Apollo 90 + YS FZ115S ①

d0202319_12462259.jpg
d0202319_12441350.jpg

ニューのFZ115S、地上慣らし〜Apollo 90搭載・フライト慣らしです。

飛ばしての印象を、インプレ記事風に書くと・・・

誤解を恐れず、フライト感から実直に述べてみる。
機体のキャラクターをエンジンが変えて仕舞う展開を、身を以て体感することになった。
今日のような10m/sを越す強風下に於いて、何等苦もなく上昇し続ける愛機を操るのは
楽しいものである。
流石、今時流ドッシリとした存在感をトルクの強いエンジンが引っ張る発想とは違うものの、
機速を落とそうとすれば、馬力荷重、翼面荷重の低さが幸いし、スロットルスティックに「着いてくる」
コントローラブルさを味わえる。
一方、スロットルスティックをフルハイまで突き上げれば、どこまでも登って行く愛機を
眺める至福感に酔いしれる。

・・・なんちゃって、書いていて恥ずかしくなりますが、フィーリングとしては、
このような感じでした。

エンジン取説に、慣らしをニードル3回転開けから始めるように、とありますが、
エンジンスタートはできるが、濃すぎによるオーバーフローとエンジン停止。
2回転開けから始めたら・・・
それを見ていたクラブ仲間からのアドバイスで、ブレークイン・スタート出来ました。
最後には、約1回転半、スローバルブ2回転半で落ち着きました。

NASA Eco Stage 20-20
APC 15X11
地上9000 rpm

エンジンの熱慣らしが終わった頃から、ロードの高いAPC16X10あたりを試す予定。
by doublerainbow116 | 2013-05-27 13:44 | F3A | Comments(0)
<< 初めてのTx用 Li-Fe YS FZ115S >>