Epiphone inspired by "1966" Century

d0202319_1830751.jpg

古っぽくてイイなぁって、前から思っていた、エピフォンのセンチュリー、購入です。

薄いセミ アコースティック、1 ピックアップ。
ギブソンES-335に代表されるスルーネックとは違い、チャンバー キャパシティーを持つ恩恵から、
エピフォン カジノの様に箱鳴りするキャラクター。
アンプ無しで手元に置いておくギターとしても十分使える生音、けっこう音量有ります。

1930年代ジャズ・ブルーズ系ギターの再現として1966に登場したCenturyの復刻モデル。
エピフォンはアメリカの会社ながら、Hand crafted in China の表記。

d0202319_18294726.jpg

ブリッジ・サドルが古風にウッド!
イメージとして、鉄やブラスより柔らかい音かな?判りませんが。

動いてしまうブリッジのギター初めてなので、イケベの店員さん(ギター テクニシャンとして詳しい人でした)に取り扱い詳しく教えて貰いました。
d0202319_18293024.jpg

ギブソン オリジンのP-90 PROなる、本物のP-90 シングル コイル ピックアップ装着
・・・P-90タイプって、よく見かけますが。

スケールはフェンダー スケールの、25.5"。

ネックはマホガニー、フィンガーボードはローズウッド。
d0202319_18291137.jpg

ペグは意外にも、ウィルキンソン製。
この古風な三連スタイルが、古典的な雰囲気を醸し出す。

製品に張ってあった弦が、011~052とジャズ系の方の好む硬めなので、先ずは010セットに張り替え、
弦高・オクターブ微調整から始めてみます。

買う時試奏しましたが、手との馴染みが、お互いの成長を分かち合う友として上手くやって行けそうな気がしました。
他の楽器店含めて、同一モデル数本試奏で好相性の友に巡り会えた・・・!
ネックの握り具合・フレット打ちの出来・箱の鳴り、皆違う様に感じる。
チャイナ製廉価ギターは個体差大きいです。

音は未だよく判りませんが、5~10年経過(演奏)する頃から、音のクオリティー上がる事って、
良く有ります。
今後が楽しみです。

by doublerainbow116 | 2017-01-04 19:16 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)
<< 今日のウイングス 79 明けましておめでとうございます... >>