Apollo 90 + YSFZ115S ③

d0202319_23214095.jpg

上空へ上がってしまえば、問題の起こらないエンジンセッティングながら、
いつもではないけれど、離陸時に起こるぐずつき・・・
そこで、更にスローバルブを閉め、工場出荷状態、つまりジャスト2回転開けに戻したら解決。
薄かったんですね。

これは、所謂スロットルスティックに着いて来る・・・レスポンスが一番速くなるようなセッティングでは、
スロー〜ミドルで薄過ぎになっていたようです。
長年経験したFZ110の感じとは違い、レギュレター調整出来ない新構造のキャラクターなのか?
・・・FZ110ではニードル、レギュレター、スローバルブ、3要素調整により、
レスポンスとスロー安定の両立出来てました。
(FZ簡素化、DZ高出力の二極化?)

季節の変化か、エンジン内部摺り合わせの慣れか、以前はメインニードルこれ以上締め込むと、
昇りでトルク不足を感じた2コマ絞り込み・・・でいい感じ。
結局、ニードルは1.5回開けから2コマ閉め、で落ち着いてます。
(APC 15X11. NASA Eco stage 20・・・8800rpm)

d0202319_23211410.jpg

ケイテックデザイン製、優れもの・マニホ用フランジナットのナット穴、一つバカに。
(何時も締める時、コレデモカ!という程締めている私が悪い)
予備の穴が空いてるのは賢いのですが、チャンバーとの当たりを避ける削り不足で、
実質、予備穴が使えません・・・ヤスリ加工でOKに。

スクリューフランジ取り付けは、銅ガスケットに加え、
テクニックジャパンのVワッシャー(内径12mm)を挟むようになってから、
まず緩むことはなくなりました。

d0202319_23204947.jpg

前回のラストフライトで、ランディングアプローチ前の旋回中、ラダーだけ、
舵が一瞬振れたように感じました。
ラダーサーボを、同じTowerPro MG996R新品へ交換、様子を見ていますが、
その後4フライト、問題無いようです。

追記
JR XG14Eフライト映像 初めて見つかったので、YouTube貼ります。

by doublerainbow116 | 2013-09-30 00:39 | F3A | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sunsetldg.exblog.jp/tb/19739056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 境界層板テスト飛行 3軸ジャイロ 初飛行 >>