Apollo 90 組み立て・リンケージ ①

d0202319_2016322.jpg

組み立て〜リンケージ、スタートです。

先ずはペーパーヒンジでエルロン取り付けを、と低粘度瞬間を取り出したものの、
硬くなってしまって使えない!
昔なら、馴染みの模型店へ走るところですが、既に廃業。
(よく・・・九時までに着くから店開けておいて!いつも安い物しか買わなくて申し訳ないけど、
瞬間取りに行くから・・・って感じで電話してましたね。)
しかし、通販へネット注文すれば翌日には届くので、低粘度2本、ついでにサーボ延長コードも。

翌日、エルロン、エレベータをヒンジで取り付け。
エルロンサーボ・マウント加工が、薄型サーボではなく標準サーボ用に出来上がっているので、
今回、タワープロのオール金属ギア仕様・MG-996Rを選択。

サーボコード通し用の糸が仕込んであります。

d0202319_20153698.jpg

主翼ウイングボルト部、補強用合板の接着。
尾翼をアルミパイプで仮付け。
8φダウエルの取り付け、受けの穴修正、そして胴体・主翼合わせチェックへ。

胴体が一寸捻れているため、垂直尾翼の角度は残念ですが、
主翼・水平尾翼の位置関係が5mm以内の誤差に収まっているのは上出来。
(測定箇所によっては、誤差ゼロ)

チャイナ製ローバジェットARF機で、合わせが一発でキマったのはこれが初めて。
今は亡き愛機OOOOスでは、胴体から主翼までも、かなり削らないと、
翼相互の位置・角度関係、出せなかった!

d0202319_20144899.jpg

付属ランディングギア、タイヤ、スパッツ、簡単に組みあがります。
トウアウト1°ほど、直進性良さそう。

グラスカーボン板を補強で追加。
by doublerainbow116 | 2013-01-26 00:04 | F3A | Comments(0)
<< Apollo 90 組み立て・... Extreme Flight製... >>