カテゴリ:F3A( 80 )

突然のエンジン不調、降ろして"オーマイゴ!"

d0202319_1333139.jpg

初めてのP-13練習を、と前日からイメージトレーニング・・・飛行場では
IRSさんMowさんが後ろに付いてくれましたが、パニックのような初体験でした。

そして、次のフライトスタート。
YSFZ110吹き上がりません。
前フライト時から8700rpm、ちょっと回転でないな~(通常15X10で9000rpm前後)、
スロットルの反応遅れるな~、と感じてはいました。
今度は、ハイまで回転が到達しません。

マウントじゃない?の声があり、見るとゴム4本のうち1本切れてます。
ゴム交換、よしこれで・・・とスタートするも症状変わりません。

燃料配管系の何処からか、空気混入っぽいのかな、と思いつつ
日没が迫ってきたので諦め、家でエンジン降ろしてビックリ。

クランクケースが割れていました。
以前にも、FZ140でマウント耳の所へ亀裂が入った事はあります。

原因は?
廻し過ぎ・・・マウントゴム切れで変な振動が加わった・・・400フライト使用の疲労・・・??。

大変調子の良い愛着あるエンジンなので、早速犬山送りです。
by doublerainbow116 | 2011-11-27 13:49 | F3A | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス ⑥

d0202319_200821.jpg

本日ウイングス飛行場出勤のコジコジさん。
アシュラ+YSDZ175cdi・・・板についてます! P-13も見せて貰いました。
プラグヒート無しで、何食わぬ顔のエンジンスタート・・かっこいいです。

師匠のタイヤキ号でも、cdiは見ていてトルク感が違うように感じます。
機体特性、ペラの選定にも因りますが、昇りで大径ペラを廻し切って、待っていると
スーっと曳いてゆく・・・って言う感じですね。

cdiユーザー達の会話は、OOのプラグが実は一番高性能とか、プラグのギャップはOOmmがいいとか、
OOだと失火する、とか・・・私には判りませんねえ~。
d0202319_2011655.jpg

Li-Ionバッテリーテストの続き。機体搭載前と後のバッテリー電圧比較です。
満充電直後、ダイレクトに電圧チェック。8.5Vを示しています。
d0202319_202621.jpg

機体搭載直後、8.3V。
つまり、機体スイッチ付属コネクター、コード類の抵抗で0.2V低下。
この値を知ることは、バッテリーやコネクター、コード等、コンディションの把握に役立ちます。
by doublerainbow116 | 2011-11-12 21:05 | F3A | Trackback | Comments(0)

Neptuno リンケージパーツ

d0202319_1414163.jpg

スカイカンガルー号は目出度く飛んだ事だし、ネプチューノのリンケージに取り掛かります。
今時便利なもので、F3A用の多品種、多品目専用パーツであっても、通販で入手できます。
私は、つばさ工房からの取り寄せでほぼ全て揃うので、重宝しています。

以前、F産業の前に車を停め、助手席の妻に「ちょっと待っててね、小物いろいろ買ってくるから」と、
スーパー飛燕一機分のリンケージパーツ、あれやこれやセレクトに迷いながら漁り、
車へ戻ると、「随分かかったわね、一時間半よ!」・・・!!!
(・・・かかってしまったとは言え、30分位だと思ってた)

他の通販ショップに注文したサーボ類が来れば、ほぼ揃います。
エルロン用はFutaba S9154をと思ったのですが、いつ入荷するか判らないというので、
BLS154を奢ります。
ブラシレスは起動電流が多く流れると聞くので、そろそろリチウム系への電源変更が
必要なのかも知れません。
エレベータ用はJR DS3401 x2、ラダーには手持ちのJR DS8401。

気合入れて取り掛からないと、「まあ、飛ぶのは来年でしょう」・・・クラブメートからの揶揄が、
本当になってしまいます!
d0202319_1417339.jpg

by doublerainbow116 | 2011-09-04 15:00 | F3A | Trackback | Comments(5)

ショーンのカリフォルニア便り ④

続いてこれもF3A、オールドレギュレーションF3A。
ショーンから送られてきたフォト説明には、60エンジン、ターンアラウンド以前の旧演技ルールで、
競技会が開かれました、とあります。

流石、アメリカ人は面白い事をやりますね!
そして、昔の機体を引っ張り出してきたのではなく、いずれも新作の様です!

