John Mayer Live at Budokan



ジョン・メイヤー武道館ライブ、行ってきました。
それもアリーナ・前から4列目、ほぼ中央・・・ジェフベックといいツイてる席。
マレナ・ショウ、ナタリー・コールではライブハウス最前テーブルでしたから、もうツキを
使い果たした・・・かも?ですね。

もう素晴らしい、の一言!
4年前に見た時より、二廻りもビッグアーティストらしい完成度へと成長しています。
天才が努力するとこうなる、の見本のような人!

ジョンにとって、Budokanはひとつの節目だったと思います。
ディープパープル~キッス~チープトリック・・・とBudokanを足掛かりに世界へブレークしたアーティスト
が多い中、それら伝説を知るアーティスト達にとって、Budokanソールドアウトは特別な意味を持ちます。

今回久しぶりに、終演後耳鳴りがするほど音圧感あるサウンドで楽しませてくれました。
PAエンジニアの音造りセンスはなかなかのもの。
勿論演奏が良くなければ、それは成り立ちませんが・・・

ライティングも今回、バリライト(ジェネシスが特許所有)を奢り、曲の展開とリンクした
効果的な照明。

最近、プロ機材を除き撮影OKなので、我がiPhone5sで撮ってきました。
オプティカルな寄りではないので、画質イマイチですが、雰囲気は御判りいただけると思います。

曲はライブ中頃、ソロコーナーで歌われたNeon。
以前学校で生徒が歌いたい、と言うので私、このギター練習を試みるも無理でした。
6弦をCに調律する変則チューニング・6弦を親指で押さえる奏法・・・手が大きい人でないと・・・
彼の使ってる、マーティン000ー28系のような、ショートスケール・細身ネックだと可能なのかも?

MCで「小田原の向上高校、日本語ベンキョウシマシタ」と言ってます。
高校生のころ、短期間ですが留学?で日本に住んでいたようです。
by doublerainbow116 | 2014-05-07 15:17 | 録音機材・楽器・音楽 | Comments(0)
<< Apollo 90 + YS ... NiMH バッテリー >>