YS FZ115S 犬山より再々々帰還 / 今日のウイングス 38

d0202319_21575427.jpg

ウイングス飛行場・エンジンテストスペースにて。
FZ115S、交換部品多数の為、再び地上ブレークインからスタート・・・

と言いますのは、前回記事のフライト慣らし5フライト目に異音発生、降ろしてチェックすると、
最初のトラブルと同じ、手でペラを回すとガツンと何かに引っかかる。

ニードル絞り過ぎ?潤滑不足からあり得るトラブルですが、降ろした直後、ヘッド温度52℃で、
焼けている気配は無かった様。

犬山送り・帰還後(無償)、改めて慎重にブレークイン始めます。

次に、フライト慣らしを3回、無事に終了。
(NASAエコステージ20、APC15X11)
3フライト目で[1+1/2回ニードル開け]まで絞ったものの、ランディング後のヘッド温度、40℃程。
擦り合わせ慣れてきたので、これ以上甘くするとエンストしそうです。



d0202319_215721100.jpg

あの異音直後、降ろしてシリンダーブロックを外すと、以前と同じく金属片と金属粉がクランクケースや
ピストン周りに見受けられた。
修理交換されたコンロッド、フォトの様に削られた形跡。
ディスクバルブピンが変形し短くなっている。
d0202319_21565652.jpg

一つ思い当たるのは、これまで、フルハイ手前・約80%パワー以上になると音が変わっていた事・・・
Apollo 90付属のエンジンマウント・ゴムはかなりソフトで容量も小さく、スローでは、
エンジンがカウルに当たる寸前の振幅、ハイではパワー吸収し切れず振動が出ていたと考察。
(ガ〜っていう音)

新品ゴムに換えたり試みてはきましたが、硬めで容量大のアルテシア用ゴム、持ち合わせているので、
ブレークイン前、フォトの様に交換です。
厚さ(10mm)、ビス穴位置、全く同じで、エンジンにあたる個所だけ削ればフィットします。
(昔、エクリプス用・クリアイエロー8mmゴムを注文したら、これが来た!)

特定の回転数での振動・ノイズ発生はエンジンに良い訳有りません。
マウントがエンジンパワーに添わない為、負担を掛けていた可能性・・・

振動音が消え、ハイで静かになりました。
これかな?


d0202319_2156194.jpg

今日のウイングスは、YKさんの複葉パターン機・アドベンチャーへ新たに装着、ニューモーター。

SK3・・・チャイナ製、F3Aフルサイズ用で18000円程だそうです。
飛びを見ていると、6〜8万円クラスに負けていません。
by doublerainbow116 | 2014-11-24 23:24 | F3A | Comments(0)
<< JR XG14E 昭和の時代展 >>