彼への返事には、『私はこの考え方のラジコンの方が好きだよ』と書きました。

機体とエンジンのコスト。
素人でも、ハケ塗りやフィルム貼りでも、キットからそれなりの機体に仕上がる達成感。 
そして凝り過ぎてない演技ルール。
これ等の要因に反する事で、近年F3A離れが一般的に進んでいる様に思います。
昔はMK、Yoshiokaやテトラのキットからパターン機を作り、検定会などへ行ったものですが、
私のような一般素人の作った機体では、完成機に太刀打ちできない事が判ると、
次第に冷めてきます。
旧ルールの方が、その性能較差は少ないのでしょう。

フェニックス、キュラーレベースのデイブブラウン機・・・見覚えのある機体です。
アトランタって、日本のジグソー製じゃなかったですか?

私のオーロラ45(エンジンYS45FR),サーボ積めば飛ぶと思いますが・・・
騒音の問題あるかな?
d0202319_1311382.jpg
d0202319_13134586.jpg
d0202319_131555.jpg
d0202319_1316961.jpg
d0202319_13164433.jpg
d0202319_13171374.jpg

by doublerainbow116 | 2011-08-06 13:22 | F3A | Trackback | Comments(0)

ショーンのカリフォルニア便り ③

d0202319_16344292.jpg

音田選手F3A世界選手権2位、日本チーム団体2位、のニュースが聞こえてくる中、ショーンからこれも
F3A関連、懐かしのフォトが届きました。

彼の生まれた国はヨーロッパのルクセンブルク、今はアメリカに国籍を移していますが、
ルクセンブルク時代の1973年、国代表選手としてイタリアへ出向き戦った時のショット。
先日両親の実家へ戻った際、この新聞スクラップを発見したそうです。

大会優勝、世界チャンピオン、吉岡 嗣貴選手。
ブルーエンジェルを手に、当時ルクセンブルクの新聞に載ったもの。

下は3人のルクセンブルク代表選手団とチームマネージャー。
右から2人目、Jean Mershと紹介されています。(アメリカ人になる時、
ジーンからショーンへファーストネームを変えたとか・・・)
by doublerainbow116 | 2011-08-04 17:05 | F3A | Trackback | Comments(2)

エクリプス メンテナンス

d0202319_18461286.jpg

YSFZ110搭載エクリプス、昨日のフライトでも各所に疲労、摩耗が見られてきたので、パーツの交換、修理です。
もう300フライトは越えていると思いますが、以前ワイルドビートで1000フライトに達した頃、エルロンホーンが折れて墜落という経験をしました。
頑丈な金属でもストレスの蓄積で折れます。
フルサイズ機と110クラスで掛るストレスは違う、と想像できますが、金属だけではなく、疲労って本当に蓄積から破壊へと進みます。

30フライト程前、ヒンジにガタを感じた数ケ所(エルロン、エレベーター)、周りのバルサをえぐって小ネジをペーパーヒンジへ打ち込み、
エポで固めて修復・・・これは、バルサ材の質に起因した問題です。
何故、ガタが判ったか?ですかっ!ひょんなきっかけから、エルロンを引っ張ってみたら何と、ヒンジは剝がれ、簡単に外れてしまい、フラッター寸前だった事にゾッー・・・

d0202319_1847462.jpg

マニホ(ハットリ90~110用旧型)の耐熱ガスケットは漏れ出せば直ぐに取り換えてきました。、旧型スクリューフランジが
緩みやすかったのですが、今はVワッシャー(マニホにぴったり内径12mm)なるもののお陰で緩みません。(フォト 2)
Vワッシャー・・・金属のたわみにより両面へテンションのかかる、強力なスプリングワッシャー

d0202319_18481880.jpg

エレベーターは2サーボへ改造しています。DS3401、今の所ポテンション、ギア共に問題無さそうです。(フォト 3)
他に、ペリーパンひび割れのグラス補修、固定脚タイヤシャフト取り付け緩み、スパッツ割れ、尾輪ラダー連結スプリング方式変更・・・

余談ですが、流行りのアローラダー(アクリル材)・・・フォトのように最近取り付けました。気に入ってます!
下りブレーキ、コース侵入直進性、にメリットを感じます。
しかし、スローロールオポジットがブレーキの効きすぎか?ぎこちなくなる。
垂直上昇スナップがもたつく。
・・・パワーのあるエンジンとそれに合ったペラの選択で、このデメリットは解消されそうです。
by doublerainbow116 | 2011-07-10 19:18 | F3A | Trackback | Comments(0)

今日のウイングス ⑤

本日のYSカップ、単身乗り込んだ空禅師匠、・・・(@ウイングス飛行場雑談)どうだったんだろうね?
きっと、新作機ボディーにYS 175 cdiって書き込んであるものだから、皆から「調子どうですか?」って聞かれまくっているはずだよ、積んでるのは実際cdiじゃないDZ170なのにねぇ~・・・

