポ有りでは何処かにあたってる為、ここは焦らず今日は諦めて、久し振りのスカイカンガルーと
コマンダーを持って出かけます。
d0202319_9214851.jpg

三連休はじめが仕事だったので、出かけた連休最終日、飛行場は珍しく閑散とている。
d0202319_9212394.jpg

先ずスカイカンガルー号。
一車輪なので(旧タイプ)、手投げ発進のみ。
風がやや吹いてるので、大海の小舟の様に揺れながらも、ラダー・エレベータ・スロットルだけで
自在にフライトする優れた名機ですね。
d0202319_9203543.jpg

コマンダーに搭載のENYA 53-4C。
エンヤサウンドで快調にフライトしています。

実は、駄目になったヘッドバルブ部品の一部に、YSパーツのジャンク箱から取り出し合わせたら使えるのが有り、一部YSが混ざっています。

このエンジン購入時、マフラープレッシャーニップルを自分でねじ込んで使用していましたが(エンヤ
の付属マフラーに当時プレッシャーニップル無し)、どうも具合悪く、OSのマフラーに変えてます。
by doublerainbow116 | 2017-03-21 10:29 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

モデルエアプレーン オールディーズ 3


パート1

パート2
このところ年末の多忙~帯状疱疹(病院が休みに入った年末の押し迫ったタイミングで顔に出来、救急へ)~痔~風邪~逆流性食道炎再発・・・
情けない体調(歳?)で飛ばしに行くこともままならず、ブログ更新も出来ず、
リンケージ進まず(飛行場へ行く毎、今日初飛行?って聞かれてました)、暫くラジコンストップ状態でした。

オールディーズ映像2タイトル、ご紹介します。
はじめに、2005年にアップされた、ドイツのグラウプナー、75周年(1930~2005)記念映像。
子供向け切り絵板材キットから始まり、37年頃からフリーフライトグライダーキット、帆船、ボートへと。
日本のOSと提携したエンジン発売~自社開発のラジオ(あの有名なベラフォン)~JRがOEM製造したプロポシリーズMC-24等のグラウプナー/JR
ブランド。

興味深い歴史です。
現在は85年以上の歴史、ということになります。
昔の京商のコピーロゴじゃないですが、「造る歓び、模型の~」ですね。


ラジオコントロール模型航空機のパイオニア、グッド兄弟
映像貼りつけ出来なかったので、リンク先を貼ります。
アメリカのラジコン飛行機の開拓者、双子のグッド兄弟は1937年に自設計・自作機(Guff)、自作ラジコン装置にて飛行を成功させました。
彼等存命中のグライダーフライト映像から始まり、振り返って自作エスケープメント・自作ラジオ(送信機は地上置き)、そして貴重な当時のフライト映像へと続きます。

ゼロから造るパイオニアは凄かった。
それ以前に、先駆者・指導者・指導書や市販品は無いんですから。
by doublerainbow116 | 2017-02-22 14:01 | ラジコン飛行機 | Comments(3)

今日のウイングス 79

d0202319_21462163.jpeg
ウィングス新年初飛行会は、悪天候だった先週から順延、気温零度近くながらも、
快晴微風・寒さが苦にならない、絶好のフライト日和の中行われました。

今回の競技は、タイム&指定点着陸をパターン本命機持参で、という競技委員長の意向により、
皆一番大事な機体を持ってきています。
上空でP-17から4つほどパターンを行い、指定タイム以内、指定サークルへ降ろします。

私は本命フルサイズ機を当分飛ばさないので、不参加です。
d0202319_20522376.jpg

飛行順決め。
d0202319_20515093.jpg

OKNさん、今日初めて拝見しました。
フリーダム、テイクオフ。
d0202319_2051752.jpg

フリーダム。
快調なYS DZ170が心地よい音(高めの周波数がカットされた)で挽いてます。
浮きの良い胴体・翼と適度なブレーキで、非常に落ち着いた飛びです。
d0202319_20502592.jpg

以下、競技開始。
d0202319_2050018.jpg
d0202319_20493886.jpg


d0202319_20482758.jpg
d0202319_20481193.jpg
d0202319_20473934.jpg

OKNさんの優勝で競技終了。
食材調達班の用意した、しるこ・おでん等戴きながら、穏やかな陽射しの初飛行会でした。
by doublerainbow116 | 2017-01-15 21:30 | ラジコン飛行機 | Comments(1)

マンタ2 組立て・リンケージ ②

d0202319_1192338.jpg

主翼取付け補強板を先ず仮止め(瞬間・四隅へポイント)、次に主翼貫通穴開け後、
胴体側・受けのブラインドナットとの角度を探り、決まったら3mm強の穴に
広げます。
d0202319_119355.jpg

ビスを締込み、主翼・胴体が角度良く、隙間 ガタ無しで取り付けられていたら、一旦ビスを外し
穴に瞬間を流し込みこれを穴角度決定とする。
d0202319_1183764.jpg

