リチウムイオン・バッテリー テスト

初体験Rx用Li-Ionバッテリー・・・新作機へ搭載する前に、Cクラス機エクリプスで性能テストを、
と思い慣熟も兼ね、フライト行いました。

つばさ工房 Li-Ion 7.2V-2250mAh
K&S 受信機用レギュレータS(アウトプット6Vをセレクト)
レシーバー・JR RD931
搭載サーボ・・・エレベータ・JR DS3401x2とラダー・TowerPro MG996Rがデジタル、
それ以外はアナログ(ブラシレス無し)。
d0202319_1029344.jpg

フライト前、機体スイッチ付属コネクターから測定、
バッテリーチェッカーのロードは1Aに設定。
前日満充電したLi-Ion、8.2Vを表示。
d0202319_10302780.jpg

1フライト後(タイマー10分でランディング)、8.1V。
d0202319_10312595.jpg

2フライト後、8.0V。
d0202319_1032326.jpg

3フライト後、7.9V。
d0202319_1032551.jpg

4フライト後、7.8V。

ブラシレスサーボ搭載いかんにより、機体毎の消費電流は大きく変化する筈ですが、
このバッテリーを使用している方に経験値を伺ったところ、
上記の測定法(機体コネクターから測定・BR-2000の1Aロード)、フルサイズパターン機・・・
7.2Vにてフライトストップでも大丈夫だが、安全を見て7.3~7.4Vでストップしているそうです。

テストのCクラス機なら、ノーチャージ10フライト以上は楽勝でしょうね。

Rxへ6V送り込む事でサーボが明らかにクイックになったことを体感!
尚、レギュレータ・アウトプット電圧を測ってみると、ノーロードで6.2Vでした。
by doublerainbow116 | 2011-10-24 16:00 | ラジコン飛行機 | Comments(2)
Commented by 空禅一如 at 2011-10-25 22:39 x
同社のレギュレター、PRを見ると出力側5v/6vとありますが
電圧を指定して購入するのか、スイッチで切り替えるのか
どちらでしょうか?切り替えなら試したいナ~
Commented by doublerainbow116 at 2011-10-26 00:30
師匠、こんばんは!
ジャンパー線が本体から出ています。
そのままだと5.2V。ジャンパー線カットすると、
6Vに変更されます。
一方、Futaba用、JR用、2タイプ有って、コネクターの違いです。
コネクター3本ピンの間隔は同一ですが、ピン断面のサイズが、
Futabaー0.64x0.6mm、JRー0.64x0.64mmと違うので、それに
適合したパーツが使われています。
私の場合、Li-IonのコネクターにJR用を選び(Futaba用もあります)
、スイッチはJRを使っているので、レギュレターもJR規格のコネクターで統一しました。
<< 嗚呼 フヂエンヂン iPhone4S / iPad... >>