ウィングス飛行場は霧、曇り空ながらも、穏やかな気流。
対岸で映画「はやぶさ」撮影のため、本番撮り時はフライトをストップして欲しいとの申し入れ、
それもあり、待ち時間はLi-Po,Li-Fe,レギュレター、サーボの耐電圧、YSFZ175S(ストリートプライスが47000円位らしい!)・・・
雑談に花が咲きます。
d0202319_21281641.jpg

IRSさんのWind S pro
手軽なプライス、高性能で欲しくなる機体ですが、バッテリー、ESC,ブラシレス
への初期投資には思い切りを要します。(しかしコストのハードル、どんどん下がっていますね)
d0202319_21391129.jpg

ブラシレス、ESC,リポ、Rx用リポとレギュレター・・・綺麗に搭載されています。
d0202319_21493742.jpg

KHRさんのAddiction 110。
機体名がプライベートネームに変わっています。
ボディーの体積、存在感がメビウス110GPと同じく、フルサイズ機と見間違える程!
by doublerainbow116 | 2011-06-26 22:04 | F3A | Trackback | Comments(0)

Neptuno リンケージ準備

届いたネプチューノを梱包箱から取り出し、先ずは必要なリンケージパーツのリストアップにかかります。

タンク、レシーバー、バッテリー取り付け用マジックバンドまで、親切なことに!出来上がっています。
更に、ラダーワイヤーガイドパイプ、エレベーターサーボ延長コードガイドパイプ、
エンジンマウントブラインドナット、カウルストッパー・・・までセットされている・・・。

これでリンケージに時間かかったら、空禅師匠から「何やってるの」と怒られてしまいそうです。
d0202319_18221313.jpg

d0202319_161311.jpg

d0202319_1823397.jpg
d0202319_18242528.jpg
d0202319_18251287.jpg
d0202319_18255553.jpg
d0202319_18262661.jpg
d0202319_1827496.jpg
d0202319_18273360.jpg
d0202319_18281883.jpg

by doublerainbow116 | 2011-06-20 19:09 | F3A | Trackback | Comments(4)

Neptuno

d0202319_23451475.jpg

決算特価166600円に魅せられ、衝動的に注文ボタンをポチッ!!
ネット購入しました!

HobbyNetよりリリースされている、F3Aフルサイズ,チャイナ製完成機ネプチューノ。
決算特価、30%オフに惹かれます。
同じくホビーネットから新たにリリース、110クラス、プロラインエボリューションの
168000円よりも安い事で自分を納得させる、妙な心理も働きます。

これで良く飛んだら儲けモノですね。
と言いながら、完成機としての低価格を享受すると共に、高性能も内心期待しています!

フォトはメーカー提供、日本仕様。
by doublerainbow116 | 2011-06-10 00:19 | F3A | Trackback | Comments(6)

今日のウイングス ③

d0202319_115246.jpg

何かと忙しく、久しぶりとなったフライトへ出勤の連休初日。
意外にも、東名を使わなければ渋滞に巻き込まれること無くウイングス飛行場へ一番乗りです。
先ずは風の穏やかな朝の内に、電動Edgeを。

追記・・・5/2 このところ引きの良いペラはどれだ!比較テストをしています。(3セル20Cリポ、40アンペアESC)

APC12x6E・・・フルスロットル地上電流値32A、まずまずですがイマイチ元気が・・・。
APC11x7E・・・31A、意外にも回転引き共、より大人しい。
APC11x7E 5mm両端カット・・・29A、回転上昇を期待するも引きは更に下がります。私の加工に問題あり?
APC12x8E・・・30A、ロードがきつい様です。
APC12x8E 5mm両端カット・・・34A、これまでのベスト。エルロンの効きが3割増えたようなパワー感を上空で感じます。

当然、ブラシレスとリポの特性、機体の形状、飛行目的によって適合は変わる筈です。
しかし、電流値と引きは正比例している事、実感しました!(当たり前か?)
d0202319_11303082.jpg

OKNさん、エクセレントーディアレストが純正つばさ工房製カナライザー付きで再登場。
さすが綺麗な出来です。
d0202319_1171112.jpg

空禅師匠またいろいろテストを始めています。
効果はどうですか?と尋ねたところ「全然違う」そうです。
詳しくは師匠のブログを。
by doublerainbow116 | 2011-04-30 11:35 | F3A | Trackback | Comments(0)