マークした補強板位置に、今度はエポで接着。(穴に流れ込んだエポを除去しつつ)
d0202319_1181153.jpg

ベリーパンを接着する主翼フィルム部分を1ミリ内側寄りで剥がす。
d0202319_1165630.jpg

胴体・ベリーパンの関係が前後1mmほどずつ空く位置になるよう、当たる箇所を修正後、
エポで接着。
d0202319_1162045.jpg

タンクの組み立て。
K&SやIMのタンク以外は久しぶりなので、慎重になります。
付属のニューム管、曲げようとすると潰れてしまいます。(下手ですね〜)
そこで、買い置きのIM製を使ってみると、柔らかくてスムーズにブリーザー側の曲げが
出来ました。
d0202319_1155039.jpg

念のため、燃料漏れ防止としてゴム部分にシリコンを塗ってからタッピングビスを締め込み、
キャップ部分の取り付け。

どのぐらいの力で締め込むのか、通常は説明書に表記されてませんが、私はペンチを用いて
これぐらい目一杯締めます。
昔初心者の頃、某メーカー製の取説に、あまり強く締めないように、と書かれていたので、
私を含め多くの人が燃料漏れを起こしていました。
「あまり強くなく」「そこそこに」などの表現は人によっての受け止め方が違うので、説明って難しいものです。

by doublerainbow116 | 2016-12-18 02:12 | ラジコン飛行機 | Comments(0)

マンタ2 組立て・リンケージ ①

d0202319_12551486.jpg

マンタ2の組み立て・リンケージ開始です。

先ずは、瞬間接着剤(シアノアクリレート)の1番柔らかいタイプ(低粘度)を用意。
ペーパーヒンジの取り付けには色々な流儀が有りますが、一つの方法です。
ヒンジの位置を、主翼・エルロン両側スリットとの関係から決めたら、ヒンジ中央に鉛筆で印した
ラインまで挿入(今回のOKモデル製はピン穴でマーキングされている)。

そして、ヒンジが動かないようポイントで瞬間を左右端に垂らす。
ヒンジ中央・スリットの位置を、油性マーカーにてエルロンへマーク。

d0202319_12545052.jpg

エルロンを主翼に取り付け、先ほど付けたマークの位置から、細ノズルを使って瞬間を十分
流し込む。

10分程経ったら、動きが硬くなってるエルロンをしごいて取り付け完了。
d0202319_12542212.jpg

使用するサーボに合わせて、主翼プランク材とサーボマウントを拡げます。
(切り口が雑な工作で恥ずかしい!)
d0202319_12535341.jpg

主翼接合カンザシを入れて左右を接着。
これも私の長年行ってきた方法ですが、(昔、デジコン・シグマの組み立て説明に記されていた?)エポで接着・
テープで仮止め後、乾くまで重力の力を借りて待ちます。

d0202319_12532118.jpg
d0202319_12525683.jpg

同時にダウエルも取り付け。
d0202319_12523393.jpg

主翼上反角は、ヒンジラインに張った糸がセンターで10mmに、と指示されていたので、
仮組み時にチェックした通り、接着後も10mmに収まっています。
by doublerainbow116 | 2016-12-04 14:00 | ラジコン飛行機 | Comments(2)

マンタ2 限定色

d0202319_23152890.jpg

箱入りのまま放置状態だった、OKモデル製マンタ 2 限定色・・・手つかずと言えば、更にデッカイのが、
廊下に2箱積み上げ状態!・・・


丁寧に梱包されたARFキットを箱と袋から取り出します。
バルサ・合板 フィルム貼りで、綺麗にきちんと造られています。

オールマイティー・スポーツ機って何かと出番、多いものです。
クラブ内リボンくぐり・定点着陸競技、ニューメカのテストフライト、パターンもどき、アクロもどき・・・
先任のコマンダー、長年に渡り活躍(でも、リスキーな競技には再登場するかも)。
今後、このマンタがその役割を担います。

全長1380mm、全幅1280mm、翼面積34.7dm。
d0202319_2315015.jpg

接合して一枚翼になります。
d0202319_23144275.jpg

付属品。必要なリンケージ パーツ、 大体は入っている。
d0202319_231420100.jpg

サーボ準備。
エレベーター、ラダー用サーボはもっと小さいので十分でしょう。
エルロン サーボ マウントは、フォトの様な、ミドルサイズ系サーボに合わせた加工されています。
(K-Power デジタル オールメタルを選択)

エレベーターリンケージが、ジョイントロッドにて左右エレベーター連結するタイプなので、
癖取り調整したく、二股ロッド方式に変更予定。
d0202319_23135719.jpg

再びサンダータイガー Pro 46 の登場。

by doublerainbow116 | 2016-11-23 00:09 | ラジコン飛行機 | Comments(4)