カテゴリ:F3A( 80 )

YS FZ115S 犬山再送・再帰還

d0202319_23593276.jpg

ベアリング・リテイナーらしき金属片や金属粉がクランクケース内に見受けられ、コンロッドがそれにより傷つき、
何かが挟まり・或いはギアなど噛んだ為か、まったくペラが動かせなくなったにも係わらず、
ピストンリング・排気バルブ・ダイアフラム交換だけで修理完了、何か変だな・・・とは思っていました。
(勿論、修理依頼の手紙に詳しく書きましたよ~)

案の定、戻ってきたエンジンを機体に取り付け、フライトしたところ、空へあげて30秒ほどで
再びエンスト。
着陸させチェックすると、前回と同じようにペラを手で全く動かせない状態。
何かを噛んでいます。
今回はフロントベアリングが前にせり出しているのが見える。

そこで犬山再送。
治ってないんです、と手紙を添えて送ったら、今回無償で再帰還。

さて、Apollo 90に取り付け、テストフライトを試みるも、エンジンスタート後回転が安定せず、
ニードル位置を探っているうちに被って止まってしまう!
そして、今までの適正ニードル位置では苦しそうな回転。

それを見ていたクラブメンバーが、「中身新品じゃないの」・・・
そうだ、ピストン・ベアリング・各リング類他・・・内側は新品かもしれない。
クランクケースは自分で拡げた取付穴痕跡があるので、そのままであること判りますが、
プラグを外しピストンを覗くとピカピカに光ってます・・・新品だ!
明細書に「調整」としか説明されてない、更に、外された部品が同梱されてないので判らなかった・・・

そこで、ペラをAPC 16x10からロードの軽い15x11に変え、クランクケース・マフラー内に溜まった
オーバーフロー燃料を排出。慣らし体制で再始動。

先ず、ニードル1.5回開け強で回転継続させます。
1タンクほどの慣らしで、回転安定して来ました。
取りあえず、ニードル1.5回開けから1コマ絞りにセットします。

これで空に上げました。
チョイ甘めの丁度良いところ。かなりパワー出ています。
フライト慣らしとして、宙返り中心に、負荷と軽負荷を組み合わせた演技のみ行います。
久し振りの15x11、かっ飛んでる。
YSさん、今度は治りましたよ!

クラブメンバーの皆さん、排気かぶりながら機体ホールド、アドバイス、壊れたプラグヒーター
ケーブルの代替品調達・・・お世話になりました!
by doublerainbow116 | 2014-09-01 16:32 | F3A | Trackback | Comments(0)

ショーンのカリフォルニア便り ⑤

d0202319_12362985.jpg

ショーンからウエブマガジン・NatsNewsが送られてきました。
AMA(Academy of Model Aeronautics)が主催する国内選手権・NATS 2014のF3Aで、
予選1位通過! 決勝8位となったそうです。
(Pは完璧、Fはチョット失敗しちゃったんだねぇ)

フォトは1位となり、表紙を飾った時のもの。
機体はWind S。
イタリア・セバスチャーノ氏デザイン機。彼とは日本で知り合い友達になった、と言ってました。
(お二人共、日本で購入したJR 12X 2.4を、帰国してもDSMJ・出力30mWのまま使っているらしい、
全く問題起こらない・・・と言ってます)

元クラブ仲間の活躍は嬉しいものです。
ショーンは大型機のガソリンエンジンを除き、電動へ転向したけれど、
それと現在の好調と関係あるのかなぁ〜。

律儀な人で、日本でフルサイズ完成機購入時、私が通訳としてコーディネートしましたが、
それをアメリカで売却する時、「売ってしまうけど、いいか?」の連絡が来ました。

予約した28Xが待ち遠しいそうですが、私はどうするんだ?と聞かれて、まだ28XにするかXG14Eか
迷ってる・・・と答えています。
by doublerainbow116 | 2014-08-15 13:24 | F3A | Trackback | Comments(0)

YS FZ115S 犬山から帰還

d0202319_2174327.jpg

早くも今日、山田産業さんから修理完了で戻りました。
行き帰り5日ほど、YSが夏期休暇に入る直前・セーフでした。

d0202319_21724100.jpg

意外にも交換部品、大きいところでは、ピストンリング、ピストンピン、排気側バルブくらいで、
予想していたコンロッド、ベアリング、ピストン等はそのまま。

あの金属片・金属粉は何だったのでしょうか?
交換されたパーツ類には削れた形跡が無い・・・?
普通、バルブを換えたらEリングも新品に換えるはずなのに、交換されたパーツ類に
入ってない・・・?

