初めてのTx用 Li-Fe

d0202319_20422622.jpg

長く使ってきた、JR 9X・送信機用ニッカドバッテリーがだいぶ弱ってきたので、
この際初体験、Li-Feを使って見ることにします。
9X用純正部品としては、ニッケル水素バッテリーしか発売されてないので、Kypom製2100mA、
3セル四角型・JR,Futabaコネクター付きを購入。

ニッカド装着時に使用した隙間埋めスポンジは外し、薄いIMスポンジシート3mmを片側に貼れば、
ピッタリ、ガタなしで収まります。

フォトでは、Txと接続したまま、Futaba用コネクターとバランスコネクターで充電器と繋いでいます。

セルあたり3.3V、トータル9.9V。
満充電時セルあたり3.6V、トータル10.8Vだそうで、使用時の電圧降下カーブを解ってないので、
使いながら、電圧表示からの残量推測を覚えて行く必要があります。

使い始めとして、どの程度の電流がバッテリーにとって負担にならないのかも判らないので、
フォトでは様子見・1C以下で充電中。
説明書には「5A以下で」と書いてありますが・・・

また、「一度満充電になったバッテリーには追い充電しないで下さい」
「満充電のまま保管するとバッテリー劣化の原因となりますので・・・」
など注意を受けるも、保管って、半日とか丸1日満充電状態は・・・保管の範囲?

真夏、場合によっては車中温度がかなりの高温にまで達する環境下、
プロポのリチウム系バッテリーの安全性って大丈夫?

まだまだ、分からない事だらけです。
by doublerainbow116 | 2013-06-03 21:56 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sunsetldg.exblog.jp/tb/18899883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< エレガットギター Apollo 90 + YS ... >>