Apollo 90 + YS FZ115S ④ / オンボード・トレー

d0202319_20334274.jpg

クロッツレッドスペシャル 25-18を戴いたので、Nasa エコステージ 20-20との比較テストです。
機体 Apollo 90、エンジン YS FZ115S、APC 16x10。

先週から、ペラを16x10に変えています。
意外にも、燃料変えてもニードル位置、同じで行けそう。
地上回転数・8200rpm、どちらも同じ・・・しかし空へ昇ってからの回転の伸びで、25-18が上回る印象。

演技をしてみると、「このハイニトロにより、16x10を、ロードの掛った状態でも廻し切ってる」
感触!
今日は強風(10m/s位)ですが、何か、機体が座ってる・・・風の影響を余り受けず走ってる・・・

20-20とこのペラの組合わせでは一寸負担だったロード、25-18に依るトルク増大により大径ペラの美味しいところ・・・
昇りの粘り、降りのブレーキ、強風時の推進力・・・発揮出来てるようです。

翌日のテストでは、8300rpm。

これまで、APC15x11、Nasa 20-20、8800rpmで元気良く飛ばしていました。
クラブメンバーからカッ飛びすぎだと揶揄されています、機体が小振りで走って仕舞う為、なんですが・・・
APC16x10で、燃料をこの25-18にすると、何気にオトナっぽい落ち着いた、だけど力有る・・・って言う感じかなぁ?
音は静かになりました。

しかし、このクロッツ燃料、発売終了でもう無いんですよねぇ。



d0202319_20331087.jpg

オンボード・トレー式操縦の練習再開です。

前からオンボードに憧れ、ちゃんと出来るのならJR XG14Eを購入したいと思いつつ、
購入が無駄になる可能性を案じ、所有するOK製トレーで練習・確認・決断へ。

スカイカンガルー号から始め、今は45クラス・スポーツ機(コマンダー144)。
ちゃんと落とさず、簡単なパターン操縦なら出来るものの、違和感はあります。

無理するのも、なにかな?
いや、まだ慣れないだけだ・・・
Uh、悩む日々です。
d0202319_20434795.jpg

フライト中。
左手は元々摘まむ持ち方なので、違和感ありませんが、右手が問題。

フォトをNYさんにご協力頂きました。
by doublerainbow116 | 2014-05-11 22:21 | F3A | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sunsetldg.exblog.jp/tb/20695243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< JR 28X ② John Mayer Live... >>