Extra 300S-160 用サーボ、レギュレター

d0202319_16504924.jpg
d0202319_165222.jpg

先のページでもお知らせした、ウィングスパン2040mm、全備6380g(予定)という私にとって初の大型アクロ機の準備に取りかかっています。
キット取り説に指定されているハイトルク金属ギア系サーボで揃えると、サーボ代がかなりの金額に達してしまう事は悩んでいました。

ふとヤフオクを眺めていると、タワープロの金属ギア・デジタル新型サーボ、MG996Rが目に停まりました。

動作スピード: 0.17sec/60°(4.8V時)、0.14sec/60°(6.0V時),0.12sec/60°(7.2V時)
トルク: 約13.0 kg/cm(4.8V時) 
     約16.0 kg/cm(6.0V時) 
     約19.5 kg/cm(7.2V時)
(数値は実験による最適環境下の最大値です。)
使用可能温度: -20°~ 60°C
動作電圧:4.8V ~ 7.2V
・・・と謳われています。

スペック通りの性能であり、壊れないのであれば、1個1600円!は滅茶苦茶に安いです。
今回6個買って、送料込み1万円以下!
以前、同社の995というサーボを購入し、OKモデル製コマンダー148(サンダータイガーPRO46エンジン搭載)に使用、表示スペックより動きの遅い印象はあったものの、問題なく使えた実績はあります。
しかしトルクの要る大型機で、どう結果が出るか未知数なのでイチかバチか!!初フライトしたら使用感含め、皆さんにレポートします。
尚、このメーカーのサーボ、面白いことにコネクターがJR規格、サーボホーンはFutaba規格です。

昨日、神田方面へ行く用事があったので、F産業へ寄りK&Sのレシーバー用レギュレター(5.2/6V,5A)を購入、この機体にてリチウムイオン、6V仕様を試す予定です。
by doublerainbow116 | 2011-03-06 18:26 | ラジコン飛行機 | Comments(0)
<< レギュレターのキャパシティー 今日のウイングス ② >>