でも、まぁ良いか。

d0202319_2154245.jpg

送料以外の工賃・部品代で8000円程。
結構費用かかるんでどうしましょうか・・・っていうようなメールが来るのを恐れていた!
しかし、この費用でオーバーホール済みとなったので、助かります。
by doublerainbow116 | 2014-08-09 21:33 | F3A | Trackback | Comments(0)

YS FZ115S 突然のエンスト

d0202319_14515138.jpg

使い始めて一年ちょっと、好調の続いていたYS FZ115S、慣らしフライト時・甘過ぎによるのを
除けば、上空で初のエンストしました。
悪いことに強風。
ドキッっとさせられたが・・・Apollo 90何とか無事着陸セーフ。

約180フライト。
パワー有るし、手の掛からない良いエンジンですが、何が起こったのか?

ペラを手で動かそうとしたら、ガツンと引っかかり、何かが中で挟まっている感じです。
家へ帰り、エンジン降ろし、ヘッドカバー開けて見ても、バルブ周りは問題無さそう。
d0202319_1451899.jpg

スリーブレス・エンジン初体験。

次にシリンダーブロック開けてみました。
コンロッドが数カ所欠け、金属片や鉄粉がクランクケース内に見られます。
ピストン上にも鉄粉が。

どうやら、ベアリング・リテイナーが砕けた時の様子かな?
FZ140で経験あります。

私の手には負えないので、犬山送りに。
コンロッド、ベアリングだけで無く、ピストンやシリンダーブロック迄も交換の重傷・・・
かも!!
by doublerainbow116 | 2014-08-04 15:21 | F3A | Trackback | Comments(0)

Neptuno リンケージ再開

d0202319_1658395.jpg

だいぶ時が経ってしまいました・・・2年越し、ネプチューノ・リンケージ再開です。

言い訳として以前作業中、付属品・尾翼用カーボンパイプが二本とも寸法足らず!
替わりに購入した、合う筈の外径10mmパイプが、尾翼に埋め込まれている内径10mmパイプに
挿入できず、仕方なく延々とサンディング・・・

他にも、胴体のウイングボルト受け部分が、部品組みサイズ誤差、或いは接着不良のため
手でグラグラ動いてしまう、そこで、エポキシレジンをハケとドライヤーで流し込み補強・・・
(一方、外観の仕上がりは光沢と言い、大変綺麗)

こんな事しているうち、嫌になってチョット挫折。Apollo 90が調子良いので放置状態、
でも再開しました。

フォトは、なんとかサンディングで入るようになったカーボンパイプを、現物合わせで切断中。

d0202319_16573881.jpg

パイプにバルサ棒を埋め込んだ後、ニトムスクッションを貼ってから無事接合。
抜けどめビスには、珍しいφ2x20mmキャップを使い、パイプの反対側へも到達させました。
d0202319_16564321.jpg

補強後、ウイングボルト受け周り。
d0202319_16542733.jpg

ギアマウント部に1.5mmカーボン板を追加、補強で接着。
ブラインドナット穴から正確な穴位置写し取りの為、小学生時代以来と思われる
トレーシングペーパーを使用。
d0202319_16535619.jpg

ギアがつくと、らしい形になります。
d0202319_16532571.jpg

エンジンルームが進むと、気分・乗って来ます。
by doublerainbow116 | 2014-07-13 18:18 | F3A | Trackback | Comments(0)

Apollo 90 メンテナンス

d0202319_20153261.jpg

Apollo 90、飛ばし始めて早一年ちょっと。
Txの積算時間から計算すると、約250フライト・・・良く飛んでくれてますが、やはり
各種ガタ・疲労が・・・
最近気付いた箇所です。

