OLYMPUS 組立て・リンケージ ②

d0202319_0533480.jpg

ブラシレス・モーターは既に取付け済。
取付けビスの締め確認と、ドライブワッシャーとスピンナープレートを兼ねたパーツを
カウル装着後、Hex加工されたシャフトに嵌め込んで、ノーズ部分ほぼ終了。
ここの構造、なかなか良く出来ています。
d0202319_0531354.jpg

下が付属品の15x8ペラ。
上は購入したAPC15x8E。
約同じですね〜。

d0202319_0523543.jpg

積み込んだバッテリーとレシーバー。
重心合わせでバッテリー・トレイをスライド出来るよう、レールが仕込まれている。

d0202319_0521868.jpg

リンケージロッドはボールリンク。

プラ製チップへ1.8mmロッドねじ込みがユルユルなので、シリコンテープを巻き付けながらやり直しました。
d0202319_0515439.jpg

翼端整流板の接着が乾けば、組立てリンケージ終了です。
あとは重心合わせ、舵角設定、左右バランス調整など残すのみ。

ところで、プラ製スピンナー。
近くからでもアルミに見えてしまう・・・切り欠き加工の削られた粉を見れば、或いは
手に持つ軽さでそれと分かりますが、近頃ホント良く出来てる。
実車などで益々構成比率の増えてる、金属に見せかけたプラスティック・パーツのようですね。
(その為、最近のクルマは燃え始めたらよく燃えるって聞きます)
by doublerainbow116 | 2016-03-27 01:30 | F3A | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sunsetldg.exblog.jp/tb/23013419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< OLYMPUS 初飛行 OLYMPUS 組立て・リンケ... >>