オンボード・トレーをトライ

d0202319_20405833.jpg
d0202319_20441564.jpg

フライト前、ちょっと緊張。
d0202319_20451162.jpg

フライト中。

長い間懸案であった、オンボード・トレーによる操縦、スカイカンガルー号にてトライです。

昔一度試みた事はありますが、今回の方が遥かに使い心地の良さそうなトレー。
このOKモデル製トレーを購入、使うチャンスをうかがっていました。

スカイカンガルー号なら穏やかでトライには適当でしょう。
チャンスがやってきました。

3チャンネル機とは言え、ちゃんとフライト出来ました。
しかし、右手(この機ではラダー)に違和感を感じます。
左手は普段からスティックをこの様に摘んでいるので、さほど、ですが
右手はぎこちないですね~。


この日はやや風が吹いていた為、ハーフスロットル以上も使います。
初飛行では、常にハーフスロットル以下でしたが、エンジンパワーにエレベータートリムを合わせさえすれば、
連続宙返りでも、やや強風ランディングアプローチでも、
スカイカンガルー号は自在にコントローラブルな印象です。

強い上半角による、横滑りと降下しようとするラダー旋回、
そして、ヨー運動をロール運動に転換する効果・・・
・・・次回、ロールに挑戦します!

ねじり下げ翼により失速特性も良いので、次のリボンくぐり競技会はこれでイタダキ!かな?

この後、パターン機を出し、普段通りの持ち方で飛ばしていたら、
「あれ、オンボードへ転向って言ってたけど、トレーはどうしたの?どうしちゃったの?」
皆から言われてしまいましたね!
勿論、”転向”はほとんど冗談ですよ・・・。
by doublerainbow116 | 2011-09-11 21:16 | ラジコン飛行機 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sunsetldg.exblog.jp/tb/14538698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< EOS 0403i チャージャー Neptuno リンケージパーツ >>