エレベーター・アジャスター&ホーンチップ、片側(L側)のみ一寸ガタ。
ホーンチップ穴が擦り減った拡がりでしょうが、操縦上ニュートラル不安定・舵残りなどは
感じません。
クルマのステアリング・ニュートラル辺りの遊びと同じ、と解釈・・・
フラッターが起こる様子も無いので、替わりのチップ用意しましたが、
ひとまず、これで良しとします。

d0202319_2015933.jpg

シリコン・サイレンサー・マウント。最近、シリコンパイプ・・・左右それぞれ一回
切断・交換しています。
予想以上の耐久力、そして振動吸収に機能するシンプル・優れものハットリパーツ。
交換用シリコンパイプ、純正品以外ではIMのストレートエキパイ 9mmが代用可。

ステンレスアングル材へ修理交換したカウルストッパー、3.5mmナット部を接着しても、
直ぐ剥がれてしまうので、再々接着中。

肉厚あるアルミアングル材にタップ立てで作らないと無理ですね・・・
当初、この薄いステンレス材にタップ立てで上手く行ったように思っても、
振動への耐久力無く、直ぐバカになります。
d0202319_20144486.jpg

ウイングボルト部、締め込む毎、補強合板がどんどん沈み込むので、カーボンクロスで補強。

でも、4フライトほどでチェックすると、結構ウイングボルト、緩んでいます。
板の沈みは無くなった様ですが、振動でネジが緩む?機体の歪み?

昔、3mmキャップビス・ウイングボルトの60パターン機。
緩むので、ワンフライト毎に増し締めしていました。
by doublerainbow116 | 2014-06-30 21:09 | F3A | Trackback | Comments(0)

JR 28X ②

d0202319_13373714.jpg
d0202319_1337296.jpg


カリフォルニアに住むショーンから連絡があって、アメリカのTeam JR(JRユーザー)宛てに、
JR Americasからのインフォメーションで値段が発表になり、予約を開始したそうです。

$2699.99 メーカー希望小売価格っていうことは、円換算して約27万円・・・。
日本での定価がほぼ同じなら、ストリートプライスは20万チョットぐらいカナ?

入荷予定時期、夏の終り、となっています。

詳細な説明が書かれていますが、初めて目につくのは、レシーバーにRG031BX
・・・本体から3個の受信部を外部に出した、XBus専用・・・付属。
日本では、どのようなRx組みバリエーションになるのか不明。

彼に、で、どうしたの?と聞いたら、勿論予約した!そうです。
私も・・・欲しい!(でもXG14E導入への拘りはどうしよう!?・・・前回の記事を読んでいただければ、意味が
判ります)
by doublerainbow116 | 2014-05-15 14:29 | F3A | Trackback | Comments(0)

Apollo 90 + YS FZ115S ④ / オンボード・トレー

d0202319_20334274.jpg

クロッツレッドスペシャル 25-18を戴いたので、Nasa エコステージ 20-20との比較テストです。
機体 Apollo 90、エンジン YS FZ115S、APC 16x10。

先週から、ペラを16x10に変えています。
意外にも、燃料変えてもニードル位置、同じで行けそう。
地上回転数・8200rpm、どちらも同じ・・・しかし空へ昇ってからの回転の伸びで、25-18が上回る印象。

演技をしてみると、「このハイニトロにより、16x10を、ロードの掛った状態でも廻し切ってる」
感触!
今日は強風(10m/s位)ですが、何か、機体が座ってる・・・風の影響を余り受けず走ってる・・・

20-20とこのペラの組合わせでは一寸負担だったロード、25-18に依るトルク増大により大径ペラの美味しいところ・・・
昇りの粘り、降りのブレーキ、強風時の推進力・・・発揮出来てるようです。

翌日のテストでは、8300rpm。

これまで、APC15x11、Nasa 20-20、8800rpmで元気良く飛ばしていました。
クラブメンバーからカッ飛びすぎだと揶揄されています、機体が小振りで走って仕舞う為、なんですが・・・
APC16x10で、燃料をこの25-18にすると、何気にオトナっぽい落ち着いた、だけど力有る・・・って言う感じかなぁ?
音は静かになりました。

