レッスンルーム機材

d0202319_21143219.jpg

今回もラジコンからちょっと離れ、本職の一端としてボーカルレッスン、プリプロダクション録音(本番レコーディング前に全体像を模索、把握する為の低予算作業)、デモ録音など、自宅で使用している機材をご紹介します。
ローコスト、ハイパフォーマンスがポリシーです。

1段目 グラフィックイコライザー(可視周波数帯域音質調整器)と真空管式マイクヘッドアンプ(コンデンサーマイク用ファンタム電源サプライ付き)
2段目 デジタルマルチエフェクター、主にリバーブ、ディレーフィードバックに使っています。
3段目 コンプレッサー(音を圧縮し録音可能なダイナミックレンジ=音圧感を稼ぎます)。ゲート(ノイズをカットします)、リミッター(決めたレベルにまで抑え込み、クリッピングを防ぎます)付き。
4段目 25年前のデジタルエフェクターYAMAHA SPX、当時10万円以上しましたが、今は同程度能力の機械が3万円位で買えます。(2段目のtc製など・・・アメリカの会社ですが、チャイナメイドです)
5段目 今は使ってないRolandの音源モジュール。
d0202319_21145599.jpg

ハードディスクマルチレコーダー。デジタルアウトプットを光ファイバーケーブルを用いてCDライターのデジタルインプットに繋いでいます。
入力アナログ信号は、初段に内臓されるA/D変換器でデジタルコンバートされるので、ここから先CDライターでCDが焼かれるまでデジタルデータのまま進みます。
d0202319_21152519.jpg

上からMDレコーダー、CDライター(CD録音器、使用するディスクはCD-R audio,CD-RW audio・・・RW audioは製造終了してしまいました!)、殆ど使うことの無くなったDAT レコーダー。
それに、永年リファレンス用として愛用してきたSONYのモニターヘッドフォーン。
d0202319_21154361.jpg

KORGのM3シンセサイザー。上に乗っているのがドラムマシーン(リズムパターンと曲構成をプログラムします)、右奥はアナログミキサー。
by doublerainbow116 | 2011-04-04 23:05 | 録音機材・楽器・音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sunsetldg.exblog.jp/tb/13312920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< コンベア B-36 、10発エ... Mobius GP110 >>