しかし、このクロッツ燃料、発売終了でもう無いんですよねぇ。



d0202319_20331087.jpg

オンボード・トレー式操縦の練習再開です。

前からオンボードに憧れ、ちゃんと出来るのならJR XG14Eを購入したいと思いつつ、
購入が無駄になる可能性を案じ、所有するOK製トレーで練習・確認・決断へ。

スカイカンガルー号から始め、今は45クラス・スポーツ機(コマンダー144)。
ちゃんと落とさず、簡単なパターン操縦なら出来るものの、違和感はあります。

無理するのも、なにかな?
いや、まだ慣れないだけだ・・・
Uh、悩む日々です。
d0202319_20434795.jpg

フライト中。
左手は元々摘まむ持ち方なので、違和感ありませんが、右手が問題。

フォトをNYさんにご協力頂きました。
by doublerainbow116 | 2014-05-11 22:21 | F3A | Trackback | Comments(0)

ショーンのカリフォルニア便り ~クラシック パターン アソシエーション

d0202319_13142741.jpg

ショーンのカリフォルニア便り、今回はアメリカでじわじわとブームになっている、
ターンアラウンドでない旧パターンルール・60ー2ストエンジンによるコンペの動向です。

彼が新たに、クラシック パターン アソシエイションのライター・エディター・フライヤーとして、
ウエブニュースを送ってきてくれたので、その一部を御紹介します。

フェニックス7というパターン機、80’sにありましたね。

d0202319_1314469.jpg

チップハイドのパトリシア、ハンノプレトナのキュラーレ。
そういえば、最近HobbyNetから限定でキュラーレARFが発売、
これは紛れもなく、このUSマーケット向けに中国で作られた物。

YSから61-classic 2スト後方排気が新たにリリースされました。
これも、このマーケット狙い。
d0202319_13134286.jpg

ニューライター&エディター、ショーンの自己紹介です。
ヨーロッパ・ルクセンブルグに生まれ、同国代表としてF3A世界選手権・・・
1971(アメリカ),1973(イタリー)、1975(スイス)、1979(南アフリカ)へ出場。
そして、アメリカ国籍に。

彼が日本に住んでいたころ、「Yoshioka-san,Naruke-san,知ってます」
っていうのは、こういう訳だ!
ウォルフガング・マット氏と彼の飛行場(リヒテンシュタイン)で一緒に練習したことがある、とも言ってました。
(その頃ヨーロッパ勢、ラジオは皆シンプロップだったそう)
d0202319_13124386.jpg

コンペの結果、マスターズクラス1位、1つにはチップハイド、もう1つにはショーンの名前が。

以前にも、ノンターンアラウンドの記事で書きましたが、懐かしいじゃないですか!
演技が単純で、キットからの機体でもコンペで勝てる可能性が今より高く、エンジン・機体のコストが安く・・・
解決すべき騒音の問題はありますけどね・・・?
by doublerainbow116 | 2014-02-07 14:12 | F3A | Trackback | Comments(0)

JR 28X

d0202319_2048413.jpg
d0202319_20474842.jpg

JR次期フラッグシップモデル28X、アメリカで発表になりました。

オンタリオで開催、AMA Expoにて・・・2014春発売予定(USA)とのこと!
(ということは、大抵は遅れて、夏以降?・・・)

詳細不明ながら概要は・・・

Android搭載・カラーモニター
DMSS・2.4GHz,28ch、15フライトモード
CNC Machinedオールアルミジンバル
ウルトラ・65536スティックレゾリューション(これまでの16倍)
キャストアルミボディー
USBデータインターフェイス
SDカードによるピクチャー、サウンド、テレメトリー・ログ・ストレージ
ボイス、ミュージックによるテレメトリーお知らせ機能


アメリカの友人ショーンがオンタリオ視察後、知らせてくれました。
カッコ良いですね。
さて日本ではいつリリースでしょうか?
待ち遠しいです。
by doublerainbow116 | 2014-01-13 21:25 | F3A | Trackback | Comments(0)